スタディサプリの英語は大学受験の攻略にも効果が高い

スポンサードリンク

スタディサプリ英語の先生とは

スタディサプリでは人気講師の授業を自宅にいながら手軽に受講できるメリットがあります。では、具体的にどんな人気講師の授業が配信されているのか、英語の先生をチェックしてみましょう。

英語のトップ講師としてスタディサプリWebサイトにも掲載されているのが関正生先生です。予備校での授業時は整理券が配布されるほどの大人気となるケースもあるようです。難関大学の受験対策はもちろん、苦手な人が多い英文法についても中学レベルからわかりやすく解説を受けることができます。ポイントを絞って英文法の理解を着実に深められるため、学年を問わず関先生の映像授業を視聴すれば英文法が得意になるチャンスがあるでしょう。

例えば、スタディサプリのサイトでは「atheの使い分け」についての関先生の説明動画が90秒にまとめられています。気になる人はぜひチェックしてみてください。

スタディサプリ英語授業の特徴と魅力

次に、スタディサプリにおける英語授業の特徴と魅力を見てみましょう。

1・高2向けの講座は、トップ・ハイ・スタンダード・ベーシックの4レベルに分かれています。英文法の授業はいずれの学年でも4種類の講座が用意されています。英文法についてスキマ時間で効率よく勉強・復習を進めたいならスタディサプリの講座が役立つでしょう。

また、高1段階から英文読解の授業も設定されています。定期テスト等で実力問題が出題される場合や、早目から大学入試の準備をスタートさせたい人も、スタディサプリで着実に力をつけることができます。英語が苦手な人向けには英単語入門講座があります。中学時代から英語を苦手にしていた人は、ベーシックレベルの「英語超入門」を視聴してみても良いです。

大学入試を控えた高3生向けには、文法や読解などの授業はもちろん、英作文の授業も提供されます。英作文や自由英作文は、文法や単語の知識があってもうまく書けない人がいるでしょう。スタディサプリの映像授業を見ることで英作文のコツをつかみ、入試での得点率アップにつなげてください。

英語の勉強法をチェック―スタディサプリとの比較

英語が苦手という人の中には、そもそもどうやって勉強したらよいか分からない、という人もいるでしょう。そこで、英語の勉強法についてスタディサプリと他の方法を比較してみましょう。

スタディサプリは自宅でスキマ時間を活用して英語学習が進められるメリットがあります。英語は英単語や英文法など、身につけなければならない知識がたくさんあります。そのため、特にコツコツ型の学習が重要となります。なかなか自分で毎日英語を勉強できない、という人はスタディサプリを利用して英語を勉強すると良いです。

いっぽう、英語に十分な勉強時間を充てられる人は、塾や予備校のほうが適している場合があります。費用こそかさみがちですが、他の生徒が勉強している姿が見えることで刺激を受けるチャンスが生まれるからです。他人がいたほうが頑張れる、というタイプなら、塾や予備校で英語を勉強すると良いでしょう。

また、計画性に優れている人や、英語が好き・得意でどんどん勉強を進められる、という人は自分で参考書や問題集を使って英語の勉強を進めることができます。ただし、英作文や英文読解などコツをつかんだほうが効率よく得点できる分野については、自宅で手軽にスタディサプリの映像授業を活用するのも一案ですね。

英語が苦手な人の中にはついつい勉強を後回しにしてしまい、復習しなければならない内容が大量に積みあがってしまっているケースもあるでしょう。そんなときは、夏休みなど比較的学習時間を確保しやすい時期に、スタディサプリの映像授業で一気に復習を進めても良いでしょう。塾や予備校などの講習と比べて自分に合った時間に授業を受けられるため、部活やオープンキャンパスなどで忙しくても受講しやすいと言えます。1つの授業で学習する内容も絞り込まれているため、集中力が長続きしない人でも使いやすいです。

英語のおすすめ教材は?

最後に、英語学習に役立つおすすめ教材をご紹介します。

最初に取り上げるのは英語嫌いの原因を作りやすい英文法について学べる教材です。ここでは「Next Stage(桐原書店)」をご紹介します。Next Stageは英文法や語法について、問題にも取り組みながら理解を深められるテキストです。知識が定着しているかどうかは、参考書の説明を読んだり、授業を聞いたりするだけではわかりづらいです。実際に問題を解くことで理解を確認したい人にオススメです。全体の分量こそ多いですが、自分の理解度をチェックしたい単元ごとに利用すれば、便利な問題集となるでしょう。

長文読解については、「やっておきたい英語長文300(河合出版)」を取り上げます。300語程度の英文読解問題が掲載されており、「長文」というタイトルではありますが比較的短時間でチャレンジできる内容です。英文読解が苦手な受験生はもちろん、高1生や高2生が実力アップのために使うこともできる問題集です。

対策が手薄になりがちな英作文については、「英作文のトレーニング(Z会)」シリーズをオススメします。英作文の問題11つに対して丁寧な解説がなされており、どのような解答をすれば減点されるのかや、模範解答を作成するまでのプロセスを確認できます。「始める編」、「必修編」、「実践編」と実力に合わせて使い分けることができる点も魅力です。

スポンサードリンク