ハタラクティブの評判 20代の転職成功を実現させる転職エージェント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本には多くの転職エージェントが存在しますが、求職者のみなさんはハタラクティブという転職エージェントをご存知でしょうか。

あまり馴染みがないという方が多いはずです。

なぜならば、ハタラクティブはすべての求職者の方の転職支援を行うというよりも20代の求職者の方を対象にした転職エージェントであるからです。

転職エージェントは差別化が難しいビジネスモデルなのですが、そのなかでハタラクティブは20代の求職者の方の転職支援に特化し今に至っています。

東京に本社を構え海外にも支店を置き日本全国で転職支援サービスの展開をしている転職エージェントです。

設立は2005年と比較的新しい部類の転職エージェントに入りますが、それから約10年少しで日本全国に事業展開できるまで成長しています。

通常との対比をすることでハタラクティブの成長率がどれだけすごいか分かります。

転職エージェントのビジネスモデルは労働集約型でそこで働く社員の人件費が高いことで知られ、そのため、利益率も低く急速に事業拡大するよりも最初は小さく行うことが普通です。

しかし、ハタラクティブの場合、10年少しで海外にも拠点を構えるぐらいに成長しているのはどのような理由があるのでしょうか。

もちろん、20代の求職者の方への転職支援に特化している部分も理由にあるのですが、実は、最も大きな理由はハタラクティブを運営する運営元にあります。

レバレジーズ株式会社

運営元はレバレジーズ株式会社という企業なのですが、レバレジーズ株式会社は、他にも転職エージェントを持っています。

運営元であるレバレジーズ株式会社の戦略として、1つの転職エージェントですべての求職者の方を転職支援する方法でなく、それぞれの転職エージェントがそれぞれの求職者の方の層に合わせた転職支援をしています。

レバレジーズ株式会社という企業自体が非常に成長している企業ですので、その母体を支えにハタラクティブも急成長しているということです。

20代の転職支援を得意とする

先述の通りハタラクティブは20代の求職者の方を対象として特化型の転職支援を行っています。

20代と言っても、その内訳は異なり、25歳までの求職者の方を第二新卒と呼びますし、20代後半の求職者の方もいます。

20代に多い層は、それまで正社員での就業経験がないフリーターの求職者の方や正社員で働いた経験はあっても今後は違う職種で働きたいという未経験者も多くいます。

このように20代の求職者の方には複数の特徴を持っているのです。

ハタラクティブは、このすべてに対して転職支援をしてくれる転職エージェントです。

20代の複数に分けてそれぞれの転職支援の内容についてご紹介します。

20代前半の第二新卒の場合

第二新卒の場合は、転職市場としては経験が浅い分、採用する側である企業からあまり高い評価を得ることが難しい立場にあります。

つまり、転職は簡単ではないということです。

しかし、日本経済では第二新卒の求職者の方が急増していて、社会問題のひとつになっています。

このあたりのことを鑑みてビジネスチャンスと捉えたハタラクティブは第二新卒にも対応できるよう求人受注の営業を強化して転職活動が難しい第二新卒の方でも転職活動に幅を持てるようにしています。

このあとご紹介するフリーターなどの場合と同様に登録面談はありますし、全体的な流れとしては特に変わりはありません。

ただ、第二新卒の特徴を確実に捉えているため、第二新卒に不足しがちで選考ではマイナス評価となるような部分を特に強化しています。

その部分とは、言動や行動を含めたビジネスマナーであり、仕事への意識と働き方です。

私も転職エージェントとして第二新卒の方を転職支援したことがあるのですが、残念ながら早期に企業を離職するため、仕事への考え方に対して甘さがあります。

その甘さにより本人は第二新卒という立場になっているのですが、本人にその自覚はありません。

そこでハタラクティブでは自社の転職支援のノウハウを活用して本人が理解、納得できるように相対的な資料を準備して面談も含めたその後の転職支援のなかで定期的に研修やセミナーを実施しています。

ハタラクティブの第二新卒への強みは求人をいきなり紹介するのではなく、ハタラクティブの基準として一定レベルまで基礎部分が達した場合に求人を紹介する姿勢です。

転職エージェントであるハタラクティブからすると求職者の方はだれでも企業に紹介し入社することで成功報酬を得る利益の源ですので、少しでも早く求人を紹介し転職支援に係る時間や労力を軽減したいものです。

