中学の数学を基礎から確実にマスターできる勉強法

スポンサードリンク

中学の数学は、正しい勉強法を行うことで必ずマスターすることができます。

数学に苦手意識を持っている人の多くは、理解できないまま数学の勉強をしている傾向にあります。

中学レベルの数学であれば、基礎からしっかりと勉強すればテストで高得点を取ることができます。

中学の数学の授業は、遅れてしまうと巻き返すことが難しくなります。

理解しないまま次へ進むため、どんどん数学に苦手意識を持ってしまうのです。

数学が苦手という人の多くは、中学から数学の点数が悪い傾向にあります。

そういった中学の数学が苦手な人でも、正しい勉強をすれば必ず得意になれます。

多くの場合、中学で必要な基礎力が不足していることが数学が苦手となる原因です。

数学が苦手な人でも、確実にマスターできる数学の勉強法を紹介します。

中学の数学に必要な正しい勉強法

中学で数学ができる人は、数学の正しい勉強法を知っている場合が多いです。

数学の正しい勉強法としては、以下の3つのステップが重要になります。

  • 中学数学の公式を暗記する
  • 問題をたくさん解いて経験値を増やす
  • 理解できない問題を復習する

中学数学の公式を暗記する

数学というと論理的思考力が必要で、頭の良い人しか解けないと思われ勝ちです。

中学レベルの数学であれば、暗記だけでも実際に高得点を取ることができます。

しかし暗記だけで数学を勉強すると、応用問題に弱くなってしまう傾向があります。

中学の数学に必要な暗記力は、公式などを覚える暗記になります。

中学数学で出題されるほとんどの問題は、公式がわかれば解ける問題ばかりです。

応用問題でも、複数の公式を組み合わせれば解けるようになっています。

数学が苦手な人は、公式をしっかりと覚えていないことが多いです。

数学が得意な人であれば、公式を自分で導き出すこともできるでしょう。

ですが中学生でそのレベルになるには、数学が得意な一部の人だけになります。

一般的な学生であれば、必ず公式は暗記してしまいましょう。

公式を覚えることが、中学数学を攻略するための基礎となるからです。

ただし公式を覚えても、実際に問題が解けるとは限りません

そのために次に行う数学の勉強として、問題を多く解くことがあります。

問題をたくさん解いて経験値を増やす

中学数学の問題を解くためには、公式を暗記することが重要になります。

ただし公式を暗記しただけで、問題が解けるようになるわけではありません。

覚えた公式をどの場面で使えば良いのかが判断できて、初めて問題がとけるようになるのです。

そのために必要な勉強として、問題をたくさん解くことがあります。

中学で数学が得意な人は、教科書の問題は必ず全て解くようにしています。

逆に中学で数学の点数が悪い人は、問題を数問解いて満足してしまいます。

数学はセンスと言う人もいますが、中学レベルならば反復練習でセンスを超えることができます。

問題をたくさん解いていると、公式の使い方や問題を解く考え方が身についてきます。

問題を数問解いただけでは、そういった知識を増やすことはできません。

教科書や問題集で経験を増やすことで、中学数学の考え方を身につけることができるのです。

他の教科に比べて時間がかかるので、そういった苦行が数学を嫌いにする要因なのかもしれません。

中学数学の成績を上げるには、どんどん問題を解いて数学の経験値を増やすことも重要です。

理解できない問題を復習する

数学が苦手な人の多くは、間違えた問題の復習が足りない場合があります。

間違えたその場で復習するだけでは、数学の実力を定着させるのは難しいです。

中学の数学をマスターするには、復習の勉強法がポイントになります。

数学の復習は問題を解くのに時間がかかるため、しっかりと行わない人も多いです。

きちんと解く手順を覚えていなければ、答えだけを暗記する勉強になってしまいます。

しっかりと問題を解く手順ができるまで、何度も復習することが中学数学を攻略する鍵になります。

理解できない問題を放置して次へ進んでしまうと、どんどん遅れてしまいます。

数学は一見別物に見えても、色々なところで関係している問題が多いからです。

文章問題でも方程式が必要だったりと、何かしらの関係を含んでいます。

地道な努力が必要になりますが、復習は中学数学を攻略する基本になります。

時間がかかる勉強法ですが、これを怠るとどこかで停滞してしまいます。

理解できない問題を減らすことが、中学数学が得意になる糸口になります。

中学1年の数学にお勧めの参考書と勉強法

中学1年の数学は、中学数学の基礎となる非常に重要な時期になります。

数学が苦手になる人の多くは、中学1年の数学で挫折してしまうことが多いです。

ですが中学1年の数学は、授業の難易度は低いのでリカバリーは短期間でも可能です。

中学1年の数学であれば、基本的には教科書を徹底的に復習すれば十分です。

ですが中学の数学が苦手な場合、教科書を読んでも内容が理解できないケースがあります。

そういった場合は、参考書を利用して一つ一つ着実にクリアすることが必要です。

中学1年の数学を復習できる教材として、「くもんの中学基礎がため」シリーズがおすすめです。

中学1年で重要なポイントを、とても丁寧に解説している良い教材です。

数学が苦手な場合はくもんの中学基礎がため100%中1数学 計算編―学習指導要領対応

計算編から始めると良いでしょう。

計算編が終わったら、くもんの中学基礎がため100%中1数学 関数・図形編―学習指導要領対応を勉強すると無理なく続けることができます。

中学1年の数学を確実にマスターできる構成になっているので、自分のペースで進めていきましょう。

無理してどんどん進むのではなく、しっかりと理解して次へ進むことが中学数学攻略のポイントです。

中学1年の数学であれば、教科書とくもんの中学基礎がためをしっかり勉強すれば十分です。

数学の基礎となる考え方を、中学1年の数学で身につけることができます。

中学の数学は、今後どんどん難しくなるので中学1年レベルは確実にマスターしましょう。

中学2年の数学にお勧めの参考書と勉強法

もし中学1年の数学を理解していないのであれば、中学1年の内容を完璧にすることから始めましょう。

中学の数学は、中学2年生の頃から徐々に難易度が上がってきます。

中学1年の数学を理解していないと、解けない問題も多くなるからです。

中学1年の数学を完璧にしたら、中学2年の数学の勉強に移ります。

中学2年の数学の勉強法は、中学1年同様に教科書が基本となります。

ただし内容が中学1年より難しくなり、教科書の内容を理解できなくなるのが中学2年の数学の特徴です。

学校の授業でも、先生の言っていることを理解できない生徒は非常に多いです。

中学2年の数学の勉強法として、中学1年以上に丁寧に基礎を理解することが重要です。

中学1年同様に、くもんの中学基礎がためシリーズは丁寧な解説でお勧めできる参考書です。

くもんの中学基礎がため100%中2数学 計算・関数編―学習指導要領対応

くもんの中学基礎がため100%中2数学 図形編―学習指導要領対応

くもんの教材同様に中学2年の内容を丁寧に解説している、中2数学をひとつひとつわかりやすく。―新学習指導要領対応などを使うのもお勧めです。

人によって理解しやすい教材は異なるので、くもんの基礎がためが難しいと感じたらこちらで勉強してみてください。

かなり丁寧に説明されているので、ゆっくりと理解すれば確実に中学2年の数学を理解することができます。

中学2年の数学は、応用問題も多く難しいと感じてしまいます。

授業のスピードも上がるので、遅れてしまうと焦って復習を怠ってしまいます。

ですが復習なしで数学の成績は上がらないので、我慢して理解できるまで復習をして下さい。

中学3年の数学にお勧めの参考書と勉強法

中学3年になると、高校受験も意識した数学の勉強法が必要になります。

中学3年の数学は、今までの内容を理解しているかがポイントになります。

もし中学1年や2年の数学で理解していない箇所があれば、その復習から始めましょう。

高校受験を控えているのであれば、少なくとも夏休みの間には今まで習ったことを復習しておきましょう。

中学3年の数学は、基本的には中学1年と2年の応用になります。

しっかりと基礎が身についていれば、確実に解ける問題がほとんどだからです。

中学3年の場合、教科書と一緒に受験用の勉強をしておくことが重要です。

ただし基礎をおろそかにすると、受験問題を解くこともできません。

基本的には、中学1年と2年の数学同様にくもんの基礎がためシリーズで基礎力をつけましょう。

くもんの中学基礎がため100%中3数学 計算・関数編―学習指導要領対応

くもんの中学基礎がため100%中3数学 図形編―学習指導要領対応

くもんの基礎がためシリーズは、教科書レベルの数学初級の内容になります。

基礎ができていれば、高校入試の数学も7割以上は取れる実力がついています。

ですがそれ以上の点数を目指す場合は、高校受験数学用の問題集を解くことが必要です。

高校受験の数学については、こちらの記事も参考にして下さい。

高校受験で効率よく偏差値を上げる勉強法 – 一念天に通ずefforts.hatenablog.com

中学数学の勉強法まとめ

中学数学の勉強は、地道に一つ一つ課題を乗り越えることが必要になります。

そのため成績が上がるまでは、時間がどうしてもかかってしまいます

ですが理解できなかった箇所が理解できるようになると、徐々に応用力も身についてくるのです。

ある程度の基礎がある社会人であれば、中学3年間の数学を8時間でやり直す本のような本で復習できるでしょう。

ですが本当の数学の実力を手に入れるためには、問題を解いて経験値を増やすことが必要になります。

時間がかかる勉強法ですが、中学の数学をマスターするには中学1年からしっかりと復習するのが一番の早道です。

高校受験 – 一念天に通ず

スポンサードリンク