30代転職の現実と成功させるための確実なステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

30代で転職することは、昔に比べれば年々高くなっている傾向にあります。

私や仕事仲間そして友人も、30代で何度か転職を経験しています。

転職に失敗したこともありますが、経験を積むことで良い会社に巡り合えています。

30代の転職を成功させるには、計画的に活動することが重要になります。

仕事内容や給与への不満から安易に転職すると、失敗する可能性が高くなります。

大手転職サイトのリクナビの調査では、4人に1人が転職に失敗したと感じています。

昔に比べるとネットの普及などで、転職情報は簡単に手に入る時代になりました。

ですが実際に30代で転職活動をするとわかりますが、現実はかなり厳しいです。

応募で落とされることも多く、希望通りの転職ができないケースも多くなります。

転職先の情報を見極めることで、30代の転職を成功させることができます。

30代の転職を成功させるために必要なことを、一つ一つ説明していきます。

実際に30代の転職で考えるべきことや役に立ったことを紹介するので、転職の参考にして下さい。

30代転職者が失敗する原因

転職に失敗する30代の多くは、自分の希望だけを優先している傾向があります。

仕事内容や給与など、現状の不満を改善させることだけを目標としています。

これらは転職の重要な要素ですが、失敗の原因になるので注意して下さい。

転職はよほど優秀な人材でなければ、企業側が圧倒的に有利になります。

企業が望むスキルや実績がなければ、30代の転職者を採用することはありません。

良い求人になるほど転職希望者が多くなり、この傾向が高くなります。

30代の転職で失敗する人は、この現実を受け入れられないケースが多いです。

単純に良い条件の企業を探すだけでは、30代の転職を成功させることはできません。

自分のスキルや実績に合った求人を探すことが、成功には不可欠になります。

30代の転職成功には、自分に合った求人を探すスキルを身につける必要があります。

ですが転職経験が豊富な人などいないので、軽率な行動で失敗してしまうのです。

もし本当に転職すべきか迷っているなら、会社を辞めて後悔しない39の質問を読むことをお勧めします。

転職について、自問自答して考える冷静さを与えてくれる本になります。

転職前に行うべきことと、転職した後について書いてある良書です。

転職活動の方向性を考えられるので、転職前や転職中に読むことをお勧めします。

30代の転職で、転職して失敗したと後悔する人はかなり多くなります

30代の転職は後戻りが難しいので、よく考えて行動すること重要になるからです。

そのためにも失敗する原因を、しっかりと知ることが重要になります。

30代転職者に求められる仕事

30代で転職をする場合、求められる仕事を理解することが重要になります。

基本的に、30代の転職者は即戦力になる人材と企業は考えています。

そのため未経験や異業種への転職は、新卒に比べてかなり不利になります。

もちろん未経験可の求人もありますが、良い条件ではない可能性が高くなります。

仕事がきつかったり、給与が上がらないなどの問題があるケースもあるのです。

30代で転職を決意した場合は、同じ業種にすることが成功しやすいです。

ただし職種によっては、全くの異業種でも評価されるケースもあります。

営業などはその典型で、実績があれば異業種でも30代で転職することは可能です。

また事務系の職種も内容によりますが、異業種でも転職しやすい傾向にあります。

逆にスキルが必要なメディカルやITなどは、異業種からの転職は厳しいです。

仮に転職できたとしても、薄給で労働条件が厳しいなどのデメリットもあります。

30代で転職する場合は、経験がある職種を選んだ方が成功しやすくなります。

もし経験がない場合は、もう一度転職を検討することも考慮しておきましょう。

転職後に待遇が良くなるには、キャリアがあってこそのことなのです。

考えずにやりたいことだけを目指すと、30代の転職に失敗する可能性が高くなります。

30代転職の求人状況

30代の求人状況は、色々な要素によって異なってくるので注意が必要です。

一般的に求人数は多いと言われますが、決してそんなことはありません。

30代で転職を考えたら、以下のことに注意して求人を探す必要があります。

30代の求人数は年齢に注意すること

30代の転職で注意することに、30代前半と30代後半では求人数が異なることです。

圧倒的に30代前半の方が求人数が多く、転職のチャンスが多くなると言えます。

もちろん求人の質が全て高いわけではないので、必ずしも有利とはなりません。

しかし転職市場的には、やはり若い人材の確保を優先する傾向が未だに強いです。

30代前半であれば、未経験からも転職できる求人は比較的多くなります。

転職を考えるならば、30代前半までに行った方が転職をしやすくなります。

逆に30代後半になると、ある程度の実績やスキルが必要な求人が多くなります。

これは未経験転職にはデメリットですが、同業種を狙う場合は探しやすくなります。

スキルアップや給与アップを狙うならば、常にチェックすると良い求人を見つけられます。

このように30代前半と30代後半で、求人の数はかなり異なってきます。

実際に転職活動をして、この年齢差は転職の成功率の要素になると感じました。

30代前半の頃は、比較的企業側からも好意的な対応をしてもらえました。

しかし30代後半になると、実力がなければ見向きもしてもらえないこともあります。

30代で転職をする場合、年齢は大きな影響を与えることを覚えておきましょう。

転職が遅くなると、有利な年齢から外れてしまう可能性もあるからです。

地域による求人の違い

30代の転職で重要なこととして、地域による求人の違いを知ることもあります。

東京などの大都市ならば、30代でも求人数はかなり多くなります。

しかし地方になるほど、絶対的に求人の数が減るので転職では不利になります。

30代の転職では、大都市を目指すことも視野に入れることをお勧めします。

厳しいイメージもありますが、仕事内容は豊富でチャンスも多くなるからです。

30代の転職成功者の多くも、東京などに転職して満足している例も多いです。

特に給与アップを狙うならば、大都市の方が圧倒的に有利になります。

物価が高いイメージがありますが、住宅手当などを保証している企業も多いです。

将来的にも仕事のスキルアップを目指しやすいのが、大都市のメリットになります。

地域によって30代の転職事情は異なりますが、大都市が圧倒的に転職しやすいです。

転職サイトなども、大都市の転職の方に力を入れている傾向が強いです。

今後もこの傾向は変わらないと考えられるので、都会への転職も一つの案として考慮することをお勧めします。

30代女性の転職事情

30代の女性の転職は、男性に比べるとかなり難しくなります。

業種や職種によって異なりますが、基本的に若い年齢の方が採用されやすいです。

30代で転職を考えている女性は、将来の方向性を決めることが重要になります。

30代の女性は、結婚、出産、育児などに追われる生活が予想されます。

こうした家庭を持つ30代の女性は、企業の需要あまり高くないのが現状です。

いつ辞めるかわからない社員を雇うのは、企業にとってもリスクになるからです。

30代女性はこういった理由から、転職に不利と言われています。

ハローワークや転職サイトで活動すると、30代の男性よりも厳しくなります。

そのため転職に使う媒体の選定が、30代女性の転職成功には重要になります。

30代女性に力を入れている転職サイトは、年々増えてきています。

ターゲットが明確な媒体を選ぶことで、転職活動に成功しやすくなります。

私の周りでも、こうした女性向けの求人を中心に探して成功している人が増えています。

厳しいと言われる30代女性の転職ですが、成功している人はこうした媒体を使って転職活動を行っています。

女性の需要も年々増えているので、こういった転職サイトを使うと成功率が上がります。

成功している30代の女性は、使うべき媒体をしっかりと見つけているのです。

30代未経験の転職活動

30代未経験の転職は、20代に比べると圧倒的に不利な状況になります。

先ほども述べましたが、一般的に企業は30代を即戦力として考える傾向があります。

未経験の30代に教育費を使うことは好ましくない、という考え方が一般論です。

ただし同じ30代でも、30代前半は30代後半に比べると未経験採用枠が多いです。

30代前半であれば、教育すれば将来的な戦力になる可能性が高いからです。

そのため未経験で転職活動をする場合は、30代前半までがお勧めになります。

30代後半の未経験は、現実的にはかなり厳しい転職活動になります。

仮に転職できたとしても、年収が下がってしまう傾向があります。

また一から新しい職場で仕事をするのは、思っているより大変なことです。

甘い考えで転職することは、転職失敗の大きな原因になってしまいます。

30代の転職は生活の質を向上させることが、一つの成功の目安となります。

30代後半まで仕事をしてきたのであれば、続ける決断も一つの材料にしましょう。

30代の転職とハローワーク

ハローワークは求人数も多く、転職で利用した人も多いと思います。

しかし30代の転職で、ハローワークはリスクが高いことも考慮してください。

ハローワークを転職で使うリスクと、失敗しない求人探し方法を説明します。

ハローワークの求人は、基本的に内容を精査していない可能性が高いです。

残業時間や休日など、正しい情報ではない求人も含まれているのが現状です。

ブラック企業と呼ばれているのも、ハローワークの求人に多くなります。

ハローワークの中にも良い求人はありますが、すぐに採用枠がなくなります。

残っている求人の多くは、離職率が高く何かしらの問題がある可能性が高いです。

30代の転職でハローワークを使うときは、そのことを考慮して行動しましょう。

ハローワークの社員も、そういった情報は転職者に教えてくれません。

