英語が話せる?スタディサプリイングリッシュは効果あるのか

スタディサプリイングリッシュはリクルートが運営する、インターネットを利用して英語学習を行うオンライン英会話スクールです。日本人が苦手とする「リスニング(聞き取り)」と「スピーキング(特に発音)」に注目し、耳と舌を鍛えるためのカリキュラムが充実した実践的オンライン英会話スクールと言えるでしょう。

スタディサプリイングリッシュが効果的な理由

サービス開始以来急速に利用者を増やし続け……

スタディサプリの評判が高い理由!上手な使い方と勉強法

スタディサプリで勉強を効率化できると、口コミからその人気が年々上がっている自宅学習型の勉強教材です。勉強嫌いな子供でも成績が上がったという口コミも多く、その評判が話題となり勉強の定番アイテムになりました。

スタディサプリは特に受験生からの評判が高く、日本の受験を徹底的にリサーチしています。中学受験、高校受験、大学受験と、幅広い年齢層の受験生がスタディサプリを使って勉強しています……

ネットスクエアはお得!年賀状はネット印刷で注文するのがおすすめ

毎年、一年の終わりの時期に差し掛かってくると年賀状の準備に頭を悩ませるという方も多いのではないでしょうか。

ひと昔前までは家族総出でプリントゴッコと呼ばれる印刷機を使い、手作業で年賀状を刷っているというご家庭も多く見受けられました。ここ数年はご自宅のパソコンで作成する年賀状を差し出しているという方がほとんどではないでしょうか。

しかし、ご自宅で年賀状を作成するには……

宅建を3ヶ月の独学で合格した効率的な勉強法

宅建は勉強法次第で、独学でも合格することができる資格になります。

私も実際に3ヶ月の勉強で、宅建に独学で合格することができました。

宅建は勉強のコツさえわかれば、誰でも独学で取得することが可能です。

独学の勉強のポイントとしては、参考書選びが重要になります。

FP3級に独学で合格できる効率的な勉強法

FP3級は、独学でも1週間あれば簡単に合格できる資格です。

ポイントを押さえたテキストと問題演習をすれば、FP3級は短期間でも合格できます。

金融や不動産の勉強をしている人ならば、数時間の勉強でも対策できます。

FP3級は、学科試験と実技試験にわかれていて覚えることはそこそこ多いです。

全てを完璧にするのが理想ですが、FP3級合格だけを……

残業時間100時間を考察!損をしない生き方を学ぶこと

残業100時間と聞くとどう思いますか?

残業時間は残業手当も出るので、あえて残業している人もいますね。でも過度の残業は体への負担も大きく、結果的に仕事を辞める原因になっているケースが多いです。

最近では大手企業の過酷な残業時間についても話題になっているので、残業時間を深刻に考えている人も多いですね。

今回は残業時間でも多いと言われる、残業100時間に……

30代女性の転職!逆転の発想で成功することができる

30代と言えば、35歳限界説ある年代です。女性だけではなく、男性も30代となれば転職が難しいと言われています。

男性に比べて女性の場合30となると様々な理由があり、既婚か未婚かでも仕事ができる時間帯が違ったり、目標も違います。

では、30代の女性は転職しにくいのでしょうか。実際の転職市場では、30代の女性の転職活動はキャリアによってかわります。そこで、30代女性が……

社労士は転職に有利?体験談から見る成功へのポイント

私は社労士資格で中小企業の(従業員100~300人程度の規模)総務職として採用されました。総務職といっても上記規模の中小企業ですので、人事・総務・労務・法務・経理等といった、いわゆるバックオフィス部門を全て統括しているセクションです。

このセクションは広く浅いという業務ですので、社労士の専門性をそこまで活かすことはできません。専門性を活かすという意味では、大企業の人事職や社労士……

宅建資格保有で転職成功した体験談

宅建を持っていると転職に強いと言われています。一生食べていける資格としても宅建は人気が高いですが、就職率が悪い現在でも通用するのでしょうか。答えは、宅建を持っていると転職に有利なことは間違いありません。実際に宅建を持っていて、転職に成功した体験談を紹介します。

宅建保有で転職が決まった職種

不動産の賃貸営業職です。営業職と言っても、お客様のお部屋のご案内、お申込みだけが仕事では……

35歳限界説!転職を成功させるために知っておくべきこと

転職には年齢における「限界説」というものがまことしやかに言われており、「35 歳」という年齢は、転職における大きな境界線となる年齢です。

実際、求人を預かるクライアントから求人の依頼を受けた際に推薦してほしい年齢層を確認すると、上限年齢として「35 歳迄」というキーワードは企業人事から発せられることも少なくありません。転職市場においても「35 歳限界説」という言葉もあり、35 ……