諦めないで!30代で職歴がなくても転職を成功させることはできる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職市場は、求職者の職歴(経験・スキル・能力)を企業が評価し、それを買うということがあります。

そのため、求職者からすると、転職活動をする前に、いかに自分の職歴を上げておくかということが転職できるかどうかの重要なポイントになるということです。

転職市場には、いろいろな求職者がいて、求職者のなかには、それまでの職歴がないという人もいます。

職歴がないということで、新卒採用市場では活動できないのか?という質問を受けることがありますが、残念ながら既卒者(卒業1年以内)以外は、新卒採用市場では対象外になり活動をしても内定をもらうということはありません。

そのため、転職市場で転職活動をするということになるのですが、一番最初にお伝えしたように企業が求職者の職歴を買うということになりますので、相当な難易度であることは間違いありません。

苦戦が予想される職歴なしですが、20代であれば、まだ難易度はそこまで高くないのですが、30代で職歴がないという場合は、苦戦必至と確実に言い切ることができます。

例えば、求人に応募して書類選考を受けた場合、その求職者を企業は、職務経歴書の具体的な内容を見る前に、『30代 職歴なし』という箇所だけを見て、即戦力にはならないということを理由に見送りにするでしょう。

求職者が活動する転職市場は、第二新卒枠ではない限り、即戦力人材を求めています。

30代ともなれば、企業の組織上、中堅クラスである可能性の方が高く、職歴がないということは、転職先の企業は、その求職者に対して新卒と同じような教育を行う必要があり、組織構成上も問題があります。

20代後半の社員が、30代職歴なしの中途社員を教育するという関係性に違和感があるでしょう。

先輩社員や上司も、自分より年齢が上の30代職歴なしの社員に遠慮がちになり組織のバランスにも影響があります。

このように、30代で職歴がないということは、転職後の組織バランスをも崩す可能性がありますので、企業は積極的に採用しようとは思わないのです。

ただ、諦める必要はありません!

30代職歴なしの求職者であっても、戦略的に、かつ、計画性を持って転職活動をすることで転職することはできますし、ビジネスマンとして中長期的なキャリアを形成することもできます。

使い古された言葉になりますが、諦めてはいけません。

諦めたらそれ以上、先の道はありません。

転職市場の動向を見る!

30代職歴なしの求職者が最も重要視しなければならないことは、転職市場の動向です。

転職市場は、生もので、そのときどきで状況が変わります。

転職市場の動向として、売り手市場と買い手市場の2つがありますが、売り手市場であるかどうかを見てください。

売り手市場とは、転職市場に求人が豊富にある状態を意味し、求人が多ければ多いだけ求職者にとっては転職活動には有利になります。

逆に買い手市場は、転職市場に求人が少ない状態を意味して、求職者にとっては転職確度が下がり転職活動をしにくい状況になっています。

求人は求職者にとっては転職活動の生命線で、求人がいかに多いかにより応募することができる企業の数が変わり、転職活動の展開に大きな影響を与えます。

自分が転職活動をしようと考えているときに、転職市場がどのような状況かを見極めて、転職したいと思ったときに買い手市場であれば、転職活動をしても必要以上の苦戦が予想されますので、時期を改めることも戦略のひとつです

売り手市場になれば、そこにはたくさんの企業が採用活動を行っている証拠になる求人が豊富にありますので、考える期間を置かずに、まず行動というスタンスが求められます。

転職エージェントを使う

求職者には転職活動を行うにあたり、いくつかの転職方法を選択することができます。

転職エージェント、転職サイト、ハローワーク、求人情報誌という4つの選択肢がありますが、このなかで30代の職歴がない求職者には転職エージェントが最も良い転職方法です。

無職=ハローワークという世間一般のイメージがあり、職歴がないということは無職であるため、ハローワークを使った方が内定に近づくのではないかという思いを持つ求職者もいるでしょう。

確かにハローワークは無職の求職者が多く利用しますが、求人の質や数ではあまり評判は良くありませんし、求人紹介後の企業の選考をすべて一人で行わなければなりませんので、見送りになるケースが多いです。

30代で職歴なしということは、それまで社会人経験がないということですので、企業の動向など働くということ自体に不慣れな面がありますので、第三者の支援を受けて支援を受けながら、社会人としての基礎を身につける方が良いです

やはり転職エージェントを使うべきでしょう。

転職エージェントは、無料で求人紹介から内定まですべてのことを専任のキャリアアドバイザーが担当になりサポートしてくれます。

転職エージェントには、それまで多くの求職者の転職支援や企業の採用支援を成功させた豊富な実績がありますので、どのように転職活動をすれば良いのか、また、企業の採用事情も教えてくれます。

30代で職歴がない求職者には、自分が転職できるのかという不安が多く、転職活動はメンタル面で不安が多いと面接などで必要以上に緊張しうまくいかず結果的にも見送りになることが多いです。

このような不安を払拭し一人では転職活動をしない環境を整備することも必要です。

転職エージェントを利用するとさまざまな局面で意見やアドバイスをもらうこともできますし、ビジネスマンとしての基礎知識を習得することもできます。

求人の数と転職支援のために大手の転職エージェント

きめ細かい転職支援を受けるためには、小規模の転職エージェントが良いのですが、転職活動を前に進めるためには、まずは求人を集める必要があります。

小規模の転職エージェントは求人紹介以外の面ではメリットがあるのですが、求人の紹介数は非常に少ないです。

それでなくても応募することができる求人は限定される30代で職歴がない求職者ですので、小規模の転職エージェントを利用していると必要以上に転職活動期間が長くなります。

