第二新卒の転職は今じゃ当たり前!3人に1人は第二新卒という事実

今の転職市場は、これまでに例がないぐらい最高の状態であり、超がつくほどの売り手市場になっています。

転職を考えているのであれば、今が転職する絶好のタイミングですので、転職を助長する意味ではないですが、転職活動を積極的に行うべきです。

そのなかで、特に売り手市場になっている求職者の年齢層があります。

それが25歳までの年齢です。

この層を転職市場では第二新卒と呼ぶのですが、求職者のなかで自分がその年齢に入っている場合は、転職活動が長期になることなく、比較的簡単に内定を勝ち取ることができるでしょう。

今回は、第二新卒の転職について、転職情報をご紹介します。

スポンサードリンク

今は第二新卒の転職は当たり前

第二新卒をもう少し具体的に言いますと、新卒で入社した企業を3年以内に退職する若者と言います。

昔の日本は終身雇用の時代でしたので、新卒で入社した企業を3年以内で退職するということは、かなり異常な扱いをされて、周囲からの反対も多かったです。

ところが、時代は移り変わり、新卒で入社した企業であっても、自分に合わないのであれば、転職すべきだという考え方が日本には定着し出して、第二新卒の求職者の転職はやりやすくなっています。

昔は、『転職してしまった』ですが、今は、『転職しよう』です。

似た言葉でも語尾が全く違いますので、昔ながらの考えを持っている第二新卒の求職者は考え方を今の時代に合わせて転職した方が得策です。

大きな社会問題にもなっていますが、新卒で入社した企業を3年以内で退職する若者が非常に増えていて、今は3人に1人は第二新卒に該当します。

つまり、大半の企業は、新卒社員だけで組織を構成しているのではなく、第二新卒の転職社員が3分の1ということです。

25歳以内の自分が転職しても転職先の企業で馴染めるのか、浮いてしまうのではないかと不安に感じている求職者は、気にする必要は一切ありません。

第二新卒の転職市場

第二新卒の転職市場は、今、相当熱い状態にあるので転職しやすいということは冒頭で伝えた通りになるのですが、実際に転職活動をしたらどうなるのかという点に関してご紹介しますが、1つだけ絶対に注意したい点もありますので、先に注意点をご紹介します。

ブラック企業への転職可能性もある

新卒で入社するということは、人生で一回しかない新卒入社のカードを早期に捨てるということでもあります。

自分に合わないなかで下手に我慢して在籍し続けるよりも転職した方が余程、将来の自分にとってはプラスになるので転職すべきなのですが、転職する企業を見誤ってはいけません。

見方として、人生に1回しかないカードを早期に捨てるということは、それぐらい自分にその企業が合わないということです。

人生に一回しかないカードを簡単な理由で捨てる人はあまりいないでしょう。

25歳以内の求職者が退職する企業には、まともな労働環境ではない企業もあります。

まともではない=ブラック企業と考えて良いです。

ブラック企業とは、一般的には労働時間、休憩、休日、賃金について、労働者である求職者に対して不当な扱いや差別的扱いをして求職者の心身に悪影響を与える企業のことを言います。

求職者は企業に在籍していると就業規則があり、1日あたりの所定労働時間やその他の労働条件について記載があるでしょう。

賃金については、個別の雇用契約書に記載があるはずです。

知っているかどうか分かりませんが、例外なくどの企業も個別の雇用契約や就業規則よりも効力が強いものが法律です。

労働時間などの基本的な労働条件を法的には絶対的明示事項と呼び、入社前に労働者に対して明示する義務が企業にありますし、もし、個別の雇用契約書や就業規則に法律に規定されている条件よりも下回る内容があれば、それはすべて白紙になる、基準が法律になります。

また、ノーワークノーペイという原則があり、働いた分は必ず対価を支払うという決まりがあり、残業した場合はその分、支払わなければ法律違反になります。

最近は、残業代削減、給料計算の効率化を目的としてみなし労働時間制という制度を導入する企業が多いのですが、この場合であっても、毎月の給料に予定の残業代が含まれていて、それを超える分は純増で残業代を支払わなければなりません。

ブラック企業に特に多いことは、みなし労働時間制で見込みの残業代を含んで月給として、超えた分は一切支払わない、その超える時間も1時間や2時間ではなく、1日あたり5時間、6時間ということが普通にあるのです。

第二新卒の求職者は転職するとブラック企業であってもなくても、当然にその企業の社員になり、まだ年齢が若いことが重なり、違和感があっても自分の意見や主張を言えず、そのまま働き続き続けるしかないということになってしまいます。

このような長時間であり、それに見合う残業を支払ってもらえない環境で長く働くことはできますか?

恐らくできないでしょう。

そうなると、選択肢としては無職か転職です。

生活があるので無職になるということは現実的ではないので、基本的に転職することになるのですが、ブラック企業であっても、早期に退職すると、経歴に傷がつきます。

25歳以内、または25歳前後で、すでに2社の経験があり、次の転職は3社目ということになりますから、第二新卒のときの転職とは違い、採用活動を行う企業からすると、『早くも2社』ということで、『我慢できない人』という極端なことを言えば、ダメレッテルを貼られてしまい、転職活動は苦戦が予想されます。

また、ブラック企業の長時間労働のなかで転職活動をしなければなりませんから、転職活動に充てる時間がかなり制限されますし、早くこの環境から脱出したいと考えますので、自分の希望とはかけ離れた条件が低い企業に転職してしまう恐れもあります。

第二新卒でブラック企業へ転職するということは、転職後、そして、その先の転職活動で相当な不利な状況を作ることになってしまいますので、自分が転職したい企業選びの前に、リスクヘッジとしてブラック企業かどうかの企業判断が必要になります。

