正社員を辞めたいならこの方法で転職するのが一番

今現在、正社員として会社に在籍している人で、正社員としての立場を捨てて会社を辞めたいと思っている人はいませんか?

正社員という立場は、雇用の安定を期待する意味では、最高の雇用形態になります。

一方では、アルバイトやパートなどの非正規雇用とは異なり、会社内での責任や仕事量も多く、プレッシャーがあるということも事実です。

そのため、冒頭でお伝えしたように正社員として会社を辞めたいと考える人もいることは事実ですが、正社員としての立場を変えて非正規雇用として働くということは長い人生を考えると決して最高の選択とは言えません。

正社員を辞めたいと思っているならば、今の会社の正社員を辞めて違う会社の正社員として働けば良いだけのことです。

もちろん、そこにはある程度の責任や仕事量はありますが、非正規雇用として働き立場や身分が安定しない社会的にも信用が欠ける状態を作るよりもマシです。

今の雇用情勢には、正社員として働きたくても働けない人はたくさんいるのです。

今回は、正社員を辞めたい人に向けての情報をご紹介します。

スポンサードリンク

正社員ではない立場の自分を取り巻く環境

正社員を辞めたいと思っているのであれば、その先にはあるのは非正規雇用です。

今だけを見て正社員を辞めたいと思っているはずですので、正社員を辞めて非正規雇用で働くことになると、自分を取り巻く環境がどのようになるのかを先にご紹介します。

先述の通り、非正規雇用とは、社会的には安定を確保することができませんし、責任や仕事量も少ないために収入面では低賃金と言われています。

正社員の場合、月給制であることがほとんどで、更に年間数回の賞与があります。

賞与を含めて考えると、ある程度、自由に使えるお金が保証されるということになるのですが、非正規雇用の場合は、賞与はありませんし、月給ではなく時給です。

正社員と非正規雇用の大きな違いの一つに成果で仕事をして対価を得るか、時間で仕事をして対価を得るかがあります。

時間で働くということは、働かない時間があると、その分、対価は減るということです。

それでなくても低賃金でありながらも働かない時間を作ってしまうと、更に低い収入になってしまいます。

生活に支障が出ることもあるでしょう。

また、社会的に見ても、雇用の安定性に欠ける非正規雇用の場合ですと、車を買う、家を買うなど人生において大きなお金を必要とする際に非常に困ります。

もちろん、現金一括で購入できる貯金があれば話は別ですが現実的に考えて車や家などの大きな買い物を現金一括で購入することができる人は数少ないでしょう。

普通は、ローンを組み毎月支払っていくスタンスになるのですが、ローンを組むためには金融機関などの審査を受ける必要があります。

金融機関などの審査基準の一つに雇用の安定があります。

正社員であれば、無期雇用になりますので、契約が終了するということは想定することの方が難しいですが、非正規雇用の場合は、無期契約ではないので、金融機関からすると審査を通してローンを組んだ後に、いつ雇用契約の終了があるか分からないため、ローンの回収ができないことも想定できます。

これが理由で非正規雇用の場合は審査が通らないことが多いのです。

日常生活においても低賃金ですから自由に使えるお金には制限があり、非日常的な大きな買い物でも金融機関の審査が通らず購入できないという生活自体に制限があり、人生として生きにくい状況になってしまうのです。

今、正社員を辞めて非正規雇用で働くことを考えている人は、正社員を辞めた後の自分を取り巻く環境が今とどう変わるのか想像していますか?

正社員として働いている今、何の不自由なくできていることが非正規雇用で働く場合は、できなくなります。

非正規雇用で働くことでできることが少なくなり、その分、できないことが多くなるということになります。

今の会社の正社員が嫌なだけ

正社員を辞めたいを、もっとかみ砕いて自己分析してみてください。

恐らく、正社員を辞めたいではなく、『今の会社の正社員を辞めたい』という結論に至るのではないでしょうか。

同じ正社員でも在籍する会社、働く環境、働く上司や同僚により、全く違う世界になります。

企業はそれぞれに社風という性格があり、その社風に近い社員が集まっていますので、社風と自分の性格や考え方が違えば、働きにくい職場環境になる可能性は極めて高いです。

転職市場において言われる言葉に、『何をやるかよりも誰と働くか』を優先的に考えた転職活動をした方が良いいうものがあります。

この言葉をもう少し具体的にお伝えすると、やりたい仕事も一緒に働く人により、やりたくない仕事になるということです。

陶芸などの職人などを除き、どの企業で組織で運営していますし、仕事は自分ひとりで完結できないことの方が多いです。

どのような優秀な人材でも、自分ひとりだけで大きな成果を出すということは難しく、一人でできる仕事の質や範囲にも限界があります。

より大きな成果を出すためには、いかに社内、社外の人の協力を受けながら、自分としては人を巻き込むことができるかが必要です。

その意味で、自分の考え方や性格に合わない組織で働いていると、居心地が悪くなり、浅い考えですと、正社員として働くことが嫌になるということです。

浅い考えは捨てて、先程も言いました通り冷静になって自己分析をもう一度行って下さい。

自己分析を行いつつ、正社員を辞めた後に自分を取り巻く社会的な環境も加味した上で、正社員を辞めたいを行動に移すかどうかを決めて欲しいのです。

大体の場合は、今の会社の正社員を辞めたいだけで、違う会社に転職すれば、正社員として十分に働ける可能性が高い訳ですから、自己分析などを行った上で、転職した方が絶対にっ良いでしょう。

スポンサードリンク

今の転職市場は最高

求職者にとって転職活動は、いかに求人紹介があるかどうかが生命線で、転職市場に求人がどれだけあるかにより転職活動の質や幅が大きく変わります。

同じ求職者でも、求人が多い状況と少ない状況では転職するまでに必要な期間や選択できる範囲も異なります。

今、正社員を辞めたいと思っている訳ですから、今の転職市場はどのような状況を知る必要があります。

今の転職市場は売り手市場と言われていて、転職活動をするには絶好の状況になっています。

2020年の東京オリンピック開催により、日本経済全体が好景気になり、それに伴い多くの企業が業績拡大を実現しているため、人材不足になっています。

社内で人材不足になっているということは外部から人員を補充するしか企業は方法がありません。

人員不足を解消すると言っても、今すぐに戦力になる人材でなければならず新卒採用ではだめなのです。

そこで中途採用という手段により即戦力人材を採用しようとするのですが、その対象は求職者です。

今、正社員を辞めたいならば、今、転職活動をして即戦力人材が不足している企業に転職してしまえば良いだけでのことです。

同じ正社員ですから、雇用の安定は担保できますし社会的な信用を落とすこともありません。

今までも売り手市場の状況は何度かあったのですが、今ぐらいの最高の状況は過去に例がありません。

今、正社員を辞めたいと思っている人は、かなり強運の持ち主です。

正社員を辞めたいとしても、正社員として働き経験を保有していることも事実ですから、転職市場は、経験を企業が評価する構造になりますので、思っている以上に最高の正社員としての転職ができるでしょう。

働く環境を変えることで同じ正社員でも雲泥の差を生むことが多いです。

今の会社の正社員が嫌ならば、それは働く環境が嫌なだけであり、正社員を辞めたい訳ではないはずです。

転職して違う会社での正社員の道を選び、今とは想像もつかない正社員として前向きに働く自分がそこにいるはずです。

どうしても正社員を辞めたいならば・・・

社会的な信用を考え、また、自己分析を行った結果、どうしても正社員を辞めたい、とりあえず、今は正社員を辞めたいという結論に至った場合は、生活のためには働かなければなりませんから、非正規雇用で働く選択しかありません。

しかし、非正規雇用でもアルバイトやパートではなく派遣社員の道を選んでください。

派遣社員と聞いて、アルバイトやパートよりも雇用の安定がないのではないか?と疑問に思うかもしれません。

通常の登録型派遣であれば、アルバイトやパートよりも雇用の安定は厳しいですし、社会的な目も同様に厳しいです。

ここで言う派遣社員の道とは、登録型派遣ではなく、正社員前提とした紹介予定派遣のことです。

紹介予定派遣とは、企業に入社する段階では派遣社員という雇用形態であっても、6カ月を上限として期間を決めて、その間に派遣社員として働きながら企業と自分自身が実務を通して正社員したい、正社員になりたいかどうかを判断する制度です。

紹介予定派遣は、労働者派遣法という法律に規定されている法的に認められた制度で、比較的、新しい規定になります。

今まで正社員として働いてきたために派遣業界に関しては詳しくないという人も多いでしょうが、正社員を辞めたいのであれば、紹介予定派遣という選択が良いでしょう。

派遣社員という自分も、企業に派遣として入社して企業の中身を見ることができます。

通常の転職活動は正社員が普通ですので、まだ入社してもいない企業を面接だけで自分に合うか合わないかを判断しなければなりませんし、一度、転職すると正社員での雇用形態ですから、後戻りすることも不可能です。

正社員としての転職はその意味ではリスクがありますし、そもそも正社員を辞めたいと思っている求職者は、正社員としての転職が決まっている転職活動は向いていません。

紹介予定派遣という制度をうまく使い、派遣という立場で一度、働いてみて、派遣という立場の自分がどうなるのかを自分で確認しつつ、そのなかで、『やっぱり正社員が良い』、『正社員なら、今、派遣で働いている会社が良い』と思うのであれば、正社員面談を受けて正社員として、また働けば良いのです。

転職エージェントを使ってみよう!

今の会社の正社員を辞めたいと思えるのであれば、転職が良いのですが、自分ひとりで転職活動をすると、正社員を辞めたいと思っている人にとってはあまり良い転職活動の環境を作ることは難しいです。

正社員を辞めたいというネガティブな心理状況になっているため、転職活動に対しても前向きになることができず、心のどこかに『違う会社に転職しても正社員ならどこもおなじでは?』という半信半疑な思いもあるでしょう。

そこで、第三者の意見や支援を受けて転職活動をすることで、他の会社で正社員として働く場合、どのような自分になるのかを相談や支援のなかから具体的なイメージを掴むことができますし、同じく支援を受けながら自分に適した会社選びをすることができます。

その転職方法は転職エージェントを利用することです。

転職エージェントを利用することで確実に言えることは、自分ひとりで転職活動をしなくても済むということです。

簡単に感じるかもしれませんが、正社員を辞めたいというネガティブな心理状態にある人には非常に大きな要因になります。

転職支援のプロが専任で担当につきますので、求人紹介やその他の転職支援を通じて、求職者の心理状態の改善や、求職者に合った求人選び、転職活動を提供してくれます。

転職エージェントを利用して正社員としての内定を取った場合、その内定条件が今の会社と比べてどのようなメリットとデメリットがあるのかを客観的にアドバイスし、条件次第では辞退の提案もあるでしょう。

正社員を辞めたい求職者に、内定が出たからと言って転職を促進することも転職エージェントはありません。

転職エージェントのなかでもリクルートエージェントは良いです。

求人数も日本でトップですし、転職支援の実績も申し分ありません。

また、グループ会社には派遣会社もありますので、転職活動をしてみて、やはり非正規雇用が良いという判断に至ったのであれば、派遣会社を使ってリハビリも兼ねて紹介予定派遣で派遣社員として働くこともできるでしょう。

転職活動の幅だけではなく雇用形態の幅を広げた活動を行うことができるのです。

ベストは正社員として転職することですが、正社員を辞めたいのであれば、違う方法もあるということを知ってください。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment