転職エージェントneoの評判 成長著しく将来性のあるエージェント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数年で多くの新規転職エージェントが誕生していますが、今ある日本の転職エージェントのなかで、成長率が1位、2位を争うぐらい急成長中の転職エージェントが今回、ご紹介する転職エージェントneoです。

転職エージェントneoという転職エージェント名を知っているという求職者もいるでしょうが、それ以上にネオキャリアという企業名を知っている求職者の方が多いはずです。

転職エージェントneoという名称は、最近になって変更しているのですが、それまでは、ネオキャリアという企業名で転職エージェント事業を展開していました。

当時の状況を少し触れておくと、かなり劣悪な転職エージェントというイメージが強く、求職者に対して、求職者が希望しない求人にごり押しして転職させて成功報酬をたくさん得るなどの事態が続出していました。

このような事業スタイルを長きに渡り行ってきたため、転職市場の低迷とともに一気に業績を下げて倒産寸前までいっています。

この状況を経営全体として根本から見直すという動きがあり、それ以降、少しずつ業績を回復させこの3年ぐらいで一気に拡大傾向にあります。

転職エージェントneoを語る上で昔の話をしておかなければ、昔のままのネオキャリアのイメージですと利用しようとは思わないはずですので、今は全く違うスタイルであるという点を強調してお伝えしておきます。

昔のネオキャリアを知っている求職者も多いと思いますが、利用してみればすぐにその違いが分かるぐらい質の高い転職支援を求職者に対して提供するホワイトな転職エージェントです。

営業力は変わらず強い

転職エージェントの求人の豊富かそうでないかの背景は、その転職エージェントがどれだけ企業営業に励んでいるか、営業力が強いかです。

悪しき時代のネオキャリアから優良な転職エージェントになった今も変わらず、営業力は相当強いです。

その強い営業力を求職者に対しても行っていた昔とは違うところは企業営業のみにそれを活かしているというところです。

転職エージェントneoは転職エージェント業界のなかでもトップクラスの営業力を持ち、新規求人の依頼数が多いです。

その分、求職者に対して紹介できる求人も豊富にあります。

転職エージェントneoは日本3大転職エージェントではないのですが、今は転職エージェントneoだけで転職活動しても十分成果を出すことができるレベルの求人の豊富さです。

質にこだわった登録面談

転職エージェントのなかには登録面談を30分程度で終わり、その後は求人紹介など転職支援に流れることも多いのですが、転職エージェントneoはキャリアアドバイザーと求職者の認識を合わせるために登録面談の充実さを売りにしています。

登録面談でしっかりと認識を合わせておかなければ、その後の転職支援で毎日、顔を合わせるなどコミュニケーションを図る機会はありませんし、初回が重要です。

転職エージェントneoは、その後の転職支援の質を引き上げて求職者の無駄な時間を作らないよう完全、求職者目線で登録面談に力を入れて長い場合は2時間以上かかることもあります。

求職者によっては現職中の場合も多く、その場合、転職エージェントneoが実践する2時間以上の面談を逆にデメリットに感じるということもあるでしょう。

その場合は、転職エージェントneoに対して申告することで、求職者の状況に合わせた時間の登録面談をしてくれます。

この登録面談では、キャリアアドバイザーからこれまでの経歴や希望条件をヒアリングさえることはもちろんのこと、求職者のこれまでの人生についても聞かれることもあります。

求職者が非公開としたい場合、無理に聞くことはありませんが、なぜ、そのような内容をヒアリング項目にしているのかと言うと、自己分析作りのサポートもしてくれるからです。

自己分析と言えば、求職者にとっては転職活動をする上でかなり重要なもので、自己分析次第で転職活動の質も変わると言われています。

転職エージェントneoでは、転職活動そのものではなく準備の部類に入る自己分析に着目し、自己分析から転職支援することで求職者の転職活動の軸を定めさせぶれない転職活動をして欲しいと考えているのです。

求職者は自分で自己分析することが多いのですが、転職支援のプロから徹底した自己分析を受けることは転職活動に大きな追い風になります。

この部分を面倒くさがらずに転職エージェントneoのアドバイスを聞き入れた方が良いです。

他の転職エージェントもある

最近のトレンドとしては特化型の転職エージェントが増えていることです。

転職エージェントneoでもそのトレンドにのっかる形で、第二新卒に特化した転職エージェントもあります。

転職エージェントneoに登録した第二新卒の求職者は、転職エージェントneoが持つ特化型の転職エージェントから転職支援を受けることになります。

こちらについても転職エージェントneo本体同様に1社で転職活動できるぐらいの転職支援を受けることができます。

転職サイトどの同時に利用が可能

今、転職エージェントneoは海外にも拠点を持つぐらい人材企業としてはかなり手広く行っているのですが、その1つが転職サイトの運営です。

転職サイトを運営する転職エージェントは、母体となる企業が大きいことが多いのですが、転職エージェントneoの母体も今ではグローバルカンパニーとして大きな資金力っも持っています。

転職サイトにも求人が多数ありますし、他の転職エージェントが持つ転職サイトよりも求職者からすると使い勝手が良いです。

また、転職サイトを利用すると同時に転職エージェントneoの転職エージェント機能も同時に利用することができますので、一石二鳥の転職活動を行うことができます。

当然のことながら転職サイト上にある求人で応募したいと思えば、転職エージェントneoのキャリアアドバイザーにその相談をすることでキャリアアドバイザー経由で応募することができます。

キャリアアドバイザーはエッジが効いているため・・・

キャリアアドバイザーでなくても人はある程度、見た目の印象でイメージがついてしまいます。

この観点で転職エージェントneoのキャリアアドバイザーに関して求職者が勘違いするかもしれないという情報をご紹介します。

その見た目とは違い誠実に転職支援してくれますが、転職エージェント業界のなかで派手さもトップクラスです。

茶髪も多く存在し、『イケイケ感』が否めません。

昔のネオキャリアを知っている求職者は、その見た目から『危険』と察してしまうかもしれませんが、見た目の派手さと転職支援の誠実さは別です。

見た目に左右されず絶対に利用した方が良いです。

今後も期待できるエージェント

倒産寸前まで落ち込んだところから不死鳥のように回復し、今では日本でも有数の転職エージェントであり、成長率も1位、2位ぐらいの転職エージェントneoです。

転職エージェント業界は動きが早くトレンドを抑えておかなければ対応することが難しい業界ですが、そのトレンドの先頭を走る転職エージェントが転職エージェントneoです。

転職エージェントneoを利用しておけば、必然的に今の転職市場の最新情報をいち早く掴み、転職活動に活かすことができます。

今は求職者に対してかなり優しい誠実な転職エージェントとなりましたので、ごり押しなど求職者にデメリットになる要素はゼロに等しいです。

求職者視点100%の転職エージェントneoを利用して転職成功を掴んでください。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment



スポンサードリンク

スポンサードリンク