英検3級を確実に合格するための勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

英検3級は、正しい勉強法を行えば誰でも合格できるレベルの試験になります。

英検3級は試験の形式が決まっているので、対策はそれほど難しくありません。

ですが勉強法を間違えると、英検3級に合格できない場合もあります。

英検3級に確実に合格するには、英検対策の勉強が最も効率的な勉強法になります。

しっかりと英検3級に合った勉強法を行えば、短期間でも合格できます。

勉強法もシンプルで、手順を踏んで覚えれば英語が苦手でも問題ありません。

英検3級を効率的に合格できる確実な勉強法を紹介します。

中学生向けですが、小学生でも合格できる勉強法になります。

勉強のポイントや役立つ参考書も紹介するので、参考にして下さい。

英検3級のレベルと勉強法

英検3級に合格するには、中学卒業レベルの英語力が必要になります。

ですが実際には、中学1年や2年でも合格している人はたくさんいます。

小学校で英語が勉強されるようになってからは、小学生も英検3級を取得する人が増えています。

英検3級のレベルの目安は中学卒業ですが、勉強すれば誰でも合格できます。

ただし勉強法が重要で、学校の英語試験などとは勉強の方法が異なります。

英検3級は、英検対策の勉強法をすることが最も効率的に短期間で合格できるのです。

英検3級は資格試験になるので、出題傾向がある程度決まっています。

過去問と問題集を中心に勉強すれば、合格できる実力を身につけることができます。

出題傾向に合った対策をすれば、英検3級は確実に攻略することができるのです。

英検3級に必要な基礎を身につける勉強法

英検3級に合格するには、中学卒業レベルの英語力が最低限必要になります。

もし英語が苦手な場合や小学生ならば、まずは中学英語を身につけると効率的です。

中学英語の勉強には、中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。が効果的です。

丁寧に中学英語を解説している参考書で、効率的に要点を理解することができます。

同シリーズで学年別の英語の勉強ができる参考書もあるので、中1からしっかりと勉強したい場合はそちらもお勧めです。

中1英語をひとつひとつわかりやすく。―新学習指導要領対応

中2英語をひとつひとつわかりやすく。―新学習指導要領対応

中3英語をひとつひとつわかりやすく。

英検3級だけの勉強は効率的ですが、確実に合格するなら基礎は重要になります。

勉強時間はかかりますが、合格率が高くなるのでしっかりと基礎は固めましょう。

基礎を身につけてから英検3級対策に移ると、効果的に勉強できます。

英検3級の効率的な勉強法

英検3級は、出題傾向に合った対策をすれば効率的に勉強できます。

参考書や問題集もしっかりと対策できるものが出版されているので、それらを使うことで効率的に勉強できます。

具体的には、以下のステップで勉強すると効率良く勉強ができます。

英検3級 でる順パス単で英単語を勉強

英検3級の単語は、中学レベルが理解できていれば対応できます。

しかし全ての単語を覚えるのは、効率が良い勉強法とは言えません。

「英検3級 でる順パス単」は、出題されやすい単語を効率よく覚えられます。

簡単な例文で、英検3級の単語を効率よく覚えることができる構成になっています。

英単語の勉強法は、何度も繰り返し暗記するのが最も効率的です。

1回で全てを覚えるのは難しいので、3回ほど復習することをお勧めします。

無料音声ダウンロードもあるので、発音も一緒に勉強すると記憶に残りやすいです。

英語の試験は、ある程度の単語を知っている方が有利になります。

なるべく単語を覚えて語彙力を増やすことで、英検3級の攻略にも繋がります。

英検3級をひとつひとつわかりやすくで要点を理解

英検3級は、出題される問題にそれぞれポイントがあります。

要点がわかれば、問題の意図を理解して正解に結び付けることができます。

この参考書は、英検3級の要点を効率的に勉強できるのでお勧めです。

レイアウトも見やすく、解説も丁寧なので英語が苦手でも無理なく勉強できます。

2~3回ほど繰り返して勉強すれば、英検3級の問題の解き方が理解できます。

ページ数は少ないので、なるべく集中して勉強すると効果的です。

この参考書は、あくまで英検3級の要点を押さえるための勉強になります。

問題数が少ないので、終わったら過去問を使って総仕上げをすると効果的です。

英検3級の要点が理解できれば、過去問もそれほど難しく感じません。

英検3級の過去問対策

過去問は色々な出版社から出ていますが、旺文社が6回分ありお勧めです。

また旺文社の過去問は、解説も丁寧なので間違えた問題の復習にも最適な問題集です。

過去問を勉強することで、英検3級対策の総仕上げとなります。

過去問の勉強法のポイントは、時間配分と間違えた問題の理解になります。

本番の試験に合わせた勉強をすることが、過去問対策では重要になります。

しっかりと時間配分を考えることも、英検3級の攻略に繋がるからです。

過去問を使うときは、必ず試験の時間に合わせて問題を解いて下さい。

過去問1回目は、試験時間を考慮した実践形式の勉強をすることをお勧めします。

本番で焦らないためにも、試験時間に慣れておくことは重要になります。

また間違えた問題は、必ず解説を読んで理解するようにしましょう。

過去問と同じ問題は出題されないと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

英検3級は、過去問と同じ問題や類似問題が数多く出題されています。

間違えた問題は、同じミスを繰り返しやすいので必ず理解しましょう。

余計なミスを減らすことも、英検3級合格のためには必要な勉強になります。

旺文社の過去問は、解説が丁寧なので何度も読んで理解して下さい。

英検3級の2次試験対策

英検3級の2次試験は面接になり、不安になる受験生もかなり多いです。

筆記とは違い、面接は対策が立てにくいのが大きな原因になるからです。

しかし実際には、英検3級の2次試験の面接はそれほど難易度は高くはありません

英検3級の2次試験対策としては、7日でできる!英検3級二次試験・面接完全予想問題がお勧めの参考書になります。

DVDで面接対策ができるので、実際の雰囲気なども理解することができます。

イメージがしにくい英検3級の面接ですが、対策がわかれば難しくはありません。

また英検3級の2次試験で重要なことは、必ず答えることになります。

聞き取れないと不安で黙る受験生もいますが、答えなければ点数にはなりません。

英検3級は何か答えれば点数になることが多いので、答える癖をつけましょう。

DVDで何度も復習すれば、臆せず英語で答えるスキルを身につけることができます。

良い例や悪い例なども書いてあるので、そいういった対策もしっかりと覚えましょう。

面接は緊張しますが、何度も勉強すれば落ち着いて対応できるようになります。

英検3級勉強法まとめ

英検3級は、60%取れれば合格することができる試験です。

しっかりと対策をすれば、英検3級は決して難しいレベルの試験ではありません。

小学生でも正しい勉強法を行えば、英検3級に合格することができます。

2次試験の面接などは、慣れないと不安もあると思います。

ですが英検3級の対策は決まっているので、それに沿って勉強しましょう。

一つ一つ課題をクリアすれば、英検3級に合格できる実力は身につきます。

スポンサードリンク