35歳限界説!転職を成功させるために知っておくべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

転職には年齢における「限界説」というものがまことしやかに言われており、「35 歳」という年齢は、転職における大きな境界線となる年齢です。

実際、求人を預かるクライアントから求人の依頼を受けた際に推薦してほしい年齢層を確認すると、上限年齢として「35 歳迄」というキーワードは企業人事から発せられることも少なくありません。転職市場においても「35 歳限界説」という言葉もあり、35 歳というのは転職市場における価値の有無を測る重要な年齢です。

決して35 歳という年齢は今日の転職事情においてはプラスに働くとは言えないのが現状ですが、本編では、35 歳の転職についての現状・詳細についてお話をしていきたいと思います。

35歳限界説について

まずは、「35歳限界説」についてですが、現実問題この「35歳限界説」は転職市場において間違いなくあります。営業職においては言わずもがな、管理系の職種やエンジニア系職種においてもこの35 歳は1つの境界線となります。一方で、35 歳以上の転職を成功させた例というのも非常に多く存在しているのも事実です。では、何が一体限界なのでしょうか。大きく2つの要素があります。

プレイヤーとしての限界説

企業人事が考えていることは、30代後半というのは、「マネジメント層」として活躍してほしい年齢層です。それはなぜかというと、組織構成の問題があります。一般的な企業組織であれば部長、課長、主任、そして俗にいう「ヒラ社員」と呼ばれる役職なしの4つの層に分かれます。その時に、若手の抜擢などということもありますが、「年齢」というのは指示を出すにおいて、優位な立場に立つことができる大きな特性です。

そのため、組織の層として理想なのは、部長の年齢が一番高く、次が課長、以下主任、平社員のような形で年齢構成ができているのがもっとも理想的だと考えています。そのようなことを考えた場合、30代後半には少なくとも「課長」でいてもらったほうが、組織運営上やりやすいですし、部長、課長、主任、平社員の年齢が等間隔、またはそれに近い形で離れていたほうが世代交代もスムーズに行えると考えています。

また、体力的にも年齢を負うことにより、どんどん落ちてくることから、若手にプレイヤーを担ってもらい、年齢の高い方から順次マネジメントに移ってもらったほうが業務運営上やりやすい部分もあります。

そして、その基準を35 歳とおいていると考えた場合、35 歳以上をプレイヤーとして採用するには、企業側が想定している組織運営ができなくなると考えます。そのため、「35 歳限界説」というのは絶対ではないものの、一定の真実を帯びているものだと思っていただいて良いでしょう。

ちなみに「絶対ではない」と申し上げた背景は、トッププレイヤーでマネジメントに向かない方というのもいることも事実で、トッププレイヤーを一人おいておくことで、若手のプレイヤーは「見本」として見るケースも想定されます。

実際に指示するマネージャーではなく、「背中を見せる」マネージャーとして位置付けるケースもあるという点では、35 歳、またそれ以上のプレイヤーも時に重要となるということも付け加えさせていただきます。

組織定着という意味での限界説

「若い」ということは、大きな武器です。少なくとも採用側はそう考えています。

では、なぜ若さが武器になるかというと、若いというだけで、クライアントや上役から可愛がられるということと、もう1点「スポンジのような吸収力がある」という点です。

若いときには、あらゆる点で経験が浅いため、まだあらゆることに対し素直に聞けるというところがありますが、一定の年齢を超えてくると、新しいものを受け付けなくなってしまいます。そうなると転職をした際、新しい組織に対し、その組織の文化を受け入れられなくなってくるという部分もあります。その基準を35 歳とみているとお考えください。

コストの限界

各企業には、給与テーブルが設定され、年齢も1つの基準となっている企業が多いです。年齢があがるとそれなりのコストがかかるうえ、コストをかける割に上述のようなリスクも存在していることから、採用には相当慎重にならざるを得ないというところがあります。

なぜそれが35 歳なのかは、明確な理由はおそらく誰もわかっていないものと思いますが、不文律で35 歳という1つの基準が生まれ、それを各企業で踏襲しているものと思います。

35 歳 からの転職 を成功させるには

「35 歳限界説」については、上述の通り、不文律ではありますが、各企業が持っている1つの基準となっていますが、かといって35 歳での転職は不可能かというとそういうわけではありません。では、35 歳の転職を成功させるためには一体どのようにすればよいかお話をさせていただきたいと思います。

35 歳からの未経験業界・業種の転職は原則やめるべき

まずは、未経験業界、業種の転職を希望される方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、よほどの事情や、明確な理由がない限りは他業界・他業種目指すべきではありません。企業は原則35 歳からの未経験者は上述の理由により、採用されるケースは少ないですし、あなたの求める給与水準を得られるかどうかも疑問です。

30歳までをインプットの期間だとするならば、それ以降はアウトプットの期間ととらえるほうが良いでしょう。ぜひ経験を生かせるような転職をすることをお勧めします。

35 歳からの女性の転職について

35 歳からの女性において重要なのは2点で、これまでの経験とライフイベントの有無です。中途採用の女性で好まれないのは、「産休」と「育児休暇」です。今パソコンを持ち帰り、自宅で仕事を行うというやり方も一部の大手企業やベンチャーで導入されていますが、まだまだ浸透しているとはいいがたく、ライフイベントがあるかないのか、継続的に働けるのかどうかというのが重要になってきます。

もう1つ、仮にライフイベントが終わっているとしても、35 歳以上の女性に、仕事の時間が不規則になりうる営業職というのは一部を除き、アサインするのは難しいと採用側は考えるため、どれだけ特殊技能があるのかどうかがポイントとなります。

例えば、貿易事務職の場合だと、英語ができる、貿易事務の実務ができる女性というのは

希少価値があり、ニーズもあるため採用枠があります。また、営業のみの経験者でもMR資格を保有し、実務経験があれば、製薬会社の入社は難しくとも、製薬会社に向けたサービスを提供している会社(CSO:製薬会社向けの派遣会社はなど)で正社員としてドクターからの新薬に関する問い合わせ対応を行うコールセンターの採用枠があります。

決してニーズが多いとは言えませんが、女性の転職に強い転職エージェントは大手、非大手問わずありますので、そういったエージェントに自身の技能を認識したうえで相談してみるのが良いでしょう。

ただし、管理職の求人についてはプラスに働く

管理職の求人というのは、プライヤー層の求人と比較すると決して多いわけではありませんが、35 歳という年齢はプラスです。もちろん管理職として採用するので、そもそものハードルは高いのは当然なのですが、35 歳で、マネジメント方法を確立している方であれば、企業のニーズによるものの採用の可能性は非常に高いでしょう。管理職採用においては35

歳という年齢は、マイナスにとられないですし、場合によっては少し若すぎるくらいではないかという風にすら捉えられます。若いうちからマネジメントを経験しておくことで、35 歳での転職が結果難しかったとしても、今後につながってくるでしょう。

35 歳からの転職には転職エージェントが不可欠

ここまでの流れで、35 歳からの転職においてはマネジメント能力を含め、自身の能力を買ってもらえないと成功しない、という話はご理解いただいたものと思いますが、ではどうやって売り込むかですが、それには2つのものが必要です。

それはしっかりした「職務経歴書」の作成と、転職エージェントを利用することです。では、なぜこの2つが必要なのかですが、転職を成功させるためには、自分と自分の技能を売り込むことです。それには、「商品カタログ」と「営業マン」が必要となります。職務経歴書はいわば「商品カタログ」で、転職エージェントは「営業マン」です。それを踏まえてもう少し詳細にお話をさせていただきます。

職務経歴書

この「職務経歴書」に記載が必要なのは、「仕事内容」、「成果」と「そのプロセス」です。あらゆる職種において書き方があるので、詳細は割愛いたしますが、重要なことは「わかりやすい」ことと、「成果」に対し、プロセスの納得感があることです。

読み手は忙しいので、簡潔に書かれていることは大前提となりますが、成果に対するプロセスを見て「うちの会社でも通用する」ということが明確になっていることが重要です。これがそろって初めて企業の採用担当が「会ってみよう」と思う経緯に至ります。

転職エージェント

しかし、カタログだけみても、「買いたい」と思うことはないので、その「カタログ」を元に、自分を買うことの利点を話してくれる「営業マン」がいると、さらに自分を買ってもらいやすい体制ができあがります。その「営業マン」になりうる存在が転職エージェントです。では、どんな転職エージェントに依頼をすればいいのかというと、あなたの専門領域に強いエージェントです。

転職エージェントと聞くと、「リクルートエージェント」や「DODA」を思い出す方も多いと思いますが、実は「業種別」や「職種別」といった「専門エージェント」という存在があります。

そのような「専門エージェント」には、大手エージェントで鍛えてきたベテランが在籍しているケースが多く、下手に大手エージェントに行くより、あなたを上手に売り込んでくれるケースも多いので、良いエージェントを見つけることであなたの転職を成功させることができる可能性が上がります。是非、有能で相性の良い転職エージェントを探してみてください。

35歳の転職まとめ

本編では、転職市場における35 歳という年齢についてお話をさせていただきました。「35 歳限界説」という言葉というのは、転職市場における一種の「不文律」であり、絶対でないにせよ、1つの基準と捉えられることについては間違いないでしょう。

あなたが35 歳から転職を成功させるためには、「同業界」「同職種」というのが大原則です。あなたが35 歳までで築いた経験を、新たな転職先で生かせるかどうか、転職先に慣れるという時間は必要ですが、即戦力として活躍できるか、というのがこの世代の転職のカギとなっていきます。逆に言えば、「同業界」「同職種」以外の転職においては、特殊な場合を除きあまりニーズがないと言っても過言ではないでしょう。

また、35 歳からの女性の転職については、上記の特殊技能に加え。仕事に「ライフイベント」が影響するか、しないかというのも重要なポイントとなってきます。

すなわち、35 歳からの転職というのは、これまで自身が積み重ねてきた経験を買ってもらえるか、買ってもらえないかというのが転職を成功させるポイントになります。35 歳になってから他業種・他職種にチャレンジすることは建設的ではありません。逆に言えば、転職するとかしないとか考えず、自身の技能を上げてきた方に初めて35 歳からの転職の道が残されています。

そして、その転職をサポートする存在が「転職エージェント」なのです。もし、35 歳から転職をどうしても考えているのなら、転職エージェントを必ず使って下さい。

今20代の方が、なんとなく我慢していて現職に残り続けている方がいるのであれば、今のうちに転職を検討すべきでしょう。あと30年以上我慢ができるのであれば転職なんてしないほうがいいのです。しかし、我慢ができないのであれば、転職をし、自身の技能を身に着けていくということが必要です。

結局、ビジネスの世界で必要なのは、生きていくための技能を身に着けることです。マネジメントの能力も含め、ビジネスの世界で生きていく能力があり、それを買ってくれる企業はあれば、その時に転職は成功するのです

あなたには、そんな能力がありますか?今一度考えていただけたらと思います。

スポンサードリンク