営業の志望動機で採用されるポイント!ライバルに差をつける4つのテクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あらゆる職種の中で、最も求人数が多い「営業職」です。

未経験者の募集も多く、異業種や異職種からチャレンジできる仕事です。

そんな営業の内定を勝ち取るカギを握るのは志望動機になります。

会社の売上を左右する営業職の採用のカギを握るのは「意欲」です。

この意欲をいかに志望動機で伝えられるかが、営業職採用のポイントになります。

今回は採用担当者に意欲を伝えられる志望動機の書き方のコツと4つのステップをご紹介します。

志望動機の書き方のコツ

応募書類の中で、採用担当者が重視するのは経歴と志望動機です。

特に未経験者の場合、なぜその仕事を希望しているのか、ということが具体的に書かれているかどうかが大きな決め手となります。

営業の志望動機(その他の職種にも当てはまります)で最も重要なのは「結論から書く」ことになります

営業職の場合、なぜ営業を希望しているか、ということが結論です。

志望動機は、どの企業でも通用する内容はNGです。どうして、その企業に応募したのか、ということも重要な要素です。

多少面倒でも営業で採用されるためには、応募先ごとに志望動機を書きましょう。

営業職の志望動機のNG例

下記にいくつかの営業職の志望動機のNG例をご紹介します。

言葉の選び方など注意するのもコツです。

  • 他力本願→研修制度が充実している、学べるなど自発的に学ぶ意欲が感じられない内容
  • やりがい→どんな点にやりがいを感じるのか具体性に欠ける内容
  • 残業少ない、休み多い→仕事の内容に一切ふれず、条件だけで希望している内容
  • 上から目線→自分が入社すれば、売上が一挙に上がるなど上から目線の内容
  • 営業を経験して独立したい→営業ノウハウだけ盗んで退職する予定と分かる内容

志望動機を書くコツが分かったら、書いていくための準備をしましょう。

これからご紹介するステップを踏んで、仕上げていきます。

ステップ1.営業職を希望する理由を明確にする

異業種や異職種から営業職を希望する場合、どうして営業職を希望するのかを具体的に書かなければいけません。

例)現職がアパレルの販売職の場合

現職の販売職ではもともと関心を持って来店されるお客様に対し、接客販売を行いますが、営業職は自らお客様のところに赴き、自社製品を提案するという点に魅力を感じ、応募しました。

志望動機の冒頭に

現職(前職)が○○なので、○○である営業職に魅力ややりがいを感じ、応募したということを書きます。

○○の部分は具体的な内容を書くのがポイントです。

この冒頭の一文で興味を持ってもらえたら、つかみはOKです。

ステップ2.希望する営業スタイルを決める

営業とひとことでいっても様々な業種の営業があります。

業 種 営業スタイル 営業対象
有形産業 既存営業 法人
無形産業 新規営業 個人

有形産業というのはモノを扱う産業のことで、無形産業というのは金融、不動産、広告や印刷などモノではなく、サービスを提供する産業になります。

上記の組み合わせが、営業スタイルになります。

機械メーカー/既存営業/法人

住宅メーカー/新規営業/個人

どんな業種のどんな営業スタイルが自分に合うのかを知るためには、それぞれの特徴を事前に調べ、それぞれのメリットとデメリットを理解する必要があります

せっかく内定をもらって入社したけれど、新規開拓が自分に合わなかった、といったことがないようにしましょう。

ステップ3.自分の強みを整理し、アピールポイントをまとめる

希望する営業スタイルが決まったら、今までの仕事で身についた自分の強みを振り返ってみましょう。

これまでの仕事で何をやってきたか、そこで身についたものは何か。

すぐに思いつかない方は、キャリアの棚卸しをしてみましょう。

キャリアの棚卸しが自分でできない、という方は無料で利用できる転職エージェントでサービスを受けてみるのもいいかもしれませ

自分の強みが何かが整理できたら、その強みの中から営業で活かせるスキルをアピールポイントにします。

営業に求められるスキルは

  • コミュニケーションスキル
  • 好奇心
  • プレゼンテーションスキル
  • ヒアリング能力

など。営業スタイルによって、求められるスキルは変わってきます。

自分が希望する営業スタイルにはどんなスキルが必要かを調べ、アピールポイントとの接点を見つけて、志望動機につなげていきます。

ステップ4.応募先企業の魅力を見つける

なぜその企業に応募したのか、応募先企業ごとに書かなければいけません

志望動機のNG例として、求人広告やホームページに記載している文章がそのまま使われているものがあります。

また、どの企業にもあてはまるような内容で書かれているものもNGです。

あなた自身が感じた、その企業の魅力を見つけて志望動機に書くことがポイントです

それは決して、美辞麗句を並べ立てただけのものではいけません。

良いと思った背景が具体的に分かるようにすることが大切です。

書類通過し、面接の機会が得られた際に採用担当者は必ず、あなたが感じたその企業の魅力について、質問をします。

志望動機を書く際に入念に下調べをし、自分なりにその企業の魅力をしっかり見つけることができていたら、面接での質問にもスムーズに答えることができます。

採用者の気持ちになって志望動機を作る

営業職は未経験者の募集が多いからといって、どの企業に出す書類の志望動機も同じ、では転職を成功させることはできません。

運よく採用になったとしてもミスマッチでまた転職、ということにもなりかねません。

満足度の高い転職にするために少しだけ時間がかかってもステップ1から4までをやってみてください。

そして、完成した志望動機を声に出して採用担当者の気持ちになって読み上げてみるといいでしょう。

客観的に「なるほど」と感じることができたら、成功です

転職エージェントのアドバイスを受ける

営業職の志望動機の書き方について解説しましたが、それでも不安が残っている人もいると思います。

志望動機の書き方に不安がある人は、転職エージェントを利用することをおすすめします。

昔は転職サイトで応募して自分で志望動機を考えるスタイルが一般的でしたが、今は転職者の多くが転職エージェントを使って転職する時代になりました

転職エージェントは、キャリアコンサルが志望動機の効果的な作り方などの転職ノウハウを、転職希望者に徹底的に教えてくれます。

転職エージェントは無料で利用できるので、少しでもライバルに差をつけるための手段として活用してみることも検討してください。

転職エージェントを利用するメリット

現在の転職市場はかなり大きく、膨大な求人から自分に適しているものを探し、それから書類作成、面接などの対策をすることは決して簡単なことではありません。

そのような転職者の悩みを代わりに行ってくれる転職のプロ集団が転職エージェントです。

転職エージェントを聞いたことがない転職希望者には、エージェントは面倒くさいといったイメージを持ってしまうかもしれません。

ですが自分で求人を探したり、書類作成、面接対策をする方が、よほど大変で時間がかかってしまいます。

特に現職の方の場合、仕事をしながらこうした対策をするのは簡単なことではありません。

転職エージェントを利用することで、このような転職の面倒な作業を効率的に行い、書類や面接の通過率を上げることができます。

転職エージェントの登録が面倒と感じる人がいるかもしれませんが、登録は5分ほどで、しかも登録することで大変な転職活動が劇的に楽になることは間違いありません

大げさと思うかもしれませんが、転職エージェントはそれだけ素晴らしいされたサービスになります。

一昔前は転職サイトが主流でしたが、サービス面の充実から転職エージェントへと転職者が移っています。

転職は一人で行うと情報が不足して失敗する可能性が高くなります。

転職エージェントを利用することで、面倒な転職を簡単で効率的に終わらせることができますよ。

実際に転職エージェントを使うと、どんなメリットがあるのか説明しますので参考にして下さい。

転職エージェントは無料

転職エージェントの一番のメリットは無料で利用できることになります。

勘違いしている人も多いのですが、転職希望者は転職エージェントの利用で費用は発生しません

転職エージェントは採用する企業側から成果報酬を受け取っています。

そのためエージェントは、親身になって転職希望者にマッチした企業を探してくれるのです。

面倒な転職の手続きを代行

転職エージェントの大きなメリットとして、面倒な転職の手続きを転職希望者の代わりにエージェントが行ってくれることがあります。

  • 希望の求人を探す
  • 応募の手続き
  • 面接や入社時期のスケジュール調整
  • 採用条件(給与など)の交渉
  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 企業の将来性や雰囲気の確認
  • 入社に必要となる手続き

転職希望者を悩ませる面倒な手続きを、転職エージェントが転職者の代わりに行ってくれるのはかなり大きなメリットと言えます。

転職をしたことがある人ならわかりませんが、スケジュール調整や履歴書・職務経歴書の作成は、仕事をしながらだとストレスになります。

自分でこうした手続きや調整を全て行うのはかなり大変なのは理解できると思います。

転職エージェントは、面倒な作業を代行してくれるので、仕事をしながらでも転職先を探すことに集中することができます

希望にマッチした求人を探せる

転職活動の難しいところに、希望にマッチした求人を探すことに時間がかかることがあります。

転職サイトやハローワークで検索すると、膨大な数の求人数が表示され、どれが本当に自分にマッチしているか判断ができません。

転職エージェントであれば、蓄積されたノウハウから、あなたに最適な求人を探してもらうことができます

一人で探すよりも、効率的に良い求人を探せるのが転職エージェントのメリットになります。

良い条件の非公開求人を提案

転職エージェントは、転職サイトやハローワークにはない「非公開求人」を持っています。

非公開求人とは、企業の立場上、公に募集できないが、隠れて求人を採用したい企業がエージェントに依頼する内容のことです。

非公開求人は、給与やキャリアなどが好条件という特徴があります。

もしあなたのキャリアが魅力的なものだとしたら、転職エージェントが企業側に御社で採用しませんかと営業するケースもあります

キャリアアップを目指しているのならば、こうした非公開求人が豊富な転職エージェントを使うことをおすすめします。

キャリアアップのアドバイス

転職に失敗する人は、目先の給与や労働条件だけを見て転職を決めてしまうケースが多いです。

しっかりとキャリアアップを考えないと、将来的に思っていたのと違う人生を歩んでしまう可能性があります。

転職エージェントは、企業の将来性やあなたとのキャリアマッチを真剣に考えてより良い企業を提案してくれます

成功する転職コンサルをしてもらえるのも、転職エージェントを利用するメリットになります。

書類選考のノウハウを伝授

履歴書や職務経歴書などの書類の作成は、考えるのも面倒で転職者を悩ませる問題の一つになります。

面倒な書類作成ですが、転職エージェントを利用すれば内容をチェックしてアドバイスをしてもらえます。

転職エージェントには過去の膨大なノウハウがあるので、書類選考を通過するポイントを丁寧に教えてくれます

面接の的確なアドバイス

転職活動で最も緊張するのは面接ではないでしょうか。

どんなに場慣れしている人でも、やはり初めて会う人との面接は緊張してしまいます。

どんな面接官なのか?質問はどんなものが来るのかなど、気になることがたくさんあると思います。

転職エージェントは、こうした面接の情報を事前に転職希望者に教えてアドバイスをしてくれます

アドバイスをもらうことで、落ち着いて面接に取り組むことができるようになります。※実際には裏で転職エージェントが採用担当者と打ち合わせをして、ほぼ採用が決定しているケースも多いです。

内定後の給与に関する交渉

給与の話は転職の面接時には相談しにくいことだと思います。

実際に25万~などの求人で、30万位貰えるのかと思っていたら25万の給与だったというケースも多いです。

こうしたデリケートな給料の話も、転職エージェントがあなたの代わりに交渉してくれます

直接話をするよりも、関係を良好に保って次の仕事に就けるので安心して転職活動ができます。

退職トラブル対策

内定をもらってホッとしても、今度は今勤めている会社への退職申請が必要になります。

いつ?どのように?など退職のやり方がわからない人も多いと思います。

退職ではトラブルも起きやすいので、事前にトラブルを防ぐ退職方法を知ることが大事になります。

転職エージェント経由で転職していれば、そんな面倒な退職の相談も受けているので安心して転職することができます。

円満に退職できるように、最適な提案をしてくれるので是非利用してください。

おすすめの転職エージェント

実績No.1 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、日本で最も利用者数と求人が多い業界最大手の転職エージェントです。

求人数が他のエージェントに比べて圧倒的に多いため、求職者は転職活動の幅を広げることができるのが大きなポイントです。

また転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットは、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることです。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職を成功させる生命線である求人の数の多さが圧倒的なリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

スポンサードリンク

スポンサードリンク