転職で評価される人とされない人の違いは?人事が教える採用のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職の評価ってどうやって決められていると思いますか。

転職活動をしていると、企業の選考を受けることになりますが、「こんなことが評価されるのか?」や「え?ここは自信があったのに評価されないの?」と自分の想定とは真逆の評価を受けることがあります。

もちろん人間が評価するので好みもあるでしょうが、それでも評価を上げるポイントを知っていれば転職の成功率を上げることができます。

今回は、『転職』と『評価』の2つの軸に絞って企業の選考で評価対象のポイントや評価される転職希望者の特徴などをご紹介したいと思います。

転職は企業側の評価基準がベースになる

転職希望者は、自分が転職したいと気持ちだけで転職できる訳ではありません。

当たり前のことですが、そこには相手である企業の評価があります。

評価を受けるためには企業の選考を受ける必要があるのですが、企業の評価ポイントは正直なことを言えば、同じ業界や同じ職種でも100社あれば100通りあります。

どのような方法を使っても業界単位、職種単位で詳細まで同じパターンを入手することはまず不可能です。

ですが、そのなかで業界や職種ごとに傾向があるので、ここをしっかり理解することで高い評価を受けて内定確度は一気に上がります

逆に業界、職種、それぞれの企業の評価傾向を無視すると、独りよがりの職務経歴書や面接になり見送りになる確率が上がります。

このどちらを取るかは転職希望者次第ですが、企業から内定を勝ち取るために転職活動をしているので前者でしょう。

企業は、それぞれに自社の事業計画や事業課題を解決するために、わざわざ高い採用費用を転職エージェントに支払い即戦力となる転職希望者を採用します。

この企業の事情を知っていることと知っていないだけでも評価されるポイントとなり、転職成功の分岐点になります

評価される人は即戦力になる人

企業は採用のために高い費用が発生しますし、採用したら毎月の給与が発生するので、それに見合った人材を希望します。

もっとわかりやすい言葉で言いますと、お金を払う以上、プロ意識を持っていなければ困るということです。

転職希望者の特に年齢が若い方に多いことですが、どこか企業にぶら下がり、そこそこの仕事をやっていればそこそこの給料を貰えるというスタンス全開の方がいます。

百歩譲って転職後はそれで良いのかもしれませんが、転職活動中は、企業の社員ではないですし、そのような姿勢や言動を面接で語るだけで一発アウト、つまり見送りになります。

企業は人材だけという基準で採用するのであれば、採用費が安く固定費も安くて済む新卒者を採用します。

自分が企業に何を求められているか(=即戦力)を十分理解した言動を心がけることが、中途採用者の転職での高評価のポイントになります

転職希望者は転職未経験の人もいれば、多くは転職経験が浅いでしょう。

一方で企業は多くの採用活動の中で書類選考や面接を行っていますので、今までの転職希望者で蓄積されたデータをもとに評価しプラス評価やマイナス評価をつけます

くだらないところでマイナス評価を受けて、正しい姿勢や言動を身に付けてさえいれば見送りにならないで済んだということでは後悔が残ります。

企業である相手が、まず即戦力を求めているということを自覚してそれに見合った転職活動をしましょう。

評価されない人は態度に注意

転職希望者が書類選考を通過すると面接がありますね。面接は人事担当者や各部署の責任者、役員が担当します。

面接前にアテンド役の若い女性が面接会場である部屋まで案内してくれることが一般的ですが、ここが評価の一つのポイントです。

自分が通過するかしないかの判断をする面接官だけに意識が向き、そこではしっかりとした受け答えをしているにもかかわらず、アテンド役の社員には、極端な例で言えば、横柄な挨拶や態度を取ると、まず見送りになると思ってください。

その理由は、企業もなかなか戦略的であり、面接で転職希望者が自分を良く見せようと作り込んでいることを経験上、知っているため、面接の内容ももちろん重視しますが、面接以外の言動や態度をポイントにしています。

面接終了後に面接官とアテンド役ではこのようなやり取りがあります。

面接官:さっき面接した人はどんな態度だった?良かった?悪かった?

アテンド役:挨拶しても携帯見てましたよ。印象はあまり良くないです。

面接官:じゃあ、見送りだね。

以上、このようなやり取りが転職希望者の知らないところで行われています。

企業内に一歩、足を踏み込んだらすべての行動が評価ポイントで見られていると思ってください

転職希望者がもし自分ひとりで転職活動をするとこのようなことは知らないのですが、転職エージェントを利用するとキャリアアドバイザーから必ずアテンド役にも丁寧に対応をとアドバイスされますので、先読みすることができます。

挨拶や礼儀は評価されるポイントになる

転職市場は、企業が即戦力として期待する分、新卒採用のようにポテンシャル採用ではなく、転職希望者の経験で評価されます。

これが基本的なことですが、それよりももっと基本的なことがあり、それが社会人としての基本行動です。

挨拶や礼儀、言葉遣い、このあたりのことは当然にできていなければ評価は下がります

できていない場合は、転職希望者が希望するポジションが高ければ高いだけ見送り確度が上がります。

良く聞く言葉ですが当たり前のことが当たり前にできない人に当たり前よりレベルの高いことができる訳がない・・・企業の選考にも通じる言葉です。

志望動機は評価に大きく関わる

転職活動において、履歴書に記載する志望動機と面接時に面接官から聞かれる志望動機は評価の大きなポイントになります。

ともに志望動機になる訳ですが、志望動機はその企業ごとに変える必要があります。

志望動機で最も大事なことは企業理念を理解した動機にすることです。

例えば同じエンジニア職でも企業により求めるものは違いますが、それ以上に違いがあるのは、企業理念です。

企業理念はどの企業も経営者が創業時に熟慮して考えた企業の柱です。

この柱は職種が同じであっても絶対に一字一句同じということはありません。

私も転職エージェントとして多くの企業求人を見てきましたが、似たような内容はあっても全く同じ企業理念は1社もありません。

志望動機には、唯一無二、その企業でしかならない理由が必要です。そこで企業理念を活用するのです。

企業理念を考慮した志望動機を作ることができれば、企業から高い評価を受けることができます。

例え、面接内でのトークであまりうまくできなかったとしても、ここさえしっかりできていれば、ある程度のマイナスはカバーされます。

企業の考え方としては、転職で入社する人材は職種軸で転職先を探す傾向にあることを知っていますので、それと同じぐらい自社の企業理念にどれだけコミットできるのか、共感できるのかを知りたいのです

騙されたと思って企業の面接で企業理念をよく理解した志望動機を発言してみてください。

たったこれだけのことでも、面接での評価が大きく変わることは間違いありません。

職務経歴で評価される人の特徴

先述の通り、転職希望者は自身のそれまでの経験を企業が買うか買わないかで転職できるかどうかが決まる仕組みです。

そのため、職務経歴は重要です。

もちろん、その転職希望者の求めるポジション次第で職務経歴の評価ポイントが少ないというケースもありますが、20代後半以降ともなれば、年相応の職務経験と実績を持っているはずですので、企業もそこは評価のポイントにしています

職務経歴で評価されるポイントは、いかに工夫があったかどうかです。

ビジネスは学生時代の試験とは異なり答えはそこにありません。

答えは自分で導き作るものです。そのため、企業は、いかに創造性を働かせ工夫したかどうかを評価ポイントにしています

ちなみに、多くの転職希望者はこの部分を大きく勘違いしています。

企業が、どれだけ高い実績を出したかとう点を評価ポイントにしていると思っていませんか?

全く違います。高い実績は、あくまで結果であり、ビジネスで高い実績を出すことができる確率は低いです。

転職後にその転職希望者にその部分を期待している以上に、どれだけ工夫して質の高いプロセスを踏んでくれるかです。

高い実績からノウハウは生まれません。むしろ、失敗からノウハウは生まれやすく、結果が出るまでにどれだけ熟慮し工夫したのかというプロセスでもノウハウを蓄積できます。

転職希望者は、多少、話を盛りながらも高い実績を面接などで伝えてもそこに工夫がなければ見送りになります。

冒頭で、『こんなことが評価されるのか?』や『え?ここは自信があったのに評価されないの?』という話をしましたが、まさにそれです。

企業を知ること、企業の評価ポイントを知ることができれば、それに合った選考準備をすることができます。

転職エージェントは評価のポイントを教えてくれる

今の時代の転職活動の方法では転職エージェントが最も効果を発揮できる方法になります。

転職サイトも求人数が多いのですが、企業の評価ポイントはだれも教えてくれません。

実は転職もテストと同じで、評価のポイントをよく理解していれば決して難しいものではありません

ですが転職の評価のポイントを知る人は少なく、対策が立てられず自分なりの対策だけで転職活動をしてしまいます。

せっかく転職を決意しても、対策が不十分では満足できる転職ができない可能性が高くなります。

転職は人生で大きな転機になるので、中途半端に妥協はせずしっかりと対策することが大事になります。

転職エージェントは、転職の評価のポイントを熟知しているので、転職希望者は必ず利用することをおすすめします。

お金がかかるんじゃないか?面倒ではないの?といったマイナスのイメージを持つかもしれませんが、転職エージェントは無料であなたを最大限にサポートしてくれる頼れる味方になります

転職エージェントを利用するメリット

現在の転職市場はかなり大きく、膨大な求人から自分に適しているものを探し、それから書類作成、面接などの対策をすることは決して簡単なことではありません。

そのような転職者の悩みを代わりに行ってくれる転職のプロ集団が転職エージェントです。

転職エージェントを聞いたことがない転職希望者には、エージェントは面倒くさいといったイメージを持ってしまうかもしれません。

ですが自分で求人を探したり、書類作成、面接対策をする方が、よほど大変で時間がかかってしまいます。

特に現職の方の場合、仕事をしながらこうした対策をするのは簡単なことではありません。

転職エージェントを利用することで、このような転職の面倒な作業を効率的に行い、書類や面接の通過率を上げることができます。

転職エージェントの登録が面倒と感じる人がいるかもしれませんが、登録は5分ほどで、しかも登録することで大変な転職活動が劇的に楽になることは間違いありません

大げさと思うかもしれませんが、転職エージェントはそれだけ素晴らしいされたサービスになります。

一昔前は転職サイトが主流でしたが、サービス面の充実から転職エージェントへと転職者が移っています。

転職は一人で行うと情報が不足して失敗する可能性が高くなります。

転職エージェントを利用することで、面倒な転職を簡単で効率的に終わらせることができますよ。

実際に転職エージェントを使うと、どんなメリットがあるのか説明しますので参考にして下さい。

転職エージェントは無料

転職エージェントの一番のメリットは無料で利用できることになります。

勘違いしている人も多いのですが、転職希望者は転職エージェントの利用で費用は発生しません

転職エージェントは採用する企業側から成果報酬を受け取っています。

そのためエージェントは、親身になって転職希望者にマッチした企業を探してくれるのです。

面倒な転職の手続きを代行

転職エージェントの大きなメリットとして、面倒な転職の手続きを転職希望者の代わりにエージェントが行ってくれることがあります。

  • 希望の求人を探す
  • 応募の手続き
  • 面接や入社時期のスケジュール調整
  • 採用条件(給与など)の交渉
  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 企業の将来性や雰囲気の確認
  • 入社に必要となる手続き

転職希望者を悩ませる面倒な手続きを、転職エージェントが転職者の代わりに行ってくれるのはかなり大きなメリットと言えます。

転職をしたことがある人ならわかりませんが、スケジュール調整や履歴書・職務経歴書の作成は、仕事をしながらだとストレスになります。

自分でこうした手続きや調整を全て行うのはかなり大変なのは理解できると思います。

転職エージェントは、面倒な作業を代行してくれるので、仕事をしながらでも転職先を探すことに集中することができます

希望にマッチした求人を探せる

転職活動の難しいところに、希望にマッチした求人を探すことに時間がかかることがあります。

転職サイトやハローワークで検索すると、膨大な数の求人数が表示され、どれが本当に自分にマッチしているか判断ができません。

転職エージェントであれば、蓄積されたノウハウから、あなたに最適な求人を探してもらうことができます

一人で探すよりも、効率的に良い求人を探せるのが転職エージェントのメリットになります。

良い条件の非公開求人を提案

転職エージェントは、転職サイトやハローワークにはない「非公開求人」を持っています。

非公開求人とは、企業の立場上、公に募集できないが、隠れて求人を採用したい企業がエージェントに依頼する内容のことです。

非公開求人は、給与やキャリアなどが好条件という特徴があります。

もしあなたのキャリアが魅力的なものだとしたら、転職エージェントが企業側に御社で採用しませんかと営業するケースもあります

キャリアアップを目指しているのならば、こうした非公開求人が豊富な転職エージェントを使うことをおすすめします。

キャリアアップのアドバイス

転職に失敗する人は、目先の給与や労働条件だけを見て転職を決めてしまうケースが多いです。

しっかりとキャリアアップを考えないと、将来的に思っていたのと違う人生を歩んでしまう可能性があります。

転職エージェントは、企業の将来性やあなたとのキャリアマッチを真剣に考えてより良い企業を提案してくれます

成功する転職コンサルをしてもらえるのも、転職エージェントを利用するメリットになります。

書類選考のノウハウを伝授

履歴書や職務経歴書などの書類の作成は、考えるのも面倒で転職者を悩ませる問題の一つになります。

面倒な書類作成ですが、転職エージェントを利用すれば内容をチェックしてアドバイスをしてもらえます。

転職エージェントには過去の膨大なノウハウがあるので、書類選考を通過するポイントを丁寧に教えてくれます

面接の的確なアドバイス

転職活動で最も緊張するのは面接ではないでしょうか。

どんなに場慣れしている人でも、やはり初めて会う人との面接は緊張してしまいます。

どんな面接官なのか?質問はどんなものが来るのかなど、気になることがたくさんあると思います。

転職エージェントは、こうした面接の情報を事前に転職希望者に教えてアドバイスをしてくれます

アドバイスをもらうことで、落ち着いて面接に取り組むことができるようになります。※実際には裏で転職エージェントが採用担当者と打ち合わせをして、ほぼ採用が決定しているケースも多いです。

内定後の給与に関する交渉

給与の話は転職の面接時には相談しにくいことだと思います。

実際に25万~などの求人で、30万位貰えるのかと思っていたら25万の給与だったというケースも多いです。

こうしたデリケートな給料の話も、転職エージェントがあなたの代わりに交渉してくれます

直接話をするよりも、関係を良好に保って次の仕事に就けるので安心して転職活動ができます。

退職トラブル対策

内定をもらってホッとしても、今度は今勤めている会社への退職申請が必要になります。

いつ?どのように?など退職のやり方がわからない人も多いと思います。

退職ではトラブルも起きやすいので、事前にトラブルを防ぐ退職方法を知ることが大事になります。

転職エージェント経由で転職していれば、そんな面倒な退職の相談も受けているので安心して転職することができます。

円満に退職できるように、最適な提案をしてくれるので是非利用してください。

おすすめの転職エージェント

実績No.1 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、日本で最も利用者数と求人が多い業界最大手の転職エージェントです。

求人数が他のエージェントに比べて圧倒的に多いため、求職者は転職活動の幅を広げることができるのが大きなポイントです。

また転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットは、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることです。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職を成功させる生命線である求人の数の多さが圧倒的なリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

スポンサードリンク

スポンサードリンク