仕事を辞めたい時にチェックすべき3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

仕事を辞めたいと思っても、簡単に新しい仕事を見つけることはできません。昔に比べて転職が一般的になりましたが、今より良い仕事に就ける保証はどこにもありません。仕事を辞めて後悔している人も多く、転職には慎重になる必要があります。

仕事を辞めたい時は、本当に仕事を辞めたいのかを考えることが重要になります。一時的な感情で辞めたいと思うときもあれば、本当に過酷すぎる労働が原因で辞めたいと思うときがあるからです。しっかりと仕事を辞めたい理由を考えて、本当に転職すべきかを考えてみましょう。

仕事を辞めたいと思った時には、確認すべきことが大きく3つほどあります。これをチェックしてみて、本当に仕事を辞めるべきかを判断してみましょう。辞めてから後悔する人の多くは、このパターンに当てはまって仕事を辞めたケースが多い傾向があります。事前にチェックすることで、転職での失敗を防ぐことにもつながります。

仕事を辞めたい時にチェックすべき3つのポイント

仕事を辞めたいと感じると、精神的にも仕事が辛くなり勢いで辞めてしまうことがあります。辞めた瞬間は気分がスッキリしますが、その後の生活で後悔してしまうケースがほとんどです。勢いで仕事を辞める前に、事前に確認しておくべき3つのポイントがあります。

  1. 仕事を辞めたい理由は妥当か
  2. 仕事を辞めたい病ではないか
  3. 誰にも言えない状況なのか

上記の3つを良く確認して、本当に仕事を辞めたいかを自問自答してください。しっかりと考えてみると、他愛のないことであるケースも良くあります。仕事を辞めるということは、プラスになる場合とマイナスになる場合があります。一般的にマイナスになることが多いので、仕事を辞めることが本当に最善なのかをチェックしましょう。

仕事を辞めたい理由は妥当か

仕事を辞めたい時は、辞めたいという理由が本当に妥当なのかを判断することが重要になります。人間は感情で行動する生き物なので、間違った判断をすることも多々あります。そういった感情からの理由だとすると、よく考えて行動したほうが後悔しないで終わる可能性が高くなります。

考え方は個人差があるので、どれが本当に正しいかを判断するのは難しくなります。しかし一般的に仕事を辞めたいと思う理由としては、いくつかのパターンに分けることができます。その中でも以下のパターンである場合は、仕事を辞めるのを待ったほうが良いかもしれません。

  • 仕事で失敗してやる気を無くした
  • 会社の人間関係が悪い
  • 毎月の給与に不満がある
  • 仕事が楽しくない
  • もっと凄い仕事をしてみたい

上記は、仕事を辞めたい人が良く言う理由で多いものになります。これらの理由の特徴としては、仕事に対してマイナスのイメージが強いことがあります。こういったマイナスのイメージが理由で仕事を辞めたい場合は、よく考えないと転職に失敗してしまいます。

例えば人間関係などは良くある仕事を辞めたい理由ですが、新しい職場で人間関係が良くなる保障はどこにもありません。今よりも悪くなる可能性もありますし、良くなる可能性もあります。転職してみて初めてわかることなので、こういった理由で仕事を辞めるのは危険と言えます。また人間関係はどの会社もトラブルがあるので、本当に居心地が良い会社に出会える確率の方が低くなります。

また給与が低くて仕事を辞めたいという人も多いですが、これも失敗してしまう可能性が高くなります。転職市場では、一般的に転職で給与が上がるケースはあまり多くありません。転職での給与幅は広く、実際に最低の賃金から働かされる場合もあるのです。特にハローワークなどの求人は、質も低く失敗してしまうケースが多くなります。

仕事を辞めたい理由として、仕事に対して情熱が持てなくなることもあります。最初は楽しかった仕事でも、時間とともに退屈な作業と感じてしまうのが一般的です。これは誰もが感じますが、それを理由に仕事を辞めるのは失敗するかもしれません。自分が本当にやりたい仕事に就くことは、かなり難しいという現実があるからです。

こうしたマイナスの要素は、仕事を辞めて新しい職場に行っても改善されない可能性の方が高いです。転職で失敗しないためにも、仕事を辞めたいという理由はしっかりと確認することが重要になります。残念ながら、仕事を辞めたからと言って良い環境になる保証の方が少ないのが現状です。

仕事を辞めたい病ではないか

仕事を辞めたい病は、若い人がかかりやすい精神的な病気の一種になります。五月病にも似ていますが、仕事をするのが嫌になってしまう症状です。仕事を辞めたい病の厄介なところは、定期的にこの症状が訪れることになります。

仕事辞めたい病に関しては、一時的な発作のような症状の人がほとんどです。少し冷静になれば、なぜそんなことを考えたのだろう程度のことも良くあります。ストレスが溜まったり、悪いことがあると発生しやすくなるのが仕事を辞めたい病の特徴になります。

もし仕事を辞めたいと感じたら、何が原因かを考えてみましょう。ちょっとした会社のトラブルが理由であれば、数日経過すればもとに戻る場合がほとんどです。多くの人は、ちょっとしたストレスが原因で仕事を辞めたい病を発生しています。仕事をしていると誰もが通る道なので、ストレスと上手に付き合うのも社会人としての務めになります。ストレスとうまく付き合うには、ストレスレスの授業(レッスン): 「ものさし」を変えれば悩みは悩みではなくなるも参考になります。

