英検準2級に合格できる確実な勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

英検準2級は、ポイントを絞った勉強法を行うことで効率的に合格できます。

高校中級レベルの英語力が必要ですが、覚えることは大学受験ほどではありません。

しっかりと要点を押さえて勉強をすれば、合格することは可能です。

英検準2級を難しいと考える人もいますが、内容的にはそこまで難しくありません。

必要な英単語や熟語を覚えて、英検対策の勉強をすれば短期間でも合格できます。

英検準2級用の良い教材も多いので、勉強法はそれを使うと効果的です。

効率的に、英検準2級に合格できる勉強法を紹介したいと思います。

英語の基本を学びながら、英検2級に合格できる実力を身につける勉強法です。

英検準2級に合格するための対策として、参考にして下さい。

英検準2級に必要な英語レベル

公式サイトによると、英検準2級に必要な英語レベルは高校中級となっています。

内容的には高校2年生までの内容を理解できれば、合格できる英語力と言えます。

高校中級と聞くと、英語が苦手な人には難しいと感じるレベルになります。

英検準2級に合格するには、英語の基礎力が身についているかが重要になります。

少なくとも英検3級レベルの英語力がなければ、厳しいレベルの試験と言えます。

英検3級レベルに不安がある人は、英検3級を確実に合格するための勉強法で基礎力を身に着けてください。

基礎ができていれば、英検準2級対策の勉強をすることが合格の近道になります。

英検準2級は出題される内容は決まっているので、参考書と問題集で対策しましょう。

英検準2級の試験問題は、一つ一つしっかりと勉強すれば合格できるレベルの試験内容になります。

英検準2級に合格するための勉強法

英検準2級に合格するには、一次試験の筆記を突破することが鍵になります。

難しいレベルの問題ではないので、正しい勉強をすれば確実に合格点を取得できます。

勉強の手順としては、以下のステップで勉強すると効率的です。

英検準2級 でる順パス単を徹底的に覚える

英語の試験で必要なことに、英単語や熟語を覚えることがあります。

高校レベルの英語とは言っても、全ての英単語を覚えるのは効率が良くありません。

そのため「でる順パス単」で、効率よく出題される英単語を覚えましょう。

理想としては、この参考書に出てくる全ての英単語を覚えることになります。

しかし時間の関係で難しい場合は、頻出の英単語を中心に覚えましょう。

この参考書を徹底的に覚えるだけでも、英検準2級合格できる実力がつきます。

英単語の覚え方として、音声を使った覚え方がお勧めの勉強法になります。

ただ単語をノートに書いたり見るだけよりも、記憶に残りやすくなるからです。

購入者は無料音声がダウンロードできるので、必ず音声を使って勉強して下さい。

また音声を使う場合、聞くだけよりも発音した方がより効果的です。

自分で発音することで、より英単語や熟語を記憶に残すことができます。

知っている単語数が多くなると、英語の試験ではかなり有利になります。

英検準2級をひとつひとつわかりやすくで英文法対策

英検準2級は、高校レベルの英文法の問題が数多く出題される傾向にあります。

空所補充などの文法問題が多い英検準2級は、文法の知識で点数が大きく変わります。

しっかりと英文法を攻略することが、英検準2級合格の近道になります。

英文法の参考書はわかりにくい説明が多いですが、ひとつひとつシリーズはとても丁寧に説明しています。

レイアウトもシンプルで、サクサク進めることができる参考書になります。

英文法を攻略すれば、英検準2級はそこまで難しいと感じなくなります。

基本的に英検の文法問題は、パターン化されている場合が多いです。

そのためしっかりと基本を身につければ、確実に解ける問題しか出題されません。

この参考書1冊を完璧に勉強すれば、英検準2級に必要な英語力を身に着けられます。

あまり多くの文法書は使わず、これ1冊を徹底的に勉強しましょう。

英検準2級に必要な知識を効率よく勉強できるので、とてもおすすめの1冊と言えます。

また予想問題もあるので、しっかりと勉強して英検準2級対策をして下さい。

英検準2級の過去問対策

英検準2級も、他の試験同様に過去問対策で合格率を上げることができます。

同じ問題や類似問題も多く、過去問を徹底的に勉強すれば高得点を期待できます。

過去問は過去6回分ある旺文社の問題集が、一番のお勧めになります。

過去問の勉強法の注意としては、間違えた問題は必ず復習することです。

解いたら終わりではなく、完璧になるまで繰り返し勉強しましょう。

ミスを減らすことで、確実に英検準2級に合格できる実力が身につきます。

ただしこの過去問は、リスニングの教材がついていないのがマイナスポイントです。

リスニング対策をする場合は、別売りの2015年度版 英検準2級 過去6回全問題集CD (旺文社英検書)を購入する必要があります。

この教材は2次試験対策も含まれているので、購入するメリットは高いです。

過去問題を解くときは、時間配分にも注意して勉強をしましょう。

本番と同じ時間配分に慣れていないと、本試験で失敗する可能性があるからです。

時間に余裕を持って受験できるように、しっかりと時間配分も計算して勉強して下さい。

英検準2級の2次試験対策

英検準2級は、1次試験に合格したら2次試験が待っています。

面接の内容は、イラストなどの質疑応答形式でレベル的には決して難しくありません。

しかし面接に慣れていないため、緊張して実力を出せないことが良くあります。

英検準2級の面接の試験は、出題傾向が決まっていて対策が立てやすいです。

まずは10日でできる!英検準2級二次試験・面接完全予想問題を使って、面接の傾向と対策を勉強しましょう。

面接のコツやポイントが丁寧に書かれているので、しっかりと対策をすることができます。

どんな問題形式なのか理解できれば、本番でも落ち着いて対応することができます。

難しいと思われる面接ですが、実際に合格率は70%~80%以上あるとも言われています。

1次試験に合格できる実力があれば、落ち着いて対応すれば確実に合格することができるレベルです。

面接の合格のポイントは、なるべく流れを切らないことになります。

わからなくて黙っていると思われると、試験官がマイナス評価をするからです。

できるだけ話す努力をすることが、英検準2級の2次試験合格のポイントになります。

もし1冊では不安という場合は、英検準2級二次試験完全予想模試も一緒に勉強すると完璧な対策になります。

10回分の予想模試と、丁寧な解説がポイントの問題集になります。

本番で使える英単語などもピックアップされているので、とても役立つ1冊になります。

英検準2級勉強法まとめ

英検準2級は、高校レベルの英語力が必要な英語の試験になります。

しかし決して難易度は高くなく、正しい勉強をすれば誰でも合格は可能です。

覚える量は多少ありますが、英検準2級用の参考書を使えば効率よく勉強できます。

シンプルな勉強法ですが、参考書と問題集を徹底的に勉強するのが合格の近道です。

着実に時間をかけて覚えれば、小学生でも合格することができます。

一つ一つ確実に覚えることが、英検準2級合格の最短の勉強法になります。

スポンサードリンク