40代の転職を成功させる堅実な方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

40代で転職をしたいと考える人は、年々増えてきています。

転職理由としては、給与や仕事内容の満足度が低いなどが多いです。

ブラック企業に勤めている人は、40代で転職したいと考える傾向があります。

転職サイトも、昔に比べて40代の求人数は増えている傾向にあります。

だからと言って、40代の転職が簡単にできる時代になったわけではありません。

転職をしたが、結果的に失敗したと感じている40代も多いです。

転職は新しい仕事が見つかることがゴールではありません。

新しい職場で、目標を持って働き続けることが本当のゴールです。

特に40代の場合は、失敗すると次の仕事を見つけるのも難しくなります。

計画的に準備をして、40代の転職を成功させることが人生の成功に繋がります。

40代の転職活動を成功させるには、準備と対策がとても重要になります。

しっかりと準備と対策をすることで、40代でも転職の成功率を上げることができます。

40代の求人状況

日本の雇用は未だ状況が悪く、経営難に陥っている企業は非常に多いです。

中小企業だけではなく、大企業ですら赤字続きになっているニュースも良く見ます。

そのため給与が高い40代などは、企業のマイナスとして捉えられる時代になりました。

こうした経済状況の中で、企業が行うのは賃金が高い年齢層のカットになります。

企業の方針変更によって、40代でリストラの対象になることは普通になっています。

そのため40代で転職を希望する人は年々増えている傾向にあります。

こうした結果、40代の求人倍率は昔に比べると高くなっている傾向にあります。

社会経験が長い40代でも、将来に怯えて新しい職場に移ることを考えているのです。

ですが40代の求人数は少なく、次の仕事を探すのに苦労している人が多いです。

一般的に企業側も、40代のような年齢が高い人材を敬遠する傾向にあります。

そのため転職しようとしても、40代は年齢がネックになることが非常に多いです。

求人条件で、35歳以下が多いのを見たことがある転職者は多いと思います。

40代が転職を成功させるには、仕事の探し方がとても重要になります。

キャリアを活かした求人か、全くの未経験を狙うかで転職の対策が変わるからです。

また男性と女性でも、40代の求人状況は違うので注意する必要があります。

40代の仕事探し

40代の仕事探しで重要なことは、キャリアを活かした仕事を探すかになります。

今までの経験を活かした仕事をするかで、転職のやり方が変わってきます。

給与や仕事内容を変えたくない場合は、キャリアを活かした転職がお勧めです。

キャリアを活かす場合、今までの仕事内容がとても重要になります。

今までの経験を活かせる仕事の方が、給与は下がらない可能性が高くなります。

また慣れている仕事であれば、やり方がわかるので覚えることが少ないです。

ただし40代の場合、キャリアを活かせる職種は限られてしまいます。

技術職や海外経験など、高いキャリアを持っていないと40代の転職は厳しいです。

20代や30代に勝っているものがないと、年齢フィルダーで落とされてしまいます。

一般的には、こうした高いキャリアを持つ人は一部の人しかいません。

そうした人でも、日本の社会ならではの経験が役立つ転職方法があります。

技術力や海外経験がなくても、40代の経験を活かせる転職活動をすることができます。

40代未経験の転職活動

基本的に40代の転職は、よほどの高いキャリアがないと成功は難しいです。

ですが一般的な企業では、それほど高いキャリアを形成することはできません。

そんな40代でも、長年働いていれば管理職として仕事をしているケースは多いです。

日本の企業では管理職が不足していることが多くなっています。

一般的に日本企業は、営業や技術職で経験を積んで管理職になります。

ですが管理職をやりたくない人が増えて、仕事を変えるケースも多くなっています。

特に30代などで管理職になると、この傾向が強くなっています。

ある程度の人生経験がないと、人の上に立って仕事をすることができません。

そういった意味で、40代はキャリア的にも管理職に向いている時期になります。

こうした流れの中、業界未経験でも管理職として転職に成功している40代は増えてきています。

ただし業界未経験だと、それなりに覚えることが多いので注意が必要です。

管理職として採用されても、仕事がわからないと部下から反感を買ってしまいます。

