英検2級に合格するための戦略的な勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

英検2級は、高校レベルの英語力があれば合格できると言われています。

必死に英語の勉強をするイメージもありますが、英検2級は基礎的な英語力と資格対策の勉強で合格することが可能です。

英検2級に合格できる、戦略的な勉強法を紹介していきます。

英検2級に必要な英語レベル

英検2級の英語レベルは、高校生に必要な英語力と同等と言われています。

他の英語資格と比較すると、TOEIC500点から600点と同じレベルとも言われています。

TOEIC500点から600点だと幅が広いですが、受験した感触ではTOEIC500点あれば英検2級に合格できるレベルだと感じました。

ただしこのスコアは、格点と言われる60%になんとか届くラインだと思います。

英検2級で満点が取れれば、TOEICでも650点以上とれる英語レベルはあると思います。

試験内容が異なるので単純な比較は難しいですが、英検2級合格を目指す目安としてはTOEIC500点位になると思います。

英検2級合格に必要な英語力をつける勉強法

英検2級に合格するには、高校レベルの英語力が必要になります。

高校レベルと言っても、しっかりと高校英語を理解していなければ合格は厳しくなります

英語が苦手な人でも、基礎から学習できる勉強法を紹介します。

  • 英検2級に必要な語彙力をつける
  • 試験のポイントを押さえた勉強をする
  • 過去問で総仕上げをする

英検のような資格試験は、純粋な英語力だけでは合格できません。

資格試験用の対策をすることも、合格には必要不可欠な作業になります。

英検2級に必要な語彙力をつける

英検2級の勉強で、最も重要なことは単語力になります。

英語の試験は、語彙力の多さが点数に直結すると言っても良いでしょう。

英語が苦手な人は特に、英単語力の不足を感じることがほとんどです。

英検2級に必要な語彙力を上げるには、英検2級用の単語集を使うのが一番です。

単語集は何冊か出版されていますが、お勧めは「英検2級 でる順パス単 (旺文社英検書)」になります。

英検2級 でる順パス単 (旺文社英検書)

英検2級 でる順パス単 (旺文社英検書)

もし英語力に自信がなければ、英検3級 でる順パス単 (旺文社英検書)英検準2級 でる順パス単 (旺文社英検書)も復習すると効果的です。

英単語は知っている単語数が多いほど、試験では有利になります。

英検2級用の単語帳は必須になりますが、それよりも易しい単語を知っていることが前提になります。

確実に合格するためには、できる限り語彙力を上げる勉強をしましょう。

英単語の勉強法としては、以下の記事も参考にしてみてください。

<a href=”http://efforts.hatenablog.com/entry/2015/06/25/183857″ data-mce-href=”http://efforts.hatenablog.com/entry/2015/06/25/183857″>英単語を忘れずに定着させる確実な覚え方 – 一念天に通ず</a>efforts.hatenablog.com

試験のポイントを押さえた勉強をする

英検2級の問題は、癖もなく基礎ができていれば解ける問題ばかりです。

試験対策の参考書をしっかりと勉強すれば、確実に合格点を取ることができます。

英語が得意であれば、市販の参考書を使った勉強が最も効率的でしょう。

ですが英語が苦手な人は、英検2級の参考書の説明では難しく感じます。

そこでお勧めの参考書として、「英検2級をひとつひとつわかりやすく。」があります。

この参考書は、英検2級合格に必要なポイントをかなり丁寧に解説しています。

英検2級をひとつひとつわかりやすく。

英検2級をひとつひとつわかりやすく。

リスニングや2次試験対策も載っているので、一読する価値のある参考書になります。

英検は、試験のポイントに的を絞った勉強をすれば合格率が上がります。

英語の勉強というよりは、英検用の勉強と割り切った勉強の方が効率的に勉強できます。

英検2級合格の対策としては、参考書を使って勉強が確実です。

使う参考書としては、「7日間完成 英検2級予想問題ドリル (旺文社英検書)」がお勧めになります。

7日間完成 英検2級予想問題ドリル (旺文社英検書)

7日間完成 英検2級予想問題ドリル (旺文社英検書)

7日間で完成になっていますが、2週間位使ってしっかりと勉強しましょう。

理解できなかった部分を何度も繰り返し復習することで、確実に英検2級に合格できる実力をつけられる参考書です。

複数の参考書を勉強するよりも、これ1冊をしっかりと勉強した方が効率的な勉強法になります。

7日に拘らず、覚えるまで何度も繰り返して復習して下さい。

過去問で総仕上げをする

英検の合格には、過去問を勉強することは必須です。

英語力がある人でも、過去問で英検対策をせずに不合格になるケースもあります。

英検2級の過去問は、試験1週間前には必ず解きましょう。

過去問は6回分の問題ができる、旺文社の過去問がお勧めです。

2015年度版 英検2級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)

2015年度版 英検2級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)

参考書だけではリスニングが不安になるので、過去問で感覚を掴んでください。

何回か繰り返して勉強するうちに、英検2級のリスニングのコツも理解できます

過去問で注意したいことは、必ず覚えるまで復習することです。

英検は過去問や、似たような問題も良く出題されます。

時間配分や出題傾向の確認のためにも、試験前に必ず勉強しましょう。

英検2級の2次試験面接対策

英検2級は、1次試験に合格すると面接の2次試験があります。

面接と聞くと不安になるでしょうが、しっかり対策すれば確実に合格できます。

合格率も70%以上と言われているので、焦らず勉強しましょう。

2次試験対策で重要なことは、出題傾向を分析することです。

面接の形式や内容がわかれば、安心して試験に臨むことができるからです。

2次試験対策でお勧めの参考書としては、「10日でできる!英検2級二次試験・面接完全予想問題」になります。

10日でできる!英検2級二次試験・面接完全予想問題

10日でできる!英検2級二次試験・面接完全予想問題

この参考書は、DVDが付属され英検2級の面接の様子を見ることができます。

実際の試験同様の雰囲気なので、とても心強い参考書になります。

また英検2級の面接で重要なこととして、本番で聞き返すこともあります。

緊張した状態では、質問を1回で聞き取れない可能性が高いです。

そこで必要な対応としては、焦らずに聞き返すことができるかになります。

日本人は1回で聞き取らないと合格できないと思っていますが、聞き返す選択肢を増やしましょう。

何度も聞き返すのは減点対象になるでしょうが、聞き返しが絶対に減点になるわけではありません

英検サイトでも、以下の説明がされています。

 質問が聞き取れなかった場合など、自然な流れの中で行われた「聞き返し」なら、減点の対象にはなりません。ただし、不自然に行われたり、くり返し聞き返したりした場合は、減点の対象になります。また、質問に対して答えている途中で、口ごもるなどして応答が滞る場合には、次の質問に進むことがあります。

また質問が理解できなくても、単語から推測して答えましょう。

2次試験は積極的なコミュニケーションを図ることが、判定基準の一つになります。

沈黙は点数になりませんが、答えることで点数に結び付く可能性があるからです。

英検2級勉強法まとめ

英検2級に確実に合格するためには、勉強法が重要になります。

英語力を伸ばすことも大事ですが、試験に出題されやすい参考書などを使って勉強しましょう。

短期間で効率的に勉強できて、英検2級の合格率を上げることができます。

スポンサードリンク