転職エージェントを使って質の高い転職活動を実践

求職者と言っても、その他の年齢の求職者と違い社会人経験が3年以内になりますので、社会常識や企業情報についてはあまり詳しくないはずです。

そのため、先程紹介したブラック企業の判断も自分ひとりでは情報不足になりがちで判断の質も低くなってしまいリスクがあります。

リスクヘッジの意味でも、転職活動自体の質を上げるためにも情報不足が否めない第二新卒の求職者は転職エージェントを絶対に使うべきです。

転職エージェントは、無料で利用することができますし、求人紹介から内定まですべての工程をキャリアアドバイザーが専任で担当となり支援してくれます。

転職サイトなどの方法とは異なり、自分で転職活動に関する大半のことを行う必要がなくなり時間的な削減、また、キャリアアドバイザーからプロの視点で的確なアドバイスや指導がありますので、質を担保することができます。

転職サイトなど自分で転職活動に関する大半のことを行わなければならないということは、それだけ、ブラック企業への転職確度が高くなると言えます。

理由は、ブラック企業はなるべく採用コストを下げて採用したいと考えますので、転職サイトの採用コストは転職エージェントを使うときよりも格段に安いのです。

ブラック企業は、そもそもとして、第二新卒の求職者を即戦力として考えていませんし、また、長期的な就業を期待することもありません。

ですので、採用活動に時間やお金をかけず採用しようとしますので、その意味では転職サイトに求人を掲載して同時に複数の第二新卒の求職者を採用しようとします。

情報不足で企業の選別が甘い第二新卒の求職者は、ブラック企業の魅力的に見える求人内容に心が動きそのまま選考に進み簡単に内定が出て、そのまま転職してしまうというあってはならない結末が考えられます。

書類選考と適性検査の対策を徹底しよう

第二新卒の転職市場の特徴は、採用する企業からすると即戦力としては、経験がまだ不十分であるため、採用後に一定の教育を行うことを想定しています。

即戦力ではないということは、新卒社員と同じようにポテンシャルを重視する採用基準があります。

ポテンシャルを面接だけで測ることは企業からすると、生産性が低く、不可能なことです。

どの企業でもそうですが、面接は必ず面接官が30分から1時間の拘束が必要で、面接回数だけその時間は増えます。

なるべく面接回数は減らして有力候補者だけを厳選して面接したいと考えますので、面接前にかなりの数の見送りを計画します。

見送りにする計画手段として、書類選考と適性検査がありますし、ポテンシャルを測定する意味でも特に適性検査は効果的です。

ポテンシャルとは何を意味するのかと言いますと、地頭です。

ロジカルシンキングという言葉を聞いたことはありますか?

企業は、取引先であれ、社内であれ、必ず交渉があります。

相手を説得することができれば、仕事は大きな成果を生むことが可能性としてあり、そのためには地頭となるロジカルシンキングは必要不可欠です。

地頭を測定する材料としては、適性検査の言語・非言語となる算数や国語の基礎的な問題に対してどれだけ対応することができるかということになります。

書類選考と同様に適性検査では相当な数の第二新卒の求職者は見送りになりますし、この2つの選考は正直なところ、企業の選考とは言えず、単なる企業の採用活動の生産性を上げるための手段にしかなりません。

第二新卒からすると企業の本当の意味での選考である面接を受けるためには、この2つを突破することが必要になるのですが、自分一人でこの2つの通過率を上げることは無理があります。

転職エージェントを使うことで、転職エージェントはそれまで求人企業がどのような書類選考の内容を行い、どのような内容を評価しているのか、また、適性検査に関しても過去にどのような問題が出たのかを知っています。

大学受験で言うところの過去問という情報を転職エージェントは持っています。

『転職エージェントに頼らず、自力で勉強する!』という一見、素晴らしい考え方を持っているように見える第二新卒の求職者は、その考えは捨てて素直に転職エージェントを使いましょう。

書類選考はどの求職者でも選考の内容を知ることはできませんし、選考を受ける企業は1社、2社という少数ではないでしょう。

企業数に比例して、書類選考のやり方は千差万別で、書類選考の内容を知らないなかで、j分でそれぞれの企業情報を見て、履歴書や職務経歴書を1つずつ作る必要があります。

自分でこの内容なら大丈夫と思っていても、評価するのは企業ですから、自己満足で終わってしまう可能性の方が高いです。

適性検査に関しては、多くの種類が存在しますし、問題種類も多岐に渡ります。

現職の仕事をしながら、複数の適性検査を勉強しますか?

無理があるでしょう。

そんなときに転職エージェントを使うことでポイポイントにこの2つの過去問を知ることができ、対策や勉強をすることができるのです。

書類選考と適性検査の通過率を上げると内定はかなり近い!そのためには?

書類選考と適性検査の通過率を上げることで、一気に内定へ近づくことは確実に言えることです。

この2つの対策として転職エージェントを利用することはお伝えした通りになるのですが、なかでも、オススメする転職エージェントはリクルートエージェントです。

リクルートエージェントは適性検査の開発会社でもあり、また、日本で最も多く求人を扱い、過去の転職支援実績も日本でトップです。

それだけの転職支援実績があるということは、情報も相当あります。

第二新卒という市場は、第二新卒という言葉も含めてリクルートエージェントが作っています。

他の転職エージェントが対象にしないときから第二新卒の求職者の転職支援をしていますので、第二新卒の転職支援は得意ジャンルです。

他の転職エージェントには第二新卒の転職支援に特化している転職エージェントもあるのですが、第二新卒の老舗と言えば、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントを1社使うだけでも豊富な求人紹介とその他の質の高い転職支援を受けることができ、早期に内定を複数勝ち取ることもできるでしょう。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment