チャレンジの評判 若手の正社員転職の道を切り拓く転職エージェント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職活動をする求職者の属性はそれぞれ違います。そのそれぞれ違う属性のなかで今回は、若手求職者の正社員への転職ということについてご紹介します。

『若手』と『正社員』というこの2つのキーワードですが、日本では若手の正社員離れや一度、新卒で入社してもすぐに退職してしまうことが社会問題になっています。

ビジネスの中心は東京ですが、東京では労働人口である分母が他の都道府県より多いため、当然に若手の正社員離れや早期離職が目立ちます。

そこで、東京都では、若手人材に対して東京都として転職支援(正社員転職の支援)をしようと始まったのが若手正社員チャレンジという制度です。

若手正社員チャレンジはあくまで制度名であり、では、どこが運営しているかと言いますと東京都の支援を受けて東京しごとセンターという機関が運営しています。

東京しごとセンターは、簡単に言いますと公的な転職エージェントです。

リクルートキャリアやパーソルキャリアなど求職者のみなさまもご存知の転職エージェントは民間です。

若手正社員チャレンジという制度は、冒頭でご紹介した通りの概要になりますが、この制度のポイントは東京しごとセンターという機関です。

東京しごとセンターとは?

東京しごとセンターとはどのような転職支援をしてくれるでしょう。その前に、東京しごとセンターの裏事情をご紹介します。

恐らく他の媒体ではなかなか知り得ない情報ですので是非、注目して頂きたいです。

求職者のみなさんとしては、ある程度の転職情報を把握していると思いますので、公的な転職支援をする機関はあまり使えないというイメージを持つでしょう。

その代表例がハローワークになる訳ですが、その通り、あまり求職者のみなさんにとっては使える機関ではありません。

それと並列で東京しごとセンターも公的機関であるため、あまり使えないのではないか?と感じる方も多いでしょうが、これからご紹介する裏事情を知ることでイメージは一気に変わる可能性が高いです。

東京しごとセンターで働く人の経歴

東京しごとセンターで働く人は、大手の転職エージェントで多くの経験や実績を積んだキャリアアドバイザーになります。

どのような仕組みになっているのかと言いますと、東京都が各大手の転職エージェントに求職者の方の転職支援を目的に依頼し、大手の転職エージェントが協力に合意すると在籍出向という立場で、東京しごとセンターで転職支援の仕事をします。

東京しごとセンターは公的な機関ですので、キャリアアドバイザーの経験があればだれでも良いということではなく、一定の基準を満たした転職支援実績が豊富なキャリアアドバイザーのみが出向されます。

公的機関の場合、国や東京都の職員が働くことが普通ですが、若手正社員チャレンジ制度を運営する東京しごとセンターの場合、事務職は東京都の職員が担当し、求職者のみなさんの転職支援は現役のキャリアアドバイザーが行います。

求職者のみなさんからすると、民間の転職エージェントを利用せずとも東京しごとセンターの若手正社員チャレンジ制度に申し込むだけで転職活動を行うことができるのです。

若手正社員チャレンジの転職支援の内容

基本的には、民間の転職エージェントと同様の転職支援の内容になりますので、転職支援の内容だけであればあまり差別化はありません。

大事なことは、民間の転職エージェントがビジネスにならないため転職支援を消極的にしか行わない若手人材で経歴が厳しい求職者の方をどのような仕組みを持って転職支援を行っているかということです。

ポイントになるものは、東京しごとセンターの若手正社員チャレンジと採用する側である企業の関係性にあります。

嫌らしい話になりますが、転職支援にはとうしてもお金が関係し、もっと具体的に言うならばお金がキーポイントになります。

東京しごとセンターの若手正社員チャレンジは企業も無料利用できる

民間の転職エージェントを利用する場合、求職者の方はすべてを無料で転職支援を受けることができる代わりに、企業が採用支援を受けるために企業が転職エージェントに対して採用費として成功報酬を支払います。

その成功報酬があることで求職者の方に転職エージェントは無料で転職支援を提供するのですが、企業からすると戦力になりにくい若手の経歴が厳しい人材を費用を転職エージェントに支払ってまで採用しようとはしません。

そのため、若手の経歴が厳しい求職者の方は転職エージェントから手厚い転職支援を受けることができず転職しにくいということになっています。

企業も採用費となる成功報酬がゼロであれば、企業としてはすぎに戦力にはなりにくい若手の経歴が厳しい求職者の方を採用する気持ちになるでしょう。

そこに東京しごとセンターの若手正社員チャレンジ制度は着目して、企業からも費用を一切受けずに採用支援することで若手の転職しにくい人材の転職支援をすることができています。

では、どこから、東京しごとセンターの若手正社員チャレンジ制度の運営費用を賄うのでしょうか。

答えは、東京都です。

東京都から一定の予算を与えられ、そのなかで転職支援や企業の採用支援を行っています。

転職支援の内容はこのあと、ご紹介しますが、ここまで具体的に機能や裏事情をご紹介しているのは、ここの部分が不透明であれば、東京しごとセンターの若手正社員チャレンジ制度の概要が分からず、民間の転職エージェントと変わらないと考えて転職を諦めてしまったり、公的機関というその一点だけでハローワークと同様と考えてしまい積極的に若手正社員チャレンジ制度を利用しようとしなくなるという懸念があるからです。

求人の種類

基本的には転職支援の内容は民間の転職エージェントとあまり変わらないということはご紹介した通りになりますが、転職支援のなかで違いがある部分について触れておきます。

どんな求人が多いのかと言いますと、中小企業やベンチャー企業の求人が非常に多いです。

特に中小企業の求人の数は東京しごとセンターの若手正社員チャレンジが保有する全求人のなかで7割ぐらいを占めます。

大手企業やベンチャー企業は、人気求人になりますので企業は無料であってもわざわざ東京しごとセンターの若手正社員チャレンジを利用して即戦力になりにくい人材を採用しようとはしません。

しかし、中小企業は、そもそもとして採用不人気企業ですので母集団形成すら困難で採用活動に苦戦します。

転職に苦戦、採用に苦戦するこの両者を無料で間をつなぎ相互にメリットがでる仕組みが東京しごとセンターの若手正社員チャレンジです。

転職できるのか?

答えは、かなりの確率で転職可能です。

企業も無料ですので、採用基準が大きく下がり、採用後、多少の教育時間はかかっても無慮であるため、労働力の確保として考えるため、フリーターやアルバイト経験が多い求職者の方でも採用しようとします。

若手で転職が厳しい求職者の方のなかでも特にフリーターやアルバイト経験が多い求職者の方は転職に相当な苦戦がありますが、東京しごとセンターの若手正社員チャレンジを使うことで転職することが可能になります。

登録している約6割~7割程度の求職者の方が正社員として企業に転職することが出来ています。

登録からどれぐらいの期間で転職することができているのかと言いますと、基準になるのは半年ぐらいです。

この半年という期間は、民間の転職エージェントを利用しての転職活動とほぼ変わらない期間になりますので、長期的な活動が必要ということもありません。

利用価値は十分高い

キャリアアドバイザーの質も実績十分で専任の担当者がつきますし、求人も転職しやすい求人が多く期間としても平均的な期間で転職することができますので、東京しごとセンターの若手正社員チャレンジ制度を活用して正社員転職の道を切り拓いてください。

公的な転職エージェントでありながら、その裏側はキャリアアドバイザーのプロが運営していますので、民間のその他の転職エージェントと転職支援の質は変わりません。

本当の意味での転職成功のために

転職エージェントは上手に活用すれば、条件の良い企業へ転職でき順調にキャリアアップすることが可能です。

むしろ転職エージェントなしに、ハローワークや転職サイトだけでピッタリの求人を見つけるのはかなり難しいです。

転職サイトなどの膨大な数の企業から、どれがあなたに最適な企業なのか一人で判断するのは難しいでしょう。

一人で転職活動をして失敗したという人が、転職エージェントに再転職の相談に来ることも少なくありません。

本当の意味での転職成功は、転職後の給与や仕事内容に満足できるかになります。

転職しても、その後の給料や仕事に不満があれば転職成功とは言えません。

その意味でも、真剣にあなたに向き合ってくれる転職エージェントに相談することで、あなたが希望する転職先を見つけることができるのです。

ただし転職エージェントを使ったことがない人は、どうやって選ぶの?や、転職エージェントってお金がかかるの?など疑問があると思います。

そうした不安を解消するために、転職エージェントの選び方!メリットやデメリットも全てお教えしますに転職エージェントの良くある疑問について説明しているので参考にして下さい。

転職エージェントの選び方や、皆様が疑問や不安に思っていることについて解説しています。

また転職エージェントを比較した、転職エージェントを徹底比較おすすめランキングもあなたに最適な転職エージェント選びの解説をしているので参考にして下さい。

転職エージェント選びの成功は、転職成功に結びつくと思って頂いて間違いありません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク