メンズアウターはこれで決める!さりげなく決めるコーディネート

スポンサードリンク

目次

ダウンベストはオシャレメンズにおすすめのアウター

メンズのアウター選びで、ダウンを選択する人も多いと思います。

ダウンベストは子供っぽくならないように、黒のニットとオックスフォードシューズを合わせて大人なスタイルに。カーキのベストがアクセントになり、おしゃれ度をアップしてくれます。重くなり過ぎないようにパンツは白で、爽やかな印象にすることができます。

スタイリング次第では大人の方も楽しめる商品です。ベストなので上にアウターを着ることもできますし、インナーをカットソーに変えると春先まで長く使えます。

大人っぽく見せるためのメンズアウターの着こなし方

大人っぽい印象に見せたい方のメンズアウターとして、ストレッチステンカラーコートがおすすめです。ストレッチステンカラーコートは襟元をオシャレに演出することができ、大人っぽく見せることができます。前を開けても閉じても大人の雰囲気を醸し出せますので、子供っぽく見られることが嫌な方に最適なアウターです。

ストレッチステンカラーコートは同じ素材のボトムスとの相性が良く、コーデがお洒落に大人っぽくまとまります。スキニーパンツでもワイドパンツでもお洒落にまとまりますので、汎用性は非常に優れています。インナーはニットやカットソーもマッチしますが、大人っぽく見せたい方はドレスシャツやチェックシャツがおすすめです。

スポンサードリンク

オンもオフも使えるメンズアウター

1枚で着ればきちんとした印象を与えることの出来るストレッチステンカラーコートがあれば、スタイリッシュなコーディネートがすぐに完成します。シンプルなデザインなので、ジーンズでも、スーツでも合わせやすいアウターになります。

また、インナーにパーカーなどを合わせれば、カジュアルにも着こなせますので、カジュアルな雰囲気を味わいたいときにも着まわしがききます。通勤の時にはスーツに合わせて、デートの時には普段着にさっと羽織れば、きちんとした印象が作れます。

カジュアルダウンしたい時には、パーカーやトレーナーに合わせる他、ニット帽と合わせてもカジュアルな印象が演出できるかと思います。まずは1着目のアイテムとしてもちたい基本アイテムのアウターといえるでしょう。

公式サイトをチェック

ジャケットで日常からビジネスマンで楽しむ

仕事の日と休みの日でアウターを別々に着る人は多いが、一着で仕事の日も休みの日も着られたら便利です。それがこのジャケットで、防寒を防いでくれる大きめのフードにはワイヤーが入っているためアクティブに動いても形が崩れる事がないです。ジップはオリジナルになっていて、持ちやすいビストロジップを採用しています。ダブルジップ仕様であるため、上下の開閉が可能で内側にもジップが付いている事から暖かさを逃がさないで保つ事が出来ます。胸の部分にはスマホや音楽プレーヤーを収納するのに便利なポケットが付いていて、ネックの部分にはイヤホンのコードを留めておけるマジックテープが付いています。これで、休日も趣味の時間が楽しめます。

高機能ダウンでカジュアルなアウタースタイル

風合いがマットで深みもあり、落ち着いた雰囲気を醸し出されます。ネック部分はジップになっているためフードが取り外せて、外した後もジップの部分が隠れるように作られています。リブ部分も鶏外しが可能で、服装に合わせて着こなしが出来ます。洗濯も自宅で出来るため、首回りの汚れを防げます。長く着られて、様々なシーンで使われる事を想定して考えられています。飽きの来ないデザインで、真冬でも快適にお洒落に過ごせるダウンになっています。全てにおいてバランスの取れたクオリティで、見た目もスタイリッシュなデザインが魅力的です。スーツのジャケットの上から羽織る事も出来て、冬のビジネススタイルでも活躍して1着あると便利です。

個性があるジャケットコーデ

個性がないジャケットというのは他人と同じようなシンプルのジャケットを着たり、決まったテーマのないコーデのことを言います。差をつけたいコーデを見せたいならこのダウンジャケットに首が少しだけふわふわしているコーデをおすすめします。普通の男性のコーデの場合、暗いとか堅い印象があるダウンジャケットが多いですが、男性の明るいジャケットコーデを見たいという人もいると思います。しかし、このジャケットコーデなら首元が少しふわふわしているので、さっぱりしている男性にも見えるし、あまり怖そうな印象を持たず、若い青年風にも見えます。個性があるしジャケット以外のところに明るい洋服を身に着けることでさらに明るい印象を持ちます。人より優れたコーデを目指すためには、このジャケットコーデが一番です。

 

トレンド兼ねたスタイリッシュなブルゾン

シンプルかつベーシックな中でも、今年らしいデザインのMA-1ブルゾン。元の由来は、フライトジャケットの一種でしたが、ここ最近はミリタリー調のブルゾンはMA-1と称して呼ぶようです。通常のジャケットで襟があればインナーは襟付きを避けますが、ノーカラーよりのデザインであるブルゾンは襟があるインナーでもスマートに収まります。ミニマムでコンパクトなシルエットはスタイルアップに、今季はロングブルゾンも多く出てきているので少し中性的な印象を持つスタイルを目指すならロングブルゾンもオススメです。デニムスタイルやチノパンのカジュアルスタイルにも、キレイめなシャツにスラックスコーデにもツヤ感、ハリ感のあるデザインは重宝するラインとなっています。

公式サイトをチェック

王道大人キレイめベーシックなスタイリング

ツヤ感、ハリ感のあるロングトレンチコートはトーンを合わせたスタイルにするとクールな印象になります。ONOFF使えるデザインとなっていて万能性の高いアウターです。

カジュアルな着こなしなら、ワイドシルエットがトレンドなのでワイドパンツをロールアップしてスニーカーや、マニッシュな着こなしならっスリムパンツにロングニットや、異素材のインナーダウンなどを中から見せてオシャレに着こなしてもGOOD。

レイヤードスタイルにするなら襟元にボリューム感の出るスウェットパーカがオススメです。またこのトレンチコートはデザインにボリュームが少ないので、アウターオンアウターをしてオシャレに着こなすのも素敵です。レザーライダース×トレンチコートやデニムジャケット×トレンチコートといったレイヤードが新しいスタイルを生み出しています。

ショートダッフルは遊び心溢れるカジュアルアウター

地厚で少し革らしい雰囲気を持つ、ショートダッフルはどんな男性でも着こなしやすい定番アウターとして人気です。

学生スタイルなら制服の上に着てもオシャレですし、そのままOFFスタイルにはシックなモノトーンで合わせれば大人な表情も見せてくれます。男性から見ると少し可愛らしい印象ですが、大人の男性が着こなすと一気にカジュアルダウンし遊び心あるオシャレなスタイリングへと変わります。

ダッフルのデザイン自体が地厚でポイントボリュームが多いのでボトムスはスリムパンツやスキニーパンツがオススメです。なるべく足元もスマートにして、アウターだけカジュアルに見せるのが大人スタイルに見えるコツとなります。

個性的ライダースジャケットで抜け感ある魅力

一般的なレザーライダースとは違い、柔らかい印象を兼ねそろえたライダースジャケット。レザーの出すツヤ感はどことなくハードなイメージが強いですが、地厚でしっかりとした素材で柔らかい生地のメルトンを使用する事でカジュアルからシックなラインへと持ち込めます。

このタイプのライダースは男性的な凛々しさが強くないので、出来るだけスタイリングは色を使うと良いです。オールブラックやホワイトなどの着こなしよりも凹凸感が出るのでスタイリング自体を華やかに見せるのがコツです。

もし、同じカラーのスタイリングをするならトップス、ボトムスどちらか異素材でインパクトのある生地をもってくるとハンサムに決まります。

公式サイトをチェック

こなれたスタイルならコーデュロイジャケット

今年は異素材MIX、異素材単体がトレンドです。中でもコーデュロイは今までになかった男性のこなれ感を演出してくれるアウターとあって大人気です。サイズ感にもよりますが、より大人カジュアルなラインならコンパクト、トレンドよりな着こなしならオーバーサイズでいつものサイズよりワンサイズ上げてもいいと思います。

裏ボアデザインなので見た目よりも暖かく防寒性にも優れています。ボアを使うと通常は上半身にボリュームあるスタイリングになりやすいのですが、元々もつコーデュロイの生地が立体的なのでスマートな見え方にしてくれます。

インナーにボリュームニットを着てもキツく見せずに、ボトムスも選ばないのでベーシックアウターが多い方には、いつもとガラッと雰囲気を変えられるアウターとしてオススメです。

往年着られる新ベーシックコート

ふくらみのある、メルトン素材のステンカラーコート。一般的なステンカラーコートよりも地厚でスーツの上からも、普段着としても兼用できる万能コートです。

ふんわりした生地感+知的さをプラスするステンカラーコートは、スーツ地などを取り扱い培ってきたクオリティの高い技術を有するイタリアのテキスタイルメーカーが作り出す逸品。着たり脱いだりがスムーズに行えるよう裏地がサラッとしたポリエステルになっていることもポイントの1つです。表地はウール、ポリエステル、ナイロン、レーヨン、綿といった様々な素材を使用したメルトン素材を使用し暖かさを保ちつつ比較的軽い上質な素材を使用しています。

シンプルなデザインなので合わせるアイテムを選ばず、ニットなどの落ち着いたアイテムの相性はもちろん、パーカーなどのカジュアルな着こなしにもピッタリです。細かいシワなどもつきにくいのでどんな場面でも安心して着用できる強い味方です。

公式サイトをチェック

個性的に着こなすカラーアウターは鮮度抜群

独特なハリ感が出るボンディングツイルを使用したカラージャケット。このボンディングとは、2枚の生地を特殊なボンドで貼り合わせることによって、生地に上品なハリを演出する加工のこと挿しておりこれによって、表と裏で生地が異なることで、ふとした時に裏地が見えるとオシャレな印象になります。

表地には、秋冬に着やすい暖かさを考慮するためのポリエステルにウールを混毛し、保温性を高めたデザインとなっています。カラーアウターは着回しが効かない事などで敬遠されがちですが、大人男性だからこそ着こなすと鮮度あるスタイルへとブラッシュアップします。

ダークトーンな着こなしになりがちなこの季節は1枚カラーアイテムを加えると一層魅力あるスタイルになります。

コンパクトボリュームダウンを極めてハンサムに

 ジャケットの中でも無駄のないデザイン性と機能性に優れた中綿ジャケットの登場です。究極ベーシックなこの本格派中綿ジャケットは、従来の中綿ジャケットよりも縫い目のないシームレスよりにする事で隙間風や雨や水の侵入を防いでくれます。

よって暖かさがこもるので一層防寒性の強いジャケットへと進化しています。中綿ジャケットは通常縫い目も多く、段差的なボリュームがついてしまう事が多かったですが、このタイプは、すっきりとしたデザインかつ首元にボリュームがつく仕様なので男性が着るジャケットの中でもすっきりとした印象で着こなして頂く事ができます。

正統派クールコートは定番カラーをチョイス

良く子供っぽいと思われがちなPコートですが、実は着こなし方でグッと大人な着こなしになります。みんなが敬遠されがあちなアウターを着こなせれば一層オシャレに、そして幅広いコーディネートをお楽しみ頂けますね。ポイントとしては王道カラーをチョイスする事、ブラックやグレー、キャメルなどがイイです。

そして、なるべくサイズはジャストサイズをにします。Pコートを着る際はカジュアルなスタイルはNGです。なるべくキレイめカラーのニットやベーシックカラーのスリムパンツで控えめなスタイルを心掛けるととってもスタイリッシュにまとまりますよ。もし、カジュアルになりすぎたら、ニット帽やオシャレメガネなどを使って抜け感を出すのも効果的です。

公式サイトをチェック

カジュアルな中でも品ありスタイル

まるで本物のムートンとファーを使っているかのような、滑らかでしっとりした質感のストレッチアウター。質感が柔らかく程よい光沢感なのでカジュアルなデザインでもどことなく品のあるコーディネートが作れます。

ラグジュアリーな雰囲気のフェイクムートンはスタイリングがデニムやチノパン、ワイドパンツでもカジュアル過ぎず普遍的なカッコ良さと特別感を両立した理想のアウターとなっています。

暖かい裏地のファーさえあれば、この1枚で着ぶくれ0のオシャレなコーディネートが楽しめる事間違いありません。伸縮性もあるので冬場に重ね着した上からでも動きやすいアウターとなっています。

多様化しているデニムジャケットでオシャレに

本格仕様のデニムジャケットは往年飽きのこないジャケットとして安定的人気を誇っています。デニム特有のかじゅあるさは色合いによって変化をかけます。定番ブルーは系統問わず合わせやすく、全体のカラーバランスも迷わず着こなす事ができます少しクールなブラックはデニムの固さを主張するので、モノトーンコーディネートであわせるか、スリムパンツとの合わせですっきりとした見え感にするのがオススメです。

デニムジャケットは厚みがないので、レイヤードアイテムとしてここ数年人気も急上昇中。デニムジャケット×カウチンや、デニムジャケット×ミリタリージャケットなどでアウターレイヤードを。1つ持っていれば幅広いコーディネートを楽しめるアイテムとして重宝しますよ。

公式サイトをチェック

どんなシーンでもクリーンな印象に

カジュアルにも、キレイめにも相性の良いN3-Bデザインのモッズコート。フライトジャケットの中でも防寒性が高いモデルとなっています。中綿も完備しているので、ビジネスシーンでも暖かく着れます。通常のモッズコートよりもスマートなシルエットで着ぶくれ感も少なく幅広いシーンで活躍する事間違いありません。

首回りのファーはラクーンファーを使用していて、内側にもポケットを数か所作っている事もありちょっとしたお出かけの際はポケットを使用して手ぶらでスタイリッシュな装いも楽しめます。横からのシルエットはAライン調なので、ボトムスはワイドパンツ、スリムパンツ、デニムパンツとどんなタイプにも相性が良く、インナーに関しては厚手のタイプだと着づらいので薄手のタイプを着て余裕を持った着こなしがベストです。

中性的マニッシュが色っぽいスタイル

シープレザーの上品さと、メルトンの繊細さが合わさったキレイめアウター。バイカラー要素も兼ねたデザインは、どことなくベーシックな雰囲気をも出します。ヴィンテージライクなカラーリングは落ち着いた印象も残してくれることでカジュアルなパーカや、キレイめニットなどを合わせるて真冬でもスタイリッシュな装いに仕上げてくれます。

この上品な生地を使う事でカジュアルなデニムスタイルでもどことなくマニッシュな雰囲気を残し、チノパンやカーゴパンツなどを合わせる事で大人カジュアルなスタイリングになります。シャツ×ニットに細身のパンツでカレッジスタイルに格上げしてもオシャレです。

ライトなキルティングが男らしさを上げる

個性的で大人男性を象徴するドンキー襟が魅力的なデザイン。そして、着ぶくれ感をカットしたキルティング加工を施し、中綿を使用したことで防寒性の高いジャケットとなっています。固さも少なく、比較的柔らかなPUレザーを使っているので動きやすさも抜群。

ベーシックなブラックだとハードに見えがちなデザインですがオススメカラーは暗くなりすぎないグレー。マットで大人っぽさの出るカラーは一層このジャケットの良さを引き立ててくれます。クリーンな印象にするならモノトーンでコーディネートを、ノルディック柄やボーダー柄などを取り入れる事で絶妙バランスな遊び心も垣間見えるカジュアルスタイルへと変化します。

公式サイトをチェック

無駄のないデザインが一層アーバンなスタイルに

シックな装いでエレガントな仕上がりに見せてくれるネイビー。柔らかな質感と上品な作りが一層高級感あるスタイリングにしてくれます。カジュアルなボーダーんにキレイめなホワイトパンツで抜け感あるスタイルや、モノトーントップスにインディゴのデニムパンツを合わせてクリーンなスタイルも叶います。

一般的なダブルレザージャケットよりも、男性的なゴツさが少なくソフトな印象なので、カラーブロックのニットや、大きめなケーブルニットなどと合わせても素敵です。パンツはスリムパンツかレギュラータイプがオススメです。

最旬アウターで作る脱力スタイルがカッコイイ

防寒性を高めるアイテムとして付属されていたライナーは今では最旬アウターとして君臨しています。軽くて暖かい仕様は男女共に人気のあるデザイン。着こなしやすいデザインが人気の秘密です。固すぎない脱力感ある合わせでオシャレに見えるので、スウェットパンツやワイドパンツといったゆるめなボトムスで合わせるスタイルが人気の高いスタイリングです。

ニットトップスとの合わせでも窮屈なシルエットにならず、アウター同士のレイヤードにも優れているのでライナージャケットの上からキレイめのチェスターコートんどのロングコートで合わせるとマニッシュな要素も出るのでスタイリッシュにキマリます。

ダンディな中に垣間見える華奢さが魅惑なスタイル

保湿性の高い重厚感ある生地がどことなくダンディささえうかがえるステンカラーコート。デザインは繊細で無駄のない仕様が華奢で芯のある細さが魅力的なラインです。マットな質感と嫌味のないツヤ感なので、カジュアルパンツとの相性は抜群。デニムパンツはもちろん、カーゴパンツ、ホワイトパンツ、スリムパンツ、スウェットとどんなパターンでもオシャレに着こなせます。

そして、ビジネスシーンでは襟元を立てるだけで360度視覚のないキレイなフォルムを生み出します。シーンに合わせた着こなしを楽しめる逸品です。

公式サイトをチェック

目指すは大人ナチュラルなスタイル

こなれ感のあるオシャレなアウターとして定番人気のダッフルコート。ジャケットタイプとは裏腹に大人っぽくk儒あるにもキレイめにも着こなせます。あらゆるシーンで応用の効くデザインですが、シャツ×ニットのマニッシュなレイヤードスタイルでグッと知的に見せるのも素敵です。

他にも、カジュアルな着こなしならワイドパンツをロールアップしてポイントカラーソックスなどを使用し遊び心ある大人カジュアルを楽しむのもスタイリッシュです。細身のパンツ以外でも合わせ方によってたくさんの表情を見せてくれるカメレオンアウターといっても過言ではありません。

たまらなく旬顔なオーバーサイズコート

トラッド要素含みつつシンプルでベーシックでカッコいいチェスターコート。クールでハンサムな印象がつき大人気のアウターです。通常のチェスターコートとは違い、カットオフ仕様で独特なほつれ感がいい味を出してくれます。固すぎない仕様なので、ざっくりと着る装いがとても魅力的に映ります。

ベーシックなスタイルはもちろん、同じくオーバーサイズなトップスにスリムパンツや、ショートトップスにワイドパンツといったメリハリあるスタイリングがポイント。アウターのオーバーサイズを活かしてあげるとスタイリングも一層オシャレにまとまります。このチェスターコート、カラーによって雰囲気が変わるのでブラックならシックに、グレーならカジュアルに、ネイビーなら知的でクールな印象になります。

公式サイトをチェック