転職エージェントの選び方!メリットやデメリットも全てお教えします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職エージェントの活用は、転職成功率を上げる効果的な方法として広く認知されるようになりました。

転職エージェントを利用しないことは、質の高い情報を手に入れることが難しいため損をする可能性が高くなります。

しかし、宝の持ち腐れと同じようにせっかくの効果的な手段である転職エージェントでも、何も考えず、『今流行っているから』という理由だけで利用しても効果は半減してしまいます。

せっかくの無料の転職支援ですから、より利用価値を上げて自分の転職活動の質や幅を広げることが転職成功の近道になります

今回は、現役キャリアコンサルタントが転職エージェントの効果的な活用術をご紹介します。

転職エージェントを複数利用する必要はある?

転職市場には大手から中小まで、多くの転職エージェントが存在します。

テレビCMやインターネット上の広告だけを頼りにすると、必然的に大手の転職エージェントを利用することになります。

ただし、転職市場には規模は中小でも実績が豊富な転職エージェントはたくさんあります。

中小でも、その転職エージェントにしかない求人を持っている場合、転職支援の質が高くなるといったメリットがあります

つまり、タイプの違う転職エージェントを同時に複数利用して転職活動の幅と質を確保することが転職エージェントを効果的に活用する術になるのです。

では、どのようなパターンが最も効果的かということについて、具体的にご紹介します。

大手の転職エージェント

大手は転職活動をしたことがある人なら、一度は聞いたことがある転職エージェントではないでしょうか。

  • リクルートキャリア
  • DODA
  • パーソルキャリア
  • JACリクルートメント
  • エンエージェント
  • マイナビエージェント

ここでご紹介した転職エージェントはすべて規模が大きく求人の数では日本トップクラスです。

転職活動の成功率を上げるポイントは、求人の数を集めることです

求職者の方は、大手の転職エージェントを利用して多くの求人を紹介してもらうことが転職の幅を広げ成功につなげる最善の方法になります。

中小規模の転職エージェントと特化型転職エージェント

  • レバテックキャリア
  • type
  • MSジャパン
  • パソナキャリア
  • エリートネットワーク
  • ワークポート
  • クイック
  • クリーデンス
  • ロバート
  • ウォルターズ

ここでご紹介した転職エージェントは中小規模の転職エージェントと特化型転職エージェントです。

それぞれに特徴があり、求人の数は大手よりも劣りますが、利用メリットは転職支援の質です。

効果的に転職活動をするのならば、大手の転職エージェントから1社、中小規模の転職エージェントか特化型転職エージェントのなかから1社ずつ選ぶことをおすすめします

転職エージェントは合計2社で十分で、効果的な転職活動を期待することができます。

ただし2社のアドバイサーとやり取りをしながらの転職は、慣れていない人にはかなり大変です。

そこで最初は大手の転職エージェントに登録するのがおすすめになります。

大手は転職ノウハウが充実していて、転職エージェントってどんなものかを知るのに最適です。

大手転職エージェントのおすすめとしては、リクルートキャリア(リクルートエージェント)になります。

リクルートエージェントは実績が豊富で、転職ノウハウが充実しているので最初のエージェントとしては最適です。

 

担当者との相性が重要

今回の記事で誤解しないでほしいのは、大手の転職エージェントよりも中小規模の転職エージェントや特化型の転職エージェントをおすすめしているのではないということです。

より効果的な転職エージェントの活用術を取るためには、この方法が良いと言うことです。

人によっては大手の転職エージェントの方が、相性が良いと感じる方もいるでしょうから、その場合は、その方法で良いと思います

逆に転職に不安が大きく、もっと丁寧な対応を受けたい人は中小の転職エージェントを選ぶと満足できるサービスを受けられる可能性が高くなります。

効率的な転職エージェントの使い方をすることが、転職成功を実現させるポイントになります。

転職エージェントのデメリット

担当者によるごり押し

まず、はじめに転職エージェントを利用するにあたり、最大のデメリットとなる、転職エージェントのごり押しから今回の話を起こしていきます。

「ごり押し」という言葉を聞いたことはありますか?

簡単に言うと、転職エージェントが自社の利益を最優先に考えて、かつ、求職者の方を自社の商品と捉え、求職者の方が転職したくもない求人企業へ転職させる方法を言います。

転職エージェントは民間の企業ですので、企業や事業を存続させるためには、利益が必要です。

しかし、転職エージェントによっては、求人紹介やその他選考途中、または内定時に求職者の方が拒否しているにも関わらず、言葉巧みにその求人企業へ応募させたり転職させたりすることもあります。

なかには、明らかにごり押しと分かるストレートな言い方で転職を勧める転職エージェントもあります。

転職エージェントは人材業界の一つであり、人材業界は営業力が強い業界でもあり、営業トークを使い、表面上はごり押しには感じないごり押しトークをしてきます。

ごり押しに屈してしまうと、転職自体が失敗してしまう可能性が高くなるデメリットがあります

転職は人生の大きな分岐点であすので、その後の人生設計にも悪影響を及ぼすことに繋がります。

求人紹介のタイミングで意思表示を明確に

ごり押しを受ける場合、気の弱い人はそのごり押しに負けてしまう可能性がありますし、転職エージェントは、利益に近づくとそのごり押し度合は一層増します。

そこで、求人紹介のタイミングがごり押し対応策として最適です

先程の通り転職エージェントは利益に近づくにつれてごり押し度合を増してきますので、逆を言えば求人紹介のタイミングは転職エージェントからすると最も利益から遠いフェーズです。

ここでしっかりと求人を選別することで、無理なごり押しをされるリスクを減らすことができます。

転職エージェントのごり押しは面倒ですが、そのデメリット以上にメリットが大きいのでしっかりと対策をしておきましょう。

求人の重複で時間の無駄が多い

企業の採用活動を知れば、ご理解ご納得頂けると思いますが、企業は中途採用で企業の経営や事業を成長させるために即戦力人材を基本的に考えています。

企業からすると中途採用の遅れは、事業の遅れとなり経営インパクトが大きくなります。

そのため、企業は1社の転職エージェントだけに絞って採用活動を行うということはあまりなく、多くの企業は求人を一斉に複数の転職エージェントに依頼し採用活動の早期解決を考えます

転職エージェントを利用する求職者の方からすると、複数の転職エージェントを同時に利用している場合、異なる転職エージェントから同じ求人を紹介されるデメリットがあるということです。

『この求人、他の転職エージェントも見た』ということが増えれば、それだけ時間のロスになります。

転職エージェント利用の鉄則

時間のロスというデメリットの可能性を軽減するために、転職エージェントを同時に複数利用する場合の鉄則があります。

大手の転職エージェントを同時に2社以上利用しないということです。

転職エージェントの同時利用は今時、当たり前のことですが、同じ性格を持つ転職エージェントを複数利用しても求人重複率が高くなるだけであまり意味がありません。

そこで、推奨したい転職エージェントの同時利用の方法は、大手の転職エージェントを1社、中小規模の転職エージェントを1社、自分が希望する業界や職種に強みを持つ特化型の転職エージェントを1社の合計3社です。

それぞれに性格が異なりますので求人の重複はかなり少なくなります。

大手であればリクルートエージェント、中小はパソナキャリアがおすすめです。

キャリアアドバイザーが使えない

キャリアアドバイザーは、転職活動を行う求職者の方からすると最も身近な存在で頼りにするべき対象です。

本来、キャリアアドバイザーは転職支援を行い、求職者の方の転職を近づけることが役割になります。

そのためキャリアアドバイザーのレベルが低いと転職が上手く進まず、転職活動がストレスになることがあります

傾向的には大手の転職エージェントにありえるデメリットになります。

大手の転職エージェントのキャリアアドバイザーは、年齢層が20代前半から50代、60代と多岐に渡ります。

大手転職エージェントの20代のキャリアアドバイザーの場合は、年齢的にも転職支援の実績が浅く、転職に関する情報が不十分です

この不十分さを補うために社内研修などが充実していれば良いのですが、大手にはそのような仕組みはありません。

大手の転職エージェントの特徴は規模の大きさを武器に多くの求人を持ち、数で勝負するスタイルです。

キャリアアドバイザーは求人の紹介はもちろんありますが、大事なことは求人の詳細説明や紹介後の転職支援です。

20代で経験が浅いキャリアアドバイザーが担当になると自分が希望する業界や職種、または労務的な話に関して自分の方が詳しいということでデメリットになることがあります

この場合の対策としては、キャリアアドバイザーは担当変更を自由に行うことができますので、少しでもキャリアアドバイザーに対して『?』と思ったら担当変更を遠慮なくしてください。

そのキャリアアドバイザーとは人生で一生会わない可能性の方が高いですから、自分にとってデメリットになっているキャリアアドバイザーに付き合っている必要はありません。

キャリアアドバイザーがコロコロ変わる

先程の通り転職エージェントは人材業界の一つで、人材業界はハードワークで人材の離職率が高いです。

転職エージェントも例外なくその通りで、求職者の方からすると、登録面談などで自分の希望条件など細かい依頼をしていても、数日、数週間後にはキャリアアドバイザーが変更になるということも珍しくありません

その場合、転職エージェントは自社の体裁上、『転勤』や『部署異動』と理由を求職者の方に話しますが、その理由は大半が人実を隠しています。

せっかく時間をかけて希望詳細を伝えても、ろくな引継もなく変更になりますので、後任のキャリアアドバイザーにまた説明し直すというデメリットになります。

その場合、遠慮なくクレームを入れて自分のキャリアアドバイザーが変更しない圧力を転職エージェント側に掛けても問題ありません

デメリットを解消するために

キャリアアドバイザーの経験不足やサポート不足は、求職者にとってデメリットになります。

こうした転職エージェントのデメリット対策として、求職者の方に共通して使える対応策が転職の動機を明確にすることです。

給与、スキルアップ、会社の雰囲気など、転職をする同期をしっかりと見据えることで、どんな会社が最適なのかをキャリアアドバイザーに伝えることができます。

曖昧な志望動機だと、経験が不足していたり営業重視のキャリアアドバイザーは紹介数を多くして本当に最適な企業を紹介してもらえません。

志望動機を明確にすることで、求人紹介のスクリーニングはもちろん、転職エージェントからごり押しなどのデメリットにも断固拒否することができます

逆に中途半端な志望動機で転職活動をしてしまうと、内定が出た企業を断る理由が浅くなりますので、転職エージェントのごり押しなどのデメリットに負けてしまう可能性も出てきます。

冒頭でご紹介したように転職エージェントはメリットの方が多いのですが、使い方やキャリアアドバイザー次第でデメリットになることもあります。

このあたりのことを踏まえた上でデメリットがないように、転職エージェントを利用して転職活動を成功させてください。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを聞いたことがない転職希望者には、エージェントはお金がかかるや面倒くさいといったイメージを持ってしまうかもしれません。

転職はエージェントを利用しなくても成功することはできますが、現在の転職市場においてエージェントを利用しないほうがデメリットが大きくなります。

現在の転職市場はかなり大きく、膨大な求人から自分に適しているものを探し、それから書類作成、面接などの対策をすることは決して簡単なことではありません。

特に現職の方の場合、スケジュール調整や転職のタイミングなどをどうするかなども問題になるでしょう。

転職エージェントは、このような転職の面倒な転職活動を簡単にしてくれる頼れるコンサルタントなのです。

転職エージェントに登録が面倒と感じる人がいるかもしれませんが、登録することで大変な転職活動が劇的に楽になることは間違いありません

大げさと思うかもしれませんが、転職エージェントはそれだけ優遇されたサービスになります。そのため転職希望者が使わないことは、とても勿体ないので絶対に利用してみて下さい。

実際に転職エージェントを使うと、どんなメリットがあるのかを挙げるので参考にして下さい。

転職エージェントは無料

転職エージェントの一番のメリットは無料で利用できることになります。

勘違いしている人も多いのですが、転職希望者は転職エージェントの利用で費用は発生しません

転職エージェントは採用する企業側から成果報酬を受け取っています。

そのためエージェントは、親身になって転職希望者にマッチした企業を探してくれるのです。

面倒な転職の手続きを代行

転職エージェントの大きなメリットとして、面倒な転職の手続きを転職希望者の代わりにエージェントが行ってくれることがあります。

  • 希望の求人を探す
  • 応募の手続き
  • 面接や入社時期のスケジュール調整
  • 採用条件(給与など)の交渉
  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 企業の将来性や雰囲気の確認
  • 入社に必要となる手続き

転職希望者を悩ませる面倒な手続きを、転職エージェントが転職者の代わりに行ってくれるのはかなり大きなメリットと言えます。

転職をしたことがある人ならわかりませんが、スケジュール調整や履歴書・職務経歴書の作成は、仕事をしながらだとストレスになります。

自分でこうした手続きや調整を全て行うのはかなり大変なのは理解できると思います。

転職エージェントは、面倒な作業を代行してくれるので、仕事をしながらでも転職先を探すことに集中することができます

希望にマッチした求人を探せる

転職活動の難しいところに、希望にマッチした求人を探すことに時間がかかることがあります。

転職サイトやハローワークで検索すると、膨大な数の求人数が表示され、どれが本当に自分にマッチしているか判断ができません。

転職エージェントであれば、蓄積されたノウハウから、あなたに最適な求人を探してもらうことができます

一人で探すよりも、効率的に良い求人を探せるのが転職エージェントのメリットになります。

良い条件の非公開求人を提案

転職エージェントは、転職サイトやハローワークにはない「非公開求人」を持っています。

非公開求人とは、企業の立場上、公に募集できないが、隠れて求人を採用したい企業がエージェントに依頼する内容のことです。

非公開求人は、給与やキャリアなどが好条件という特徴があります。

もしあなたのキャリアが魅力的なものだとしたら、転職エージェントが企業側に御社で採用しませんかと営業するケースもあります

キャリアアップを目指しているのならば、こうした非公開求人が豊富な転職エージェントを使うことをおすすめします。

キャリアアップのアドバイス

転職に失敗する人は、目先の給与や労働条件だけを見て転職を決めてしまうケースが多いです。

しっかりとキャリアアップを考えないと、将来的に思っていたのと違う人生を歩んでしまう可能性があります。

転職エージェントは、企業の将来性やあなたとのキャリアマッチを真剣に考えてより良い企業を提案してくれます

成功する転職コンサルをしてもらえるのも、転職エージェントを利用するメリットになります。

書類選考のノウハウを伝授

履歴書や職務経歴書などの書類の作成は、考えるのも面倒で転職者を悩ませる問題の一つになります。

面倒な書類作成ですが、転職エージェントを利用すれば内容をチェックしてアドバイスをしてもらえます。

転職エージェントには過去の膨大なノウハウがあるので、書類選考を通過するポイントを丁寧に教えてくれます

面接の的確なアドバイス

転職活動で最も緊張するのは面接ではないでしょうか。

どんなに場慣れしている人でも、やはり初めて会う人との面接は緊張してしまいます。

どんな面接官なのか?質問はどんなものが来るのかなど、気になることがたくさんあると思います。

転職エージェントは、こうした面接の情報を事前に転職希望者に教えてアドバイスをしてくれます

アドバイスをもらうことで、落ち着いて面接に取り組むことができるようになります。※実際には裏で転職エージェントが採用担当者と打ち合わせをして、ほぼ採用が決定しているケースも多いです。

内定後の給与に関する交渉

給与の話は転職の面接時には相談しにくいことだと思います。

実際に25万~などの求人で、30万位貰えるのかと思っていたら25万の給与だったというケースも多いです。

こうしたデリケートな給料の話も、転職エージェントがあなたの代わりに交渉してくれます

直接話をするよりも、関係を良好に保って次の仕事に就けるので安心して転職活動ができます。

退職トラブル対策

内定をもらってホッとしても、今度は今勤めている会社への退職申請が必要になります。

いつ?どのように?など退職のやり方がわからない人も多いと思います。

退職ではトラブルも起きやすいので、事前にトラブルを防ぐ退職方法を知ることが大事になります。

転職エージェント経由で転職していれば、そんな面倒な退職の相談も受けているので安心して転職することができます。

円満に退職できるように、最適な提案をしてくれるので是非利用してください。

転職エージェントのテクニカルな使い方

先ほど説明したように、大手の転職エージェントでは求人の数を担保して、中小規模の転職エージェントでは転職支援の質を担保します。

そのため大手の転職エージェントは数をこなすために、転職者への対応が中小に比べると大雑把になってしまいます

もちろん大手の転職エージェントは求人数という圧倒的なメリットがあるので、必ず登録しておくことをおすすめします。

ですが転職者の多くは、履歴書・職務経歴書の書き方や、面接のノウハウなど不安を数えたらきりがありません。

その転職者が不安になる転職ノウハウを、中小の転職エージェントを利用して対策するのがおすすめの使い方になります

裏技ですが、大手にしかなかった求人でも、中小エージェントに相談すれば紹介してくれる可能性もあります。

このように転職エージェントを最大限に利用するのならば、求人を大手で探して中小で丁寧なサービスを受けるのがおすすめです。

書類選考対策で添削サービスを積極的に利用

企業の選考において求職者の方が選考の場にいることができず、しかも、選考通過率が最も低いフェーズが書類選考です。

そのため、書類選考が最も苦手と感じる求職者の方は多いですし、逆に書類選考の通過率が上がれば、それだけ内定が近付くということになります。

書類選考の通過率を上げるためには、転職エージェントの添削サービスを受けることをおすすめします。

どの転職エージェントにも添削サービスはありますが、大手の転職エージェントよりも中小規模の転職エージェントや特化型転職エージェントの方がレベルは高いです。

特に特化型転職エージェントは、その業界や職種に特化しているため、求人企業のそれまでの傾向が分かっていて、どのような内容の職務経歴書にすれば良いのか対策を持っています。

話を盛らない、嘘をつかない

転職エージェントを利用する場合のポイントとして、現職の給与などは正確に伝えるのもポイントです。

求職者の方のなかには、転職をきっかけに現職や前職よりも高い待遇で転職したいと考えている方が多いです。(まあ当然のことですよね)

そのため、転職エージェントに対して実際の待遇よりも高い待遇を得ていたという話を盛ったり、嘘をついたりする場合があります。

転職エージェントはそれを疑うことはありませんし、転職エージェントを利用する際に給与明細や在籍証明書を求められることもありません。

『だったら、話を盛っても嘘をついてもばれないのではないか?』と思うでしょうが、転職先の企業には選考の途中で採用見込みの候補者の前職調査をする場合もありますし、基本的にばれることがほとんどです。

前職調査を行うことが絶対と言い切れる業界は金融業界、警備業界です。

この2つの業界は必ず前職調査がありますので、特に注意が必要です。

話を盛っても、うそをついても転職後に困るのは自分ですので、転職エージェントに対してこのような行為は控えておきましょう。

時間がないなら登録面談を電話形式に変える

転職活動を行う求職者の方の大半は、現職に在籍したまま転職活動を行っています。

時間の余裕がありませんし、大体の場合、夜6時や7時が定時ですので、それ以降に登録面談をするとなれば、なかなかその機会すら恵まれないこともあります。

そうすると、どんどん転職活動の開始は遅くなり本来、応募できる求人があってもなくなるというデメリットになります。

そこで、転職エージェントに対して電話形式での面談に切り替えてもらうのです。

どの転職エージェントでも柔軟に対応してくれます。

または、社外での面談も対応してくれる転職エージェントがありますので、遠慮せずに自分の事情を説明して電話面談や社外面談で時間の効率化を図り少しでも早い転職活動スタートを実現させてください

後悔しない転職エージェントの選び方

転職エージェントにはデメリットもありますが、それ以上に求職者にとっては恩恵が大きいメリットがあるので必ず利用することをおすすめします。

現在の転職サイトやハローワークは求人情報が多く、一人で探すとブラック企業や条件の悪い求人になるリスクもあります

そういったリスクを避けるためにも、転職エージェントを利用することが転職成功への最短のルートになります。

ただし転職エージェントも数多くあるため、どのエージェントが自分にピッタリなのかを選ぶことが大事になります。

転職エージェントをどこにするかについては、転職エージェントおすすめランキングを参考にしてください。

それぞれの転職エージェントの特徴や、どんな求人に強いかなどを一つ一つ丁寧に解説しているので、あなたにピッタリの転職エージェント選びの参考にして下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク