40代の転職で失敗する人の3つの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

40代の転職で失敗する人には、大きく分けて3つの特徴があります。それはキャリアがある人もそうでない人も同じで、いくつかの理由が関係しています。

一般的には年齢が大きなネックと言われていますが、それ以外の理由で転職に失敗している人が実は多いです。

40代が失敗する特徴を知らなければ、転職を成功させることは難しくなります。この理由を知らない40代も多く、転職活動に失敗してしまいます。

知っていれば対策ができるので、40代の転職活動では必須の情報と言えます。

40代の転職で失敗する人の特徴と、その対策について説明するので参考にして下さい。

転職活動を成功できている人は、この対策ができている人になります。難しいことではないのですが、知らないと損をするので注意しましょう。

40代の転職で失敗する人の3つの特徴

40代でも転職に成功している人はいますが、現状はまだ厳しい状況と言えます。

40代が失敗する大きな理由としては、年齢制限が最も認知されていることになります。しかし実際には、年齢制限以外にも40代の転職で失敗する人に共通する3つの特徴があります。

  1. 市場価値の調査不足
  2. 理想と現実を理解していない
  3. 転職経験の不足

これらのことは、転職活動を成功させるのに必要不可欠です。ですが一般的に転職を繰り返す人は少ないので、こうした活動が不足しています。特に40代の場合、転職活動をしている人が若い人に比べて圧倒的に少ないです。

40代の転職で成功している人は、こうした対策をしっかりと行っています。転職コンサルタントなどを利用すると事前準備として、これらを説明される事が多いです。

ですが一人で転職をしている40代が多く、こういった対策ができずに転職活動で失敗するのです。

それぞれ40代の転職活動を成功させる上で、とても重要な項目になります。一つ一つ説明するので、自分ができているかを確認して下さい。

40代の転職活動で失敗しないためには、これらの対策は必ず行うべきことになります。

市場価値の調査不足

40代は仕事経験も豊富で、キャリアも形成されている人が多いです。しかし転職市場では、そのキャリアが逆に転職を妨げる原因になることもあるのです。

市場価値は常に変わっているので、しっかりと調査しないと転職に失敗します。

一昔前は、40代の転職市場はかなり厳しくほとんど転職は無理でした。しかし最近では転職が一般的に認知されるようになり、昔に比べて中高年でも転職しやすい環境になりました。

特に中小企業では、40代でも採用する企業が増えてきています。

現在の転職市場では、40代を採用する企業は以下のような職種が多いです。看護師やITなど、経験が必要な職種は40代でも積極的に採用されやすいです。

また営業なども、条件は厳しいですが40代でも採用されやすい職種です。

逆に高級取りの管理職などは、あまり転職市場では必要とされていません。大手企業を見てもわかる通り、給与の高い人はリストラの対象になる時代なのです。

こうした転職市場の動向と、自分の価値を考慮して転職することが成功に繋がります。

この転職市場の傾向は、その時代によって変わるのでしっかりと調査しましょう。自分で調べるのが厳しい時は、転職エージェントを利用すると詳しく説明してくれます。

自分の市場価値がない時は、転職活動をしないという勇気も必要になります。

理想と現実を理解していない

転職と聞くと、給与やキャリアが上がることを期待している人が多いです。わざわざ環境を変えるので、今よりも待遇が悪くなるのを避けたいのは当然です。

しかしこの理想が、現実とは違うことを理解しないと転職活動に失敗します。

40代で転職活動をしている人の多くは、こうした理想が高い場合があります。ある程度の給与がありながら、更に良い環境を狙って転職しようとするのです。

しかし現実は、そういった高い給与を40代に支払う企業は少ないです。

もちろん優秀な人材で価値が高ければ、40代でも理想的な転職に成功します。しかし現実としては、企業側が求めるスキルとマッチする人はそう多くありません

40代は経験もありますが、違う業界や職場ですぐに実力を発揮することは厳しいです。

企業側もこうした理由を知っているので、40代の採用を控える傾向にあります。そうした理由を理解しないと、転職で給与が下がるなどの失敗をしてしまいます。

40代の転職は、こうした現実を受け入れることも重要になります。

40代で転職に成功した人の多くは、給与が下がったなどの待遇面を妥協している人も多いです。それでも人間関係や仕事環境が良くなったと感じている人も多く、結果的には転職に成功したと言えるでしょう。

人によって転職理由は違うので、どこで妥協するかも40代の転職では重要です。

転職経験の不足

40代の人は、一つの職場しか経験していない人も多く転職経験が少ないです。そのため転職の準備や、転職成功のポイントを知らず失敗している人が多いのです。

転職活動は経験だけではなく、しっかりと企業にアピールすることが重要になります。

経験の少ない40代は、履歴書や職務経歴書の書き方のレベルが低いことがあります。頑張るや一生懸命といった、実績がわからない言葉を使うことが多いです。

40代の転職では、こうした新入社員が使う言葉を使わないようにしましょう。

もっと具体的に達成した内容を書くことが、転職成功のポイントになります。履歴書や職務経歴書に魅力がないと、門前払いされることが多くなります。

実際に40代の多くは、書類選考で落とされることが多い傾向にあります。

また面接も同様で、簡単な本を読んで対策している人が多いです。しっかりとシミュレーションしなければ、転職では成功することができません。

厳しいと思われる40代の転職ですが、事前準備をしていなければ失敗するでしっかりと準備をしましょう。

転職経験が不足していると感じる人は、転職コンサルタントの利用がお勧めです。転職で重要なポイントや、希望にあった企業を紹介してくれるからです。

経験不足をカバーする工夫をすることが、40代転職成功の秘訣になります。

40代の転職で失敗しないための対策

40代の転職が厳しいのは、年齢制限以外の要素もあります。ですがこれらは、しっかりと調べて対策すればネックにはなりません

一般的に転職を何度もする人がいないので、どうしても経験不足から十分な対策ができずに転職活動に失敗する要素になります。

40代の転職は、ある程度の妥協は必要ですが全て妥協する必要はありません。どこを捨ててどれを取るかなど、しっかりと自分で考えることが重要です。

一人では不安な場合は、転職サイトや転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントは、転職のポイントを丁寧に教えてくれる強い見方になります。また一人では体力や精神力を使い疲れますが、相談相手がいると気分的に楽になります。

事前準備のポイントも教えてくれるので、40代の転職では検討する価値が高いです。

40代は転職が厳しいと思われていますが、こうした対策をすれば道は開けます。自分なりに転職で重要なポイントをまとめるのも、転職の失敗を回避する秘訣です。

しっかりと調査と対策をして、経験不足を補うことが転職成功に繋がります。

優良な求人が集まるおすすめの転職サイト

転職サイトの選び方としては、大手の転職サイトを使うのがおすすめになります。優良な求人が多く情報も随時更新されるので、あなたにピッタリの求人が見つかる可能性がとても高いからです。

転職サイトは登録無料なので、すぐに転職活動をしない人でも登録だけはしておきましょう。スカウトメールや自己診断ツールなど、転職に役立つ情報も無料で利用できるので使わないと損をします。

転職は時間がかかり面倒なので腰を上げにくいですが、無料で利用できるものは最初から使いましょう。

リクナビNEXT

転職業界最大手で豊富な求人と転職成功率が高いおすすめの転職サイトです。無料でスカウトメールや自己分析ができるので、転職を視野に入れている人は必ず登録しておきましょう。

リクナビNEXT ネクスト

DODA

国内有数の実績を持つ大手の転職サイトです。求人数も豊富で、リクナビと一緒に登録しておけばほとんどの求人を網羅することができます。

年収が高いハイクラス求人も多く、登録者数をドンドン伸ばしているおすすめの転職サイト

転職はDODA

マイナビ転職

幅広い年代の求人に対応して、若い年代向けの求人が多いのが特徴の転職サイトです。

未経験やスキルが不足している転職者でもマッチできる求人が多く、登録しておくことをおすすめできるサイトです。

年収

キャリアアップにおすすめの転職サイト

年収500万以上の人材であれば、キャリアアップできる転職サイトに登録することがおすすめです。有能な人材は高い給与でも転職成功率が上がりやすい傾向にあるからです。

ビズリーチ

大手のリクナビに比べると知名度は低いですが、キャリアアップ求人が豊富なのが特徴の転職サイトです。ある程度の地位になっているのに、出世や給与アップに悩んでいる人におすすめの転職サイトです。ただしビズリーチは純粋にキャリアアップを狙っている転職サイトなので、異業種や未経験の人にはおすすめできません。本気でキャリアアップを狙っている人は必ず登録すべき転職サイトです。

BIZREACH

スポンサードリンク