大学受験の英語の長文読解を攻略できる勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

英語の長文勉強法は、理論的な勉強と慣れる勉強法の2種類があると思います。

大学受験の英語長文は、この2つの勉強法を戦略的に実践することで確実に解けるようになります。

私も高校時代に理論的な中心の勉強で、どうしてもあと一歩の壁を超えられず悩んでいました。

その後、英語の長文に慣れる勉強法を取り入れ、その壁を超えることができました。

この大学受験の英語の勉強のおかげで、留学に必要な英語力も身につけられたと感じています。

当時は1年かけて攻略しましたが、今だったらもう少し効率的に勉強できたと思います。

その時の反省も踏まえて、大学受験の英語長文読解の勉強法を書きたいと思います。

忍耐は必要ですが、誰にでもできる大学受験の英語勉強法になります。

大学受験の英語の傾向

大学受験の英語は、長文読解を重視する傾向が強くなっています。

英文法やリスニングに比べて、長文の配点が非常に高くなっているのです。

つまり長文で点数が取るための勉強が、大学受験の英語攻略に繋がるのです。

大学受験英語で点数が取れない人は、長文の勉強をしていないことが多いです。

私もそうだったのですが、英単語や英文法ばかりに目を向けるのです。

確かに英単語などは重要ですが、これだけでは長文読解ができるようにはなりません。

長文読解ができるようになるには、長文の問題に慣れることが重要なのです。

それを理解せずに英単語を必死に覚えても、勉強の効率が上がりません。

では長文読解になれる勉強法とは、どのような勉強になるのでしょうか。

英語の長文読解に必要なこと

大学受験の英語長文は、1分間に100語程度の文章が読める力が必要と言われています。

しかし高校の英語の授業だけでは、このスピードで長文を読むのは難しいです。

その理由として日本の英語教育が、英語長文を読む勉強法に特化していないことがあります。

一般的な高校の英語テストは、教科書の文章から問題を解くことになります。

一度読んでいる内容なので、文法や内容をを理解していれば高得点を取ることができます。

しかし大学受験の英語長文は、初めて読む文章がほとんどです。

そのため受験に慣れていない高校生にとって、長文を読むだけで時間がかかります。

理詰めで英語を勉強するだけでは、長文問題を攻略することはできません。

大学受験の長文読解ができるようになるには、長文読解のための勉強が必要になります。

理論的な英語の勉強も重要ですが、プラスして長文に慣れる勉強が必要になります。

理論的な英語勉強と、長文に慣れる勉強をバランス良く行うことが大学受験英語攻略に繋がります。

英語の長文を攻略する勉強法

英語の長文読解に必要な勉強は、以下の2つの要素が必要です。

  • 英語の理論的なの勉強法
  • 英語の長文に慣れる勉強法

英語の理論的な勉強法

一般的な日本の英語教育は、理論的な英語の勉強法になります。

英単語や英文法などの知識をつけて、長文を読んでいくのです。

高校の授業は最初に単語や文法を理屈で覚えて、長文を読んでいる授業が多いです。

この勉強法は、英語の構造を理解する上で非常に重要になります。

基礎となる英単語や英文法がわからなければ、長文を読み間違える原因になるからです。

この基礎学力は、高校までの英語をしっかり勉強していれば身についています。

もし英語が苦手であれば、英単語や英文法は必ず勉強しておきましょう。

これは英語長文を解くために、最低限必要なことになるからです。

基礎学力なしでは、大学受験英語の長文は攻略できないからです。

英単語や英文法のおすすめ参考書は、こちらの記事を参考にして下さい。

大学受験の英語のおすすめ参考書と選ぶポイント – 一念天に通ずefforts.hatenablog.com

英語の長文に慣れる勉強法

大学受験英語の長文で壁にあたっている受験生は、英語長文に慣れていない場合がほとんどです。

そういった受験生が陥る間違った勉強法が、理論的な英語の勉強になるのです。

英語長文は英単語や文法をある程度覚えたら、実践問題で練習することが必要になります。

前述したとおり、大学受験英語の長文は1分間に100語前後読む必要があります。

そのために必要なことは、英語長文を数多く読むことになるのです。

長文を読むスピードを上げるには、長文に慣れることは避けて通れない道なのです。

大学受験英語の長文を読むポイントは、精読と速読を上手に使い分けることです。

全ての単語を一つ一つじっくり読むのでは、効率よく問題が解けないからです。

長文全体の概要を掴んで、問題の答えになる箇所をじっくり読むのが正解を導く手順になるのです。

精読の勉強法は、理論的な勉強法で身につけることができます。

おすすめできる参考書に、入門英文解釈の技術70があります。

入門英文解釈の技術70 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)

入門英文解釈の技術70 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)

英文解釈を学ぶことで、英語を英語のまま読み取る実力をつけることができます。

精読ができなければ、大学受験英語の長文を解くのが難しくなります。

そういった意味では、高校英語の勉強で基礎力をつけることが必須になるのです。

また長文中にわからないことがあれば、調べることで精読を鍛えることができます。

速読の勉強は、高校の授業で絶対的に不足していることになります。

1分間に100語読めるようになるには、英文を数多く読む以外ありません。

大学受験の問題集や過去問を数多く読むことで、徐々にですが確実に読むスピードが上がります。

英語長文の実力が上がるのは、現役生ならば2学期が始まる頃になります。

夏休み中に英語の基礎学力を高めておけば、2学期の模試から結果が出るようになるでしょう。

ただし成績の伸びには個人差があるので、焦らず基礎を固めることに集中して下さい。

英語長文速読の注意ポイント

大学受験英語の速読勉強法には、注意するポイントがあります。

それは知らない英単語が出たら、無視するか予測することになります。

なぜなら大学受験の英語長文で、全ての英単語がわかることはないからです。

精読しか慣れていない受験生は、知らない英単語が出たら全て覚えようとします。

しかしこれは効率が悪く、実際の受験で知らない単語が出ると焦ってしまいます。

大学受験の英語長文は、基礎的な語彙力があれば知らない単語を無視しても解ける問題がほとんどです。

速読は、長文の概要をつかみ問題を効率よく解くための勉強法です。

知らない英単語に気を取られず、読むスピードをつけることを意識しましょう。

英文を読むスピードが上がることで、問題の答えをいち早く見つけることができるのです。

大学受験の英語長文の勉強法まとめ

大学受験の英語長文は、暗記だけで対策することはできません。

数多くの長文を解いて、経験値を積むことが重要になるのです。

高校の英語授業では、この英語長文読解に必要な経験が圧倒的に足りないのです。

逆に長文の経験値を増やすことで、確実に成績を上げることができます。

満点を目指すことは難しいですが、慣れれば8〜9割はコンスタントに取れるようになります。

私も実際にこの勉強法で、センター試験は9割以上取得することができました。

また癖の強い私立英語長文も、落ち着いて解くことができるようになりました。

時間はかかりますが、英語は長文対策をすることで大学受験を有利に進めることができます。

関連記事

大学受験のおすすめ英語参考書については、こちらも参考にして下さい。

大学受験の英語のおすすめ参考書と選ぶポイント – 一念天に通ずefforts.hatenablog.com

大学受験対策の英語勉強法はこちらを参考にしてください。

高校英語を基礎から大学受験入門レベルまで引き上げる勉強法 – 一念天に通ずefforts.hatenablog.com

大学受験 – 一念天に通ず

スポンサードリンク