中国語の日常会話を基礎からマスターできる勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

中国語の日常会話は、基礎から勉強することで確実にマスターすることができます。

中国語は漢字など日本語に似ている部分があるため、中途半端に理解できてしまう側面があります。

もちろん近い表現なども多いですが、あくまで違う言葉として勉強した方が早く身につきます。

中国語の日常会話は、単語・文法・リスニングの総合力をつければ確実に使いこなせるレベルになります。

特にリスニングは、日本語とはリズムやイントネーションが違うので注意が必要です。

ですがある程度はパターン化することができるので、基礎をしっかりと勉強すれば聞き取れるようになります。

日常会話は、簡単なあいさつからネイティブ同士会話までレベルが変わります。

簡単な日常会話から、徐々にネイティブレベルの会話力を身につけられる勉強法を紹介します。

基礎をしっかりと勉強すれば、確実に中国語の日常会話はできるようになります。

中国語のマスターへの第一歩は発音の勉強

中国語の勉強で最も難しいことは、発音をマスターすることになります。

日本語には無いリズムやイントネーションに、最初は苦戦する人が多いからです。

発音をマスターすることが、日常会話が使えるための第一歩になります。

発音のマスターといっても、短期間で勉強できるものではありません。

毎日少しずつ勉強することで、確実に中国語の音に耳が慣れてくるのです。

中国語の音に慣れるには時間がかかるので、最初から始めるのがお勧めの勉強法になります。

全く中国語の知識がない初めての人は、中国語発音の基礎 (CDブック)を使った勉強をしましょう。

中国語の発音で基礎となるインピンについて、しっかりと学ぶことができます。

ページ数もそれほど多くなく中国語初心者でも無理なくできる内容なので、まずは中国語の発音がどんなものかを確認して下さい。

この1冊で基礎的な発音を勉強したら、改訂新版 紹文周の中国語発音完全マスターを使った勉強がお勧めです。

中国語は発音の解説が丁寧に書いてあるので、参考になるお勧めの1冊です。

自分の苦手な発音を何度も繰り返して勉強することで、中国語の発音を着実に身につけることができます。

発音のマスターが中国語のマスターと言われるほど、中国語の勉強で発音は非常に重要になります。

音は何度も耳で聞いて慣れることが、最も効率的な勉強法になります。

発音の攻略には時間がかかるので、毎日少しずつでも必ず勉強を続けましょう。

中国語の単語の勉強法

単語の勉強をすることが、中国語の日常会話ができるようになる近道になります。

どんなに発音や文法を勉強しても、知らない単語は理解することができないからです。

ただし単語の勉強は、闇雲に暗記するだけでは効率が悪くなります。

中国語を初めて勉強する場合、基礎となる単語は確実に覚える必要があります。

ゼロからスタート中国語単語BASIC1400は、中国語の日常会話でも使われやすい1400の基本語を掲載しているのでお勧めです。

まずはこれ1冊を丸暗記することが、中国語のマスターへ繋がります。

単語の勉強の注意として、単語帳を何冊も使うのはあまりおすすめしません。

1冊を終えないで、どんどん先に進んでも実力が身についていないからです。

1400語ではもちろん足りないですが、これ1冊覚えるだけでもかなりの実力がつきます。

基本となる単語が完璧になったら、次は中国語単語スピードマスター 中級3000で勉強をしましょう。

これは中級だけあって、内容的にはBASICよりもかなり難しくなります。

ですが中国語検定や日常会話の幅を広げるという意味では、必ず勉強しておきたい1冊になります。

単語帳は何冊勉強してもきりがないので、ある程度の実力がついたらあとは文章などを辞書で調べてストックを増やしましょう。

今回紹介した2冊を完璧にすれば、中級レベルの中国語までは理解できる実力がついています。

中級3000については、半年くらいかけてじっくりと勉強することが継続のポイントになります。

中国語文法の勉強法

文法を勉強することは、正しい中国語で日常会話ができることに繋がります。

英語などもそうなのですが、正しい文法を使うとネイティブが聞き取りやすいという特徴があります。

発音や単語に比べて短期間でできるので、しっかりと勉強をしましょう。

中国語の文法は、他の言語同様にパターンを覚えるのが効率的な勉強法になります。

ある程度のきまった構造を覚えれば、あとは単語などを変えて応用すれば日常会話も成り立つのです。

参考書もレベル別に勉強できるものが多いので、お勧めのものをピックアップします。

中国語学習の初心者であれば、新ゼロからスタート中国語 文法編から始めるのをお勧めします。

45の文法公式を覚えることで、中国語文法の基本を学ぶことができます。

これで基礎の基礎を勉強したら、もう少し高度な参考書を勉強しましょう。

文法の基礎を勉強したら、Why?にこたえるはじめての中国語の文法書を使った勉強をしましょう。

この参考書はかなり厚いですが、それだけ充実した内容の中国語文法書になっています。

全くの初心者には厳しいですが、基礎ができていれば素晴らしい参考書になります。

この参考書の素晴らしいところは、日本人が苦手なポイントも丁寧に解説しているところです。