仕事辞めたい病の多くは、一時的な感情から来るものになります。しかし慢性的にこの症状が続いているときは、もっと大きな問題になっている可能性が高いです。仕事辞めたい病の症状が重くなると、鬱病になってしまうリスクもあります。仕事を辞めたいとずっと思って辛いのであれば、鬱病のチェックをすることをお勧めします。最近で多いブラック企業などに勤めていると、あまりの過酷さから鬱病になることも多いからです。

仕事辞めたい病は、軽度の症状から重度の症状まで様々あります。基本的には軽度のケースが多く、数日経てば収まることが多いです。この段階であれば、普通に社会人として生きていれば良くあることになります。ですので仕事を辞める必要は全くありません。ですが重度の症状になった場合は、しっかりと専門家のチェックを受けることも重要です。精神科医などに相談すれば、鬱病の診断をしてもらうことができます。

誰にも言えない状況なのか

仕事を辞めたいと思ったとき、相談する相手がいるかで状況は大きく変わります。誰にも言えない状況の場合、勢いで辞めてしまうケースが多くなるからです。この場合は仕事の悩みを聞いてもらえる人を作って、相談することで解消することがほとんどです。

人間は負の要素を中に溜め込むと、どんどん悪いイメージしかできなくなります。会社を辞めたいという感情も、根本的にはそうした負のイメージから来るのです。それを解消するには、人に相談することが最も効果的になります。もし誰にも言えない状況ならば、親や友人に相談するのも良いでしょう。

ここで重要なことは、相談相手を誰にするかとういことになります。上司などに相談すると、逆にストレスが溜まることも多くなります。気の許せる人に相談することが、このケースを解消する効果的な方法になります。ストレスの解消は、仕事をする上でとても重要なことになります。

もし誰にも言えない状況だとしてら、落ち着いて考えてから仕事を辞めるかを検討しましょう。自分で考えると、焦って答えを出そうとして失敗してしまいます。一旦落ち着くことが、失敗を防ぐ最善の方法になるのです。

年代別の仕事を辞めたい特徴

仕事を辞めたいという思いは、年齢によっても変わってきます。一般的には20代や30代が、仕事を辞めたいと思うことが多い世代になります。しかし最近では40代も仕事を辞めたいと思っている人が多く、実際に転職市場でも40代の需要は増えてきています。それぞれ特徴があるので、将来失敗しないためにもチェックしておくべきことになります。

20代のケース

20代の場合は、給与の低さが仕事を辞めたいと思う理由としては多くなります。社会人として独り暮らしを始めると、何かとお金を使う機会が多くなります。しかしほとんどの企業では、20代に多くの給与を出すことはほとんどありません

仮にあったとしても、離職率が高く続けられない仕事であることがほとんどです。こういった理由で転職を考えているのならば、もう少し検討してみたほうが良いでしょう。一時的な賃金だけを考えると、将来的に失敗する可能性が高いのです。

30代のケース

30代は仕事のスキルも上がり、さらに上へステップアップする時期になります。ある程度の権限も得るので、仕事を辞めたいと思う人は少なくなります。仕事を辞めたい人の傾向として、現状の仕事内容に不満を持つ人が多くなります。

このままこの会社で良いのかや、自分の将来のキャリアが見えないといった将来性を理由に転職するケースが多いです。このケースも、しっかりと計画して転職しなければ失敗する可能性があります。将来性で仕事を辞めたいと思ったら、本当に新しい職場で満足できるかを考えましょう。

40代のケース

40代の場合は、最近ではリストラ対象となって仕事を辞めたいという人が多いです。会社に尽くしてきても、あっけなく見放されるとモチベーションも下がります。40代の転職市場はかなり厳しいので、安易に仕事を辞めることはおすすめできません。

40代が仕事を辞めたいと思ったら、しっかりと先を見ることが重要になります。どんなに待遇が悪くても、転職するよりは良い環境である可能性が高いからです。簡単に辞めてしまうと、取り返しがつかないのでよく検討することが40代には必要になります。

仕事を辞めたい人がすべき行動

仕事を辞めたい人がすべき行動としては、転職市場を良く調査することになります。求人情報などを見ると、本当に自分の仕事が悪いのかを確認することができます。大手の求人サイトや、求人コンサルタントなどを利用して相談するのも一つの方法です。

辞めたいからといった辞めるのではなく、しっかりと検討することが大事になるのです。考えたら、仕事を辞めたいという理由は大したことではないのも良くあるパターンです。よく考えた結果、それでも仕事を辞めたい場合は行動に移しましょう。

仕事を辞めたいという感情は、誰もが一度は持った経験がある感情になります。ここですぐに決断するのではなく、一つ一つゆっくりと考えて結論を出しましょう。些細な理由であることも多く、辞めないで正解だったという結果になる可能性もあります。人生の成功は誰も予想できませんが、考えることで失敗を減らすことはできます。仕事は人生の大部分の時間になるので、辞めたいかはよく考えて決断しましょう。

スポンサードリンク