エンエージェントは適性検査対策には持ってこいの転職エージェント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンエージェントと聞いて、すぐに転職エージェントと認識できる方は恐らく20代の求職者の方でしょう。

エンエージェントは、昔はエンジャパンとして新卒採用事業(ナビサイト)の運営を行っていました。

一気に事業撤退しエンエージェントとして、転職エージェント事業を開始した理由は何でしょうか。

このあたりも含めてご紹介したいと思いますが、まずは、エンエージェントの特徴から今回の話を起こしていこうと考えます。

エンエージェントはブラック企業紹介の噂もあるが本当か?

世の中にはブラック企業やそれに近い企業が存在し、求職者の方としては、せっかくの転職でブラック企業やそれに近い企業に転職しては意味がありません。

転職エージェントのなかには、スクリーニングをしっかり行いブラック企業の紹介率が少ない転職エージェントもあります。

ですがエンエージェントではスクリーニング機能を持っていませんので、受注する求人のなかにはブラック企業も存在します。

ただ、エンエージェントがブラック企業と分かって求人紹介に至っているかと言えば、そのようなことはありません

スクリーニング機能はありませんが、企業の採用支援を行う営業担当者が企業の求人を受注します。

求人情報を作るために企業と打合せを行いますが、その打合せである程度、ブラック企業かどうかの判断をしています。

もし、そこでブラック企業だと判断した場合は、エンエージェントは求人の依頼は断ります

ただし、ブラック企業の紹介が多いという噂は全くの嘘ではない理由があるようです。

それは、エンエージェント自体がハードワークであり、各営業担当者やキャリアアドバイザーは自社の労働環境がハードワークであるがゆえに、ブラック企業かどうかの判断力が麻痺しているといわれています。

この結果、営業担当者はブラック企業だと気づくことなく求人を受注してしまい求職者の方はキャリアアドバイザーから紹介される求人のなかにブラック企業の求人も紛れ込んでいるということです。

ここでエンエージェントを利用する上での対策をご紹介します。

他の転職エージェントと同時利用でセカンドオピニオンにする

エンエージェントは利用価値ある転職エージェントであることは間違いありません。

ですが残念ながらブラック企業の求人も紛れ込んでいますので、エンエージェントを利用する上では注意や対策が必要です。

エンエージェントだけを単体で使うということは、求人の選別をキャリアアドバイザーと自分が行うことになり、頼るべきキャリアアドバイザーの感覚がズレているため、ブラック企業であっても応募しても良いというアドバイスになります。

そこで同時に他の転職エージェントを利用してエンエージェントから紹介された求人企業を求人は教えずにその転職エージェントに相談してみてください

その他の転職エージェントはできれば大手の転職エージェントではなく中小規模の転職エージェントが良いです。

中小規模の転職エージェントは転職支援の質にこだわり細かいアドバイスもしてくれますし、ブラック企業の判断基準を明確に持っていますので、エンエージェントどの同時利用は相性が良いです。

エンエージェントは求人数が豊富

ここ数年で転職エージェント事業を開始したとは言え、もとの企業は大きい企業ですし、新卒採用事業で得た企業アカウントを活用して幅広い企業との求人取引ができています。

そのため、求人の数はかなりあり転職活動には十分な転職エージェントと言えます。

しかも、エンエージェントは、自社で同時運営している転職サイトがありますので、エンエージェントを利用するともれなく転職サイトも利用することができるようになります。

転職サイトの求人も合わせると求人数としては、かなりの数になります。

これだけの求人数がエンエージェントから紹介される可能性があるとすれば、エンエージェントだけで転職活動を終えることができると言えます。

もちろん、求職者の方には転職希望条件があると思いますので、そのすべてが紹介されるとうことはありませんが、それを差し引いても十分な求人数があると言えます。

第二新卒の転職支援に強い

エンエージェントの転職支援で得意としているジャンルは第二新卒です。

第二新卒は、少し前までは珍しかったのですが、今は第二新卒市場と言われあまりに市場規模が大きくなったため、人材業界のなかでは一つの市場になっています。

その影響で、多くの転職エージェントが第二新卒に特化した別の転職エージェントを立ち上げる状況です。

エンエージェントは大手の転職エージェントですが、第二新卒に特化した別の転職エージェントは持っていませんが、かつての新卒採用事業で得たノウハウを活かして、新卒入社後間もなく転職を希望する若年層への転職支援を得意にしています

その他としては大手企業の求人の紹介確度が高いことも特徴と言えます。

適性検査対策が素晴らしい

企業の選考フローにおいて、書類選考とともに求職者の方のなかで苦手にしている選考は適性検査です。

適性検査は自宅受検、企業内で受験する方法の2つがありますが、いずれにしても難関です。

適性検査の内容は性格診断と言語・非言語の『お勉強』の試験の2つです。

どちらも30分ずつの受検時間になります。

実はエンエージェントは、適性検査対策が充実しています。

その理由は、新卒採用事業を展開していた時代に自社で適性検査サービスを、取り扱いそれを法人向けに売っていたからです。

転職エージェントとなった今もサービス自体はありませんが、そのノウハウは社内に蓄積され、転職支援のなかの適性検査対策に活かしています

求職者の方は適性検査を勘違いしていることが多いのですが、適正検査で重要視されるのは言語・非言語だけではなく性格診断も同じです。

求職者の方には、言語・非言語が重要ということで必死にそれだけを勉強する方もいますが、性格診断も勉強が必要です。

勉強と言っても、『どう答えればどのような判定がされるのか?』という傾向を知るという意味ですが、エンエージェントであれば、性格診断の対策もばっちりできます。

もちろん、言語・非言語においても新卒採用事業時代に他社の適性検査の商品研究をする上で実際に受検していたりしますので、どの適性検査が選考フローにあっても十分、対策を取ることができます。

エンエージェントを利用して企業の適性検査を受検した場合、通過率は8割以上ということで、一般的に考えると4割程度ですので、倍の通過率になっています

エンエージェントは使い方次第で役立つ

エンエージェントは営業力を強みにしているため、求職者の方が自分が転職したい企業が特定されているのであれば、エンエージェントに相談してみてください。

絶対ではないですが、その企業が中途採用を行っている場合はかなりの確率でその求人を獲得して求職者の方に紹介してくれます

エンエージェントは、転職支援のなかで適性検査以外はそこまで特徴的なものはありませんが、転職サイトとの同時に利用から求人の数は十分確保できますし、何より適性検査対策がかなり求職者の方としてはメリットがあると言えます。

利用する上での注意点もありますが、そこは対策すればデメリットに感じることはありませんから、エンエージェントの強みを最大限活用して転職成功を掴んでください。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment



スポンサードリンク

スポンサードリンク