Spring転職エージェントの評判 外資で転職支援のテクニックが充実したエージェント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職エージェントは人材業界に属し転職エージェントが正社員としての転職支援をしますが、転職支援と双璧となる派遣事業があります。

今回、ご紹介する転職エージェントはSpring転職エージェントになりますが、Spring転職エージェントは転職エージェント機能と人材派遣事業の両方を展開しています。

Spring転職エージェントと聞くと、『人材派遣』をイメージする求職者も多いのですが、Spring転職エージェントは転職エージェントとしても最近、成長しています。

Spring転職エージェントは外資系の転職エージェントで、日本全国を対応エリアとしているのですが、大手の転職エージェントということはありません。

Spring転職エージェントの転職支援は、人材派遣事業で得たそれまでの取引実績を活かし転職エージェント事業へ役立てているのです。

そのため、求人を依頼する企業への新規営業は他の転職エージェントに比べて順調に進んでおり、その分、新規求人率が高く求職者の転職支援は向上できている状態です。

新規求人率が高い

一般的に転職エージェント全体の新規求人率は平均で1週間に10ぐらいのものですが、大手ではないSpring転職エージェントではその3倍以上となります

転職エージェントとしての歴史は浅いのですが、冒頭でお伝えしたように人材派遣事業としては日本有数の企業ですので、企業との取引数が豊富で、そのネットワークを駆使して転職エージェントの求人獲得率の高さに影響しています。

求職者は転職エージェントに求人が多ければ多いだけ転職活動の幅は広がり、転職活動もしやすくなりますし、早期転職にプラスになります。

外資系でありながら日系企業の求人も豊富

外資系の転職エージェントの強みとなる特徴は、外資系企業の求人が多いということです。

その反面、弱みとなる部分は日系企業の求人が不足しているということです。

Spring転職エージェントは外資系の転職エージェントでありながらも、日系企業の求人も豊富にあります

求職者の多くは外資系企業への転職よりも日系企業への転職を希望する傾向にありますので、日本人向きの転職エージェントと言えます。

ツーフェイス型の転職支援

転職エージェントの転職支援のパターンは大きく2つあり一人でキャリアアドバイザーと企業の採用支援を行う営業担当を兼務するワンフェイス型とキャリアアドバイザーと営業担当がそれぞれ役割分担するツーフェイス型があります。

Spring転職エージェントはこの2つのパターンのなかでツーフェイス型を採用して転職支援をしています。

ツーフェイス型の特徴は、企業から求人依頼があった場合、その翌日には新規求人として求職者に紹介されるようなスピード感が特徴です。

転職市場の求人は生ものと呼ばれ、昨日まであった求人が今日には応募数充足ということでクローズになることも多くあります。

転職エージェントの動き方次第で求職者は紹介される求人数に違いが出てきますが、Spring転職エージェントではその可能性がかなり下がるということです。

また、求人について企業と直接やり取りしている営業担当者から直接、求職者に電話やメールで求人特徴を案内してくれる仕組みもありますので、求人詳細まで把握した上で、求人選択をすることが可能です。

キャリアアドバイザーのレベルも上がっている!

キャリアアドバイザーのレベルはその転職エージェントの歴史の長さに比例する傾向が強く、その傾向から考えるとSpring転職エージェントのキャリアアドバイザーは絶対的にレベルが高いとは言えません。

しかし、新規求人獲得率の高さにより、転職支援実績を急激に増やすことができているため、その分、社内ノウハウが蓄積されています。

そのため、絶対的なレベルはありませんが、どのキャリアアドバイザーが担当になっても転職活動で不満を感じるような転職支援はありません。

どのキャリアアドバイザーが担当になっても、最近の転職市場の傾向を抑えた上で平均以上の転職支援を受けることができます

特に女性のキャリアアドバイザーには優秀な人材が多く、自分の担当者が女性のキャリアアドバイザーであれば、当たりくじを引いたと考えて良いですし、その後の転職支援に期待して良いと言えます。

どのような求職者にも対応できる

最近の転職エージェントのトレンドは若手人材やIT業界など何かに特化した転職支援を行うことです。

大手の転職エージェントも別の転職エージェントを立ち上げて特化型の転職支援を充実させようとする動きがあります。

Spring転職エージェントは、特化型の転職エージェントではなく、すべての求職者を平均以上の質で転職支援してくれる今のトレンドから考えると珍しい転職エージェントのひとつです。

しかも、後述で詳しく説明しますが、正社員として転職しにくい経歴が浅い求職者へも転職支援する仕組みを持っていますので、どのような求職者でも利用する意味がある転職エージェントです。

紹介予定派遣で正社員転職へのサポート

Spring転職エージェントのもう一つの事業の柱は人材派遣です。

人材派遣のなかに紹介予定派遣という仕組みがあります。

この仕組みは法的に認められて仕組みで、Spring転職エージェントはこの点に強みを持っています。

正社員として転職しにくい求職者はそれまでアルバイトなどの非正規雇用経験が多かったり、正社員としての経験はあるものの経歴が浅かったりが主な特徴です。

このような層の求職者は、まず間違いなく競争社会である転職市場で企業から後回しにされ、転職することが難しい状況になります。

この点はSpring転職エージェントを利用しても同様ですが、だからと言って転職支援しないということはありません。

次なる手、Spring転職エージェントが得意とする紹介予定派遣を提案します。

Spring転職エージェントのように人材派遣事業と転職エージェントの両方を事業として持つ転職エージェントのなかには、いきなり紹介予定派遣を勧めることもあります

転職エージェントからすると、利益にならない求職者を転職支援するよりも利益になりやすい派遣としての転職支援の方が費用対効果が高いからです。

しかし、Spring転職エージェントでは求職者が満足いくまで正社員としての転職支援を行ったあとでなければ紹介予定派遣を提案しません。

Spring転職エージェントの姿勢としては正社員で転職を希望する求職者は正社員で転職することが一番という考え方を持ち、それが難しそうであれば、違う手段ということで紹介予定派遣を検討します

Spring転職エージェントを利用して紹介予定派遣で正社員になったという求職者は多いですし、特に結婚し子供がいる女性には多いです。

この観点で考えるとSpring転職エージェントはワークライフバランスにも意識が高い転職エージェントだと言えます。

添削サービスに苦手意識あり

Spring転職エージェントの利用メリットをここまでご紹介しましたが、Spring転職エージェントを利用するにあたり、ここはあまり期待できないという部分があります。

それは、履歴書や職務経歴書の添削サービスです。

最近は添削サービスを強みにしている転職エージェントが増えつつあるのですが、Spring転職エージェントでは積極的にこの部分の転職支援をしていないため、添削サービスに関する情報が不十分になっています。

転職支援は期待できる

Spring転職エージェントを利用するメリットは、新規求人獲得率の高さと、スピード感ある転職支援です。

それ以外でも平均的以上の質の転職支援を受けることはできるのですが、添削サービスだけは別枠と考えておいてください。

転職支援のテクニックが優れたSpring転職エージェントは、どのような求職者に対しても最後まで転職支援してくれる転職エージェントです。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment



スポンサードリンク

スポンサードリンク