高校英語の文法を効率よく確実に理解できる勉強法

スポンサードリンク

高校英語の文法は、中学に比べて圧倒的に難しくなったと感じる人が多いです。

実際には、高校英語の文法は中学英文法の勉強の延長といった内容になります。

ですが中学に比べてはるかに難しいと感じるのは、英語の基礎が身についていないからです。

基本的に高校英語の文法は、中学で勉強した英文法と同じような内容のものがほとんどです。

高校英語の方が少し覚えることが多いだけで、難易度はそれほど高くなっていません。

中学英文法の基礎が理解できていれば、高校英語の文法はそれほど難しくないのです。

中学英語の文法から、しっかりと勉強していれば高校英語の文法は攻略できます。

高校英語が苦手な人は、中学の内容をきちんと覚えていないからになります。

基礎から確実に高校英語の文法を理解できる、効率的な勉強法を紹介します。

高校英語の文法は中学英語の文法の延長になる

高校英語の文法ですが、実際には中学英語で習う文法の延長になります。

高校で習う英文法の基本的な構造のほとんどは、中学で習った内容になります。

中学で勉強した英文法をを応用しているものが、高校英語の文法になります。

応用といっても数学のように極端に難しくなるのではなく、新しい英単語や熟語の組み合わせになります。

そのため中学英語の文法を理解していれば、高校英語の文法を理解することができるようになります。

高校英語の文法が苦手な人の多くは、中学時代から英語の勉強が苦手な人が多いです。

中学英語の文法を理解することが、高校英語の文法の理解に繋がります。

英語の復習を面倒と感じるかもしれませんが、理解できていない箇所を復習することが英文法の上達への近道になります。

英文法を理解するためには、復習して知識を定着させる勉強法が最も効果的です。

中学英語の文法を復習する勉強法

高校英語の文法を勉強する前に、中学レベルの英文法はしっかりと復習しておきましょう。

中学英語を攻略することが、高校英語の文法の攻略にも繋がるからです。

英語の文法の勉強は、参考書を上手に使うことがポイントになります。

よく参考書を1回読んで理解した気分になる人がいますが、1回で理解できる人はほとんどいません。

時間が経過すると、忘れていることが多く実力が身についていないのです。

参考書を読んで問題を解く勉強法を、何度も繰り返して英語の文法を理解することができます。

中学英語も高校英語の文法も、基本的に勉強は同じ方法で実力を上げることができます。

英文法を覚えるまで勉強することが、最も効果的な勉強法になります。

次の日に同じ問題が解けなければ、それはまだ英語の文法を理解していないことになります。

覚えるまで繰り返して勉強すれば、誰でも英語の文法は身につけることができます。

そのためにはなるべく薄い参考書を使って、徹底的に繰り返す勉強法が効果的です。

分厚い参考書を使っては、やる気も継続できず途中で挫折してしまうからです。

中学英語の文法の復習に使う参考書としては、ハイパー英語教室楽しく!わかりやすく!スッキリ!中学英文法がお勧めです。

適度な量と丁寧な解説が、中学英語の文法を理解するのに役立つ参考書です。

参考書を読んで理解したら、ハイパー英語教室楽しく!わかりやすく!スッキリ!中学英文法ドリル―中1の基礎から高校入試へで実力を試しましょう。

この2冊を徹底的に勉強すれば、中学英語の文法は確実に攻略することができます。

厚さも適度な量なので、無理なく英語の文法を勉強することができます。

中学英語の文法を理解できたら、高校英語の文法の勉強に移りましょう。

高校英語の入門レベルの参考書と勉強法

入門レベルの高校英語の文法の勉強法は、基本的には中学英語の勉強法と変わりません。

なるべく独学でも勉強できる厚さの参考書を選ぶことが、高校英語入門レベルの文法を攻略するポイントになります。

ただし高校英語の難しいところは、文法の文章に出題される単語が圧倒的に多くなることです。

英文法は構造を理解していれば、英単語がわからなくても解ける問題が多いです。

それでも知らない単語が多く出てくると、意味が分からず焦ってしまいます

高校英語の文法を攻略するためには、文法と同時に語彙力も増やすと効果的です。

高校英語の文法を解くために必要な語彙力は、基礎的な英単語を覚えれば十分です。

問題で関わる英単語は、ほとんどが基本的な単語しか出題されないからです。

DUO 3.0システム英単語 (駿台受験シリーズ)を勉強すれば、大学受験に必要な基本的な語彙力を身につけることができます。

語彙力を増やす勉強をしながら、高校英語の文法も同時に勉強しましょう。

勉強法としては中学英語と同様に、薄めの参考書と問題集を繰り返し勉強しましょう。

