転職エージェントを徹底比較!評判が高いおすすめランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

転職エージェントという言葉を、聞きなれない人も多いと思います。何も知らないと、転職エージェントを怪しい商売と思う人もいるかもしれません。転職エージェントとは、専門のアドバイザーが転職を支援してくれるサポートのことです。

一人では難しい転職を、次の職場が決まるまでサポートしてくれるのです。転職の悩みや、次の仕事に希望することなどをアドバイザーと面談していきます。こうしたサポートをしてくれる転職エージェントは、転職者が利用すべきおすすめのサービスと言えます。

ただし使ったことがない転職者は、転職エージェントに不安を持つと思います。今回は転職エージェントを徹底比較してランキングしました。評判の高い転職エージェントの特徴やポイントをまとめたので参考にして下さい。

転職エージェントと転職サイトの違い

まずは一般的に転職で使われるネット求人に転職サイトと転職エージェントの違いについて説明します。転職エージェントを転職サイトと間違える人がいますが、両者は全く性質が異なります。

転職サイトのおすすめについては、転職サイトを徹底比較!おすすめランキングを参考にして下さい。

この違いを理解すれば、転職エージェントを使うべき理由が見えてきます。転職サイトと転職エージェントの違いをまとめたので、参考にして下さい。

※スマートフォンは横スクロールできます。

転職エージェント 転職サイト
使いやすさ 専任アドバイザーと面談があるので、自分都合の時間だけでは転職できない。
求人は基本的に紹介ベースなので、自分の思った時期に転職できる確率は高くはない。
自分がやりたい時に登録して転職活動ができる。
気になる求人を見つけたら、自分のタイミングで応募することができる。
求人数 転職サイトに比べると、公開求人数はそこまで多くはない。
非公開求人が多く、質の高い企業を紹介してもらえるチャンスがある。
求人数はかなり多く、特に首都圏は圧倒的な求人数になる。
常に新しい求人情報が提供されている。
転職期間 要望や需要によって個人差はあるが、1~3ヵ月ほどの転職期間が必要になる。
比較的じっくりと対策する転職エージェントが多く、時間はある程度かかる。
自分のタイミングで転職活動ができるので、期間は人によって異なる。
運が良ければ、すぐに良い求人を見つけて成功することができる。
自己分析 専任アドバイザーが面談を行い、転職者の強みを明らかにする。
コンサルタントも行っているので、しっかりとした自己分析ができる。
転職サイトのノウハウや適性・適職診断で自分の強みを見つけることができる。
自分で一から強みを見つける必要があるので、手間がかかってしまう。
サポート 転職先企業を選ぶポイントや履歴書・職務経歴書の効果的な書き方のアドバイスや面接対策、退職交渉のやり方をアドバイスしてくれる。 転職サイトに掲載している一般的なノウハウを見ながら、転職活動を進める必要がある。
未経験の転職 専任のアドバイザーが適性を考えた上で、最適な未経験求人の紹介を検討してくれる。 転職サイトに掲載されている、未経験のものを中心に応募ができる。
面談等の調整 専任アドバイザーが企業への応募から面接日程の調整、入社時期の条件交渉を一通り行ってくれる。 求人の応募や面談日時の調整、内定後の入社の条件などは全て自分で手続きをする必要がある。
成功率 履歴書・職務経歴書の書き方や面接のやり方だけではなく、企業への推薦もあるので転職の成功率が高い。 書類や面接の倍率が高く、成功できる可能性は個人差があるが転職エージェントに比べて難しくなる。

上記の特徴を見るとわかりますが、転職サイトは自分一人で転職活動をするのが一般的です。対して転職エージェントは、転職者がアドバイザー一緒に転職活動をする流れになります。

どちらもメリットとデメリットがあるので、二つのサービスを併用するのもお勧めになります。

またどちらのサービスも企業によって評判が違うので、 単純に転職エージェントと転職サイト判断するのは難しくなります。

多くの転職者は、評判や口コミの良い複数のエージェントやサイトを登録している傾向にあります。

転職エージェントの金額

転職エージェントの利用で気になることに、金額がかかるかということがあります。転職者にとってメリットは大きいですが、利用料が高くては躊躇してしまいます。

実際のところ、転職者は転職エージェントを無料で利用することができます。これほど優れたサービスを無料と聞くと、怪しいと思うかもしれません。

転職者が無料なのは、転職エージェントのサービスにカラクリがあるからです。実は転職エージェントは、企業側に料金を請求しているのです。企業は高い金額を払って、転職エージェントに求人を応募しています。

転職エージェントは、その対価として優れた人材を企業へ紹介しているのです。

そのため転職エージェントは、しっかりと双方の利益になるマッチングを行っています。

転職は難しいのは、何も転職者に限ったことではありません。企業側も、優れた人材が簡単に獲得できないことを知っているのです。転職エージェントは、こうした企業側のニーズも汲み取ったサービスをしています。

こうした理由で、転職者はエージェントを無料で利用することができます。そのかわりニーズにマッチしていなければ、簡単に求人を紹介してくれません。ですが転職できないのではないかと、心配する必要はありません。

 

転職エージェントを徹底比較!おすすめランキング

では実際におすすめの転職エージェントを紹介します。それぞれの特徴を比較したので参考にして下さい。

ランキングNo.1 リクルートエージェント

リクルートエージェントは業績、求人数共に国内第1位の規模を誇る最大手転職エージェントです。

リクルートエージェントは人材会社大手のリクルートキャリアが運営する転職エージェントで、様々な職種や業種の求人を扱い、様々な年代に対応できる総合型の転職エージェントです。

リクルートエージェントは様々な職種の求人を保有していますが、中でも営業職、IT・通信系の職種が多く、次いで事務系(スペシャリスト)、電気・機械・化学エンジニアとなっています。

また、業種の中で多いのがITや通信業関係が多く、ITや通信業に強い転職エージェントと言えるでしょう。

リクルートエージェントの求人数はとても多く、公開している求人数だけでも10万件ほどあり、非公開求人数を合わせると15万件を超えると言われています。

求人の中にはハイキャリアやハイクラス求人もあり、これまでのスキルやキャリアを生かしてさらにステップアップしたい人や、年収アップできる求人も多数保有しています。

また、リクルートエージェントは業界最大手ということで大企業や優良企業との繋がりも深く、太いパイプを持っています。そのため大企業や優良企業の求人も多く、転職を機に大企業への転職も可能でしょう。

若い年代でも年収アップが期待でき、実際にリクルートエージェントから転職した人のうち約7割は26~35歳となっており、そのうちの約63%が年収アップして転職しています。

非公開求人が多いため独占求人が多く、企業によってはリクルートエージェントにしか求人依頼していないという所も多いので、リクルートエージェントにしかない求人も多くなっています。

全国展開しているリクルートエージェントのキャリアコンサルタントの質も高く、転職に積極的な人には特に向いています。

実績が業界トップということで転職活動のサポートはとても良く、キャリアコンサルタントの質も良いのですが、実績トップということは、それだけ転職に成功させているということで、選択する場面が出てきた時には急かされることもあります。

これは、早く転生させてあげたいというキャリアコンサルタントの気持ちもあるのですが、ゆっくり転職活動をしていきたいという人には不向きかもしれません。

ですが、早く転職したいという人には最適な転職エージェントですので登録しておいて損はないでしょう。

ランキングNo.2 DODA

DODAはリクルートエージェントに次ぐ業界第2位の転職エージェントです。

業績・求人数共に業界第2位ということで、質の高い求人が揃い、転職活動のサポートも高い評価を得ています。

DODAの求人数はリクルートエージェントには及びませんが、非公開求人も合わせると13万件以上あると言われています。

さらに求人のうちの約8割が非公開求人ということで、DODAにしかない独占求人が多いことがわかります。

DODAは業界第2位の実績を誇るということで、大企業や優良企業との取引も多く、年収の高いハイクラス求人やキャリアに自信がある人に有利なハイキャリア求人なども多く保有しています。

求人の対象年齢は幅広く、20代~40代までの求人数が特に多く、総合型転職エージェントのためあらゆる職種や業種の求人を保有しています。

DODAが得意とする職種や業種は、営業、管理・事務、クリエイティブ、IT・通信・WEBエンジニア・SE、電気・電子・機械・化学エンジニア、販売・流通・物流・サービス、建築・土木・設備・不動産、エグゼクティブ層(ハイキャリア・ハイクラス)・管理職、外資系となっています。

この中でも特にエグゼクティブ、管理職、外資系、アパレル業界関係に強く、求人が少ない職種だけにDODAでこれらの業界の求人が多いのは求職者には大きなメリットとなります。

得意分野だけでこれだけの職種があるわけですから、どれだけ巨大な転職エージェントかおわかりいただけるかと思います。

DODAの拠点は全国各地にあり、全国規模で展開している転職エージェントですので地方の人でも求人の心配をすることなく利用することができます。

また、キャリアコンサルタントの質も高く、リクルートエージェントのキャリアコンサルタントとは違い、登録者のペースに合わせて転職サポ-トをしてくれます。

初心者にも分かりやすく丁寧に教えてくれますので、転職エージェントを初めて使う人はDODAに登録することも検討してみましょう。

他の転職エージェントではキャリアコンサルタントの質がバラバラだというところもありますがDODAではそのようなことはなく、親切で丁寧なサポートを心がけていますので初心者はリクルートエージェントよりDODAの方が合うのではないでしょうか。

もちろん、初心者だけではなく、ハイキャリアやハイクラス、それぞれの職種や業種、業界に詳しいキャリアコンサルタントが在籍しているため知識も豊富で転職活動をするには心強い味方となるでしょう。

ランキングNo.3 JACリクルートメント

JACリクルートメントは外資系や海外求人に強い転職エージェントで、ハイキャリアやハイクラス求人に特化した転職エージェントです。

自分のこれまでのキャリアはスキルに自信がある人は、さらにスキルアップ、年収アップを狙える転職エージェントです。

ハイクラス、ハイキャリアということでエグゼクティブ層に特化した転職エージェントですのでキャリアやスキルが未熟な場合は登録を断られることもありますし、自分が希望しているような求人を紹介してもらえない可能性もあります。

ですが、求人の質も高く、ハイクラスになると年収2,000万円という求人もありますので、キャリアやスキルに自信がある人には魅力的な転職エージェントでしょう。

求人の質が高いため大企業や優良企業の取引も多いですし、JACリクルートメントしか保有していない独占求人も多々あります。

取引企業はそれぞれの業界のトップ企業きあらグローバル企業など幅広い企業との取引があり、自分のスキルやキャリアに基づいて将来性や今後の市場の動向なども考慮した上でキャリアコンサルタントが適切な求人を探し出してくれます。

ただ、求人内容が特殊なため、キャリアを積んだ30代前半の求人が多く、その他の年代は転職しにくい可能性があります。

30代後半や20代後半ならJACリクルートメントから転職できる可能性もありますが、それ以外の年代はキャリアが未熟、キャリアはあっても年齢が高すぎるなどの理由で求人が少ないこともあります。

JACリクルートメントの求人のほとんどがハイクラスやハイキャリア求人のため元々年収が高い傾向がありますが、キャリアコンサルタントの質が高いので、年収アップして転職している人がほとんどです。

年収交渉力もあり、転職サポート力も高く、知識も経験も豊富なキャリアコンサルタントが在籍していますのでキャリアやスキルに自信がある人は登録してみてはいかがでしょうか。

登録でき、キャリアコンサルタントに質が高い登録者だと認識されれば今よりさらに高い年収やキャリアを手に入れることができるでしょう。

ランキングNo.4 パソナキャリア

パソナキャリアは業界第4位の実績をほこる総合型の大手転職エージェントです。

パソナキャリアも業界大手の転職エージェントということで求人数も多く職種も業種も豊富です。

特に、女性に特化した転職エージェントということで女性向けの求人やサービスが充実しています。

女性の場合、20代や30代前半など若い世代はキャリアアップやスキルアップを目指して転職している人が多いく、キャリアアップできる求人も数多く保有していますし、ハイクラスやハイキャリア求人への転職も可能です。

40代になると子育ても一段落する女性が増えますので、仕事に復帰したいという人が増えてきます。

ただ、子育てと仕事を両立するのはとても大変で、短い時間で仕事がしたい、子供のことで急に休むことになっても対応できる会社でなければならないなど、子育て中の女性は仕事に就くことすら難しくなります。

そんな女性の家事と育児、仕事の両立をサポートするために女性のワークライフバランスを第一に考えて転職サポートをしてくれますし、ワークライフバランスの取れる求人も数多く保有しています。

また、女性だけではなく男性の転職サポートも万全でパソナキャリアのキャリアコンサルタントは年収交渉力が高いため年収アップをして転職する人がとても多いのです。

パソナキャリアから転職成功した人のうち、約67%の人が年収アップして転職しています。

もちろん、サポート面でも親切・丁寧に指導してくれますのでキャリアコンサルタントの質も高いと業界では高い評価を得ています。

パソナキャリアは大手転職エージェントですので全国各地に拠点があり、求人も全国規模です。

大手転職エージェントの場合、大都市圏の求人が多くなる傾向がありますがパソナキャリアは地方に拠点が多いため地方の求人も多く大都市圏ではない人は利用して損はないでしょう。

求人の年代層も幅広く、20代から40代後半まで様々な職種や業種の求人がありますし、求人の質も高く大企業からベンチャー企業まで幅広い求人を保有しています。

また、総求人数は実績上位3社には劣りますが、他社と比べてもかなり多く、中でも非公開求人はパソナキャリアしか保有していない求人で、大企業や優良企業の求人が多くなっています。

ハイクラスやハイキャリアの求人を保有している一方、異業種や異職種への転職サポートも充実していますから、これまで経験したことのない職種や業種にチャレンジしたいという人にも向いている転職エージェントです。

ランキングNo.5 Spring転職エージェント(アデコ)

日本ではリクルートエージェントやDODAの名前が知られていますが、実はspring転職エージェントは世界第1位の実績を誇る巨大転職エージェントなのです。

元々スイスに本社がある転職エージェントですので外資系や海外への転職に強く、世界各国に約60カ所の拠点があるグローバル企業です。

外資系に特化したと言っても過言ではないspring転職エージェントですが、中でも営業職や管理職、技術職の職種の求人が多く、IT業界やWEB業界のエンジニアには特に強い転職エージェントです。

また、医療機器の営業やMRという営業の中でも専門的な知識を必要とする求人もあり、アパレル業界ではMDやプラスなどの求人にも強いと言われています。

キャリアコンサルタントも各業界や職種の経験者が多く、知識も経験も豊富で、質の高さは十分保証されています。

そして、spring転職エージェントの特徴として、一人のキャリアコンサルタントが企業と求職者をつなぐというスタンスでサポートしています。

転職エージェントでよくあるのが、取引先企業は別のコンサルタントが担当し、求職者は求職者だけを担当するという所が多いのですが、こうなると企業と求職者のミスマッチを起こしやすくなります。

ですが、spring転職エージェントは1人のキャリアコンサルタントが求職者も企業も、どちらも担当するので連絡もスムーズに取れますし、企業が求めている人材と求職者が転職したい企業をきちんと把握できるため入社後のミスマッチが起きにくいのです。

そしてもう一つの特徴としてspring転職エージェントは求人の質が高く、ハイキャリアやハイクラスの求人が多くなっています。

そのため、ある程度のキャリアやスキルがなければ求人がない状態ですから、未経験から異業種や異職種への転職は厳しいと考える方が良いでしょう。

ですが、キャリアやスキルに自信がある人は、さらにキャリアアップやスキルアップ、年収アップが期待できますし、キャリアコンサルタントの質も高く、求職者の将来性や現在の市場価値などを見ながら求人を提案してくれます。

もちろん、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策なども行ってくれますし、親切で丁寧な対応として評価も高い転職エージェントです。

自分のキャリアやスキルに自信がある人は是非登録しておきたい転職エージェントですし、海外への転職を希望している人はspring転職エージェントは外せないでしょう。

また、外資系やIT業界、WEB業界、アパレル業界などの転職にも強いので、これらの業種に転職したい人は登録しておいて損はないでしょう。

ランキングNo.6 エンエージェント

エンエージェントはエンジャパングループが運営している転職エージェントです。

CMでもお馴染みの転職エージェントですのでご存知の方も多いかと思いますが、エン・ジャパングループは「en」でお馴染みの就職活動情報誌を発刊していました。

エンエージェントは2013年からスタートしていますので転職エージェントの中では新しい企業になりますが、それまでの転職実績や就職実績などもあり、エンエージェントにしかない独占求人も多く保有しています。

特に、20代~30代の転職に強いと謳っているだけあり、エンエージェントに登録している求職者のうち75%は20代~30代前半となっています。

若い年代ですので転職に慣れていない、もしくは転職経験がない登録者が多く、転職弱者をサポートするための知識や経験が豊富なキャリアコンサルタントがサポートしてくれます。

転職初心者は履歴書や職務経歴書の書き方から教えてもらえますし、企業の情報も豊富ですので、それぞれの企業ごとの面接対策などもしてくれます。

また、面接時のアドバイスはエンエージェントを利用してる98%の人がもう一度利用したいと申し出るほどの人気サービスですので、転職初心者はエンエージェントに登録しておいて損はないでしょう。

公開求人数、非公開求人数共に未公開となっていますが、約20,000件の求人を保有していると言われています。

求人の中でも特に製造業やIT業界に強く、地域では東名阪と福岡に強い転職エージェントです。

もちろん全国展開していますので東名阪と福岡に限らず求人は保有していますが、特に強いエリアが東名阪と福岡だと認識しておきましょう。

求人数も実績も中堅クラスの転職エージェントですが、エンエージェントは人との「縁(エン)」を大切にしている転職エージェントです。

そのためキャリアコンサルタントの教育には熱心で親切で丁寧なサポートを心がけています。

通常、転職エージェントは転職に成功するとさほど連絡をとることはないのですが、エンエージェントは入社後、2週間後、1カ月、2か月、半年、1年半など3年間にわたり一定期間ごとに連絡を取り転職して不便なことはないか、不安はないかなど丁寧にサポートしてくれます。

そのためエンエージェントから転職した人の退職率はわずか4%しかいません。

転職に成功するというのは転職してしまえば終わりではなく、転職した企業でずっと働いていける環境や状態になることが転職に成功したということですので、エンエージェントのように転職後も手厚いサポートを受けられるのは大きなメリットとなるでしょう。

エンエージェントは慎重に転職活動をするということが語票ですので早く転職したい人にとっては物足りない、早くしてほしいと感じるかもしれません。

ですが、じっくりと求人を選びたい、急いで転職したくないという人には最適な転職エージェントです。

エンエージェントの口コミを見ているとキャリアコンサルタントの質に差があるということが見られます。

もし、自分とキャリアコンサルタントが合わないと感じた時は直接エンエージェントに申し出てコンサルタントを変更してもらいましょう。

キャリアコンサルタントのミスマッチは転職活動を円滑に進めることができませんので、コンサルタントと合わない場合は遠慮することなく申し出た方が良いでしょう。

ですが、実際にエンエージェントを利用してキャリアコンサルタントに対しての満足度を聞いてみると98%の人が満足していると回答していますので、質の差があるというのもごく一部のキャリアコンサルタントなのでしょう。

ランキングNo.7 type転職エージェント

type転職エージェントは東証一部に上場しているキャリアデザインセンターが運営している転職エージェントです。

東証一部に上場しているということで信頼度も高く、大企業や優良企業の中でtype転職エージェントにしか求人を依頼しないという企業もあります。

特に、IT業界やWEB業界の求人に強く、20代~30代の若い世代の転職サポートを重点的に行っている転職エージェントです。

もちろん、他の業界や年代のサポートも行えますのでこれらの業界や年代しか求人がなかったり登録できないということではありませんが、特にIT業界やWEB業界、20代~30代の求人に強い転職エージェントということです。

特に、IT業界やWEB業界に関しては業界でもトップレベルとの強さで求人のほとんどが非公開求人となっていますのでtype転職エージェントの独占求人です。

type転職エージェントの母体であるキャリアデザインセンターは1994年から人材紹介会社を運営していますので独自のネットワークが確率されており、type転職エージェントの求人は独占求人が多くなっています。

さらにキャリアコンサルタントの年収交渉能力が高く、転職した人のうち71%が年収アップしていますので年収アップ率も高い転職エージェントです。

また、キャリアコンサルタントの対応も良く、一人一人の求職者にかけている時間は他社と比べても長く丁寧な対応は業界でも高い評価を得ています。

ただし、対応地域が東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県になっていますので首都圏で転職する人しか利用できません。

1都3県のみの対応ですので求人数もさほど多くはありませんが、IT業界やWEB業界の求人の強さは業界でもトップクラスですので1都3県にお住まいの人は登録しておきたい転職エージェントです。

もちろん、IT業界やWEB業界と言っても様々な職種があり、エンジニアやクリエイティブ系だけではなく事務や営業、企画、管理、専門職など多くの職種を取り扱っていますので、取り扱っている職種は比較的多いと言えるでしょう。

ランキングNo.8 マイナビエージェント

マイナビエージェントは大手人材会社のマイナビが運営している転職エージェントです。

マイナビエージェントはリクルートエージェントやDODAのような大手転職エージェントと比べると求人数は劣りますが、質の良い求人が揃っています。

人材会社大手のマイナビが運営していることもあり、取引先の企業も幅広く大企業からベンチャー企業まで様々です。

ただし、ハイクラスやハイキャリアなどのエグゼクティブ層の求人はマイナビエグゼクティブエージェントが保有しているためマイナビエージェントでは未経験OKの求人や異業種や異職種への転職、即卒や第二新卒、フリーターなど若い年代をターゲットにした求人が多くなっています。

求人の中でも医療関係やIT業界に強く、ITエンジニア向けの求人数は1,000件を超えています。

大手企業との取引もありますので年収アップやキャリアアップも可能ですが、自分のスキルやキャリアに自信がある人はエグゼクティブ層に特化したマイナビエグゼクティブエージェントを利用する方が良いでしょう。

そして、マイナビエージェントのもう一つの特徴がキャリアコンサルタントのサポートのキメの細かさです。

履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、年収交渉などはもちろんですが、求職者の市場価値がどれくらいなのかを見極め、求職者の市場価値を高めるカウンセリングを行うことができます。

そうすることで年収アップに繋がりますし、人事から欲しいと思われる面接対策などはとても高い評価を得ています。

また、マイナビエージェントでは独自のサポート体制があり、定期的に転職相談会を実施しています。

内容としては「ITやWEBで初めての転職を応援する相談会」「未経験から広告業界への転職相談」などそれぞれの業界に特化した転職対策の話を聞くことができます。

ですので、自分が希望する業界の相談会がある時は参加して面接対策や転職活動に役立てることもできるのです。

マイナビエージェントの求人は未経験OKや異業種への転職が可能となるものが多いですし、若い年代に特化しているということで転職初心者など転職経験がない求職者もキャリアコンサルタントの手厚いサポートを受けることができるのでおすすめです。

また、キャリアコンサルタントは時間をかけてじっくり話を聞いてくれますので、時間をかけてゆっくり転職活動をしたい人や、じっくり求人を選んで転職したい人にもおすすめの転職エージェントです。

ランキングNo.9 ワークポート

ワークポートはITやWEB業界に特化した転職エージェントです。

求人数こそ多くはなく、約15,000件と言われていますが、度の求人も質が高くITやWEB業界ではワークポートの右に出るエージェントはないと言われているほどITやWEB業界に強い転職エージェントです。

ITやWEB業界との取引企業は2,000社に及び、キャリアコンサルタントも全て業界経験者で豊富な知識と経験を持っています。

また、ゲーム業界にも強いため、ITやWEB業界だけではなくゲーム業界でも大企業や有名企業との取引が豊富です。

求人は全国に及び、横浜・大阪・名古屋・福岡・東京にも拠点があるので全国各地の人が利用できますし、求人の質も良く、IT業界やWEB業界へ転職を考えているなら外せない転職エージェントと言えるでしょう。

ワークポートのキャリアコンサルタントは専門性知識が豊富な上にきめ細やかなサポートを受けることができると利用者からの評判も高くなっています。

サポートはきめ細やかながらスピーディーで履歴書や職務経歴書の添削、面接対策はもちろん、年収交渉力も高い年収アップをして転職する人も多くなっています。

ただし、どんなに優秀なキャリアコンサルタントでも自分と相性が悪ければ転職活動に支障が出てしまいます。

そのためワークポートでは「担当コンサルタントの変更希望受付窓口」を開設しています。

登録者から担当者を変えてほしいというのは言いにくいことなのですが、窓口がありますので変更しやすい環境を作っています。

さらに、ワークポートでは転職活動を円滑に進めるために「eコンシェル」というツールがあります。

このツールは新着の求人をリアルタイムで見ることができたり、転職活動のスケジュール管理や応募状況、選考状況を見ることができます。

転職活動をしたことがある人はお分かりになると思いますが、複数の企業に一度に応募することがあります。

そうなるとスケジュール管理が大変で、抜けてしまうこともあるのです。

ですが、このツールを使うことで一目見るだけでっ情報を把握できるので転職活動で大変なスケジュール管理のストレスを感じることなく転職活動に打ち込めるのです。

また、ワークポートでは転職に必要な様々なセミナー活動が開催されています。

セミナーの中でも複数の企業が合同で行う合同セミナーや採用直結型の企業セミナーは魅力的で、自分が入社したいと思う企業の人事と直接会うことができるので、とても重要なセミナーとなっています。

ワークポートはITやWEB、ゲーム業界に強く全国展開している転職エージェントです。中にはハイクラスやハイキャリイア求人がありますが、求人数は少ないのが現状です。ですので、ハイキャリアやハイクラス求人を狙っている人は新着求人を見逃さないようにしましょう。

ランキングNo.10 アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェントは人材サービス会社で大手となる株式会社アイデムが運営しています。アイデムは創業40年という古い歴史があり、取引先となる企業は25万社以上におよびます。

人材業界で古い実績をもつアイデムが運営している転職エージェントのため求人の質は良いのですが、アイデムスマートエージェントは2011年からサービスを開始した、まだまだ新しいエージェントのため求人数は少ないのが現状です。

ですが、実績は確実に積み重なっており、求人数が少ないところはキャリアコンサルタントの丁寧で親身な対応でカバーしているため、キャリアコンサルタントの質の高さは業界でも評判です。

求人内容を見てみると、特に20代~30代前半という若い世代の転職サポートを重視しており、大企業の案件は少ないのですが中小企業や地域に密着したベンチャー企業などの求人が多くなっています。

アイデムスマートエージェントが公開している求人数は約4,000件ですが、非公開求人が多く、独占求人が豊富だということがわかります。

アイデムがこれまでに取引してきた25万件以上の企業からの求人があるため、非公開求人数はかなり多いのではと言われています。

創業40年の歴史を持つアイデムですから、大手転職エージェントでも保有していない求人を保有しており、求人が重なることはほとんどないでしょう。

また、転職活動に必要なセミナーも豊富で、アイデムスマートエージェントに登録すると様々な就職支援セミナーに参加することができ、これまでの累計開催回数は55,000回と、高い頻度でセミナーが開催されています。

セミナー内容は様々ですが、面接対策や書類作成の仕方、自己アピール方法など転職活動に必要なセミナーばかりで、内容も濃いため利用者からはセミナーに参加できてよかったと評判も上々です。

ただし、まだまだ始まったばかりの転職エージェントのため拠点が東京と大阪にしかありません。そのため、求人も東京と大阪が多く、その周辺地域の求人しかないのが現状です。

手厚いサポートを受けることができ、求人の質も良いので登録しておきたいところですが、東京や大阪に近い地域にお住まいの人でなければ利用価値はないでしょう。

ランキングNo.11 エリートネットワーク

エリートネットワークは20代~30代の若い世代の転職に強い転職エージェントです。第二新卒や即卒の求人も扱っており、若い世代のサポートに力を入れています。

公開している求人数は約18,000件ですが、非公開求人も多数保有しており、ハイキャリア、ハイクラスの求人が多くなっています

ハイキャリアやハイクラスの求人に特化しているためキャリアやスキルに自信がある人には最適な転職エージェントですが、キャリアやスキルに自信がない人は求人を紹介してもらえない可能性もあります。

エリートネットワークは元リクルートの社員が立ち上げているため、大手人材紹介会社のリクルートで培った能力を生かし、小規模でありながら20年の歴史を持つ転職エージェントとなっています。

エリートネットワークで紹介されている求人は職種も業種も様々ですが、人材業界に精通したキャリアコンサルタントばかりですので質の高いサポートを受けることができます。

転職活動のプロとも呼べるコンサルタントのサポートは細部にまで行き渡り、登録者の情報を見て、さらにきめ細かいサポートを行います。

ハイクラスやハイキャリアということで、スキルやキャリアの高い人材が求められるため自分の希望する企業に対して厳しい言葉がでることもありますが、より良い企業への転職を可能にしようというキャリアコンサルタントの意思の表れなのです。

また、ハイクラス、ハイキャリア向けというkとで20代や30代でも年収1,000万円を超える企業に転職することも可能です。

年収1,000万円を超える求人が多いため、その年収に見合った知識やキャリアが必要になりますが、キャリアアップしたい、年収アップしたいという人は一度相談してみてはいかがでしょうか。

求人内容は大企業や優良企業の役職ばかりではなく、公認会計士や税理士、弁護士など特殊な職種も取り扱っており、海外の求人も取り扱っているためハイキャリアやハイクラスの様々な求人を取り扱っています。

また、求職者が希望すれば内定している企業との会食をセッティングしてくれるというサービスもあるため、ワンランク上の企業に転職したい人には最適な転職エージェントでしょう。

ただし、求人のレベルが高いということは登録のレベルも高いということです。

キャリア不足であったり、スキル不足と判断されれば登録はできても求人紹介がなかったり、登録すらできない可能性もあります。

ですので、自分のキャリアやスキルに自信がある人は挑戦の意味も込めてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ランキングNo.12 ロバートウォルターズ

ロバートウォルターズは外資系やグローバル企業に特化しており、世界24か国に拠点がある転職エージェントです。

海外への転職にも強く、世界で活躍したいという求職者から高い評価を得ています。

また、ロバートウォルターズのキャリアコンサルタントは他社とは違い、通常1人の求職者に1人のキャリアコンサルタントが付きますが、ロバートウォルターズではそれぞれの職種でスペシャリストがチームを組み、求職者のサポートをする形を取っています。

例えば、経理なら経理のスペシャリストがチームを組み、営業なら営業のスペシャリストがチームを組み、求職者のサポートをするのです。

このシステムはそれぞれの職種で市場価値や動向などをきちんと把握できているスペシャリストがチームを組むことで求職者のスキルやキャリアから将来性を見てマッチングする企業を話しあいながら決めていきます。

1人のキャリアコンサルタントが独断でマッチング企業を決めるわけではなく、多くのコンサルタントの意見を取り入れて最適な企業とマッチングさせるため、求職者に最適な求人を選ぶことができるのです。

また、キャリアコンサルタントと1対1ではないのでキャリアコンサルタントとの相性を気にすることもありません。

また、ロバートウォルターズが取り扱う職種は外資系と言っても多岐にわたり、製造業、IT、自動車、小売り、金融、エネルギー、化学、オンライン、不動産など様々な職種を取り扱っているため自分が希望する求人がきっと見つかるでしょう。

さらに、外資系企業や海外の企業へ転職したいと言ってもほとんどの求職者が日本人から見た目でしか企業を判断できていません。

そこで、実際に外国人から外資系企業での仕事内容や仕事の進め方を聞くことができ、自分はどれくらい通用するのかも確認することができます。

また、外国人の目から求職者の適正や市場価格を見てアドバイスしてもらうこともできるのです。

「外国人の目から見て」ということができるのは、ロバートウォルターズのキャリアコンサルタントの半数は外国人だからです。

ですので、自分では短所だと思っていたところも外資系や海外企業から見ると長所になるということもありますので、外国人の目から見てもらうのはとても大切なことなのです。

ロバートウォルターズの求人は質が高く、年収800万円を超えるハイクラス求人やハイキャリア求人がほとんどです。

それぞれの企業でスペシャリストを募集しているため年収が高い傾向にありますが、20代でも年収1,000万円以上の企業に転職することも可能だということです。

また、外資系企業や海外の企業は日本の企業ではなかなかできない年収交渉をするのは当然のことですので、年収交渉は必ず行います。

そのため年収アップして転職する人が多く、20代や30代でも高年収の企業へ転職している人も多々います。

もちろん、これだけ高い年収の求人を扱う転職エージェントですから、TOEIC800点は最低でも必要です。

日本人からするとTOEIC800は高得点と思われますが外資系企業では十分とは言えません。

ましてやロバートウォルターズの求人はハイクラスの求人となっていますので即戦力になるレベルの高い人材を求めています。

そのため、自分のキャリアやスキルが十分ではない場合、登録はできても求人をなかなか紹介してもらえない可能性もありますし、登録さえできな可能性もあります。

ですが、自分のキャリアやスキルに自信がある人、キャリアアップや年収アップを狙っている人、外資系や海外の有名企業で働きたい人は登録しておきたい転職エージェントです。

ランキングNo.13 マイケルペイジ

日本ではあまり聞かない名前かもしれませんが、マイケルペイジは世界的に有名な転職エージェントで、世界35か国、153カ所にオフィスを構える世界でもトップクラスの転職エージェントです。

外資系に特化したマイケルペイジは2001年に日本支社が設立されました。

求人内容は外資系でもハイクラス、ハイキャリア求人となっており、キャリアアップや年収アップした人に向いている転職エージェントです。

日本での求人数は公開・非公開求人合わせて約3,000件と多くはありませんが、業界でもトップクラスの質の高い求人を取り扱っています。

元々マイケルペイジは1976年にロンドンで設立された転職エージェントで、設立から40年を超える老舗の転職エージェントと言えます。

そのため、大企業や優良企業との太いパイプがあり、マイケルペイジにしかない独占求人も多く保有しています。

外資系に特化した転職エージェントのため、キャリアコンサルタントも業界経験者で知識も経験も豊富で求職者の相談内容に的確なアドバイスをしてくれます。

また、キャリアコンサルタントごとに担当求人を持つというスタンスのため、求職者1人にキャリアコンサルタントをつくというわけではありまえsん。

ですので、1人のキャリアコンサルタントに連絡が取れないとストレスになることもなく、スピーディな対応をしてくれます。

求人ベースとなっているため対応も早く、登録後2週間で転職先が決まる人も多いようです。

ただし、誰でも登録できるわけではなく、年主800万円以上というハイクラスやハイキャリアの求人が多いため求職者の市場価値が低いと判断した時は登録できない可能性もありますし、登録できても求人紹介してくれない可能性もあります。

ですが、キャリアに自信がある人や外資系企業に転職したい人には最適な転職エージェントですし、母体が世界規模ですので、登録しておいて損はないでしょう。

ランキングNo.14 ハタラクティブ

ハタラクティブは第二新卒や即卒、フリーターなど20代の若い世代に特化した転職エージェントです。

未経験OKの求人も多く取り扱っており、フリーターやニート、今まで一度も正社員として働いたことがないという転職弱者の転職サポートを主に行ています。

そのため転職しやすい求人が多く、年収の低い求人が目立ちますが、これまで一度も正社員で働いたことがない人にとっては最適な転職エージェントでしょう。

また、ハタラクティブはITやWEB業界、建設業や不動産業、広告業界に強い転職エージェントで、未経験からでも転職できる求人を多く保有しています。

ただし、東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県を中心とした求人ですので、首都圏にお住まいの人しか利用できなくなっています。

職種に関しては若い世代が転職しやすい営業職の求人が4割を占めています。

ただし、WEBエンジニアやクリエイティブ系、技術職やサービス系、マーケティング関連などの求人も保有しており、未経験でも若い年代の強いパワーを必要としている企業から採用をもらえることもあります。

特にハタラクティブがサポートしている対象はフリーターから正社員への転職ですので登録者も10代~20代と若い年代が中心となっています。

フリーターから正社員への転職ということは、転職活動自体が初めてという人が多いため、キャリアコンサルタントとマンツーマンで行われ徹底的なサポートをしていきます。

登録者の情報を見て経験や実績豊富なキャリアコンサルタントが長い時間をかけてカウンセリングし、登録者の5~10年先を見据えた求人をプロの目線で選んでくれます。

そして、ハタラクティブのキャリアコンサルタントのすごいところが、書類審査通過率がなんと91.4%もあるということです。

フリーターやニートなどキャリアがほとんどな人は書類審査で不採用となることが多く、面接までなかなかたどり着かないのが現状です。

ですが、ハタラクティブでは自己PRや志望動機、書類の書き方など、それぞれの企業別に丁寧に教えてくれるため書類審査通過率がとても高いのです。

また、書類選考後の面接対策も万全ですので、内定率も80.4%と、若い世代には評価の高い転職エージェントとなっています。

主な求人エリアは先ほどお話しました1都3県なのですがオフィスが立川と渋谷にしかないため、面談できるのはオフィスに来れる方のみとなります。

そのほかの方は電話対応となりますので、もし面談してほしいという場合は、オフィスまで出向かなくてはなりません。

ハタラクティブの求人は未経験OKや若い年代向けの物が多いので年収は他の転職エージェントと比べても低めです。

年収300万円台から400万円台がほとんどと言って良いでしょう。

年収交渉をしても、元々の求人募集が未経験OKや経験が浅くても良いなどの条件のため年収アップできる範囲が狭いので年収アップは難しいかもしれません。

ですが、これまで正社員の経験がない人や、正社員の経験はあっても数か月で辞めてしまった人にとっては未経験でも正社員になれる求人があり、手厚いサポートを受けることができるので最適な転職エージェントではないでしょうか。

ランキングNo.15 転職エージェントneo

転職エージェントneoは旧ネオキャリアNEXTのことです。

ネオキャリアが運営する転職エージェントneoは、2000年に設立された転職エージェントでベンチャー企業と言って良いでしょう。

ITや通信、WEB業界の求人に強く、他にも広告業界、マスメディア、メーカー、金融などの業界の求人もあり、全業界の求人をある程度は保有しています。

また、第二新卒や即卒など若い年代の転職サポートを中心に行っているため求人も若い世代向けのものが多くなっています。

転職エージェントneoは国内に45もの拠点を持ち、海外にも8か国16カ所に拠点があるため外資系の求人も多く、大都市圏だけではなく地方の求人もカバーしています。

転職エージェントneoの登録者は若い年代が多いため、キャリアコンサルタントは登録者の希望を最優先に考えながら、その人の能力を最大限に引き上げた状態で求人を紹介します。

そのため、キャリアアップや年収アップも可能で、能力を最大限にまで引き上げるため転職経験が少ない、または転職経験がない世代でも転職しやすい状況にしてくれます。

若い世代は正社員として働いた期間が短い人が多いのため、会社でのマナーや所作なども教えてくれますし、希望する求人企業の雰囲気と登録者が合うように考えて紹介してくれているのもキャリアコンサルタントなのです。

転職エージェントneoが保有している求人数は約5,000件ですので大手転職エージェントに比べると圧倒的に少ない求人数ですが、その分企業情報を把握することもできますし、どの企業がどの求職者とマッチするのかも丁寧に選ぶことができます。

転職エージェントneoは、とにかく面談重視で個別でじっくり転職活動を行ってくれますので転職経験の少ない若い世代には最適な環境ではないでしょうか。

特にIT業界への転職成功率は高く、中でも営業職は転職成功しやすい職業ですので、IT業界への転職を考えている人や営業職として頑張ってみたい人は一度相談してみてはいかがでしょうか。

ランキングNo.16 ランスタッド

ランスタッドという名前を聞いたことがないかもしれませんが、spring転職エージェントに次ぐ世界第2位の実績を誇る巨大転職エージェントなのです。

ランスタッドの本社はオランダにあり、人材サービス会社ランスタッドホールディングの日本で運営している転職エージェントなのです。

日本では中核企業ですが、世界的に見ると実績も経験も求人数も豊富な転職エージェントで、世界39カ国、4,600以上もの拠点を持つ転職エージェントです。

ランスタッドは外資系企業ということで、外資系の求人に強く、キャリアコンサルタントも外国人が多くなっています。

外資系の大企業からベンチャー企業までグローバルに活躍する企業の求人を多く保有しています。

また、外資系の中でも事務系の職種は求人が豊富で、外資系に特化した転職エージェントとなるとコンサルタントや営業職、専門職の求人が多いのですが、ランスタッドでは事務系の求人が多いため女性をはじめ管理職を目指す男性にも人気の転職エージェントです。

ランスタッドでは外資系には珍しい1人の登録者に1人のキャリアコンサルタントが付きます。

外資系の場合、通常はそれぞれの職種でチームを組み、その職種を希望する求職者をチームでサポートするのですが、ランスタッドでは1人の求職者に1人のキャリアコンサルタントが付き、転職活動のサポートは常に同じキャリアコンサルタントが行います。

これは、情報の行き違いや理解不足、二度手間などを防ぐこともでき、お互いの信頼関係を築くことができます。

ランスタッドでは、「1人1人の登録者のスキルや希望、ライフスタイルを理解して求人を紹介する」ということを行っていますので、無理に求人を勧めたり、合わない求人を紹介するようなことはありません。

ランスタッドでは、常に同じパートナーと転職活動を行い、転職のスペシャリストであるキャリアコンサルタントと行動するため良き相談相手にもなり不安や悩みを相談することもでき、辛い転職活動も乗り越えていけるパートナーを目指しています。

また、転職エージェントの大手にありがちな強引な取引もなく、ワークライフバランスを考えてくれますので、転職経験の少ない人でも外資系企業に転職したい、事務職に転職したいという人は一度相談してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントの失敗しない選び方

転職エージェントはそれぞれ特徴があり、企業によって違いがあります。転職で成功するためにも、最低でも1社は利用しておきたいサービスになります。

そうなるとどの転職エージェントを利用するかが、重要な要素になってきます。おすすめの利用法としては、大手1社とその他1社を選ぶやり方になります。絶対的に求人数が多いリクルートやDODAは、登録しておくことをお勧めします。

求人数の多さは転職成功の一つの条件なので、大手エージェントは必ず利用しましょう。もう1社は、面談でのアドバイザーの印象が良いエージェントを選ぶべきです。

転職エージェントのアドバイザーは、当たり外れがあると良く聞きます。どんなに評判が良くても、外れに当たってしまうと転職が難航してしまいます。

面談をすれば人間性がわかるので、信頼できる転職エージェントを選びましょう。求人数が少ない転職エージェントでも、転職のノウハウを徹底的に教えてくれるので必ず役に立ちます。

登録は無料なので、一度面談をしてから判断することをお勧めします。

理想としては、2社程度の転職エージェントの登録がお勧めの利用方法となります。あまり多く登録すると、管理が大変になり転職の効率が悪くなるからです。転職に成功している人の多くも、2社くらいの利用で良かったと言うことが多いです。

 

 

スポンサードリンク