40代の転職で成功するための戦略的な活動方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

40代の転職で成功する人は、戦略的に転職活動をしています。基本的には事前準備を行うことが、40代の転職に成功する大きな鍵となります。ですが事前準備以外にも、転職を成功させる確率を上げる方法があります。

40代の転職は、20代や30代とは求められることが異なります。そのため若い年代と同じような転職活動をしても、失敗する可能性が高いです。転職に成功している40代は、その年齢まで築いたものを使って転職をしています。

35歳以上が採用されにくい現在ですが、40代が必要とされないわけではありません。転職に成功した人は、成功するための戦略的な方法で転職しています。40代だからこそできる、成功できる転職活動を紹介するので参考にして下さい。

40代で成功するための転職活動

40代が若い世代同様に、転職サイトを使うのは効果的な活動とは言えません。基本的に転職サイトが募集している人材は、35歳以下なのが事実です。もちろん40代を募集している企業もありますが、探すのはかなり難しいと言えます。

では40代で転職に成功している人は、どのような活動をしているのでしょうか。40代ならではの方法で、転職活動をして結果を出しているのです。成功している人が行っている転職活動として、以下のことが挙げられます。

  • 40代向けの転職サイトを利用する
  • 交友関係から転職先を紹介してもらう
  • 需要の高い業界を狙う

転職するのが厳しい40代ですが、成功している人はこれらの方法で活動しています。きちんと転職市場を調査することで、40代でも成功することができます。それぞれ40代ならではの特徴があるので、転職活動の参考にして下さい。

40代向けの転職サイトを利用する

転職サイトとしては、リクナビやマイナビに登録することを進めるサイトが多いです。確かに大手の転職サイトは、求人数が豊富ですが40代に向かない理由があります。大手の転職サイトは、登録している人も多いのでライバルが多く40代は不利になります。

多くの企業は、20代と40代が同時に応募してきたら40代を採用する傾向が強いです。もちろん優秀な人材であれば40代にもチャンスはありますが、正直なところ厳しいと言えるでしょう。40代はむしろ、40代向けの転職サイトに登録することをお勧めします。

まだまだ表に出ませんが、40代など中高年向けの転職サイトが増えています。From40のような、40代や50代向けの転職サイトも探せば出てきます。転職に成功している40代は、こうした自分の年齢に合った転職サイトを利用しています。

40代の転職サイトを利用するメリットは、年齢がマッチするだけではありません。20代や30代の応募がほぼないので、ライバルがかなり減るといったメリットがあります。転職する上でライバルが少ないことは、採用される確率が高くなることを意味します。

ただしライバルが少ないからといって、必ず転職に成功できるわけではありません。しっかしと企業調査をしなければ、失敗するので対策をして臨みましょう。まだ40代向けの転職サイトは少ないですが、こうした情報をいち早く手に入れるように常にアンテナを張りましょう

転職に成功している40代は、こうした情報を手に入れる努力をしています。社会人経験が長い40代は、情報を仕入れることに長けています。常にネットを調べたり、情報誌などをチェックするのも成功へ繋がります。

交友関係から転職先を紹介してもらう

ヘッドハンティングに近いのですが、交友関係から転職先を見つける40代も多いです。社会人経験が長いと、色々な業界の知り合いを作る機会が多くなります。そういった出会いから、新しい仕事を見つけている人も実はかなりいます。

ただしこういった紹介に関しては、仕事が認められていることが条件になります。経験も豊富で信頼できる40代ならば、企業側も手に入れたい人材と言えます。あとは飲みの場などがきっかけとなり、転職の成功へと繋がります。

最近の転職市場としては、同業他社に転職する40代が増えている傾向にあります。経験が活かせて、自分の実力を評価している会社へ転職するのです。これは経験が少ない若い世代ではできない、40代ならではの転職方法と言えます。

精神的にストレスとなる、転職活動の期間も短く給与が上る人が多いのがこの転職方法の特徴です。誰でもできるものではありませんが、交友関係は広げておくとメリットが大きいです。どこで転職話が出るかわからない時代なので、転職を考えている40代は検討する価値のある方法と言えます。

この転職方法の注意点としては、円満退職が難しくなることがあります。同業他社への転職は、基本的に勤めている企業からすると良いものではありません。話がこじれないように、しっかりと事前に手を打っておくことが重要です。

需要の高い業界を狙う

この転職は、全ての人ができる方法ではありませんが成功の確率が高いです。世の中には需要の高い業界があり、看護師やIT関係などは中高年でも募集している企業が多いです。こうした職種の人は、他の業界に比べて転職活動が成功しやすいといえます。

看護師などは資格が必要なので、40代から取得するのは難しいでしょう。しかしIT系などは、資格がなくても40代で採用される環境が整っています。管理職など技術以外の人材が不足しているITでは、管理経験が豊富な40代を募集しています。

また介護系の仕事も、人材不足で中高年でも成功しやすい業界と言えます。資格を習得するのに時間はかかりますが、成功しやすい転職方法と言えます。仕事経験が豊富な40代ならば、管理職を狙いやすい穴場的な業界となります。

最近では大手をリストラされる40代も多く、第2の人生としてこうした業界に転職する人も増えています。人材が不足している業界は、リストラの危険も少ないといった特徴があります。最初の頃は苦労しますが、40代までに培った経験で乗り越えている人も多いです。

上記以外でも、タクシーの運転手などに再就職している40代も増えています。激務から開放されて、精神的にも楽になったと感じる40代も多いです。キャリアアップだけが成功ではないので、こうした転職も検討してみる価値はあります。

転職を成功させるために重要なこと

40代が転職を成功させるためには、戦略的に活動すると効果的です。ですがそれでも20代や30代に比べると、転職の成功率は高くなるとはいえません。1回で転職に成功している40代は少ないので、根気良く続けることも重要になります。

転職は基本的に、何社も応募してようやく1社合格することは良くあります。何度も失敗していると、自分を否定されているようで気分が鬱になります。しかし諦めずに転職活動を続けることが、成功への唯一の方法になります。

たとえ失敗しても、何故失敗したのかを分析して次へつなげましょう。自己分析を続けることで、転職のコツも徐々に理解できるようになります。もし転職経験が少ないのならば、転職エージェントの利用も効率的な方法になります。

転職エージェントは自社の案件を紹介しますが、必ずその企業に転職しなければならないわけではありません。転職のコツを聞くだけでも、成功率を上げることができます。上手に周りを利用することは、40代の転職ならではの方法と言えます。

スポンサードリンク