適度な量で高校英語の文法の入門にお勧めの参考書として、高校英文法をひとつひとつわかりやすく。: CDつき (高校ひとつひとつわかりやすく)があります。

高校英語の文法が、一つ一つ丁寧に解説されている参考書になります。

基本的な高校英語の文法が理解できている人には物足りませんが、英語が苦手な人やもう一度基礎から勉強したい人にピッタリの参考書です。

これ1冊を丁寧に勉強することで、確実に高校英語の文法の基礎を身につけることができます。

高校英語の文法の実践的な勉強法

高校英語の文法の基礎を勉強したら、あとは実践的な問題を行うのが理解度を上げるポイントになります。

基礎となる構文を理解して問題集を解いていけば、確実に高校英語の文法の知識を増やすことができるからです。

ただし基礎ができたらかといって、すぐに問題が解けるようになるわけではありません

実際の問題は、穴埋め問題や並び替えなど様々なパターンがあります。

これを攻略するには問題集で経験を積むことで、着実に実力を上げていくことが最短の勉強法になります。

基本ができていても、なかなか問題が解けるようにならない人は問題演習の量が圧倒的に足りていません

高校英語の文法の問題集としては、スクランブル英文法・語法 第3版 (大学受験スクランブル英文法・語法)が最初の1冊としてお勧めの問題集になります。

高校英語の文法の要点が良くまとまっているので、効率的に問題演習をすることができます。

また文法書にありがちな解説が不十分ということがないので、高校英語の文法をしっかりと理解することができます。

スクランブル英文法・語法は、問題量も適度に多いので1冊終わらせればかなり実力がつきます。

ただし1回問題を解いただけでは、理解度を定着させることはできません。

理解できるまで何度も繰り返して勉強することが、高校英語の文法攻略に繋がります。

高校英文法の基礎は、スクランブル文法・語法で対応することができます。

それ以上の難関私立などレベルの高い学校の英文法の勉強をする場合は、全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)がお勧めです。

コンパクトながら、難関大などで出題される英文法も扱っている問題集になります。

この2冊を完璧にすれば、高校英語の文法に関してはほとんどの問題が解けるようになります。

注意としては2冊勉強すると量が多いので、スクランブルが完璧になったら全解説頻出英文法・語法問題に取り組みましょう。

確実に一つ一つ勉強した方が、間違いなく英文法の実力を上げることができるからです。

Forestを辞書的に使って高校英語の文法を攻略

高校英語の文法書で、Forestはかなり内容が充実した参考書といえます。

ただし内容が充実している分、量も多く受験生が全て勉強するのはかなり大変な1冊になります。

また丁寧に書かれている分、読んだだけで理解した気になる危険性もあります。

ですがForestを使った高校英語の文法の勉強は、確実に英文法理解に役立つ内容になっています。

そこで上手なForestの使い方として、辞書的に利用する勉強法がお勧めです。

最初から読むのではなく、問題集でわからない部分の理解に使う勉強法になります。

理解できなかった英文法をForestで調べて、解説をしっかりと読みます。

Forestは例文もあるので、構文の使い方もしっかりと把握することができます。

理解できている箇所を読むのは時間を効率的に使えないので、理解できていない箇所を克服するためにForestを使います。

英文法は暗記で無理やり覚えるのも効率的ですが、構文の法則を覚えるのも効果的です。

Forestは、そういった英文法の仕組みをノンネイティブが理解するのに役立つ英文法所になります。

総合英語Forest 7th Edition

総合英語Forest 7th Edition

高校英語の文法勉強法まとめ

高校英語の文法は、苦手な人には勉強がとても難しく感じる単元です。

ですが覚えることはそれほど多くなく、基本から丁寧に勉強すれば短期間でも実力を上げることができます

そのためには中学英語の文法から、しっかりと復習するのが一番効率的です。

英文法が苦手な人の多くは、中学英語の文法の理解が曖昧な人が多い傾向にあります。

高校英語の文法を攻略するには、基本から一つ一つステップアップすることが最短の勉強法になります。

遠回りな勉強法に感じるかもしれませんが、これが最も効率的な勉強法になります。

今回紹介した英文法の問題集や参考書は、英文法を基礎から確実に理解できるものになります。

焦らず丁寧に勉強することで、高校英語の文法を理解することは誰にでもできます。

スポンサードリンク