年間休日105日の実情!転職して年間休日120日の企業に勤めるべき理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

年間休日って気にしたことありますか?よく求人情報で年間休日105日や年間休日120日がありますが、15日の違いってどの程度なのでしょうか?

年間休日の数は企業によって様々な設定がされています。ですが基本的に法律で最低104日は年間休日を設定しなければなりません。転職で気になるポイントでもある年間休日ですが、105日の求人情報を見つけた場合どのような企業だと判断すればいいのでしょうか?

今回は年間休日105日と年間休日120日の実情について説明していきます。年間休日が少ない企業はブラック企業の可能性も高いので、転職の際は気を付けてください。

年間休日105日って多い?少ない?

就職活動や転職活動で、求人情報を目にしますよね。そこでやはり、気になるのは、年間休日の欄だと思います。では年間休日105日とは実際にどのようなスケジュールで働くのでしょうか。

1年は52週です。52週の内、土日2日だけが休みだとすると、104日が休日という計算になります。ちなみに祝日は含まれていません。ということは、祝日は出勤し、夏季休暇、冬季休暇もない企業ということになります。これは、法律で定められた労働時間から割り出された最低限の休日数なのです。ということは、年間休日105日の企業は休日が少ない企業と言えます。

また転職で気をつけなければならないのは(土日祝休日)という記載が求人情報にあるかどうかです。この記載がない企業土日祝日の出勤があり、平日に休日を設定するという働き方になります。必然的に連休はとりづらくなる傾向にあります。

年間休日120日は祝日も休める

労働条件の良い企業は少なくとも年間休日は120日と設定しています。年間休日105日+15日ですので、祝日は休めます。一般的には夏季休暇・冬季休暇もある場合は求人情報に記載しなければなりませんので、その点をチェックしておかなければなりません

年間休日105日と比べると15日の差ですが、この差はかなり大きいです。15日となると、1ヶ月に1日以上多く休める計算になります。そう考えると、年間休日120日になると人生で自由になる時間が大幅に増えますね。

年間休日105日の企業はブラック企業?

いきなり回答を言ってしまうと、年間休日105日の企業はブラック企業である可能性が高いと言えるでしょう。ブラック企業の特徴でも説明しましたが、年間休日が少ないと有給休暇が取れない可能性もあります。正直なところ年間休日105日の労働条件は厳しいです。休みが土日しかないということは、それだけ仕事量が多く、過密スケジュールで動いている企業と言えます。

さらに(土日祝休日)という記載がないとなれば、当然土日祝は出勤せねばならず、休みは不定期に平日とることになります。この環境は長期的に働いていける環境とは言えません。

祝日に出勤せなばならない場合は社内スケジュールという会社が設定した休日通り働くか、シフト制の働き方になります。そうすると、不定期に訪れる休日や、夏季休暇、冬季休暇がないことへのフラストレーションがたまり、結果心身のバランスを崩すことにつながりかねません。

さらに言及するならば、年間休日を105日に設定している企業は、人材不足を抱えていると判断してもいいかもしれません。人材の定着率が悪いということです。やはり、人間の身体は土日連休があり、月曜日から活動出来るように調整されています。そこにさらに祝日もないとなると、身体だけでなく心へのダメージも回復しないまま働くことにつながりかねません。結果としてご自身の職務経歴にキズをつけてしまうだけに終わってしまうので、避けるべき企業です。

年間休日105日と年間休日120日は連休が違う

では次に年間休日105日と年間休日120日のライフスタイルについて比較していきたいと思います。まず年間休日120日の企業は多くの場合、土日祝は休みでカレンダー通りの働き方ができます。さらに有給休暇も企業は労働者に支給せねばならないので、例えばゴールデンウィークに5連休を取り、旅行に行ったり、月曜に祝日があれば金曜に有給を使い4連休を作ることも出来ます。

やはり、継続的に働いていこうと思うのであれば、年間休日は120日が最低ラインと言えるでしょう。3連休があると心身共にリフレッシュ出来ますし、国内旅行や趣味に没頭出来る時間が確保できます。

年間休日を120日に設定している企業は、やはり人材について大切に考えていると受け取っていいと思います。社員に祝日を取らせない働きを求める企業は優良企業とは言えません。

国も祝日をこれからも増やしていく施策を実行していますので、さらに無理のない働き方が出来るようになります。年間休日を120日に設定出来る企業の多くは夏季休暇・冬季休暇も準備されているので、お盆休み、年末年始休みを取ることが出来ます。年に2回大きな休みがあるのは心身ともに良い影響を及ぼします。年間休日120日は最低ラインと考えるべきでしょう。

