40代の転職で成功するために絶対に押さえるべきポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

40代の転職と聞くと、一般的にはハードルが高いと思われています。多くの企業では、年齢が高い人材をほとんど募集しない傾向が強いからです。しかし狙う市場と会社さえ間違えなければ、40代の転職を成功させることは可能です。

転職経験が少ない40代は、ターゲットとする会社を間違えることが多いです。自分の実力を誤ったり、全く中堅の人材を募集していない会社に応募しています。事前調査が不足している人ほど、転職では失敗しやすくなります。

40代の転職で成功する秘訣は、自分の市場価値を正しく把握することになります。しっかりと自分の価値を調査することで、40代でも転職に成功することは可能です。成功できる40代の転職について説明するので参考にして下さい。

40代の転職は厳しいのか

まず一般的なイメージとして、40代の転職はかなり厳しいと思われています。実際に転職市場を見ると、多くの企業では35歳以下を年齢条件としています。40代が転職できないと思われる理由は、このことが大きな要因となっています。

正直なところ、40代が20代や30代と同じ職種に応募しても勝ち目は薄いでしょう。なぜなら40代に求められることは、若い世代とは違うからです。このことを理解しないで応募しても、履歴書すら見てもらえない状況に陥ります。

転職で失敗する40代の多くは、自分の市場価値を理解していません。また転職経験が乏しい人も多く、履歴書の書き方や面接もしっかりと対策できていないことが多いです。40代の転職が厳しいのは、単純に年齢制限だけではなくこうした理由も挙げることができます。

厳しいと言われる40代の転職で成功している人は、しっかりと自分の市場価値に合う企業を見つけた人になります。どこでも良いから転職するのではなく、自分の市場価値にマッチする企業に応募しているのです。この市場調査をすることで、40代の転職を成功させる第一歩になります。

40代の求人の見つけ方

40代の転職で、最も難しいことが求人の見つけ方になります。市場に出回っている求人の多くは35歳までが多く、40代の求人は少ないからです。40代に適した求人情報を見つけることが、成功のポイントになるのです。

そうは言っても、40代に適した求人情報を探すことは簡単なことではありません。毎日ネットや求人誌を眺めたとしても、運よくピッタリの求人を見つけられる確率は少ないです。40代の転職には、自分からアプローチする力も必要になります。

アプローチの方法としては、転職エージェントやハローワークの利用が一般的です。どちらも求人情報が多いので、40代にもマッチする求人に出会える確率が上がります。ただしハローワークに関しては求人の質がピンキリなので、見極めるのが難しいです。

そうなると転職エージェントの利用ですが、こちらも注意が必要になります。エージェントの中には、市場が動く35歳までを対象としているところが多いからです。基本的に転職事業は斡旋が成功してお金が動くので、決まりやすい若い年齢層を対象としていることが多いです。

40代以上の年齢も対象としているエージェントを利用することが、転職成功の近道となります。中高年向けの転職サイトもあるので、そういった媒体を利用するのも一つの方法になります。

40代の転職で失敗する人の特徴

失敗する人の特徴を知ることで、転職の成功に繋げることができます。40代が良くやってしまう転職の失敗には、いくつかの傾向があります。良くあることは、理想を追い求めてしまったが現実は違かったなどがあります。

またキャリアチェンジを狙う人も、失敗する可能性が高くなります。基本的に40代の転職では、管理職や高い技術力を求める企業が多いです。全くの畑違いの業界を選んでも、なかなか採用にありつくのは難しくなります。

40代の転職は自分の理想に合う条件を探すよりも、自分の市場価値に合う企業を探すことが重要です。転職に失敗する人の多くは、給与アップや有名企業などを狙う傾向があります。もちろんしっかりと調査して臨めば、そういった待遇面のアップも可能でしょう。

しかし多くの企業は、40代の採用で条件をアップさせることは稀になります。そうした転職事情を理解することも、失敗を防ぐうえでは重要になります。40代の転職の失敗については、40代の転職で失敗する人の3つの特徴を参考にして下さい。

40代の転職で成功する人の特徴

40代の転職で成功する例として、主に2通りのパターンがあります。純粋にキャリアアップを成功させる人と、自分のやりたい仕事を見つける人になります。どちらも自分に合った転職ができたという意味で、40代の転職に成功したと言えます。

転職に成功というと、一般的には給与が上がって環境が良くなることを言います。ですが考え方は人それぞれで、給与が下がっても転職したいという人はいるのです。成功の定義は人それぞれなので、自分に合った転職先を探すことが成功の秘訣です。