転職支援は小規模の転職エージェントほどではないのですが、どのキャリアアドバイザーが担当になっても平均以上の質で転職支援をしてくれて、かつ、求人紹介数も小規模の転職エージェントに比べると明らかに多い大手の転職エージェントがオススメです

大手の転職エージェントのなかでも、数多くの企業との取引実績があり、それに比例して多くの求職者の転職支援を経験しているリクルートエージェントが良いです。

どの転職エージェントを利用しようか迷ったらリクルートエージェントというぐらい転職エージェントのなかで、求職者から最も支持がある転職エージェントです。

人気のない求人を狙う

求人には求職者に人気がある求人と人気がない求人の2つがあります。

業界や職種、企業規模など求人内容はそれぞれ違いますが、いずれにしても、30代で職歴がない求職者は、人気のない求人を狙いましょう。

人気のない求人例としては、下記の内容があります。

【業界】
不動産業界、金融業界(銀行除く)、人材業界

【職種】
営業職

【企業規模】
中小零細企業

理想的な求人は、例えばですが、不動産業界の中小零細企業の営業職です。

人気がない要素が3つ揃っている求人に応募することで、他の求職者は積極的に応募しようとする求人ではないので、必然的に相対評価されることがなく、元あるその求人の選考基準だけで選考が行われます。

相対評価とは元ある選考基準を大幅に引き上げる要因になり、求職者からすると厄介です。

人気がない求人であれば、その厄介な要素は排除されますし、人気がないということで、企業も強気に選考を行うことはできませんから、内定を近づけることができるのです

転職市場において、人気がない企業が人気のない求職者を採用するということで、両者イーブンの状況を作ることができます。

人気がない企業の特徴は、企業体質が古い、労働時間が長い、福利厚生が整備されていないなど、離職率が高くなる要因がありますが、30代で職歴がない求職者は贅沢を言ってはいけません。

言葉を選ばず言いますと、転職先となる企業がどのような企業であっても、内定をもらえることを最優先として考えて、転職先で我慢を必要です。

普通ならば離職してしまうかもしれない労働環境でも初心を忘れず我慢して在籍して、在籍のなかから実務を通して経験を培うのです。

目標を持ち我慢しなければ長続きはしない

我慢と言っても、何も目標がなければ、我慢は長くは続きません。

『戦略的に』という話をしましたが、まさにここがポイントです。

今回の転職では、企業に在籍し経験を作るということを優先して、自分が働く労働環境は二の次、三の次としてください。

今回の転職を最後の転職と考えず、その次の転職のための伏線と考えるのです。

今回の転職では次の転職を頭に入れて、次の転職で自分の希望する条件を満たす企業に転職するために、実践で経験を積むことです。

最低でも3年は我慢してください。

転職市場で企業が実績と評価する在籍期間は3年です。

3年の在籍、実務経験がなければ、即戦力とは評価されませんので、いくら職歴がついたとは言え、年齢的に評価されにくいため、3年は必要です

転職市場では、企業が経験として認める経験年数は3年です。

3年に満たない場合は、即戦力人材として認めてもらえません。

国家資格を取得する

転職市場は、求職者が企業に評価されることが必要で、そのためには経験がものを言います。

しかし、経験のなかには、実務経験だけではなく、業務を行うための知識も含まれます。

自分にはその知識があるいう証明になることが資格取得です。

資格と言っても、だれでも簡単に取得できるような資格を10個、20個、取得しても転職市場では意味がありません。

だれでも簡単に取得できない難易度が高い資格を1個で良いので取得することで、それを武器にしながら転職活動をするということも一つの方法です。

30代で職歴がない求職者は、実務経験はないとしても、その業務に対応できる知識を持っているとなれば、企業の評価も変わります。

無職で職歴がないという最大の不利な状況を難易度の高い国家資格でカバーするということです。

難易度が高い、かつ、転職市場で企業から高い評価を受ける資格は、公認会計士、税理士、行政書士、社会保険労務士です

特に公認会計士は、米国公認会計士という資格があり、この資格さえあれば、どの企業でも欲しがる求職者になることができます。

公認会計士以外でも、今ご紹介した資格はすべて資格取得後に独立開業をすることもできる資格で、企業としても、顧問契約などで取引があります。

これらの資格を持つ求職者がそれまで職歴がないとしても、採用することで顧問料を削減することができ、また、社内にノウハウを蓄積することができる採用メリットがあります。

ただ、これらの資格には難点があり、取得難易度です。

かなり難易度が高いため、取得まで数年必要になり、仮に30代職歴なしの求職者が30だい後半であれば、資格取得したときには40代ということで、30代よりももっと厳しい年齢層になります。

ですので、とりあえず転職して、働きながら実務から経験を取得し、国家資格を取得するという方がリスクは軽減できるはずです。

派遣から正社員へ!

日本には派遣という仕組みがあります。

派遣とは、転職先の企業の正社員ではなく、派遣会社の社員扱いになります。

社会保険も派遣会社になりますので、転職先で働くとは言え立場は派遣会社の社員です。

ただ、派遣という仕組みには紹介予定派遣という派遣と社員のミックス版のような仕組みがあります。

入社時は派遣として選考を受けて、その企業に入社後、6カ月以内に正社員面談を受けて、その企業の正社員になるという動きです

これも立派な転職であり転職活動です。

選考ハードルも極めて低く、社員面談のハードルも相当低いです。

企業で実際に働いている訳ですから、自分の働き方を評価してくれます。

通常の転職活動は、実際の働き方ではなく、それまでの働き方を自己申告で企業は図りますので、大きな違いがあります。

30代で職歴なしの求職者が、ある程度、短期間で簡単に正社員として転職する方法としては、紹介予定派遣という仕組みを利用することも頭に入れておくと良いでしょう。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment

スポンサードリンク

スポンサードリンク