ハタラクティブでは、求職者の方を商品として考えている面もあり、安かろう悪かろうの状態ではなく求職者の商品価値が転職市場で高い評価を受けるまで教育します。

この教育プロセスにより登録時は甘い考えだった第二新卒の求職者の方が価値を高め企業への転職をスムーズにするのです。

ハタラクティブを利用するまでは第二新卒の求職者の方は会社が悪い、自分は悪くないと矢印を会社に向け他責感があり被害者意識が強いのですが、教育を受けることで意識が変わります。

その結果、前職を退職してしまったことを後悔する第二新卒の求職者の方もいますし、現職中の求職者の方の場合は転職活動自体をやめるというケースもあります。

ハタラクティブからすると短期的にはビジネスとして損をしているように見えるでしょうが、ハタラクティブはまったくそのような風に思っていません。

もちろん、社会貢献に貢献したという考えもありますが、そのとき転職活動をやめた求職者の方も今の時代は転職が当たり前の時代です。

その求職者の方がもう少しビジネス経験を積み実績やスキルを蓄え前向きな転職を考えるときにハタラクティブを利用してもらうように期待しています。

期待だけではなく、求職者の方からすると自分にここまで対応してくれたという感謝の気持ちや記憶が残るためハタラクティブに対して好印象を持ち、転職するならハタラクティブを利用しようと考える訳です。

ただ、ハタラクティブは20代に特化しているため、20代以外を対象にした求人はそこまで多くありません。

そこでレバレジーズ株式会社が運営する他の転職エージェントを紹介するのです。

大手転職エージェントと併用がおすすめ

ハタラクティブについてここまでご紹介しましたが、転職支援の質については他の転職エージェントではできないような質の高い転職支援をしてくれます。

ハタラクティブとしてはこの点を強みにしているのですが、そうは言っても求人がなければ求職者の方は転職することができません。

ハタラクティブの求人の数や種類はどうかと言いますと、大手の転職エージェントほどの求人数は持っていませんし、種類についても同様です。

ただし、20代の求職者の方が転職活動で苦労しないぐらいの求人数や種類は持っていますので安心して利用頂けると言えます。

転職エージェントの規模としては大手ではなく中小規模の転職エージェントになりますし、20代の求職者の方は数も必要ですがその前に自分の転職市場での商品価値を高める必要があります。

そのためにはハタラクティブを利用することで転職市場で勝てる人材に変化することができます。

今後も成長を予感させるハタラクティブですので一度は利用しても転職活動に損はないです。

また、ハタラクティブだけで転職活動を終えることができる可能性が十分ありますし、ハタラクティブを中心に転職活動をしても良いと言えます。

本当の意味での転職成功のために

転職エージェントは上手に活用すれば、条件の良い企業へ転職でき順調にキャリアアップすることが可能です。

むしろ転職エージェントなしに、ハローワークや転職サイトだけでピッタリの求人を見つけるのはかなり難しいです。

転職サイトなどの膨大な数の企業から、どれがあなたに最適な企業なのか一人で判断するのは難しいでしょう。

一人で転職活動をして失敗したという人が、転職エージェントに再転職の相談に来ることも少なくありません。

本当の意味での転職成功は、転職後の給与や仕事内容に満足できるかになります。

転職しても、その後の給料や仕事に不満があれば転職成功とは言えません。

その意味でも、真剣にあなたに向き合ってくれる転職エージェントに相談することで、あなたが希望する転職先を見つけることができるのです。

ただし転職エージェントを使ったことがない人は、どうやって選ぶの?や、転職エージェントってお金がかかるの?など疑問があると思います。

そうした不安を解消するために、転職エージェントの選び方!メリットやデメリットも全てお教えしますに転職エージェントの良くある疑問について説明しているので参考にして下さい。

転職エージェントの選び方や、皆様が疑問や不安に思っていることについて解説しています。

また転職エージェントを比較した、転職エージェントを徹底比較おすすめランキングもあなたに最適な転職エージェント選びの解説をしているので参考にして下さい。

転職エージェント選びの成功は、転職成功に結びつくと思って頂いて間違いありません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク