英語が苦手な人でもTOEIC600点が取れるようになる勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

英語が苦手な人がTOEIC600点を超えるのは、簡単なことではありません。勉強はしているが、TOEIC600の壁に苦戦する人もかなり多いです。

TOEIC600点は英検2級レベルと言われているので、学生時代に英語が得意な人でも苦戦するかもしれません。しかしTOEICは英語の資格試験でも、勉強法次第でスコアを伸ばしやすい試験になります。

その理由として、TOEICはテストの形式が確立されているからです。資格試験対策をしっかりと行えば、英語が苦手な人でもTOEIC600点は決して不可能ではありません。

TOEIC600点に必要な英語力

英語が苦手な人がTOEIC600を目指すには、現在の英語力がどの程度かを把握することが重要です。TOEIC600レベルの場合、高校レベルの英語を理解できる英語力が必要です。英語の基礎力が足りない場合、いきなりTOEIC対策の勉強をしても挫折してしまいます。

遠回りと感じるかもしれませんが、英語の基礎力をつけることでTOEICの問題も解けるようになります。まずは英語の基礎力をつけることで、TOEICの下準備をすることをお勧めします。目安としては、中学英語と高校英語ができるかが判断材料になります。

ここからは中学英語が苦手な人向けと、高校英語が苦手な人向けの内容になります。このレベルの英語力なら問題ない人は、飛ばしてください。

※勉強時間としては、1日最低でも2時間は確保して下さい。

英語はなるべく集中して勉強した方が、効率的に覚えることができるからです。

高校英語が苦手な人のTOEIC600対策

TOEIC600対策の参考書と勉強法

中学英語が苦手な人のTOEIC600対策

中学時代から英語が苦手だった人は、英語の基礎が身についていない可能性が高いです。このレベルの場合、TOEICの問題集の前に基礎力をつける英語の勉強から始めましょう。TOEICの問題集は、600点を取れる実力がある人向けになっている本が多いからです。

一番最初に行う勉強としては、英単語力をつけることになります。英語は最低限必須となる英単語力がなければ、問題を読むことすらできないからです。単語帳は1冊で十分なので、100%覚える気持ちで勉強しましょう。

お勧めは「でる順ターゲット」になります。

高校入試 でる順ターゲット 中学英単語ターゲット1800 三訂版

高校入試 でる順ターゲット 中学英単語ターゲット1800 三訂版

ここに掲載されている英単語は、全て覚えて下さい。知っている単語もあるはずなので、知らない単語を重点的に覚えましょう

TOEIC対策の単語集だと、中学レベルの単語を掲載しないことが多いです。英語が苦手な人がそのような単語集で勉強すると、長文などで簡単な単語に引っかかったりします。勿体ないミスにも繋がるので、中学レベルの英単語は最初に覚えましょう。

英単語の覚え方としては、繰り返しの勉強が有効です。1回読んで終わりにしないで、何度も繰り返すことで知識を定着させることができます。地道な作業になりますが、英単語はこの勉強法が最も効率よく覚えることができます。

英単語を覚えたら、次は英文法の勉強に移ります。英語が苦手な人は、中学の英文法も苦手な傾向にあります。英文法は暗記だけでも対応できますが、構造を理解すると応用力がつきます

応用力がつけば、知らない英文法でも答えの予測がつけやすくなります。応用力をつけるためには、基礎となる中学レベルの英文法の理解が不可欠なのです。

中学レベルの英文法の勉強にお勧めの参考書は、「中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。」になります。

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。

  • 作者: 山田暢彦
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2011/04/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 8人 クリック: 44回
  • この商品を含むブログを見る

この参考書は、とても丁寧に英文法を解説しているので初心者でも無理なく勉強できます。

中学レベルの英語が理解できるようになったら、高校レベルの英語の勉強に移ります。長文読解などは、中学レベルであれば英単語がわかれば解けるので必要ありません。むしろ英単語や英文法をしっかりと身につけることが、英語が苦手な人の最優先事項になります。

ここまでの勉強時間としては、2ヵ月ほどが目安となります。ただし時間は個人差があるので、学習の習得度で次に進むか判断しましょう。まだ英単語や英文法に不安があるならば、完璧にしてから次のステップに進んでください。

高校英語が苦手な人のTOEIC600対策

高校レベルの英語が理解できるようになれば、TOEIC600点レベルにかなり近づきます。

英語が苦手な人には、中学英語よりも難易度が上がり挫折しやすいのが高校英語です。あまり焦らず自分のペースで勉強をするようにしましょう。このレベルになると、覚える英単語数がかなり多くなります。

単語帳1冊を勉強するのも、かなり時間と根気が必要になります。単語帳選びも、TOEIC600点突破の重要なポイントになります。

TOEICにも対応していて、効率的に英単語を覚えられる単語帳にDUOがあります。

DUO 3.0

DUO 3.0

DUOの良いところは、例文中に効率よく単語が入っていることです。

別売りのCDを聞きながら勉強することで、リスニング対策にもなります。英語を本気で学ぶのではなく、英語が苦手な人のステップアップとしては効率的で良い単語帳と言えます。

DUOはCDの内容だけでも、かなり英語力が上がる教材です。CDは全て聞いても1時間かからないので、毎日繰り返して勉強しましょう。1ヶ月も繰り返して聞けば、ほとんど覚えられるようになります。

英文法に関しては、DUOをしっかり勉強すれば重要な英文法も覚えられるようになっています。

ですが詳しい説明は省かれているので、英文法の構造を理解したい人はForestなどを併用して勉強すると良いでしょう。

総合英語Forest 7th Edition

総合英語Forest 7th Edition

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

ただし「Forest」や「一億人の英文法」などは良い文法書ですが、必須の勉強ではありません。

ページ数が多く英語が苦手な人が勉強すると、挫折してしまう可能性が高いからです。TOEICの場合、英文法はTOEIC対策の問題集で勉強した方が効率的です。

英文法を細部まで理解したい人向けなので、余裕がある場合に参考書として活用しましょう。英単語と英文法の基礎が完了したら、次は長文読解の勉強に移ります。

ここまでしっかり理解していれば、長文読解もある程度できるようになっています。ですが英語が苦手な人は、英語アレルギーから長文読解を見ただけで抵抗が生まれます。

そんな英語アレルギーを持つ人にお勧めの1冊が、「高校英文読解をひとつひとつわかりやすく。」になります。英文読解の入門という、珍しいジャンルの参考書になります。

英文解釈の土台を作る目的の参考書なので、英語が苦手な人でもやり遂げられる構成になっています。

高校英文読解をひとつひとつわかりやすく。 (高校ひとつひとつわかりやすく)

高校英文読解をひとつひとつわかりやすく。 (高校ひとつひとつわかりやすく)

長文読解のポイントを押さえるだけでも、TOEIC対策の役に立ちます。

TOEIC600対策の参考書と勉強法

ここまで完了すれば、英語の基礎力が上がりTOEICの問題が解ける土台ができ上がっています。

ここからはTOEIC600点に狙いを絞った勉強になります。まずTOEIC600点を取るためには、確実に点数が取れるパートを重点的に勉強すべきです。

TOEICでは各パートごとに特徴があります。この段階で点数しやすいパートは、パート5とパート6になります。短文穴埋めなどの文法問題が中心のパート5とパート6は、問題集を徹底的に勉強すれば確実に点数になるからです。

お勧めの参考書は、「新TOEICテスト中学英文法で600点!」になります。

新TOEICテスト中学英文法で600点!

新TOEICテスト中学英文法で600点!

この本は中学レベルの英語力でも、無理なくTOEICの文法が解ける構成になっています。

まずはこれ1冊を完璧にできることを目標にしましょう。

新TOEICテストが終わったら、こちらに挑戦するのもお勧めです。

1駅1題 新TOEIC TEST文法特急

1駅1題 新TOEIC TEST文法特急

TOEIC対策としてベストセラーの本書は、レベル別に学習することができます。

600点以下の学習者には難しいですが、新TOEICテストが理解できるレベルならば次のレベルへ引き上げてくれる参考書です。

この参考書はどちらかというと高得点を狙う人向けですが、初級者でもできるレベルの問題も揃えています。

また英文法の問題は、規則性がある問題が多いので暗記すればレベルに関係なく解ける問題が多いです。

1点でも高い得点になるために、チャレンジすることをお勧めします。

TOEICパート1とパート2の対策

TOEICで600点を取るためには、パート5とパート6だけでは厳しくなります。

他のパートでもある程度の点数を取らなければ、600点には届かないでしょう。

得点しやすいパートとしては、リスニングのパート1とパート2があります。

TOEICのリスニングは、基本的にはスピードも遅く聞き取りやすい英語です。

しかし英語が苦手な人は、英語のスピードに慣れていないので何を言っているのかわかりません。

ですがここまでの勉強が身についていれば、リスニング能力も上がっています。

DUO 3.0のCDを使ったリスニングを毎日行えば、実はかなりリスニングに強くなっているのです。

DUOも一般的な英会話のスピードよりも若干遅いですが、綺麗な英語で聞き取りやすいです。

レベル的にはTOEICとほぼ同レベルなので、毎日リスニングをしていればTOEIC対策にもなります。

もう一つの効果的なTOEIC600点に向けたリスニング勉強法として、どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)を使った勉強もお勧めです。

短い文章を聞いて瞬間的に理解する勉強は、TOEICでも必ず役に立つからです。

聞き取ったフレーズを英語のまま理解する力をつければ、TOEICのパート1とパート2の攻略に繋がります。

このパートは短い英文の理解になるので、焦らずキーワードとなる単語を聞き逃さないように注意しましょう。

TOEIC参考書を何度も解くことで、パート1とパート2はある程度解けるようになります。

完璧に聞き取ることは難しいですが、経験を積めばリスニング攻略の要点が掴めてきます。

パート3・4・7の対策

TOEICのパート3・4・7は、他のパートに比べて一つ上のレベルの英語力が必要になります。

長文形式の問題になり、600点以下のレベルではかなり苦戦する問題が多いです。

そのためこのパートに関しては、模試などでどのような問題が出題されるかをチェックする程度がよいでしょう。

まずは得点がしやすいパートを固めて、600点を目指すのが無難な戦略になります。

ですがここまでの勉強がしっかいしていれば、全く理解できないということはありません。

長文などもある程度読めるようになっているので、簡単な設問は正解できるはずです。

600点を目指す場合、全ての対策を完璧にする必要はありません。

もちろん時間に余裕があれば勉強すべきですが、600点を目指す場合はその点数を効率的に取れる勉強をした方が結果が出やすくなります。

問題集や過去問を使って勉強して、どの程度のレベルなのかを把握しましょう。

TOEIC模試で本番の感覚をつかむ

ここまで勉強すれば、TOEIC600点を取れるだけの実力はついています。

あとは実践と同じテスト形式で、本番に備えましょう。

模試形式に使える、本番と同レベルの参考書を紹介します。

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

この問題集は、TOEICの公式問題集で最も本番に近いと思います。

リスニングも似たような問題が出題されるので、何度も繰り返し勉強して感覚を覚えましょう。

TOEIC(R)テスト 究極の模試600問 (CD・別冊解答・解説・DL特典付) (TOEICテスト 究極シリーズ)

TOEIC(R)テスト 究極の模試600問 (CD・別冊解答・解説・DL特典付) (TOEICテスト 究極シリーズ)

こちらもTOEIC本番と、同じ形式の問題になっています。

勉強法や復習についても書いてあるので、非常に参考になる1冊です。

TOEICテスト超リアル模試600問[MP3音声付]

TOEICテスト超リアル模試600問[MP3音声付]

本番のTOEIC同様のレベルの問題集で、解説がとても丁寧に書かれています。

600点レベルの受験者は、答えの解説がわからないという状況に陥ることがあります。

この問題集であれば、しっかりと解説を読んでTOEICの問題を理解することができます。

資格試験は問題集と同じような問題が出題される傾向も強いので、必ずTOEICの模試や過去問を1回以上勉強しましょう。

TOEICテストの注意点

初めてTOEICを受験する人は特にですが、TOEICテスト受験は注意するポイントがあります。

  • 試験時間に気を付けること
  • 消去法を使って解答を導く
  • マークシートは全て埋める

TOEICの試験時間に気を付けること

TOEICはリスニング(45分間・100問)、リーディング(75分間・100問)になります。

慣れていない受験生にとっては、試験時間内で全て解くのは難しいことです。

試験時間に気を付けて、なるべく1問でも多く正解できるようにすることが600点に繋がります。

こればかりは実際の試験で慣れるしかないですが、日頃の勉強でもテストと同じ時間配分で勉強するなど工夫をしましょう。

私も初めてTOEICを受験した時は、時間が足りなくマークシートの最後の方が真っ白でした。

消去法を使って解答を導く

TOEICはマークシート形式になるので、正解が必ず書いてあります。

2択くらいまでは絞れる問題が多いので、消去法を使って問題を解きましょう。

ただし引っかけ問題も多いので、注意して文章を読んでください。

マークシートは全て埋める

運も実力のうちと言うように、マークシートは埋めれば正解する可能性があります

本当の実力ではないと思うでしょうが、資格試験なので点数が高いに越したことはありません。

時間がなくなったら、勘でも良いのでマークシートは埋めましょう。

オンライン英会話を利用する

英語を覚える近道は、生の毎日英語に触れるのが最も効果的です。語学留学などはその意味では最適ですが、金額や時間を作ることは簡単ではありません。そのため日本にいながらできるTOEIC600対策の勉強としてオンライン英会話はおすすめです。

オンライン英会話は昔に比べて料金も安くなり、気軽に生の英語に触れることができる勉強法です。TOEICのリスニングパートだけではなく、リーディングパートの読むスピードアップにも役立ちます。

またオンライン英会話はモチベーションアップにも役立ちます。TOEICの勉強は単調な作業が多く、途中で飽きてしまうのが大きな問題になります。オンライン英会話は相手ができるため、英語の勉強のモチベーションを上げる効果も期待できます。TOEIC600点を目指す人には、その意味でもおすすめの教材と言えるでしょう。

60か国の講師陣とマンツーマン!

TOEIC600点勉強法まとめ

英語が苦手な人がTOEICで600点を取ることは、決して簡単なことではありません。

1日2時間勉強したとしても、本当に600点の実力が付くまでは半年以上かかると思います。

ですがTOEICは英語の資格試験なので、試験対策の勉強をすれば効率よくスコアを伸ばすことができます。

TOEIC600点は実際のところ、高校生でも勉強すれば取得できるスコアになります。

TOEIC600点のレベルは公式サイトによると、以下の英語力になるようです。

  • 自分宛てに書かれた簡単な仕事上のメモを読んで理解できる。
  • ゆっくりと配慮して話してもらえば、目的地までの順路を理解できる。

ビジネス向けの書き方ですが、恐らく高校生でも英語が得意なら問題なくできるレベルだと思われます。

そう考えると、TOEIC600点は決して難問ではなく、勉強すれば誰にでも取れるスコアと言えるでしょう。

英語は地道に勉強を続けていけば、時間はかかりますが誰でも理解できます。

スポンサードリンク