手取り18万ってブラック企業?実際に生活できるのか検証します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

手取り18万って少ないと感じますか?ブラック企業の給与でも解説していますが、転職で手取り18万はちょっと考え直した方が良いレベルです。

転職だけではなく、手取り18万からあまり給与が上がらないことも現代の企業では多いですね。では手取り18万は生活するのに妥当な金額なのでしょうか?今回は手取り18万の実情について説明するので参考にして下さい。

手取り18万の求人は多い

転職サイトなどを見ていると手取り18万の求人は比較的多く見られます。その大半が、未経験や若年層向けの求人です。なぜ手取り18万の求人が多いのでしょうか。手取り18万の求人が多いのは、支給額が22万円が1つの基準となっているからです。

大卒の新卒採用で入社した人のほとんどが支給額22万円からのスタートです。そこから、社会保険、厚生年金などが引かれて手元に届くのが18万円となっています。なので、手取り18万という求人は、「新卒と同じレベルを求めています」と言っているのと同義です。ということは、あまり実務経験は求められておらず、その人のスキルや若さを求めている企業が設定している手取り額と言えるでしょう。

手取り18万の年収はどの位

手取り18万円ということは、支給額は22万円程度です。それが12ヶ月もらえるので、264万円が純粋な年収となります。しかし、賞与によって年収に開きが出てきます。

求人情報に必ず記載があるので、チェックしなければなりません。賞与が年2回、何ヶ月分出るかで開きが大きくなります。一般的には4ヶ月つまり、夏のボーナスは月収の2ヶ月分・冬のボーナスも月収の2ヶ月分となり計4ヶ月分の金額が反映されますので、年収はおよそ300万円ほどになります。

年収300万円は大学の学部卒であれば、まずは一般的な額と言えるでしょう。賞与も出ていますし、生活に支障をきたすレベルの年収ではありません。日本の企業の場合、社歴や成績によって開きが出て来るのは社会人3年目以降なので、しばらくは手取り18万円での生活を考えておくべきです。

勘違いしてはならないのは、特殊な業種「生保」「証券」「MR」この業種は社歴と関係なく実力主義で年収が大きく変わるので、参考にはなりません。一年目から年収を500万円もらう人も数多くいる業界なので、高年収を目指すのであれば、入るべきですが、拘束時間も長く、激務のなので、お金を使う時間がないというのが現状としてあります。

手取り18万で生活できるか

では手取り18万円で生活出来るのでしょうか。結論を言うと手取り18万で生活は出来ます。しかし条件がいくつかあります。まず嗜好品にお金を使う方の場合、出費がかさみますので注意が必要です。

特にタバコを吸う人などは注意が必要です。タバコは年々価格が上昇していますので、手取り18万円の段階では、1日一箱程度に抑えておくべきでしょう。そしてお酒。これも生活を圧迫します。仕事から帰ってきて一杯したいという気持ちはよく分かりますが、多くても缶ビール2本程度にとどめておかなければ、手取り18万円での生活は厳しくなるでしょう。

次に気をつけなければならないのは、交遊費です。交遊費には天井がありません。給料日には18万円が通帳に振り込まれますが、自分で交遊費にいくらまで使っていいかを設定していないとあっという間になくなってしまうのが実情です。手取り18万の場合の交遊費は、一般的に3万円が限度と言えるでしょう。

最後に気にしなければならないのが食費です。食費も上限を毎日計算しながら、動かなければあっという間に財布の中身は底をつきます。手取り18万円の場合、一ヶ月に使ってもいい食費は3万円程度。約1日1000円までです。昼食は会社の食堂や、外食せねばならないので、ある程度出費は仕方ありませんが、休日も同じ感覚で使っているとすぐに4万円を超えます。そうすると貯金が出来なくなってしまうので、まずは食費を3万円と設定し、貯金をして万が一に備えることをオススメします。

地域による手取りの違い(首都圏と地方など比較)

地方都市と首都圏での手取りに違いはあるのでしょうか。新卒採用の場合額は変わりません。一律手取り18万円スタートと考えていいでしょう。

しかし、地方都市と首都圏とでは、家賃に雲泥の差があります。そこで会社は、福利厚生の1つとして、家賃補助を用意します。首都圏であれば、地方都市より多くの負担を会社がしてくれます。そうでなければ、首都圏での生活はあまりに厳しく、人材の流出につながりかねません。

一方で地方都市の求人には手取り18万円以下の求人もあります。よく目にするのが手取り17万円の求人です。これは適性な価格かと言えば、適性と言えます。政令指定都市ではあまり目にすることはありませんが、それ以外の地方都市では手取り17万円は十分存在しています。

それは、家賃の安さに根拠があります。地方都市だと一ヶ月ワンルームを3万円で借りることが可能なので、例え手取りが17万円でも生活することが出来るのです。地方都市だと物価も安いのでそれも影響していると言えるでしょう。

年齢別に見る手取り18万

では、年齢別に手取り18万円の評価をまとめてみましょう。

20代の手取り18万

20代(新卒など)の手取り18万は適性です。学部卒の手取りは18万円というスタートがほとんどなので、仮に社歴が3年以上あったとしても、手取り18万円は飲み込むべき金額と言えます。

30代の手取り18万

30代の手取り18万は、やや少ないと言えるでしょう。扱いが未経験者とされる金額なので、今の会社を辞めたい理由がはっきりあり、そして転職先は自分のことを評価してくれるシステムがあるのであれば、飲み込める条件ですが、30代の人材に手取り18万円を条件として提示してくる会社自体があまりないのではないでしょうか。

40代の手取り18万

40代の手取り18万は少ないです。40代の人材に手取り18万円を提示してくる会社は、あなたのことをあまり高く評価していません。よっぽど実力主義で、急な昇給が可能な会社でない限り、転職先として考えるのは得策ではないです。

50代の手取り18万

50代で手取り18万の場合は、その企業は捨てましょう。50代の人材に手取り18万円を提示してくる会社はかなり大きな問題を抱えている可能性が非常に高いです。例え入社したとしても、給料の未払いや、サービス残業が横行している企業と判断してもいいかもしれません。

手取り18万の将来性

手取り18万円の将来性と大きく関わってくるのは、その会社の評価体系によります。まず「年功序列型」なのであれば、毎年確実な昇給があり、なおかつ仕事の働きによっては賞与で評価され、年収が上がっていく可能性があるシステムです。

もう一方「実力主義型」。これは手取り18万円は最低支給額と捉えなければなりません。結果を出し続けなければ昇給はありません。しかも短期的な結果が求められる傾向にあるので、一ヶ月や四半期ごとの査定があります。そこで、成果を残していれば、昇給は望めますが、そうでないと手取りは18万円のままです。

「実力主義型」で手堅く昇給を目指すのであれば「役職手当」に目をつけるべきでしょう。成績を残し続けていれば、課長クラスに昇格することが出来ます。すると「役職手当」がつき、手取りがアップします。「年功序列型」の人よりスピード感を持って、役職に就こうという意識が必要です。

手取り18万円で転職すべきかどうかは、皆様の年齢によるでしょう。20代から30代前半の方であれば、まだ飲み込むべき条件かもしれませんが、30代後半以上の年齢で手取り18万の方であれば、真剣に転職をお考えにならなければなりません。会社が財務上の大きな問題を抱えているからです。ご自身の年齢をお考えになった上で、転職を考えられるのが上策かと思います。

手取り18万まとめ

手取り18万円は最低ラインの給与と言えます。同時にスタートラインとも言えるでしょう。日本にある求人で最も目にする条件であるので、どの程度の生活水準が必要かにもよりますが、転職先が手取り18万円スタートを提示してきたとするならば、「あなたは今スタートラインにいます」という暗黙のメッセージと受け取る方がいいでしょう。

地方都市であれば、手取り18万円は好条件なので、転職先の有力候補として考えましょう。手取り18万円での生活では家計を計算しなければ、貯金は出来ません。今はスマートフォンのアプリで家計を管理出来るので、支出をこまめにチェックし、コツコツと財産を蓄えましょう。

スポンサードリンク