30代の転職時期で失敗しないタイミング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

30代で転職を考えていると、転職時期をいつにするか悩みます。

経験をするとわかりますが、転職時期を間違えると転職に失敗します。

転職時期は、自分が転職したいタイミングだけで行うものではありません

私も30代の転職で、自分都合の時期で活動をして失敗しました。

早く仕事を変えたいと焦って、転職市場や職場の規約を考慮していなかったからです。

転職時期のベストなタイミングを知っていれば、トラブルを防止することにも繋がります。

30代で転職を考えたら、転職時期を計算することがとても重要です。

もちろん計算通りに転職することは、決して簡単ではありません。

しかし30代は、転職時期を無視した活動をすると失敗しやすくなります。

30代転職の実体験から、転職時期のベストなタイミングを説明します。

転職を考えているならば、チェックして参考にしてみて下さい。

円満に転職ができるように、転職時期はしっかりと考えておきましょう。

転職市場が活発な時期を狙う

転職は通年採用を行っている企業もあれば、補充が必要な時に行っている企業もあります。

ですが一般的に転職市場が活発になる時期があり、そのタイミングを狙うと転職成功率が上がります。

特に30代の転職では、転職市場が活発な時期を狙うと良い求人に出会える確率が上がります。

転職市場が活発になる時期として、9月と3月の求人数が増えます

この時期は求人数も豊富になり、転職に向いている時期と言えます。

ただし30代の転職では、3月と9月以外の動向を見ることも重要です。

なぜなら求人が増えても、希望する企業があるわけではないからです。

30代の転職では、将来のキャリアプランを考えた転職が重要になります。

そのためには、自分のキャリアに合った転職先を見つけることが必要です。

また30代の転職は、ライバルの少ない時期を狙うのも一つの方法になります。

3月と9月は、確かに求人数も多くなり転職市場が活発になります。

ですがそれは他の転職者も知っていることで、ライバルが増えることにも繋がります。

当然倍率が高くなり、転職が簡単には成功しない傾向があるのです。

実際に転職をしてみると、3月採用の枠に応募する転職者は多いです。

書類審査に通過するだけでも労力を使い、転職活動に疲れたとなります。

転職市場が活発な時期を狙うのは、転職の一つの正攻法になります。

しかし30代の転職では、無理に市場に合わせる必要はありません

意外と他の時期でも、欠員補助のために良い求人が出ることもあります。

常に求人をチェックすることが、30代の転職活動で重要なことになります。

30代の転職時期で気を付けるタイミング

基本的に30代の転職時期は、自分のタイミングが重要になります。

しかし業務が多い30代は、転職時期で気を付けるタイミングがあります。

気を付けるタイミングとしては、繁忙期と年度末があります。

繁忙期に関しては、会社全体が忙しく残業も多くなることが多いです。

転職活動では、事前準備や書類作成、面接など対策に時間がかかります。

繁忙期に転職活動をに行うと、作業が中途半端になる可能性があります。

転職活動では、繁忙期などを考慮してくれる企業も増えています。

しかしそれを理由に手を抜くと、熱意が足りないと取られてしまいます。

特に30代は、普段の仕事も責任の高いものを任させるケースが多いです。

スケジュール管理をしっかりと行わないと、転職に失敗してしまいます。

書類作成の時間や、面接日時の調整などは入念に調べて準備しましょう。

もし時間に余裕がないと感じたら、転職活動を休止するのも一つの手段です。

気を付けるタイミングとして、年度末も転職が難しい時期になります。

歓送迎会など、業務以外に出席するものが多くなるからです。

この時期に注意することは、面接の日程と重ならないことになります。

応募書類などは家でもできますが、面接は企業へ行く必要があります。

特に30代の場合、業務後に面接することが多くなっています

歓送迎会を欠席する方法もありますが、周りの視線も厳しくなります。

30代は会社で頼られる年齢になるので、簡単に休むことはできません。

転職を決意したら、タイミングを逃さない注意が必要になります。

思っている以上に転職は時間を使うので、しっかりと計画することが重要になります。

転職のタイミングと準備時期

転職に成功するには、運とタイミングがとても重要になります。

希望する企業が募集をかけて、そのタイミングで応募して採用されることが必要になります。

特に30代の場合、年齢的にも何度も転職をすることはありません。

30代の転職では、タイミングと準備を間違えないことが重要になります。

この2つは、転職しようと決意したときから考えるべきことになります。

なぜなら転職しようと思っても、準備不足だと書類すら通過しないからです。

まず転職活動のタイミングは、転職を決意した時がスタートになります。

転職市場の活発な時期も重要ですが、転職を決めたら活動を開始しましょう。

スタートは早い方が、転職成功の確率を上げることができます。

転職市場は常に動きがあり、募集をかける企業も次々に変わります。

そのため常に最新の動向をチェックしないと、良い企業を取り逃すことになるのです。

転職を決意した時から求人をチェックしておけば、良い求人を逃すことを防ぐことができます。

求人の動向を調べる場合は、転職サイトの活用が最も効果的です。

大手の転職サイトなどは、週1で新しい求人が更新されています。

転職サイトであれば、仕事をしながらでもチェックは簡単にできます。

転職活動を開始したら、転職準備を先にすることが重要になります。

書類関係や面接対策など、自己分析をしっかりすることをお勧めします。

応募する求人を決めてからでは、考えるのに精いっぱいになって時間が足りなくなるからです。

自己分析をしっかりと行うことが、転職成功の一つのポイントになります。

特に30代は、自分の強みや企業への貢献などを考えることが必要です。

準備をしっかりと行えば、んなタイミングでも落ち着いて転職活動ができます

転職の時期やタイミングは重要ですが、わからないことも多いです。

いつピッタリの求人が見つかるかわからないので、事前準備はしっかりと行いましょう。

30代で転職が初めての場合は、書類作成や面接をどうすれかわからない人も多いと思います。

準備に不安や悩みがあれば、転職エージェントを利用するのもお勧めです。

転職エージェントを使えば、アドバイザーが丁寧に転職活動を支援してくれるからです。

無料で利用できるので、転職のサポートに登録することをお勧めします。

転職エージェントについては、転職エージェントの評判と失敗しない選び方 – 一念天に通ずも参考にして下さい。

転職時期でボーナスが変わる

基本的に転職を上司に告げると、次のボーナスはかなり下がります。

会社を抜ける人材に、ボーナスを規定通り出す企業は少ないです。

優良な企業であれば出るでしょうが、滅多にないので注意してください。

ボーナスが欲しければ、転職時期に注意することが必要です。

私の場合は、冬のボーナスが夏よりも少ない企業に勤めていました。

そのため夏のボーナス後に、転職活動を開始したのです。

しかしこのボーナスを考えた転職は、結果的には失敗してしまいました。

3ヵ月位あれば転職が決まると思っていましたが、なかなか次の転職先は決まりませんでした。

そんな期間を過ごしているうちに、次の夏前に転職が決まったのです。

新しい企業への入社の時期は、夏ボーナスの後に設定しました。

そうすればボーナスはもらえると思い、金銭的に余裕ができると踏んだからです。

ですが実際には、夏のボーナスは雀の涙程度のものでした。

会社の規定で退職1ヶ月前には、上司に報告する義務がありました。

この時期は夏ボーナス前で、結果的にこの報告がボーナスに影響したようです。

良くボーナスを考えて転職したほうが良いと聞きますが、転職はそう簡単に時期を決めてできません

30代は長期戦になることも多く、思ったよりも苦戦することも多いです。

30代で転職を決めたら、ボーナスはもらえないものと考えたほうが良いでしょう。

今後の人生も関わるので、ボーナスを気にしすぎて失敗するのは避けたほうがよいでしょう。

転職時期とキャリアの関係

キャリアアップを狙った転職では、時期の見極めが非常に重要になります。

30代でも前半の場合、キャリア不足を指摘される恐れがあるからです。

5年ほどでもキャリア不足と考える企業もあれば、3年で十分という企業もあります。

一般的にキャリアは、5年以上の経験があることが望ましいようです。

5年以下のキャリアの場合、給与が下がるなどのリスクがあるので注意しましょう。

実際にキャリアアップを狙った転職で、給料が下がった例は少なくありません。

給料が下がる場合、よほどのことがなければ転職は止めた方がいいでしょう。

やりがいも重要ですが、将来の生活を考えるとデメリットが大きいです。

キャリアアップを狙うなら、給料は重視することが転職成功の秘訣です。

転職は時期が重要ですが、30代の場合はキャリアアップの視野に入れておくとよいでしょう。

特に30代前半の場合、転職して後悔することも少なくありません。

しっかりとキャリアを形成してから、転職活動をするのも一つの方法です。

30代後半の場合は、キャリア不足になることは少ないと思います。

ですが30代後半を対象として求人は、転職サイトにも出回りにくいです。

結果的に転職後に思ったのと違うとなりやすく、失敗することも多いです。

30代後半の転職は、時期やタイミングが読みにくい傾向にあります。

どのタイミングで良い求人があるかは、転職サイトではわかりにくいです。

また転職サイトでは、キャリアアップが狙えない求人も多いです。

30代後半が良い求人を探すためには、非公開求人を狙うのがお勧めです。

非公開求人は、良い条件だが市場に出回らない求人になります。

高収入の案件も多く、30代後半を求める求人も多いのが特徴です。

非公開求人に関しては、転職エージェントを使うのがお勧めになります。

転職サイトでは見つからない、良い条件の求人も紹介してもらえます。

30代の転職はキャリアアップも重要なので、時期だけで考える必要はありません。

転職時期で失敗しないタイミングまとめ

転職時期は、転職成功を決める重要な要素の一つだと思います。

しかし時期ばかり気にすると、良い求人を逃す可能性も高くなります。

現在は通年で採用に力を入れている企業も多く、転職市場の活発な時期だけを気にする必要はありません。

むしろ自分にマッチする企業を、常にチェックすることが重要になります。

転職サイトや転職エージェントを利用すれば、良い求人を探す手助けになります。

30代向けの求人など、ピックアップしているサイトも増えています。

転職は運とタイミングが重要で、その2つが揃えば簡単に決まることもあります。

ですがそのためには準備や計画性など、しっかりと対策しておくことが重要です。

特に30代は、仕事で忙しいので転職活動だけに時間を当てられません。

きちんと準備することで、転職時期を気にせず転職活動ができます。

30代の転職は、どんな時に良い条件の求人が見つかるかわかりません。

いつでも転職できるように、しっかりと準備を行うことをお勧めします。

30代の転職活動として、30代転職の現実と成功させるための確実なステップ – 一念天に通ずも参考にして下さい。

スポンサードリンク