彼らは紹介がメインの仕事なので、余計な情報を与えることを行いません。

30代の転職で失敗すると再就職が難しくなるので、気を付けて利用しましょう。

地方などでは、ハローワークの方が求人数も多く利用価値が高いと思われます。

しかし30代にはリスクが高い転職媒体になるので、使う場合はしっかりと求人を精査するようにしましょう。

長く残っている求人ほど、失敗のリスクが高い企業になります。

30代の転職に役立つ資格

30代の転職では、正直なところ資格はそこまで重要ではありません。

最初に述べた通り、30代の転職には経験や実績が優先させる傾向があります。

ですが職種によっては、30代の転職で資格が役に立つ場合もあります。

資格が有利になる職種としては、看護師などの介護系のものがあります。

日本は介護の人材が不足しているので、30代でも転職がしやすくなります。

介護系の資格があれば、30代後半でも比較的採用されやすい傾向があります。

介護系の資格は、将来的にも需要が伸びるので持っていると転職に有利になります。

30代の転職で役立つ資格としては、仕事に直結するものが多いです。

社労士や行政書士なども、持っていると転職には役に立つ資格と言えます。

またIT系などの上位資格も、30代の転職に役立つ資格と言えるでしょう。

ですが30代の転職では、資格よりはそこまで重要な要素になりません。

それよりも経験が優先されるので、転職では資格にこだわる必要はありません。

実際に資格がなくても、30代の転職で成功している人はたくさんいます。

30代転職に役立つ書籍

30代の転職活動は、将来に大きな影響を与える一大イベントになります。

転職に成功するためにも、事前によく考えて行動することが重要になります。

一人で考えるのも重要ですが、転職の書籍を読むのもとても参考になります。

30代の転職に役立つ書籍を紹介するので、転職の参考にして下さい。

30代こその本気の転職 「なりたい自分」から「なるべき自分」への転職術

30代こその本気の転職 「なりたい自分」から「なるべき自分」への転職術

30代で転職活動をする前に、一度は読んでおくべき1冊になります。

転職活動について、心構えから履歴書等の書き方までノウハウが載っています。

著者が転職のスペシャリストで、多くのメディアでも取り上げられている実績があります。

30代で初めて転職をする人から、再就職まで必ず役に立つ内容が書かれています。

「35才限界説」なんて関係ない!30代40代のための転職完璧ガイド

「35才限界説」なんて関係ない!30代40代のための転職完璧ガイド

30代の転職活動では、自己分析や履歴書の書き方が非常に重要になります。

新卒の曖昧な表現ではなく、論理的に書かなければ一次審査すら受かりません。

ですが転職活動に慣れていない30代は、履歴書や職務経歴書の書き方がわからない人も多いです。

非常に勿体ないことで、書類で落とされたらアピールのチャンスもありません。

転職活動を開始する前から、しっかりと準備することが成功に繋がります。

そんな30代の転職活動に必要な情報を、余すところなく書かれているのでとても参考になります。

成功する転職「5%」の法則──プロが教える転職の「真実」

成功する転職「5%」の法則──プロが教える転職の「真実」

転職する成功率は5%と、転職業界の本音が書かれた面白い本です。

転職者の視点で書かれている本で、転職者が陥りやすいポイントを丁寧に解説しています。

著者のアドバイスも転職活動の参考になるもので、転職前や転職中に読んでおくべき1冊になります。

30代にも役立つ情報が多いので、キャリア転職に役立てることができます。

転職の書籍は指南書が多いですが、著者の体験談や転職業界の話を知っておくと30代の転職に役立ちます。

全てを参考にする必要はなく、自分の役に立つ情報だけをピックアップするのが賢い転職のやり方になります。

30代の転職サイトと転職エージェントの使い方

転職サイトは、今や転職希望者なら誰もが登録するのが当たり前になっています。

登録することで、無料のアドバイスや新着求人情報をいち早く手に入れられます。

30代も転職サイトを利用することで、効率的に転職活動を行うことができます。

転職サイトを利用する場合、複数の転職サイトを登録することが重要なります。

1つの転職サイトだけ登録する人もいますが、損をしている可能性が高くなります。

なぜなら転職サイトによって、扱っている求人に違いがあるからです。

転職サイトの求人情報は、全て同じ求人ではありません。

リクナビにしかなかったり、DODAにしかない求人も存在します。

複数の転職サイトに登録することで、求人を取りこぼすことを防ぐのです。

また転職サイトによっては、得意な業種や職種がはっきりしているものもあります。

女性向けの転職サイトや、エンジニア向けのものなど色々な転職サイトがあります。

一つだけに登録するよりも、効率よく質の良い求人を探すことができるようになります。

ただし30代の転職では、転職サイトより転職エージェントをお勧めします。

転職エージェントは転職サイトとは違い、より質の高い転職活動ができるからです。

転職サイトと転職エージェントの違いをまとめたので、参考にして下さい。

転職エージェント 転職サイト
使いやすさ 専任のアドバイザーとの打ち合わせがあるので、やり取りの時間が発生する。 自分の好きな時に登録して進めることができるので、マイペースに転職活動ができる。
求人数 非公開求人などニーズにマッチした求人が対象となる。 大手の転職サイトであれば、10万件以上の求人も常時登録されている。
転職期間 個人差はあるが、1~3ヵ月ほどの転職期間が必要になる。 自分の都合で行うため、短くもなり長くもなる可能性がある。
自己分析 専任のアドバイザーがカウンセリングを行い、強みを明らかにする。 転職サイトのノウハウや適性・適職診断で自分の強みを見つけることができる。
転職活動のヘルプ 転職先企業を選ぶポイントや履歴書・職務経歴書の書き方のアドバイスや面接対策、退職交渉のやり方をアドバイスしてくれる。 転職サイトに掲載しているノウハウを見ながら、転職活動を進める必要がある。
未経験の転職 専任のアドバイザーが適性を考えた上で、未経験求人の紹介を検討してくれる。 転職サイトに掲載されている、未経験のものに応募ができる。
面談等の調整 専任のアドバイザーが企業への応募から面接日程の調整、入社時期の条件交渉を行ってくれる。 求人の応募や面談日時の調整、内定後の入社の条件などは全て自分で行う必要がある。
成功率 履歴書・職務経歴書の書き方や面接のやり方だけではなく、企業への推薦もあるので成功率が高い。 書類や面接の倍率が高く、成功できる可能性は個人差があるが少なくなる。

上記の内容のように、転職エージェントは専任のアドバイザーがしっかりとフォローしてくれます。

失敗が許されない30代にとって、経験豊富な転職アドバイザーのサポートはかなり頼りになります。

また転職エージェントを使うことで、自分に合った求人をピンポイントで紹介してもらえるというメリットもあります。

30代におすすめの転職エージェント

転職エージェントもいくつかあるので、自分に合ったところを探すのが重要です。

おすすめの活用方法としては、複数社に登録して一度面談することになります。

アドバイザーとの相性も重要なので、気に入ったアドバイザーと転職活動をすることをお勧めします。

リクナビエージェント

大手リクルートが運営している転職エージェントで、抜群の成功率を誇ります。

業界最多の非公開求人数を持っていると言われ、質の高い求人も期待できます。

業界最大手の独自のノウハウをもって、転職をサポートしてくれる強い仲間になります。

DODA

転職サイトの大手インテリジェンスが運営している転職エージェントになります。

管理職の求人に力を入れているので、キャリアアップを狙っている人にお勧めです。

求人数も豊富で、サービスも充実しているのが特徴になります。

マイナビエージェント

転職サイトでも有名な、マイナビが運営する転職エージェントになります。

求人票だけではわからない、社風や雰囲気、将来性、キャリアパスなどもアドバイスしてくれます。

業種や職種別に担当が付くので、どの分野にも強いのが特徴です。

JAC Recruitment

JAC Recruitmentは、外資系や海外転職に強い転職エージェントになります。

長期的なキャリアコンサルティングをしてくれるのも、JAC Recruitmentの特徴になります。

30代でグローバル化を狙っている人材に、ピッタリの転職エージェントになります。

パソナキャリア

総合人材サービスの先駆者として、高い実績を誇る転職エージェントになります。

各分野に精通したキャリアアドバイザーが、最適な転職を提案してくれます。

入社後のサポートも行っているので、安心してサービスを利用することができます。

@type

@typeは、IT系の求人に強い転職エージェントになります。

IT業界に強いパイプを持ち、コンサルタントも知識が豊富なのが特徴です。

転職者の満足度も高く、30代のIT関係の転職で良く使われています。

転職エージェントの評判や選び方は、転職エージェントの評判と選び方 – 一念天に通ずも参考にして下さい。

それぞれの転職エージェントの強みや評判から、おすすめの転職エージェントを紹介しています。

30代の転職まとめ

30代の転職は、20代ほど自由度がなく簡単に成功できるわけではありません。

ですが計画的に行うことで、自分に合った求人に出会うことができます。

そのためには転職の準備をしっかりとして、万全の態勢で臨むことが重要になります。

現代の転職は、転職サイトを利用するのが一般的な方法になります。

しかし30代の場合、転職エージェントを使ってじっくりと探すのもお勧めです。

転職専門のスペシャリストと一緒に行うことで、成功率を上げることができます。

30代で転職に成功している人の多くは、こうした準備をしっかりと行っています。

適当に次の仕事を探すのではなく、人生をかけることが成功の秘訣です。

本気度が高くなるほど、転職の成功率を上げることができます。

スポンサードリンク