zh,ch,shiやin ,ingの区別についても分かりやすく、伸び悩むポイントをしっかりと覚えることができます。

初級から中級者になるには、絶対に使いたい1冊と言えます。

中国語のリスニング勉強法

中国語は発音がとても大事ですが、音だけでは文章を理解することができません

しっかりとセンテンスを聞き取ることが、日常会話ができるようになるためには必要なのです。

そのためには発音の勉強だけではなく、リスニングの勉強も重要になります。

リスニングは短い時間でも良いので、毎日聞いていると中国語の音に慣れてきます。

初心者は発音の勉強で紹介した参考書を使うことで、徐々にですがリスニング力も身につけることができます。

その他にもNHKの中国語講座などは、初心者レベルでもできる良い勉強法になります。

中国語のリズムやスピードに慣れてきた中級者なら、もう少し難しい教材を組み合わせると効果的です。

CD2枚付 耳が喜ぶ中国語 リスニング体得トレーニング中国語リスニング CD付は、実際の中国語のスピードに近くリスニングの勉強になります。

特に中国語リスニングは、問題を解きながら基本的な表現をマスターできる仕組みで日常会話の勉強にもなります。

中級レベルの実力がついたら、街なかの中国語―耳をすませてリスニングチャレンジがお勧めの参考書になります。

実際の日常会話では、雑音も多くCDよりも聞き取りにくいケースがほどんどです。

街なかの中国語は、そういったケースを想定して中国語を勉強することができます。

リスニングは完璧に聞き取れることは少ないので、7割前後聞き取ることを目指して勉強しましょう。

聞き取りができる期間は個人差がありますが、たくさんリスニングした方が早く聞き取りができるようになります。

また完璧に聞き取れなくても、中国語のレベルが上がれば推測できるようになります。

中国語の日常会話に特化した勉強法

中国語の日常会話を勉強する場合、実際に使われる表現で勉強するのが効率的です。

その意味では、会話集などの参考書を使うことをお勧めします。

ただし基礎ができていなければ、会話集を読んでも理解できない箇所が多くなります。

ここまで基礎をきちんと勉強したら、日常会話に絞って勉強をしてみましょう。

基本的には参考書を使って、基本的な表現を覚えるのが近道です。

日常会話に使える教材を紹介するので、参考にして下さい。

シンプルな構成で無駄なく会話を覚えられる参考書として、CD2枚 赤チェックシート付 ひとりで学べる 中国語会話がお勧めです。

初心者向きの参考書ですが、旅行や簡単な中国語会話なら理解できる構成になっています。

CDで繰り返し勉強することで、着実に実力をつけることができます。

日常会話の実例が詰まった参考書として、ネイティブがよく使う中国語会話表現ランキングもお勧めです。

かなり分厚い本ですが、例文も多く会話の幅を広げることができます。

辞書的な使い方もできるので、表現を調べたいときにもお勧めです。

スピーキングの実力を上げられる、CD2枚付 口が覚える中国語 スピーキング体得トレーニングを使った勉強もお勧めです。

日本語を聞いて中国語で話すという、面白い発想の勉強法になります。

全て完了した頃には、中級レベルの中国語会話ができるようになっています。

中国語のレベルを上げる勉強法

中級レベルの中国語の実力がついたら、そこから上のレベルを目指すことになります。

しかし中級から上級になるには、更なる勉強が必要になります。

一朝一夕でできる勉強ではありませんが、確実に実力が上がる勉強法を紹介します。

中上級の勉強法として、シャドーイングがお勧めになります。

通訳が行っている勉強法で、本格的なシャドーイングはかなり難しいです。

中級レベルの場合は、日中・中日通訳トレーニングブック CD付でシャドーイングのコツをつかみましょう。

シャドーイングをすることで、リスニングとスピーキングの実力がかなり上がります。

1日10分でも良いので、毎日行うことで中国語の実力を上げる手助けになります。

中国語の総合力が上がるので、中級レベルにお勧めの勉強法と言えます。

その他にも、中国語検定を受験するのも上達に繋がります。

中国語に限らず検定試験は、日常会話で役に立たないという意見もあります。

しかし検定試験で良い成績を取れる人は、正しい中国語を使えている人がほとんどです。

中国語の試験には、中国語検定試験とHSKの2種類があります。

試験の性質が異なりますが、どちらも中国語のレベルアップに役立つ試験内容になっています。

中級者レベルであれば、中国語検定の2級レベルを目指すと実力アップに繋がります。

資格向けの対策本もありますが、MP3音声付き 本気で学ぶ上級中国語は日常会話のブラッシュアップにもピッタリの参考書です。

中国語検定2級とHSK5級レベルの対策にもなるので、上級へ向けて勉強してみましょう。

資格試験を受験することは、モチベーションアップにも繋がるのでお勧めです。

中国語の勉強法まとめ

中国語の勉強は、どこまでも突き詰めることができます。

これは日本語も同様で、言語の勉強には終わりはありません。

勉強した分だけ、中国語の実力は確実に上げることができます。

今回紹介した勉強法は、全くの初心者から中級者向けのものでした。

中級レベルまで実力がつけば、日常会話レベルならできるようになります。

簡単にできる勉強法ではありませんが、毎日の努力は必ず実を結んでくれます。

スポンサードリンク