TOEICで730点を取得するための確実な勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

TOEICで730点を取得するためには、TOEICに特化した勉強をするのが最も効率的です。

730点と聞くと凄いスコアに聞こえますが、勉強すれば誰でも取得することが可能です。

ただしこのレベルのスコアを目指す場合、ある程度の英語力が必要になります。

TOEIC730点を目指す場合、最低でも600点以上の英語力が必要になります。

もしTOEIC600点のスコアに達していないのであれば、英語が苦手な人でもTOEIC600点が取れるようになる勉強法 – 一念天に通ずで600点以上のスコアを目指してください。

基本からしっかりと英語の勉強をすることが、TOEIC攻略にも繋がります。

またTOEIC730点を目指す場合、苦手分野を作らないことも重要になります。

TOEICは大きくリスニングパートとリーディングパートに別れているので、どちらかに偏ることなくスコアを取得できるかがポイントになります。

苦手分野は簡単にスコアを上げることは難しいですが、継続すれば確実にスコアを上げることができる勉強法を紹介します。

TOEIC730点を取る勉強スケジュール

TOEIC730点を取得するためには、勉強のスケジュールを決めることが重要です。

自分のタイミングで受験できるTOEICですが、なるべく期間を決めて勉強した方が集中して勉強できるからです。

600点以上のスコアがあれば、1日3時間の勉強を3ヶ月を目安にすると良いでしょう。

TOEICのような資格試験は、詰め込み学習と問題演習の繰り返しが効率的な勉強法になります。

英単語暗記のような覚える勉強と、資格試験対策の問題演習をすることで確実にTOEICの問題が解けるようになります。

ただし730点を取るためには、この勉強法にプラスで各パート毎の対策が必要になります。

TOEICは苦手なパートが存在すると、そこでスコアを下げてしまいます。

バランスよくスコアを取得できるように勉強することが、TOEIC730点に繋がります。

もし苦手パートがあれば、そのパートの勉強時間を増やして学習しましょう。

TOEIC730点に必要な英単語

英検のような英語試験では、級別に出題される英単語の難易度が変わってきます。

しかしTOEICの場合、スコア別に英単語や問題が変わるわけではありません

600点を目指す受験生も、900点を目指す受験生も同じ試験をすることになります。

そのため730点を目指す英単語という考え方は、実際には存在しないのです。

ただしTOEICに出題されやすい英単語はあるので、TOEIC用の英単語集を使った勉強をするのが効率的です。

新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズは、TOEICに良く出る英単語を効率よく勉強することができます。

この英単語集は、スコア別に覚えておくべき英単語が別れているのも特徴です。

ですがTOEICで良く出る1000語がピックアップされているだけなので、全て覚えるつもりで勉強しましょう。

この英単語集は出題されやすい1000語だけなので、もう1冊英単語集を勉強するのもお勧めです。

TOEICの英単語も網羅していて、英語力の強化も期待できる英単語集にDUO 3.0があります。

この英単語集は、DUO 3.0 / CD基礎用と一緒に勉強することで確実にTOEICのスコアも上げることができます。

TOEICは基本的に同じ単語が繰り返し出題されるので、TOEIC用の英単語集は1冊完璧に覚えておきましょう。

TOEICリスニングの勉強法

一般的に日本で英語の勉強をしているTOEIC学習者は、リスニングパートが苦手な傾向にあります。

受験英語などで英文法や長文読解は勉強していても、リスニングの勉強に時間をかけている人は少ないからです。

そのためTOEICのスコアで、リスニングパートが悪い人もかなり多いです。

TOEICのリスニングは難しい英単語もなくスピードも速くありませんが、勉強しないでスコアが上がるほど簡単ではありません。

きちんとリスニングの勉強をすることで、TOEICで730点取ることができるリスニング力を身につけることができます。

しかしTOEICの教材だけで対策しては、730点以上取るのは難しいかもしれません。

TOEICのリスニングはコツもありますが、730点レベルを取得する場合は基本的なリスニング力は必要不可欠になります。

TOEIC730点レベルのリスニング力は、海外でも英語をある程度聞き取れるレベルの英語力になります。

リスニングパートで300点をとれていない場合は、リスニングの基礎ができていない可能性が高いです。

リスニング基礎の勉強法

リスニング基礎の勉強法は、英語の音に耳を慣れさせることが第一になります。

英語を読む力があっても、聞き取ることができなければリスニングはスコアを上げることができません。

英語の音に耳を慣れさせるには、発音やリズム、イントネーションの勉強が最も効果的です。

勉強法として、英語耳を作ることができる英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができるや、英語のリズムやイントネーションを学べるCD-ROM付 改訂版 英語の発音パーフェクト学習事典を使うことがお勧めになります。