休みが少ないことが引き起こす将来的なデメリット

休みが少ないということは、心身ともに重いダメージを抱えながら働くということになります。となれば、年間休日が少ないと身体的に健康を崩しがちになってしまったり、心へのダメージが蓄積し、うつ状態に陥ってしまう人も少なくありません

そうなると、仕事を強制的に休まざるを得なくなり、ご自身の職務経歴に空白期間を作ってしまいます。仮に転職活動をする時に、空白期間について必ず面接官は質問してきますので、そこで心身のバランスを崩してしまったと発言せねばならない状況は避けなければなりません。なぜなら面接官に「この人は自己管理能力がないということは、仕事にも計画性がないのではないか」と疑念を抱かせてしまうからです。

また年間休日105日のように休みが少ないと、自分の時間が少なくなるデメリットもあります。自分一人の時はいいでしょうが、家族ができた時などに休みが少ないのは家庭にも影響します。

休日が足りない…転職を考えてみては?

もし、この記事をお読みになっている方で、年間休日105日は少ないと感じている。もしくは、労働条件通りに休日が取れない環境にいるのであれば、転職を考えてみるのもいいかもしれません。転職市場には年間休日120日・土日祝休み・夏季休暇・冬季休暇有りという求人は数多く存在しています。贅沢さえ言わなければ、今より余裕がある働き方が出来る可能性があります。

しかし、気をつけなければならないのは、転職活動の時点で「現在の労働条件に不満があるため転職を希望しました」と面接で発言しないことです。確かに事実ではありますが、面接官は求職者のスキルを見定めるプロと言えます。

労働条件だけで、転職活動をしている人材を高く評価することはありません。転職理由はしっかりと、求人情報や企業ホームページを読み込んでからオリジナルを作成しましょう。

また、夏季休暇・冬季休暇についてもしっかりと注意を配らなければなりません。お盆休み、年末年始の休みがある企業とそうでない企業がブラック企業かどうかを判断出来る基準と言ってもいいでしょう。

休みがカレンダー通りに訪れることのメリットは大きいです。何よりモチベーションにつながります。3連休のために平日の仕事を張り切れますし、大型連休に向けて自分のしたかったことを設定することが出来るからです。

年間休日105日の人の口コミ

実際に年間休日105日のライフスタイルについての口コミを紹介します。

土日休みなのですが、月に1回土曜に出勤もあります。前の職場は土日祝休みだったので、なんか損した気分です。
働いている時間が長くても、給料が上がらないのでストレスたまります。しかも残業も多いですし。
友人は土日祝休みなのですが、私の都合が合わないことが多く友人と遊ぶ時間が減りました。
子供が小学生で連休にどこかへ連れていきたいです。でも祝日休めないので、2日間で行ける場所で我慢しています。

年間休日105日だと、友人や家族と過ごす時間に制限ができてしまうようです。

年間休日120日の人の口コミ

次に年間休日105日から年間休日120日に変わって転職者のライフスタイルについての口コミを紹介します。

祝日が休めるだけで、自分の時間がかなり増えて人生が楽しくなりました。
3連休や夏休みに遠出できるようになり、家族からも転職して良かったと言われるようになりました。
休みが多くなったのでストレスがなくなりましたね。

年間休日まとめ

いかがでしたでしょうか?年間休日105日と年間休日120日の違いについてご理解いただけたと思います。やはり、スケジュール通りの休日を設定してあり、夏季休暇・冬季休暇があり、有給の消化率も高い企業で働くことが、将来的に得をする働き方と言えるでしょう。

今働いておられる企業の年間休日が105日なのであれば、その働き方は長く続かないと判断するのがいいでしょうし、仮に転職するとして、希望する職種だとしても、年間休日が105日と設定してあるのであれば、ブラック企業にわざわざ自分から入社するのも同義です。

まずは年間休日120日が確保されていること。そして夏季休暇・冬季休暇があること。そして面接が通り、内定をもらった時点で、有給の消化率を確認しておくのも必要と言えます。

だいたい自分が配属される部署が有給の取りやすい部署なのかどうかで、転職を決めても遅くないからです。優良企業であれば、「申請さえすれば通りますよ」と返事が返ってくるはずです。この記事が、年間休日を気にしておられる方の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク