30代前半の転職で年収アップするには?最新の動向をお教えします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

転職市場で、30代前半は転職するにはギリギリの年齢と言われています。もちろん個人のスキルや経歴も関係しますが、30代前半は決して売り手市場とは言い難いです。30代前半の転職者も、転職活動でなかなか結果が出ず思っていたのと違ったと苦戦しているケースが多いです。

実際、転職エージェントに相談に来られる求職者においても「30歳間近」、「転職の可能性が厳しくなるので」、という危機感を感じて相談に来られる方が多いです。求人を出す企業側からも「20代を採用したい」といった依頼をもらうことが事実としてあります。

では、30代前半、すなわち30歳~35歳の「30代前半」の転職事情はどのようになっているのか説明させていただきたいと思います。30代前半の転職市場の参考にして下さい。

30代前半の営業職の転職

まずは、求人数が一番多い、営業職についてお話をしたいと思います。結論から言えば、30代前半では未経験業種の営業職への転職はかなり難しいです。30代前半は企業が業界未経験者の採用を行う上で、1つの基準としている年齢であることは間違いありません。

なぜ、30歳前半が未経験を採用する基準になっているかというと、2点あります。1点目は、年齢が経っていくと、あらゆる経験を積んでいるため、いいも悪いも「素直さ」が欠けてくるというのが各企業の経験値からあるようです。素直さが欠けると、新しいことを吸収しにくいので早期で戦力にならないという判断です。

2点目は、組織バランスの問題です。営業職において、マネージャー職に突入してくるのが業界や会社の特質はありますが、おおよそ30代前半からになってきます。つまり、30歳以降は、徐々にマネージャークラスを任せていきたい年齢層であるということになります。

その層に30代の未経験のプレイヤーがいるというのは、組織構成上、少しいびつになってきます。そのため、あまり30代前半の業界未経験者を採用したくない、せいぜい、30歳、31歳くらいまでが限界といっていいでしょう。

また、20代を採用したいという依頼をする企業の話をよくよく聞くと、純粋に20代を採用したい、30代に突入したら必然的に見送りになるケースも往々にしてあります。

こういう会社の場合は、営業職の人員構成がポイントとなります。具体的に言えば、社内に20代が一人もいないとか、20代前半の次は30代前半という組織構成となっている会社です。

こういう会社は、人員を補強したいというよりも、年齢バランスを整えたいという思惑があるため、30代前半は採用されることはありません。組織バランスを整えるために30代を採用する場合は、大体経験者を採用するケースが多いです。

30代前半は経験や実績が評価されやすい

では、30代前半が評価されるポイントは何かというと、業界経験者の営業職に該当します。これは30代の採用に関しては、完全にマネージャークラスを想定しているケースが多いですからです。

これも業界によりますが、営業職はフットワークが命です。フットワークの軽さはやはりベテランより若手のほうが一枚上手です。むしろ、30代後半の方については、若手を育成する、マネージャーとして活躍してもらうほうが企業としては好ましいと考えているようです。

そう考えていくと、営業職というのはプロスポーツ選手に似ているところがあります。20代というのは、ポテンシャルを優先され、30代前半に突入すると経験や実績というのが評価され、30後半に突入していくと、コーチなどの「指導者」として活躍してほしいというニーズが組織としてあるという考え方をしてもらえたら良いでしょう。

ただし、これにも例外があります。それは、一部の「無形商材」の「小規模企業」です。証券や、人材紹介業などについては、組織というよりもどちらかといえば、「個人商店」に近い感覚で仕事をしているケースが多いです。

そのため、小規模の企業においては30代~50代のプレイヤーが「職人」として活躍するというケースも往々にしてあることを認識してもらえたら良いかと思います。

管理系職種は30代前半でも採用されやすい

今度は、人事、総務、経理などの管理系職種についてお話をしたいと思います。結論から言えば、管理系職種は30代前半でも積極的に採用されるケースが多いです。なぜなら、管理系職種というのは、この職種を経験していない方の採用というのは全体数からすれば少なく、どちらかといえば「即戦力」を採用するケースが多いからです。

管理系職種は、「売上」を挙げる部署ではないため少数精鋭となるため、なかなか未経験をイチから育てるというのは業務的に負担を伴うため、未経験より30段前半の即戦力、またはそれに準ずる方の採用が定石です。

即戦力の管理職種となると、入社して即管理系職種にアサインされるケースというのはかなり割合的には少ないため、3年以上経験しているとなると、30代前半というケースが往々にしてあります。

ただし、中途採用を行う際は、原則、若い「プレイヤー」を採用するというのが通例であるため、20代を採用したいというニーズをいただくことも多いのですが、一番ターゲットになりやすいのは30歳~35歳までの30代前半の層ということになります。

ただし例外的に、組織の若返り化を目指している企業は30代前半でも管理職の採用に積極的はありません。この場合は若い世代を採用する傾向にあります。

エンジニアは30代前半でも転職しやすい

次に、エンジニア職種の30代前半の転職についてみていきたいと思います。IT・メーカーのエンジニア職種においては、30代前半でも積極的に採用されるケースが多いです。この背景としては、これらのエンジニアというのは、30代前半に限らずどの年代でも人口が減少しています。しかし、ITもメーカーもどんどん技術伝承をしていかなければならないため、少しでも若い技能のある人を採用したいというのが通例です。

しかし、一方で採用するのが大変な職種なので、あまりこだわっていられません。ただし、この分野、特にメーカーにおける「電気」や「機械」の知識についてはこだわらなければならないため、多少妥協できるのは年齢です。

そのため、この分野においては30代前半の採用というのは非常に活発で、場合によっては「35歳限界説」とか言っていられない場合もあります。それくらい技術者というのは貴重な存在であるということなのです。どの企業もエンジニア確保にはかなりの力を入れています。

日本は特にIT技術者が不足していると言われているので、30代前半でも引く手あまたのケースが多いです。もちろん技術力も必要になりますが、まずは人材を確保することを優先している企業がほとんどです。30代前半でも年収アップしたという転職者も多いのがIT業界の特徴です。

医療・福祉系も30代前半の転職に積極的

看護師や介護士などの医療・福祉系の転職も30代前半は成功しやすい傾向にあります。60歳以上の人口が増えている日本ですが、看護師などの医療できる人材確保が十分できていません。そのため看護師や介護士のような専門職は、どの企業も積極的に採用しているケースがほとんどです。

この業界の特徴として離職率の高さもあるため、どの企業も年齢を気にせず人材を欲している傾向にあります。ですが30代前半のように、経験や体力がある年代は特に優遇されています。看護師などは引く手あまたで、高額の年収アップで転職しているケースも少なくありません。

介護士に関しては薄給問題があるようですが、それでも転職はしやすいと言えるでしょう。30代前半でも他の企業の初任給並のケースもあるようです。この業界は国が介護職に対して手厚い待遇を行えば、介護士の転職ももっと活発化すると思われます。

医療系や福祉系の仕事は常に人材不足なので、30代前半であれば転職に困ることはないでしょう。激務でブラックなイメージもありますが、良い条件の求人を見つければ無理なく働くことも可能です。

30代前半の転職市場まとめ

30代前半は転職の世界において重要な基準となります。なぜなら、年齢は企業が求める一つの基準になっており、その線引きというのが30代前半になるからです。もちろん30代前半は一つの指標ですが、この年齢以上になると転職活動はさらに厳しくなります。

具体的には、マネジメント層、もしくは専門職といった「職人層」でないと採用の門戸は狭まっている、もしくは採用枠が「ない」ということです。ビジネスの世界において選択できる時間というのは非常に短いのです。そのため、転職する、しないにかかわらず、このことを意識し1日1日を大事に過ごしていただきたいと思います。

30代前半は決して楽観できる年齢ではありません。ですが職種や業界によっては給料アップできる年齢でもあるので、自分のスキルや経験と給料を見直して転職活動を行ってください。

スポンサードリンク