TOEICの教材ではありませんが、リスニングの強化に役立つ参考書になります。

その他にもリスニングを鍛える勉強法として、英語のリスニングが上達できる効果的な勉強法 – 一念天に通ずも参考にして下さい。

この勉強法をしっかりと行えば、TOEICのリスニングパートでも350点は取れるようになります。

リスニングパートに強くなれば、TOEIC730点を取るのはより簡単になります。

TOEIC対策のリスニング

リスニングの基礎ができていれば、TOEICのリスニングパートでスコアを上げることも難しくはありません。

TOEICのリスニング傾向が決まっているので、問題集を解いて経験を上げることが効率的な勉強法になります。

最初の問題集としてTOEICテスト公式プラクティス リスニング編は、1カ月~1ヶ月半しっかりと勉強すればTOEIC730点レベルを取る実力がつきます。

更にリスニング力を上げる勉強法として、たった4時間でTOEICテストリスニング完全攻略がお勧めです。

こちらはシャドーイングを使ってリスニング力を上げる勉強法で、1冊完了した頃にはかなり実力が上がります。

ただし4時間では終わらないので、間以上勉強するつもりで取り組んでください。

試験1カ月前になったら、過去問を使って本番同様の環境で勉強しましょう。

実際に出題された問題を解くことは、リスニングパート攻略の役に立つからです。

730点を目指す場合、リスニングパートで400点取ることを目指して勉強しましょう。

TOEIC英文法の勉強法

TOEICの英文法は、勉強して覚えた数が多いほどスコアを上げることができます。

確実に点数にすることができるパートなので、満点を目指して勉強することが730点を超えるポイントになります。

英文法の攻略としては、TOEICの問題集をできる限り解くことが一番の近道です。

TOEICの英文法を基礎からしっかりと勉強したい人は、TOEIC(R)テスト英文法 プラチナ講義がお勧めになります。

TOEICに特化している英文法を、基礎から勉強できる参考書になります。

本書に書いてあるように中学レベルの基本から、英文法を璧に勉強して730点を目指したい人向けの1冊になります。

TOEIC対策の英文法で、良く出る問題をピックアップした音声DL付 改訂版 TOEIC(R) TEST 英文法 出るとこだけ!もお勧めの問題集になります。

引っかけ問題や、TOEIC特有の英文法を効率よく勉強することができる参考書です。

730点を狙うのに十分な問題量になっているので、TOEIC英文法の対策に役立つ1冊です。

TOEICの英文法は、他の英語試験のように引っかけ問題や独特の問題も出題されます。

ネイティブでも間違う問題がありますが、勉強すれば非英語圏の受験生でも正解することは可能です。

TOEICで最もスコアを上げやすいパートなので、730点を狙う場合は全て覚える気持ちで勉強しましょう。

TOEICリーディングの勉強法

TOEICで730点を取得するには、TOEICテスト公式プラクティス リーディング編を使うのが効果的です。

公式本だけあって、TOEICが確実に解けるようになれる構成の問題集になっています。

1カ月ほど本書を徹底的に勉強すれば、730点を超えるリーディング力をつけることができます。

公式プラクティスが完了したら、TOEIC(R)テスト 究極のゼミ Part 7 (別冊模試・DL特典付) (TOEICテスト 究極シリーズ)を使った勉強が効果的です。

テクニックなどに頼らず、実力でTOEICのリーディングが解けるようになる良書です。

時間が足りなくなるパート7の対策を、丁寧に着実に解ける実力がつけられる構成になっています。

リーディングの実力はすぐには身につきませんが、ある程度の基礎力があれば1ヶ月ほどでTOEIC730点が取れるレベルまで引き上げることはできます。

そのためにはTOEICに特化した問題集を使って、TOEICの長文に慣れることが重要なのです。

色々な問題を解いているうちに、長文の癖や解き方が理解できるようになります。

TOEIC2週間前は模試で最終調整をすること

TOEICの試験2週間前になったら、模試で本試験の対策を始めましょう。

実際の試験では時間制限があり、練習問題を解いていた時と緊張感が変わるからです。

模試は公式問題集のTOEICテスト新公式問題集< Vol.6>や、スコアが上がる新TOEICテスト本番模試600問 (新TOEIC(R)テスト対策書)で試験対策をしましょう。

TOEIC730点を取得するには、問題を全て終わらせるスピード感も必要になります。

模試は本番同様の問題レベルになっているので、時間配分の調整の参考にもなります。

満点を取ることが目的ではないので、理解できない問題などはマークしてどんどん先に進みましょう。

TOEIC730点を取ることは、各パート対策をしっかり勉強すれば取得可能なスコアになります。

TOEICは合否ではなくスコアで結果が出るので、自分の英語力を細かく知ることができる試験になります。

730点というスコアは、日本企業で評価をされる英語の資格になります。

簡単に取れるスコアではありませんが、勉強すれば誰にでも取れるチャンスはあります。

スポンサードリンク