仕事ができる人が辞める理由は?多くの人が転職に成功しています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

仕事ができる人が辞めると、会社中がパニックになってしまいます。仕事ができる人が辞める理由はいくつかあり、その理由の多くは給与や仕事内容への不満があります。またブラック企業のように、過酷な労働に耐えられず辞めるケースも多いです。

仕事ができる人が辞める最近の傾向としては、ブラック企業が理由だけではないことが特徴です。転職に成功している多くの人たちは、年収やスキルなどのキャリアアップに成功しているケースも多いです。もちろんブラック企業も理由の一つだったでしょうが、純粋に将来を考えて仕事を辞めることもあるようです。

今回は仕事ができる人が辞める原因と、転職に成功している人たちのケースについて説明します。業界によっても違うので、自分の業界が当てはまるかの参考にして下さい。

仕事ができる人が辞める原因

まず仕事ができる人が辞める原因について一つ一つ見ていきましょう。

労働条件に満足出来なくなった。

仕事ができる人は、自身が社内で高く評価されていることを知っています。なので、自分がどれだけ重要視されているかを知っているので、果たして他の社会人と比べてどれだけの市場価値があるか知りたくなるのは必然なのではないでしょうか。そして、転職サイトに登録し、同業他社の条件を見て驚いたはずです。

間違いなく自分が今の会社で安く買い叩かれているからです。給与、賞与、労働時間、など検討すればするほど、自分と同じ能力を持った人が好条件で働いていると知れば、今の会社に残りたいと思うでしょうか。一度持ってしまった今の会社への疑念の種は払拭されることなく成長し、やがて退職へと成長していきます。今はインターネットで簡単に同業他社の条件を見ることも、人材評価のプロである転職エージェントが無料で転職の相談にのってくれます。相対的に自分の評価額が低いと考えれば、転職するでしょう。

仕事ができる人であれば、まずは自分の条件の改善を人事部に相談するのではないでしょうか。今、転職を考えていて、転職市場ではもっと好条件で働くことが出来るのに、なぜ今自分はそれより悪い条件で働いているのか説明を求めます。人事部にとっても優秀な人材の流出は避けなければなりませんので、交渉はしますが、限度がやはりあります。

社内の評価体系に問題が有り、適性に評価出来ていなかったり、人件費抑制のために、評価を不当に下げている可能性もあります。仕事ができる人であれば、人事部と交渉すれば、自分がどれほど今の会社に大切にされているかがすぐに察しがつくと思います。現場では転職を理由に条件の交渉を行い、それが希望通りに変更されることは稀です。なので、自分の能力に自信がある仕事のできる人は好条件の会社へ転職していくのです。

自分より優秀な人がいない環境に不満を持った

仕事ができる人は、優秀な人です。他人から任された仕事もちゃんと期限内にクオリティ高く納品してくれるので、役職に就くのは当然ですし、役職に就けば自分の仕事の他に、新人の教育もせねばなりません。すると、プレイヤーではなく、プレイングマネージャーへと立場が変わります。

もちろん優秀な人なので、人当たりもよく、新人に対してどのように接することが出来れば、短い期間で大きく成長してくれるのかをすぐに見出すことが出来ます。仕事と教育の両方をこなす人は会社にとって重要な人物です。本来、人事部がしなくてはならない、新人育成を担ってくれているからです。

社内評価が高まればついに部長クラスに昇進します。プレイングマネージャーからマネージャーへ立場が変わります。部署全体の責任者として、どうすれば一円でも利益を伸ばすことが出来るのか、仕事の割り振りも判断しなくてはなりません。

するとどうでしょうか。部長クラスにまで昇進すると、会社の仕組みや問題点も把握出来るようになっているはずです。同時に自分に指示を出す人間が減るので、自己研鑽を自ら設定しなければならないという問題に行き当たります。そこで、ふと「今の環境に甘んじていて成長はあるのだろうか」と優秀な人であればあるほど考えるはずです。

さらなる成長を求める人はそこで転職を考えるでしょう。今の会社では、これ以上の成長は見込めないと判断するからです。さらに優秀な人達がひしめく環境に身を置き、自己研鑽に励みたいと思い、今の会社を辞めるという判断をするのではないでしょうか。

仕事ができる人が辞めた時の危険性

もし、一緒に仕事をしていた人。それも仕事ができる人が辞める場合どのような危険性があるのでしょうか?仕事ができる人が辞めると、一緒に働いている人にも大きなプレッシャーがかかります。

仕事が回らなくなる

仕事ができる人は多くの案件をスピード感もってこなしているはずです。なので、その人が抜けることによって大量の仕事を部長クラスは今いる人員の中で割り振り直さなければなりません。そうすると、一人あたりの仕事量が増え、仕事のクオリティにも影響が出ます。

場合によっては、残業が多くなることも考えられるでしょう。そうすれば、部長クラスの管理運営能力に、人事部は疑問符を投げることになり、部長クラスはいかにその人の穴を埋めればいいかを真剣に考えなければなりません。

しかし、時既に遅し。仕事ができる人が一人抜けてしまうだけで、部署のバランスは崩壊し、立て直すには、今の人員の成長と新たな人員の確保が急務となります。そうなるともう仕事どころではありません。これまで通り、困難な仕事を任せる相手がいなくなった以上、自分でこなす他にありません。部下も仕事に追われ、クオリティは下がり、労働時間がどんどんと長くなり、負のスパイラルへ突入していきます。

新たな人員が入り、人間関係の再構築が必要となる

仕事ができる人というのは、部署内のどんな人とも上手く付き合っていたはずです。もしかすると、部署を越えて、良好な人間関係を構築しているからこそ、仕事が早いのかもしれません。

つまり、信頼関係を構築するのが上手なのです。その人が一人抜けると、会社は当然新たな人員補充を考えます。なるべく仕事ができる即戦力性のある人材を採用します。仮に、部署に新たな人材が配属となっても、今までと同じペースで同じクオリティの仕事をするのは難しいでしょう。転職で入社した人にとっては、例え同業他社であっても、一人で出来る仕事量には限度があり、他人と協力して仕事をこなさなければなりません。

その時に転職で入社した人は1から人間関係を構築せねばなりません。もちろん人事部も自分の会社のエースを埋める人材だと判断して採用しているので、信頼できる人材を採用しているはずです。しかし、信頼関係とは時間と共に醸成されていくもので、入ってすぐに結果と信頼関係を構築出来る人材は稀でしょう。

時間が必要だが、悠長なことも言っていられなくなると、人間関係に軋轢が生まれやすい環境になってしまいます。すると結果的に、部署全体のパフォーマンスが落ちてしまいます。

仕事ができる人が辞めるのはキャリアアップのため

仕事ができる人が辞めるのには、やはりそれなりの大きな理由があります。条件や環境が大きく作用しているのではないでしょうか。同じ部署のエースが抜けるとなるとご自身にも必ず影響が及びます。

仕事ができる人が辞めることで一貫して言えることに「成長意識が高いこと」があります。自己研鑽を惜しまない姿勢があるからこそ、仕事を他の人より、早く正確にこなすことが出来ますし、そういう人は仕事外でも自己研鑽しているので、人脈が豊富です。ということは、他の人より数多くの価値観や世代の人と関わった経験を持っているので、社内でも良好な人間関係を構築することが出来るのです。

仕事ができる人に必要なのはライバルです。社内に自分と同じくらいできる人がいれば負けじと、成果を残そうとするはずです。もし、この人に抜けられたら部署は崩壊するだろうというレベルまで、一人に仕事を押し付けてしまう環境が出来上がってしまっているなら、まずは、その人のライバルになろうとすることです。

そうすれば、その人から学ぶこともたくさんあるでしょうし、部署がより活気良くなります。ご自身の環境を振り返ってみて、このような人がいるとするなら危機意識を持って自己研鑽に励む他ないでしょう。

仕事ができる人は転職に成功しやすい

実は転職に成功している人は、仕事ができる人が多いです。もちろん経験が少ないうちに仕事を辞める人もいますが、そのレベルでは転職しても良い条件の仕事を見つけることはできません。

むしろ20代後半、30代、40代と仕事の経験が増え一人で任せられるレベルの人ほど、転職を考えキャリアアップに成功しています。企業も新人よりも即戦力を望む傾向にあるので、こうしたキャリアがある人の方が転職に成功しやすくなるのは当然ですね。その意味では、仕事ができる人が辞めるのは今後も増える傾向にあります。

業界別に見る転職事情

注意としては全ての業界がこのケースに当てはまるわけではないことです。仕事ができる人が辞めて成功している業界は、IT業界などの専門職になります。専門知識が豊富なIT業界では、仕事ができる人が辞めるのは普通のことです。より高いキャリアを目指して、常に切磋琢磨しているのがこの業界の特徴です。

個人差はありますが、より高い給与を求めて大企業に転職したり、フリーで活躍する人も多いです。IT業界は常に仕事にあふれているので、求人が減ることは今後も考えられないでしょう。仕事ができる人であれば、給与が1.5倍になったという例も聞いたことがあります。

また医療や介護の業界も、仕事ができる人が辞めるケースが多いです。この業界も通年人材不足なので、スキルや経験があればすぐに転職することができるからです。知り合いの看護師などは、1年働いて辞めて海外旅行をしている人がいます。スキルがあり仕事ができる人なので、辞めてもすぐに仕事が見つかると人生を楽しんでいるのが印象的でした。

営業職も仕事ができる人が辞めることが多いですね。営業は実績ベースで判断されるので、新しい職場を見つけて更に成功しているケースも多いです。普通に仕事をしていても給与のアップは期待できないと判断したら、すぐに仕事を辞めるフットワークの軽さも営業らしいと言えますね。

これ以外の職種の場合でも、仕事ができる人が辞めるケースは多いです。ただし業種や職種によっては給与が下がったという例も多いので、転職活動はしっかりと行う必要があります。焦ってすぐに決めないで、将来性を考えて転職をすることがキャリアアップにつながります。

スポンサードリンク