30代で転職が決まらない時に役立った自己分析の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

30代で転職を経験しているの多くは、転職が決まらない経験をしたことがあると思います。

転職が決まらないと、焦りや不安で自分を見失ってしまいます

早く転職先を決めたいと言う思いから、中途半端に妥協することも多いです。

30代の転職で失敗する人は、決まらない時期が長くなっている傾向があります。

実際に転職活動をすると、思っていたほど順調に進まないことがほとんどです。

しかし転職経験が少ないと、この悪い流れにどんどん不安を感じてしまいます。

転職に成功するためには、決まらない時期の活動が重要になります。

闇雲に求人に応募するのではなく、何故転職が決まらないのかを分析することが重要になります。

しっかりと自己分析を行うことで、30代は転職の成功率を上げることができるのです。

ただし転職経験が少ないと、どうやって自己分析するのかわかりません。

実際に転職が決まらない時に、自分を分析するのに役立ったことを紹介したいと思います。

難しい転職活動ですが、決まらない時の行動ほど重要になってきます。

30代で転職が決まらない時に役立った、自己分析の方法を紹介するので参考にして下さい。

転職が決まらない理由

30代で転職をする場合、自分の希望だけで応募すると決まらない可能性が高くなります。

今後の人生がかかっているわけですから、自分の希望を優先するのは当然です。

しかし30代で転職が決まらない人の多くは、自分の希望だけを中心に考えている傾向にあります。

転職で企業側が望むことは、会社に貢献する人材を確保することになります。

企業が望む優れた人材であれば、30代でも転職は比較的スムーズに決まることが多いです。

ですが現実問題として、30代でそんな優れた人材を見つけることは簡単ではありません。

30代だとある程度のキャリアはありますが、そこまで優れた人材はそうそう転職しません。

転職活動をしていても、すぐに決定してしまう傾向にあります。

30代の転職は、決まるのが早いか遅いかが極端に別れやすくなります

そのため企業は転職サイトや転職エージェントを使って、良い人材探しをしているのです。

30代で転職が決まらない人は、自分は応募する企業が望む人材かを確認しましょう。

採用条件や必要なスキルを見て、求人にマッチしているかを調べることが重要です。

30代で転職が決まらない人の多くは、この作業を軽視している傾向があります。

欲しい人材が応募してこなければ、企業側が採用しないのは当然のことです。

転職者は求人の条件を確認して自己分析することが、転職成功に繋がります。

転職が決まらない人がすべき自己分析

転職活動の自己分析は、転職成功率を上げるために必要な最優先事項になります。

自己分析をしっかりと行うことで、自分が進むべき道がはっきりするからです。

30代で転職が決まらない人は、自己分析が中途半端になっている可能性が高いです。

転職の自己分析は、書籍や転職サイトを使えば簡単に行うことができます。

ですがテンプレートなので、他の転職者と差別化できるものではありません

30代で転職が決まらないの多くは、テンプレートの自己分析をしている可能性が高いです。

テンプレートの自己分析では、転職で重要となる項目が抜ける可能性があります。

30代で転職が決まらない人の多くは、しっかりと自己分析をして企業が望む人材を分析することが重要です。

以下のポイントが、自己分析で重要になってくる項目になります。

  • 企業のニーズと自分の将来像の自己分析をする
  • 応募書類が魅力的か自己分析をする
  • 面接のアピールポイントの自己分析をする

企業のニーズと自分の将来像の自己分析をする

転職が決まらない人は、自分の将来像を考えていない人が多いです。

30代の転職者の多くは、今の仕事に不満があるからなど、現在の仕事の不満から転職する傾向にあります。

こういった不満だけの転職者は、企業側も欲しい人材と判断しません

将来のビジョンがしっかりしていないと、30代は転職が決まらない可能性が高いです。

企業が採用するのに重視していることに、転職者の将来性があります。

会社を伸ばすためにも、将来的に役に立つ人材が必要になるからです。

そのため将来のビジョンのない30代の転職者は、企業側は魅力ある人材と考えません。

ただし将来性とは、単純に自分の目標を言うだけでは意味がありません

この人は将来会社を背負うと思わせることが、成功のために必要なことになります。

将来像で目を向けるととしては、自分のキャリアと会社のニーズになります。

自分の持っているスキルが、会社にどう役立つのかを分析しましょう。

たとえ優れたスキルでも、会社が必要としないものなら意味はないからです。

将来像の自己分析で重要なことは、どうやって会社に貢献できるかになります。

そのために重要なこととして、自分の得意分野をはっきりさせることがあります。

ただし得意分野は、本当に自分が得意なことを書くものではありません。

自分のスキルやキャリアが、新しい仕事に役立つことをアピールするのが重要です。

30代で転職が決まらない人の自己分析では、検討違いの得意分野を書く人もいます。

英語を全く使わない企業に、TOEIC990点をアピールしても響かないでしょう。

仕事で使える得意分野をアピールがあるかを自己分析することが、30代の転職では重要になります。

企業のニーズに合っている自己分析をすれば、転職成功率は高くなります。

得意分野以外にもキャリアや給与など、一つ一つ丁寧に自己分析していきましょう。

30代の場合、自分の希望だけを考慮した転職活動をしがちです。

ですが自分のことだけではなく、企業に必要とされることを一つ一つ丁寧に自己分析をすることで、30代の転職の成功率を上げることができるのです。

応募書類が魅力的か自己分析をする

30代で転職が決まらない人は、面接までたどり着けないケースも非常に多いです。

この年代は転職サイトの利用が一般的で、応募者の倍率も高く書類審査が厳しくなっているからです。

人と同じ職務経歴書などでは、面接をしてもらうのも難しくなりました。

多くの書類の中で目を引くには、魅力的な書類の書き方が必要になります。

魅力的な応募書類を書くためには、自己分析をしっかりすることが重要になります。

自己分析ができていない書類は、企業へ対するアピールが足りなくなります。

履歴書や職務経歴書は、面接と違い担当者が見るだけの判断になります。

書いたこと以上にアピールはできないので、取り残しのないように書きましょう。

ただし書き方にもポイントがあり、ただ長く書けば良いわけではありません。

30代の転職の応募書類で特に重要なものは、職務経歴書の書き方になります。

転職の職務経歴書は、応募先に合わせて作ることが成功のポイントになります。

なぜなら応募先によって、求める条件に違いがあるからです。

30代で転職が決まらない人の職務経歴書は、同じものを使いまわしています。

きちんと応募先の条件を分析して、魅力的な職務経歴書を書くことで転職成功率を上げることができます。

職務経歴書の書き方は、採用される履歴書・職務経歴書はこう書く<実例付き>が参考になります。

30代の転職は、ただ仕事内容を職務経歴書に書くだけでは書類審査を通過しません。

今までの経験と、今後新しい企業への貢献を考えて作成することが重要です。

企業の担当者が読んだ時に、他と違うなという印象を持つ職務経歴書の作成をすると成功率が上がります。

面接のアピールポイントの自己分析をする

面接で落ちる30代は書類選考で合格しているので、スキル等に問題はありません。

しかし面接で何か足りないと担当者が感じてしまうことが、失敗の原因になります。

面接はライバルに差をつける場になるので、自己分析が特に重要になります。

面接は書類のように、書いたものを読んで判断するものではありません。

直接担当者と話をして、自分のことをきちんと伝える場になります。

そのため面接の話し方次第で、好意的にもその逆にも捉えられるのです。

面接に失敗して転職が決まらない30代は、アピールがしっかりできていません。

話をして魅力のない人間を、企業が積極的に採用することはありません。

ただしアピールは、自分のことを述べるだけでは成功に繋がりません

企業側が望むことを、しっかりと把握して受け答えすることが重要になります。

一般的な面接対策は、面接シートなどを使ったものになります。

30代の転職者の多くは、こういった面接シートを普通に使っているのでこれだけでは不十分になります。

30代の転職では、面接は企業側が重視しているポイントも考慮すると成功率が上がります。

面接にマニュアルがあるように、企業側も採用のポイントが存在します。

企業側が採用に重視するポイントを知ることで、ライバルと差をつける面接対策になります。

採用のポイントが良く書かれている書籍に、良い人材を見抜く採用面接ポイントがあります。

この書籍に書かれているポイントを押さえて、自己分析をしっかりと行いましょう。

基本的なことも多いですが、意外とできていない30代の転職者が多いです。

こうした逆転の発想も、転職が決まらない人がその状況を打破するのに使えます。

また30代の転職の面接で重要なこととしては、落ち着いて話をすることもあります。

どんなに自己分析ができていても、聞き取れないとマイナス要素になります。

転職者は社会経験があることが前提なので、新卒のような対応はマイナスになります。

面接は慣れもありますが、何度も転職している人はそこまで多くありません。

また面接が原因で転職が決まらない人は、自己分析が不足していることもあります。

自分では対策が難しい面接は、転職のプロに頼る方法もお勧めになります。

面接の訓練ができる方法として、転職エージェントを利用する方法があります。

転職エージェントは、無料で利用できる転職サービスになります。

転職サイトと違い、専門のコンサルタントが転職をサポートしてくれます。

転職が決まらない人は、一度試してみると転職成功のきっかけが作れる可能性が上がります。

転職エージェントについては、転職エージェントの評判と選び方 – 一念天に通ずも参考にしてみて下さい。

最初は不安もあるかもしれませんが、30代の転職で利用している人は年々増えています。

転職が決まらないと、不安で発言が消極的になってしまいます。

面接ではそういった態度は、大きなマイナス要素になるので注意しましょう。

前向きな発言をすることが、採用担当者にも良いアピールとなります。

転職が決まらない時まとめ

30代で転職が決まらない時期が長いと、徐々に疲れてやる気が落ちてしまいます。

そんな状況になると、希望しない企業でも良いかと妥協してしまいます。

しかし結果として転職失敗となり、また転職活動をする可能性が高くなります。

転職活動に疲れたら、30代の転職活動で疲れた時に本当に役立った対処法 – 一念天に通ずも参考にして下さい。

実際に30代の転職活動で、役に立ったことをピックアップしています。

転職経験者として、転職が決まらない人の参考になればと思っています。

転職は人生の転機になるので、しっかりと対策をして臨みましょう。

自己分析は転職成功のための、最も重要な対策の一つになります。

簡単ではありませんが、対策をきちんと行えば転職成功率が上がります

転職に疲れたは、転職経験者であれば感じることが多いことになります。

特に長い期間の30代の転職活動は、精神的にも肉体的にも辛くなってきます。

厳しい期間になりますが、諦めずに粘り強く活動を続けることが重要です。

それまで自己分析を繰り返して、自分の長所や悪かったことを研究してください。

一人で自己分析をするのが苦手ならば、転職エージェントを使うのが効果的です。

転職のプロである、第3者の意見が聞けるので非常に役立ちます

自分では気づかなかったことも、転職のアピール材料になることは良くあります。

転職が決まらなくても、努力を続ければ良い結果に繋がる可能性が高くなります。

転職活動の効率的な方法は、30代転職の現実と成功させるための確実なステップ – 一念天に通ずも参考にして下さい。

スポンサードリンク