きちんと努力して業務を覚えることが、周りと上手くやっていく管理職のコツになります。

転職では新しい会社の仕組みを覚えることは不可欠になります。

特に未経験の業界の場合は、覚えることが人の倍はあると覚悟してください。

40代未経験で転職を成功させるのは、それほど難しいことになるのです。

40代で転職に成功できる資格

40代の転職で、資格を持っていると有利になることはまずありません。

資格よりもキャリアが優先されるので、資格を必死に取る必要はないでしょう。

ですが業界によっては資格があれば40代の転職に役立つものはいくつかあります。

それらは一般的な人気資格ではなく、仕事に直結した資格になります。

これらの資格は、40代の未経験者でも採用されやすくなる傾向があります。

  • ドライバー
  • 介護
  • 警備員
  • ビル管理

タクシーやトラックの運転手は、免許があれば40代でも採用されやすいです。

ドライバー経験があった方が有利ですが、免許があれば未経験でもチャンスはあります。

求人数は少ないですが、会社社長のドライバーなども40代に人気の職種です。

人手が圧倒的に足りていない介護も、40代を積極的に採用しています。

介護の仕事は大変ですが、徐々に給与なども上がってきています。

資格があれば一生食べていけるので、40代が持っていて損はない資格です。

警備員は40代でも積極的に採用している企業は意外と多いです。

資格がなくても採用する企業もありますが、施設警備業務検定の資格があると優遇されやすいです。

警備員も40代で求人を出している企業はあるので、持っているとチャンスが広がる可能性が高くなります。

高齢者に人気の資格に国家資格のビル管理士があります。

職業訓練校などでも勉強できるので、就職期間中に取得する価値はあります。

最近は人気が高くなっていますが、40代でも転職成功のチャンスが高い職種です。

40代女性の転職活動

昔に比べて女性の社会進出が普通になり、40代でも仕事をしている女性は多いです。

ですが女性がキャリアアップする仕組みができていない会社はまだ多いのです。

40代になると、女性もキャリアアップを狙い転職活動するケースが増えています。

40代の女性の転職で選ぶべき道でも書かれていますが、40代女性の転職で独立を選ぶ人はかなり多いです。

簡単なことではありませんが、女性ならではの仕事で成功している人も多いです。

癒し系や美容系の資格を取得して、お店を開業して転職成功している女性もいます。

もちろんキャリアアップして、転職に成功している40代女性もいます。

最近では女性用転職サイトで、転職に力を入れている企業も増えているからです。

40代転職で読むべき本

40代の転職活動で重要なことに、転職に役立つ情報を集めることがあります。

転職では書類の応募方法や面接のやり方など、一人で判断することが難しいことが多いです。

そういった転職の準備や対策に役立つ方法に、本を読むことがあります。

もちろん本を読むだけで転職成功できるわけではありません。

ですが知識をつけることで、転職成功の対策をすることができます。

40代転職で読むべき本を紹介するので参考にして下さい。

会社を辞めて後悔しない39の質問

会社を辞めて後悔しない39の質問

転職に後悔しないために、転職前に一度は読んでおくべき本になります。

40代の転職で失敗すると、その後の人生のリカバリーが難しくなります。

そうならないためにも、本当に転職すべきかを判断するのに役立つ本です。

40代転職は迷いも生じることが多々あります。

そんな時にこの本を読むと、冷静になって転職について考えられます。

「35才限界説」なんて関係ない!30代40代のための転職完璧ガイド

「35才限界説」なんて関係ない!30代40代のための転職完璧ガイド

実際の転職活動では、書類の書き方がとても重要になります。

転職経験が少ない人ほど、志望動機や職務経歴書の書き方に魅力がありません。

この本はそうした40代が、今ままでのキャリアを活かせる書類の書き方を教えてくれます。

また面接対策もしっかりとカバーしているので、これ1冊で転職の流れは把握することができます。

40代が転職活動を始める前に、しっかりと読んでおくべき1冊になります。

採用側の本音を知れば転職面接は9割成功する<採用側の本音を知れば転職面接は9割成功する> (中経出版)

採用側の本音を知れば転職面接は9割成功する<採用側の本音を知れば転職面接は9割成功する> (中経出版)

採用者のマニュアルを知ることで、転職者にも役立つノウハウがあります。

この本で採用者の目線を学んで、面接対策のポイントを理解することができます。

どういった内容の質問が来るか予測できれば、落ち着いて面接に挑めます。

この本の内容を逆手に取り、採用側の心理も考えると転職活動がスムーズにできます。

仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方

仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方

  • 作者: 宇都出雅巳
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2016/08/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

転職の本ではありませんが、ミスを少なくするノウハウが書かれている本です。

転職をしていると、書類や面接でミスをしたと感じることは多々あります。

そうしたミスを減らすことが、40代の転職を成功させることに繋がります。

人間が最もやってしまうことは、ミスをして後悔することになります。

ミスを減らすことができれば、転職でも仕事でも成功に一歩近づくことができます。

営業という仕事を2文字で説明してください

営業という仕事を2文字で説明してください

営業は会社の顔であり、営業がデキる会社は伸びる会社と言われています。

デキる営業は説明が上手で、人を引き込む話し方をするテクニックを持っています。

実はそうして会話力は、ある種の方法を覚えれば誰にでもできます。

会話上手になれれば、転職活動でもグッと有利になることができます。

40代は高いコミュニケーション力を見せることで、転職成功率を上げることができます。

本気で変わりたい人の行動イノベーション

本気で変わりたい人の行動イノベーション

自己啓発の本になりますが、やる気が出ない時に読むと役立つ本です。

40代の転職活動は長くなる傾向にあり、どこかでやる気が無くなることは良くあります。

そんな時にこの本を読むと、自発的に動くやる気を起こすことができます。

転職活動をするか迷っている時に読んでも役立つお勧めの1冊です。

40代になると、若いころに比べて記憶力が落ちることを感じます。

これは仕方のないことですが、それで終わりにしては仕事能率も下がります。

40代は40代なりの記憶法をすることで、仕事を上手に行うことができます。

転職も忘れることを防ぐことで、成功率を上げるのに役立たせることができる1冊です。

40代が登録すべき転職サイト

転職サイトを登録することで、転職成功率を上げることができます。

ハローワークに比べると、ブラック企業が少ないのも転職サイトの特徴です。

ただし40代の転職では、きちんと転職サイトを見極めることが重要です。

基本的には大手の転職サイトは利用したほうがメリットが大きいです。

40代でも転職可能な求人数も多く、転職活動の幅を広げることができるからです。

リクナビやマイナビなど、有名な大手転職サイトは活用してください。

ただし転職サイトに登録するだけでは、40代の転職活動としては不足しています。

転職サイトは求人探しには向いていますが、転職に必要なスキルまでは上げてくれません。

40代は転職を上手に行うスキルが不足しているので、そういったスキル磨きも重要なことになります。

そうしたスキルを身につけるには、転職エージェントの利用がお勧めになります。

転職エージェントは、転職に成功するためのサポートをしてくれる強い味方です。

転職サイトとの違いとしては、専門のコンサルタントがサポートしてくれることです。

一人では不安な転職活動ですが、コンサルがサポートしてくれることで不安が少なくなります。

転職サイトを利用しながら、コンサルと一緒に良い求人を探すと効率的な転職活動ができます。

40代転職の成功例

実際に40代の転職を成功させるには、成功例を参考にすることもお勧めです。

成功した人の転職準備や対策を学ぶことは、転職成功に欠かすことができません。

しっかりと対策することで、余裕を持って転職活動に取り組みことができます。

40代の転職成功例は、転職サイトを参考にするのがお勧めになります。

豊富な成功例とともに、どんな転職活動をすれば成功できるかわかるからです。

いくつか参考になるものを引用するので、転職の参考にしてみて下さい。

転職先がみつかる約1年半くらい前から転職活動を行いました。ただし現職での仕事もしながらですので、転職活動に専念というわけではありませんでした。その中で転職支援サイト数社に登録し、スカウトメールが来る会社の中で応募をするということから始めました。

そうするとすぐに数社から書類審査合格し、面接の機会をいただき、しかも2社から内定もいただきました。その時は転職って意外と簡単だなとかんじたのですが、その2社に関しては内定を頂いた際にお話しされた条件がこちらの思っているものとは違ったのでお断りをしました。

ただそこから1年以上は厳しい日々が続きました。年齢が45歳ということも、また異業種に応募していることもあってか、書類審査もなかなか通らず、面接の機会があっても1次面接で不採用ということが続きました。

ただその中で職務経歴書を数字を織り込んだ詳しいものに変更し、その中に自分を強みなどを織り込み、企業が要求していることに合うようにその都度書き換えなども行いました。その結果リクルーターの方からのおすすめもあり、今回の転職にいたりました。

参考サイト: 転職|30代、40代の転職は【ミドルの転職】エンジャパン

転職活動を始めてから、内定をいただくまでに約1年を費やしました。最初は、職務経歴書と向き合いました。自分の経歴を書き始めると、意外と難しいということに気づきました。普段行っている業務も、人にアピールできるように核となると案外と難しいものです。

そんな中、私は、できるだけ数字を用いて経歴を書くようにしました。また、インパクトのある形容詞を多用しました。読む人が想像しやすい書類、読みやすい(短く、強く)書類を作成することに注力しました。

エージェントの方に何度も見ていただき、最初の6か月くらいはアップデートを繰り返しました。そのころから、スカウトが多く届くようになりました。応募企業のJDを見て、アピールするポイントが上に来るようにレイアウトを変更して応募するように心がけました。

面談で緊張するということはあまりなかったです。ただ面談前は準備として最低限面談をしていただける会社様のイメージを自分の中で膨らませていくようにしました。もちろん、公式サイトやネット上の記事、経営者様の過去のインタビュー記事などはできるだけ読み込んだうえで面談に臨みました。

あとは、外資系企業様で一次面談が英語というケースもあったため、絶対これだけは言いたいということは事前にまとめていきました。

今回内定をいただいた企業様は、一次面談の際に直接自分の部下となる方たちとお話をさせていただく機会をいただきました。そして、何に困っているのかというお話の中で、ソリューションを提案させていただきました。実際提案した施策が打てるかどうかはもちろん今後次第なのですが、あとから思うとそこがよかったのかなと思います。

最終面談で経営者様にお会いできるときは、短期ではなく、中長期の戦略や、市場をどのようにみられているのかをお聞きするようにしました。

 参考サイト: 転職|30代、40代の転職は【ミドルの転職】エンジャパン

転職活動の中で取り組んだのは、先ず職務経歴書を書く所からはじまり、各求人広告会社登録。ハローワークは必須と管理職での求人で東京人材バンクの登録をハローワークから教えいただきました。媒体での求人登録はスマートフォンやパソコンの両方を活用したが数社登録するのに時間がかかった。媒体の求人会社がいくつもあることを知らなかった事が要因。知っていれば、より転職活動が有効だったと思う。

転職活動に約5ヶ月掛かった要因は募集案件を絞り過ぎた事が大きい。最終的内定したのは自身が不採用となったさきに直接電話をして再度会う事が出来た事。当初相手先はポジションクローズで不採用だったのがあったので思い切った行動に出たのが功を奏した。

  参考サイト: 転職|30代、40代の転職は【ミドルの転職】エンジャパン

高校卒業後、エンジニアとして電子部品一筋で技術を磨いてきたが、作業中に腰を痛めて休職。慢性化したため、退職せざるを得なくなった。

Bさんは最初、「自分は30年も近く電気回路と向き合ってきた。現場経験も長い」という自己分析のもと、その技術を活かせる仕事に絞って仕事を探していた。ハローワークには週2回は通い、電子工作関連の仕事は軒並み応募したが、年齢がネックとなり全て書類で不採用となった。しかし、元取引先の営業マンが、「うちの会社で販売をやってみないか?」と誘ってくれた。Bさんは当初は乗り気ではなかったが、「このまま不毛な就職活動を続けて大丈夫だろうか」という不安もあり、元取引先と交渉して採用試験を受けることにした。

新しい販売の仕事にBさんは最初こそ戸惑ったが、実は販売の仕事では現場の知識を十分に活かせることに気付いた。製品知識が不十分な販売担当者もいるなか、Bさんは新しい職種で順調に成績を伸ばしている。

参考サイト: 中高年の再就職ガイド|求人サイト人気ランキング

全体的にみると、40代の転職は時間をかけて行っている人が多いです。

じっくりと時間をかけることで、自分にマッチした企業を見つけられる可能性が上がります。

転職中は焦ってしまいますが、妥協すると後悔してしまうので注意しましょう。

スポンサードリンク