30代の転職で持っていると有利になる資格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

30代で転職活動に資格はどの程度の影響があるのでしょうか。

ある程度のキャリアが形成されている30代の転職では、資格が有利に働くことも実際多いです。

資格は自分のスキルを証明するものであり、個人の能力を確認できる重要なものです。

ただし資格が有利に働くのは、業種や経験が大きく関わってきます。転職先に全く関係のない資格を取得しても意味がありません。

ではどんな30代は資格を持っていると転職に有利になるのでしょうか。

今回は30代の転職市場と、どんな資格が有利になるかなどを細分化して説明していきたいと思います。

30代の転職に資格は必要なのか?

30代で転職する場合、資格がないよりも持っている方が有利には高くケースが多いです。ですが資格を持っていればよいわけではなく、きちんと求人に合った資格を取得しているかが重要になります。

一般的に求人欄に企業が「持っていれば尚可の資格」として記載されている場合、30代の転職でとても有利に働きます。保持している資格が転職に有利に働く王道のケースです。

30代の転職に効果が期待できないケース

資格を持っていても、経験が少ないと評価されない業種もあります。

例えば簿記2級を持っている未経験よりも、経験年数が3年の無資格の30代の方が評価される傾向にあります。

30代を中途採用をする企業が求めているのは、初心者マークの有資格者ではなく、実務経験を積んだ即戦力になる人物だからです。

企業は一から人を育てるコストを最小限に抑えたいのです。

転職でデメリットになるケース

では、逆に資格を持っていることで転職で不利になってしまうことはないのでしょうか。30代なら資格を数多くもっている人もいらっしゃると思います。

その数多くの資格が逆に不利になってしまうこともあります。例えば、前職とまったく関係のない資格ばかり複数保有している人物をどのように評価するのでしょうか。

「資格取得が単に趣味の人」「下手に資格ばかりもっていてややこしそうな人物」とみられるかもしれません。

特に、転職歴が多いにもかかわらず、資格ばかり複数保有している30代は「仕事ができなくて資格取得に走っている」「自己評価が高すぎて使えないのではないだろうか」という印象を採用側に抱かせてしまいます

転職の際に記載する資格は、相手先企業に関連があるものや面接で話のネタとして使えそうなもののみにとどめておいたほうが無難といえます。

30代の転職で資格を取得して成功する人の特徴

30代の転職では、資格を取得するだけでは成功させるのは難しいでしょう。

しっかりと未来のビジョンを見ることができる人が、資格を活かすことができるのです。

資格を取得して転職に成功している30代の特徴を挙げるので参考にして下さい。

向上心のある30代

転職に成功する人の特徴は常にレベルアップを求めていることです。30代の間で難関資格と呼ばれる物を持っていなかったとしても、向上心のある人はそこから勉強を始めます。

中小企業診断士や司法の資格などを、30代で取得してキャリアアップに成功している人も多いです。向上心があり資格を取得している30代は転職市場では大きく評価されています

時間を効率よく使う30代

ビジネスでは時間を効率よく使うことが大切になってきます。社会人になると資格試験の勉強時間も取れなくなるのは普通です。

特に30代は責任のある仕事を任されるケースも増えるので、日常生活で勉強する時間は限られてきます。

こうした時間が無い中で効率よく勉強して資格を取得している30代も、転職市場では評価されやすい人材になります。

目標を持っている30代

ビジネスを成功させるには、目標をどこに定めるかが重要になります。こうした目標を持っている人は、先を見据えて資格試験に挑んでいます。

IT系の難関資格や中小企業診断士などの合格率を見ると低いですが、これは目標を定めていない人がなんとなく受験しているからでもあります。

実際に合格している人を見ると、しっかりと目標を持って時間を作って勉強している傾向があります。特に30代になると時間が限られるので、より高い目標を設定している人が多いです。

30代未経験は資格で転職の成功率があがるか

30代未経験が資格を取得すれば転職の成功率が上がるかですが、実際のところはあがる可能性が高いです。

資格がある人が面接を受けるのと資格がない人が面接を受けるのとどちらを採用するかというと資格がある人の傾向が強いからです。

高齢なら少し難しいかもしれませんが、30代なら定年退職するまで期間があるためたくさん働いてくれるという思いがきちんとあります。

資格を取れば志望理由に、その職業につきたいため資格を一生懸命頑張り仕事をしようと思ったことを伝えるとより印象が上がります

何もないのに転職をすると何故転職をするのかと聞かれたときにとても困る質問ですが、30代で資格があれば特技や志望理由もきちんと問いただすことが出来るし自慢やアピールにもなります。

30代未経験で転職の成功率を上げる資格

カラーコーディネーター

カラーコーディネーターになると仕事の幅が広がります。

アパレル関連、イラスト関連などとても有利です。また服のアドバイザーなどにも挑戦することが出来ます。

カラーコーディーネーターを必要としている会社はどういうところかというと、田舎の工場や現場より都会のあらゆる企業がそろっている会社が欲しがっている資格です。

カラーコーディーネーターなら歳が少し取っていてもやれるし、自分で仕事をすることも出来るし、今やっているような在宅ワークの中のイラスト関連の仕事にも堂々と挑戦出来ます。

技術関連の資格

技術関連の資格は30代の転職率をあげるのにとても役立ちます。

特にインターネットやパソコンやアプリなどの技術開発やロボットに関する技術があると便利です。

理由は何故かというと技術職は普通の人では出来ない資格だからです。アプリやロボットの開発は今でも最先端を求められています。

配線工事やアプリなどはお金がたくさん入り、資金も少なくて済みます。システム関連の仕事も一緒に出来るとインターネットでアプリ開発などの仕事も出来るし、内職でもかなりお金がもらえます。技術関連の仕事はこれから先もとても役立ちます。

どちらかというと一般的な資格よりは専門資格の方が仕事に採用されやすいです。漢字検定や英語検定を取っても生かせる職は少ないですが、専門資格なら求めている職場が多いです。専門資格を何にするか決める必要があります。

もちろんカラーコーディネーター、技術関連の資格は市や国が行っている講座の料金を払って受けると資格に挑戦することが出来ます。

気になるところは30代から資格を取るには時間がかかると思う人もいます。簡単に取れるような資格を紹介します。

介護やホームヘルパーの資格

介護の資格は実はあまり難しくありません。内容は覚えることは少ないし、どちらかというと実技の講座だけを覚えていれば殆ど生かせます。

実技のときに紙おむつを履いたり、紙おむつの中でトイレをする実技があります。これが苦手な人は資格を取るときに少し難しいところだと思います。

介護関連の仕事は今でもっとも必要な仕事であり、これから先は介護されている方が増えると予想されています。

30代でも需要が多い仕事になるので、未経験でも採用される可能性がとても高い資格としてはおすすめです。

30代のキャリアアップ転職におすすめの資格

中小企業診断士

注目度が高く人気がある中小企業診断士ですが、30代で持っていると転職の成功率がとても高くなります。

企業の立て直しを名目にしている資格なので、顧問的な役割で入って欲しい企業も増えているおすすめの資格です。

中小企業診断士は業種に関係なく応用が利く資格なので、キャリアアップのために受験する30代も増えています

人気が高く役立ちますが難易度が高いので、勉強はしっかりと行わなければ合格が難しい資格です。

ですが30代でキャリアアップを目指すのであれば、持っておきたい資格と言えるでしょう。

PMP(Project Management Professional)

IT系の転職で高い評価を得ることができる資格が、PMP(Project Management Professional)になります。

専門性の高いIT分野ですが、実はマネージャー職に就く人材が不足しているのです。そのためマネージメントの資格を持っている人材は、IT未経験でも採用されるということもありえます。

もちろんITの知識があることが望ましいですが、キャリアアップのために取得している30代も多い資格です。

実際にPMP(Project Management Professional)の資格を取得した後、コンサルタントに進む30代も多いです。

FP(ファイナンシャルプランナー)

30代の女性のキャリアアップにお勧めの資格として、FP(ファイナンシャルプランナー)があります。

税金、保険、年金などの幅広い知識が必要な資格で、企業側も評価している資格になります。

FP(ファイナンシャルプランナー)の資格を取得している30代は、独立している人も多いのが特徴です。

30代の転職で資格取得前に行うべきこと

30代の転職では、キャリアが評価されやすくなります。ですが資格が全く意味をなさないわけではなく、持っていると転職で有利に働く資格もあります。

近年の転職市場の理由として、給与が上がらないことに悩んでいる30代が増えています。

資格を取得してキャリアアップするなら、給与アップも狙うべきでしょう。

上記で紹介した中小企業診断士やPMPなどは、どの企業でも評価されるお勧めの資格です。

資格はとても重要ですが、転職を狙って資格取得をする場合は必ず転職サイトは先に登録しておきましょう。

転職市場は動きが早く、資格を取得してから動き出すと情報が不足し失敗する可能性が上がるからです。

転職サイトは無料登録で、最新の動向やマッチした求人を紹介してくれるので自分の希望する求人を見つけやすくなります

よく資格を取得してから腰を据えて転職活動をする30代もいますが、焦って良い条件の求人を逃してしまうケースも多いです。

キャリアアップに成功している30代は、先を見据えて転職サイトやエージェントに登録して上手に転職活動を行っています。

優良な求人が集まるおすすめの転職サイト

転職サイトの選び方としては、大手の転職サイトを使うのがおすすめになります。優良な求人が多く情報も随時更新されるので、あなたにピッタリの求人が見つかる可能性がとても高いからです。

転職サイトは登録無料なので、すぐに転職活動をしない人でも登録だけはしておきましょう。スカウトメールや自己診断ツールなど、転職に役立つ情報も無料で利用できるので使わないと損をします。

転職は時間がかかり面倒なので腰を上げにくいですが、無料で利用できるものは最初から使いましょう。

リクナビNEXT

転職業界最大手で豊富な求人と転職成功率が高いおすすめの転職サイトです。無料でスカウトメールや自己分析ができるので、転職を視野に入れている人は必ず登録しておきましょう。

リクナビNEXT ネクス子

DODA

国内有数の実績を持つ大手の転職サイトです。求人数も豊富で、リクナビと一緒に登録しておけばほとんどの求人を網羅することができます。

年収が高いハイクラス求人も多く、登録者数をドンドン伸ばしているおすすめの転職サイト

転職はDODA

マイナビ転職

幅広い年代の求人に対応して、若い年代向けの求人が多いのが特徴の転職サイトです。

未経験やスキルが不足している転職者でもマッチできる求人が多く、登録しておくことをおすすめできるサイトです。

年収

キャリアアップにおすすめの転職サイト

年収500万以上の人材であれば、キャリアアップできる転職サイトに登録することがおすすめです。有能な人材は高い給与でも転職成功率が上がりやすい傾向にあるからです。

ビズリーチ

大手のリクナビに比べると知名度は低いですが、キャリアアップ求人が豊富なのが特徴の転職サイトです。ある程度の地位になっているのに、出世や給与アップに悩んでいる人におすすめの転職サイトです。ただしビズリーチは純粋にキャリアアップを狙っている転職サイトなので、異業種や未経験の人にはおすすめできません。本気でキャリアアップを狙っている人は必ず登録すべき転職サイトです。

BIZREACH

スポンサードリンク