中学受験で偏差値を上げるための確実な勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

中学受験は考える力を鍛える勉強をすることで、偏差値を上げることができます。

一昔前のように、暗記中心の勉強法では中学受験に通用しなくなりました。

そのため中学受験は、対策が難しくなり大人でも苦戦する問題が多くなっています。

中学受験で偏差値を上げるには、受験用の正しい勉強を行う必要があります。

志望校によって出題傾向は異なりますが、基本となる勉強法は変わりません。

基礎力を身につけることが、中学受験の勉強の基本となります。

中学受験で偏差値が上がらないのは、基礎をきちんと勉強していない場合が多いです。

基礎力が身についていなければ、応用問題を解く実力が不足しています。

中学受験に必要な基礎を身につけ、偏差値を上げるための勉強法を紹介します。

中学受験に必要な基礎力をつける勉強法

中学受験は、難しい問題が解けないと合格できないと思っている人が多いです。

そのためレベルに合わない難しい問題集を使い、なかなか成績が伸びず悩むケースも多いです。

しかし実際には一部の上位中学を除けば、基礎ができていれば合格できる学校が多いです。

基礎と言っても小学生レベルの問題よりは難しいですが、決して解けない問題ではありません。

正しい勉強法を実践すれば、確実に偏差値を上げることは可能です。

ですが多くの家庭では、基礎力をおろそかにして応用問題ばかりに目を向けてしまいます。

基礎力が身についていない状態では、応用問題を解くことはできません。

しっかりと基礎を身につけることで、中学受験に必要な学力を身につけることができるのです。

中学受験に必要な基礎力をつける勉強法を、教科ごとに紹介していきます。

中学受験の算数の勉強法

中学受験で算数が苦手な子供は多く、この教科で大きく差がついてしまいます。

算数は偏差値を上げるのに最も時間がかかる教科なので、早い段階から対策をしましょう。

ただしいきなり中学レベルの難しい問題を解いても、挫折に繋がるので注意が必要です。

算数が苦手な子供の傾向に、計算が遅いことがあります。

算数の基本となる計算が遅いと、問題を解くのに時間がかかってしまいます。

まずは算数の基礎として、計算問題を徹底的に勉強することをお勧めします。

算数の計算力を上げる勉強法

計算力を上げる勉強法として、百ます計算が非常に効果的です。

もし計算が苦手な場合は、陰山メソッド徹底反復「プレ百ます計算」―百ます計算をはじめる前にとりくむ本! (教育技術MOOK 陰山メソッド)で計算の基本を学びましょう。

計算がある程度できる子供やプレ百ます計算が終わったら、陰山英男の徹底反復「百ます計算2 2けたと1けた」 (教育技術MOOK 陰山メソッド)で計算のスピードをあげる勉強をしましょう。

百ます計算で実力がついたら、チューリッヒ先生の計算問題中学入試対策ゼミ (朝日小学生新聞の学習シリーズ)で勉強することをお勧めします。

中学受験に必要な計算問題を、動画の解説で丁寧に教えてくれる問題集です。

計算に強くなることで、中学受験の算数を攻略して偏差値を上げることに繋がります。

算数に必要な国語力を身につける勉強法

計算ができるようになっても、文章問題に苦戦する子供は多いです。

その理由として、文章を読む読解力が不足していることが大きな原因になります。

算数と国語は関係ないと思う人も多いですが、算数にも読解力が必要です。

読解力を鍛える勉強法として、算数と国語を同時に伸ばすパズル 初級編がとても役立ちます。

文章を正確に読む力があれば、算数の文章問題も少しずつ解けるようになります。

初級編が終わったら、算数と国語を同時に伸ばすパズル 入門編算数と国語を同時に伸ばすパズル 中級編にもチャレンジしてみましょう。

中学受験の算数の基礎力をつける勉強法

計算力と読解力を身につければ、算数の基礎力がかなり高くなります。

このレベルになれば、中学受験の算数にも対応できる実力が身につきます。

基礎力が身についたら、中学受験テキスト 下剋上算数 基礎編――偏差値40から55への道で中学受験対策をしましょう。

問題数は多いですが、完璧に解けるようになれば算数の偏差値を55前後まで上げられる問題集です。

一行問題集になっていて、中学受験の算数の基礎力を身につけるには最適な問題集です。

まずはこれ1冊を徹底的に勉強することで、確実に算数の偏差値を上げることができます。

算数の応用力をつける勉強法

中学受験で算数の偏差値をさらに上げるには、応用力もつける必要があります。

偏差値が高い中学を目指す場合は、栗田哲也先生のスピードアップ算数〈基礎〉―中学受験総合チェックで応用力をつける勉強法をしましょう。

基礎となっていますが、偏差値が低い段階では理解することが難しい問題集です。

この問題集は、1回だけ解いても理解することは難しいと思います。

何度も繰り返し勉強して、考え方を身につけることで応用力が身につきます。

難関中学の算数の基礎を身につけるために、最適な1冊と言えます。

基礎を身につけて応用力をつける勉強法が算数の王道ですが、受験用のテクニックも存在します。

中学入試 算数 塾技100は、効率よく算数が解けるテクニックが多く参考になります。

ただし基礎ができていない状態で使うと、算数の実力がつかないのでまずは基礎力を身につけましょう。

算数の偏差値が上がるまでの期間

中学受験の算数は、最も偏差値が上がるまでに時間がかかる教科です。

算数が苦手な子供であれば、1年かけてしっかりと勉強する必要があります。

すぐに結果が出ないからといって、諦めずに粘り強く勉強しましょう。

算数の基礎力が身につけば、徐々にですが確実に成果が出てきます。

ライバルに差をつけられる教科なので、時間をかけて基礎から丁寧に勉強しましょう。

中学受験で勉強する算数は、今後の基礎になるのでしっかりと勉強して下さい。

中学受験の国語の勉強法

中学受験の国語は、あまり勉強に力を入れていない家庭が多いです。

具体的な勉強法がないと思われる国語ですが、そんなことはありません。

正しい国語の勉強法を行えば、確実に偏差値を上げることができます。

国語の正しい読解力を身につける勉強法

国語の読解力は、他の教科でも必要になる力になります。

読解力を鍛えることで、中学受験の偏差値を上げる基盤ができます。

そのため国語の勉強を軽視せず、しっかりと読解力を付けることが重要です。

読解力を身につけるには、読書が最も効果的な勉強法です。

将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!にも書かれていますが、読書量が多い子供ほど学力が高くなります。

国語が苦手な子供は、本を読むことに慣れていない傾向があるので本を読ませる習慣をつけることが国語力を上げる近道になります。

本を読む習慣がついたら、算数でも紹介した算数と国語を同時に伸ばすパズル 初級編を使う勉強が効果的です。

長文に抵抗がなくなったら、問題を解くための読解力をつける勉強に移るべきです。

ただ読むのではなく、解答を導くためのポイントを押さえて読むことが国語の偏差値を上げることに繋がります。

基礎的な読解力を身につけたら、次は中学受験の国語対策の勉強を開始します。

実際に問題を解く前に、<中学入試>国語の読解は「答え探しの技(ワザ)」で勝つ!国語を味方の教科にして受験を制覇しよう!を使って国語のテクニックを身につけましょう。

効率よく確実に国語の長文を解けるテクニックを紹介している、お勧めの問題集になります。

勉強法がないと思われがちな国語の長文対策ですが、正しい勉強法は存在します。

国語は中途半端に勉強しても点数がとれますが、正しく勉強すれば偏差値が安定します。

他の受験生に差をつけることができるので、必ず勉強をしましょう。

漢字や熟語の勉強法

国語は長文読解以外にも、漢字や熟語などの暗記分野の勉強も必要です。

地道な作業になりますが、しっかりと覚えれば確実な得点源にすることができます。

中学受験で良く出題されるものをピックアップした、中学入試 国語 暗記分野3700: 国語の点数がみるみる上がるはお勧めの参考書です。

志望校のレベル別になっているので、自分の志望校に合わせた勉強ができます。

毎日少しずつ覚えることで、国語の偏差値を上げることに繋がります。

必ず出題される単元なので、点数が低いからと手を抜かずに勉強しましょう。

中学受験の社会の勉強法

中学受験の社会は、暗記中心の問題から思考力を問う問題へ移っています。

用語を覚えて答えるだけの問題ではなく、考えて答えを導き出す力が必要です。

ただし考える力は、基礎的な内容を理解することで実践することができます。

基礎的な内容に関しては、しっかりと用語の因果関係を覚えることが重要です。

中学受験は社会で合格が決まるでは、中学受験の基本となる内容を覚えることができます。

地理・歴史・公民の内容に関しては、これで基礎力をつけることができます。

ただし中学受験の社会対策としては、これだけでは不足してしまいます。

考えて答えを導き出す勉強法は、学習塾などを利用して勉強すると良いでしょう。

中学受験の社会の傾向や、志望校に合った対策をしっかりと行ってくれます。

社会は市販の参考書では、どうしても中学受験対策として十分ではありません。

年々出題傾向が変わっているので、プロを頼った勉強が効果的になります。

社会は基礎ができていれば、短期間でも実力を伸ばすことができる教科です。

学習塾などは小学校高学年からでも間に合うので、それまでは問題集で基礎力を身につけましょう。

また時事問題についての出題も多いので、新聞を読む癖もつけておくと有利になります。

基本ができていれば、中学受験の社会の対策はそこまで難しくありません。

中学受験の理科の勉強法

中学受験の理科も、社会同様に考える問題が出題される傾向になっています。

ですが理科も基本的な内容が理解できていれば、中学受験の対策はそこまで難しくありません。

小学校高学年までは、参考書や問題集で基礎を固めておきましょう。

基礎からしっかりわかる カンペキ! 小学理科 ≪難関中学受験にも対応! ≫ (まなびのずかん)は、中学受験の理科の勉強におすすめの参考書です。

理科が苦手な子供は、イメージすることが苦手な傾向にあります。

この参考書は、図もわかりやすくイメージしやすいので使いやすいです。

基礎が固まったら、学習塾などで中学受験対策をすることをお勧めします。

理科も志望校によっては、出題傾向が全く異なるからです。

志望校に合った対策をすることで、中学受験の偏差値を上げつつ合格に近くなります。

学習塾を利用する時の注意点

中学受験で偏差値を上げるには、学習塾に通って対策をすることが一般的になっています。

独学だけで対策している家庭もありますが、独学で偏差値を上げるのは厳しいです。

その理由として、一般的な家庭では中学受験の情報が少ないからです。

中学受験で合格するには、効率的に勉強を行うことが重要になります。

効率よく勉強するためには、受験に出題されやすい問題を勉強することが効果的になります。

学習塾は中学受験に特化しているので、そういった勉強をすることに長けています。

ただし塾に通っても、なかなか成績が伸びないと悩んでいる家庭も多いです。

良くある理由として、塾の問題を解くための基礎力が不足していることがあります。

塾に行けば中学受験の問題が解けると思っている家庭が多いですが、実際にはそうではありません。

多くの学習塾は、優秀な子供を対象とした学習スケジュールを採用しています。

成績の良い子供を伸ばして、有名中学の合格率を上げることに注力しているからです。

そのため学習塾に通う場合は、まずは子供の学力を把握しておきましょう。

基礎力が不足しているのであれば、紹介した勉強法で基礎を定着させましょう。

もし勉強自体が苦手であれば、マンツーマンの家庭教師で苦手意識を克服するのも良いでしょう。

基礎力が定着してから塾に通えば、中学受験の偏差値が格段に上がります。

中学受験の偏差値を上げる勉強法まとめ

中学受験で偏差値を上げるには、基礎ができていることが前提になります。

どんなに有名な塾に通っても、基礎ができていなければ授業にれてしまうからです。

まずはしっかりと基礎力をつけることが、中学受験で偏差値を上げる鍵になります。

高学年になったら、模試などを利用して実力を定期的に試してください。

偏差値は志望校合格に関係している、最も有益な情報になります。

点数だけに注目するのではなく、偏差値にも注意して勉強を続けましょう。

中学受験は、年々その難易度が高くなっていると言われています。

しかし基礎ができていれば、合格できる中学が多いのも事実です。

難しい問題を解くことばかりを考えず、基礎力を上げる勉強をしましょう。

基礎を丁寧に勉強することが、偏差値を上げる最短の勉強法になります。

スポンサードリンク