実際にあった転職として、大手の企業からタクシー運転手になった例があります。バリバリの競争社会に疲れて、のんびりとした仕事を選ぶことにしました。しかし営業職のキャリアだったので、求められる企業は競争社会になってしまいます。

同じキャリアでは幸せになれないと、友人のコネでタクシー運転手になりました。結果として給与は下がりましたが、毎日を楽しく過ごすことができるようになりました。転職成功といってもお金だけではなく、生活の幸福度も重要になってきます。

特に40代は人生で会社に疲れてしまう人も多いので、そういった転職も検討の余地はあると考えてよいでしょう。もちろん一般的な転職通りに、キャリアアップを狙うのも成功に繋がります。どちらも自分で明確な目標をもって動いているので、転職に成功できるのです。成功するポイントについては、40代の転職で成功するための戦略的な活動方法も参考にして下さい。

40代の転職で有利になる資格とは

一般的に40代の転職では、資格はアピール材料にならないと言われています。資格だけでは実務能力は計れないので、アピールしても大きな意味はなさないのです。ですが40代でも持っていると有利な資格は、いくつかあります。

40代がアピールできる資格としては、転職先の仕事内容に合った資格になります。英語を使うのならばTOEICや、IT系であればプロジェクトマネージャーの資格などになります。全く関係ない業界の資格は意味がありませんが、なんらかの関係が有る資格であればアピール材料として使えます。

ただし資格を持っているからといって、必ずしも有利なわけではありません。あくまで資格は補助的なもので、持っていなくても転職には大きな影響はありません。それよりも実務経験や実績のほうが、40代の転職では重要になります。

資格をアピール材料にするなら、取得した資格が業務で役に立ったことを伝えましょう。一般的に資格は、業務では役に立たないという風潮があります。ただ持っているだけではなくて、持つことで何が出来るのかが重要になります。

40代の女性の転職

女性の社会進出は進みましたが、40代の女性の転職はまだまだ厳しいです。日本の企業の多くは、まだまだ男性社会が根強く中高年の女性を受け入れる体制は整っていません。そのため40代の女性を採用する企業を探すのは、かなり厳しいといえます。

薬剤師や看護師のように、需要の高い職業であれば40代でも転職は可能でしょう。しかし事務などの一般職は、若手の採用が多く40代は年齢で不利になります。もちろん経験豊富で優秀な人材であれば、企業側が放っておかない可能性もあります。

ですが一般的には、40代の女性の転職は簡単にはできないと覚悟した方が良いでしょう。特に出産後の復帰などは子供の世話などがネックになり、企業側が進んで採用したがらない傾向にあります。もし正社員にこだわりがなければ、パートや契約社員で働くという手段もあります。40代の女性が転職を狙うならば、しっかりと市場価値を見出すことが重要です。今までのキャリアを活かせる仕事を探すことが、一番の転職成功への近道になります。

40代で未経験の仕事に転職は可能か

40代で未経験の仕事を見つけることは、簡単なことではありません。普通の企業であれば、40代の未経験を募集することはほどんどないでしょう。ハローワークなどを探せば、40代で未経験の求人を見つけられるかもしれません。

もし40代未経験可の求人があったとしても、かなりブラックな可能性があります。離職率が高かったり、仕事が激務などのリスクも覚悟しておくべきです。同じ未経験を雇うのであれば、将来性がある若手をとるのが一般的です。

基本的に未経験は、良い求人に出会うことは難しいと考えてよいでしょう。ですが成功例もあり、タクシー運転手で40代の転職に成功した人もいます。そういった年齢が関係ない仕事であれば、40代未経験でも転職可能です。また職業訓練を受けて、40代の未経験で転職に成功した例もあります。こうした例もあるので、40代の未経験でも転職に成功することはできます。

40代で再就職を目指す人へ

どんな理由があったとしても、40代で再就職をするのは並大抵のことではありません。一般的には管理職になっている年齢なので、企業的にもよほど優秀な人材でなければ採用しない可能性が高いでしょう。ですが絶対に40代で転職ができないかと言うと、決してそんなことはありません。

40代でも再就職に成功している人は、戦略的に転職活動をしています。キャリアアップを目指すのであれば、自分のキャリアにマッチした業界を選びます。全く違う仕事を選ぶのであれば、その仕事について徹底的に調べています。

何も考えずに勢いで転職活動をすると、再就職に失敗する可能性が高くなります。計画的に転職活動をすることが、40代の再就職で成功する確実な方法になります。そのためにはエージェントを利用したり、周りの成功例を見ることもお勧めです。40代の再就職は簡単ではありませんが、絶対にできないことはありません。上手に情報を活用することで、40代でも再就職をすることは可能です。

スポンサードリンク