シングルマザーの転職活動!この方法で行えば厳しい現実にも打ち勝つことができる

のっけから転職には関係のない話をしてしまいますが、今の日本の離婚率はどれぐらいかご存知でしょうか。

3組に1組は離婚している状況で、日本は離婚大国になっています。

離婚大国になっていることが良いか悪いかは定かではありませんが、子供がいて離婚するということは、子供からすると必然的に片親ということになります。

日本において、子供の養育権、つまり親権を持つ対象は父親よりも母親の方が圧倒的に多く、離婚の9割ぐらいが母親が親権を持っています。

日本語で言いますと母子家庭ですが、近年、母子家庭という言葉が貧相なイメージがあり、差別的な用語であるということで、意味は同じでもシングルマザーと呼ぶことが多いです。

自分の周りに、シングルマザーと名乗る女性はいませんか?

一度はシングルマザーという言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

今回は、離婚によりシングルマザーとなった女性の求職者に対して、シングルマザーを取り巻く転職市場の環境や転職方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

シングルマザーの転職市場の環境

シングルマザーと言うことは女性です。

シングルマザーの転職市場を語る前に女性の転職市場について触れておきます。

転職市場と企業の組織構成はリンクしています。

求職者が現在、在籍している企業の組織構成において、男性と女性でどちらの性別が管理職に就いている割合が多いでしょうか。

特定の業界や業態を除いて考えると男性の管理職割合が多いはずです。

勤労統計によると日本全体の管理職の性別割合では男性が8割ということで女性に比べると圧倒的にその数は多いのです。

男性が管理職になっているということは、それだけ企業は男性を中心に組織を展開しているということです。

今は男女雇用機会均等法という法律により性別に関係なく平等に扱わなければなりませんが、残念ながら現実は違います。

法律は建て前の話であり、企業の実態としては男性中心になっています。

転職市場と企業はリンクするとご紹介したことを思い出してください。

転職市場は表面上、性別は関係なく経験を重視して募集要項を作成していますが、求人の裏側の事情としては、求人を公開している段階で、その求人で採用する人材の性別も決まっています。

企業内と同じように8割ぐらいが男性しか採用しない求人です。

つまり、女性の求職者は男性の求職者よりも選択の自由がなく、転職はもちろん、応募することができる求人の範囲も限定されてしまっているということです。

シングルマザーは苦戦が必至

子供がいない典型としては独身の女性であっても、応募できる求人割合は2割程度であるなかで、シングルマザーとなれば、その割合が上がる・・・ということは考えにくいでしょう。

シングルマザーは、独身ではあっても、子供がいます。

子供が中学生や高校生であれば、あまり影響はないかもしれませんが、子供がまだ幼い場合ですと、1日の時間を仕事だけに傾けることは非現実的であり不可能です。

仕事と家庭の両方に同じぐらい比重を置き1日の時間設計をしなければなりません。

幼児は親の関りがなければ生きていくことは難しいですし、仕事をしなければ、幼児を養育することができません。

仕事があることにより生活費のベースとなる給料を毎月、保証されますから、仕事がなければ生活ができないということです。

仮に両親が揃っている場合であれば、いずれか一方は育児、他方は仕事ということで役割分担をすることができるのですが、シングルマザーの場合は育児と仕事の両方を行わなければならないのです。

どの企業も即戦力を期待して、中途採用を行います。

即戦力ということは、仕事を通して会社に貢献することを意味しますが、そのためには、今の企業は1日の残業は普通です。

しかし、幼稚園や保育園に子供を預けているシングルマザーは、お迎え時間がありますから、仕事に充てる時間は限度があります。

通常、預かり保育の最終時間は19時になりますので、通勤時間を1時間と想定すると6時には会社を出なければ間に合いません。

つまり、一切、残業することができないということです。

即戦力として転職する訳ですから、実務をメインで行い、また、周りと連携しながら仕事を進めていく一人でもあります。

仕事を一人で完結することができるということは、個人事業主ではないので、なかなか想定できません。

大半の場合は、役割分担をして仕事を前に進めていきます。

シングルマザーがその役割の一つを担っている場合、仕事によっては急ぎで対応しなければならない、残業しなければ納期に間に合わないということも当然にあります。

そのなかで、子供のお迎え時間があるため、残業できないとなれば採用する企業からすると計画を立てることが難しく、残業に対して柔軟に対応することが採用前からできないと分かっているならば採用をしようと思うでしょうか。

あまり良い話ではないですが、今の日本は転職が文化になっていて、多くの求職者が転職活動をしています。

企業からすると、事業などの仕事で計算が立たない可能性があるシングルマザーを採用するよりも、独身の女性で柔軟に残業にも対応できる方が良いのです。

1つの求人に対して、企業はある程度の母集団を一斉に集めますので、求職者からすると選考において、他の求職者との相対評価があります。

企業はより貢献してくれる人材を採用しようとします。

ボランティアで採用することは絶対にありません。

シングルマザーの転職方法はこれ!これで転職できる!

このようにシングルマザーの転職活動は苦戦が必至になるのですが、その苦戦が想定される状況を打開する転職方法があります。

まず、絶対にやってはいけない転職方法は自分一人で転職活動をすることです。

一般的には、転職サイトやハローワークがそれに該当しますが、転職活動のすべてをシングルマザーの求職者が自分で行わなければなりませんから育児もあり、現職の仕事もあるなかでは無理に近いやり方です。

なるべく自分が転職活動をしなくても良い方法が理想的で、この観点で考えられる方法は、転職エージェントを利用することです。

次に考えるべきことは、これまでお伝えしたように苦戦することが想定されるということです。

転職活動は、なかなか内定をもらえなかったり、選考の見送りが続くと気持ちが萎えます。

転職活動初期の転職に意欲があったときの自分はもうそこにはいません。

不用意に転職条件を下げたり、転職すること自体をやめようとする人もいます。
自分ひとりで転職活動をするとうまくいかないときなど、励ましやアドバイスをしてくれる人がいれば、気持ちのバランスも整理しやすいのですが、その観点で考えると自分の転職活動を直接支援してくれる転職エージェントがベストです。

すでに知っている人も多いでしょうが、転職エージェントを利用すると無料でキャリアアドバイザーが専任として担当になります。

キャリアアドバイザーの存在はシングルマザーの求職者にとっては非常に大きな存在です。

シングルマザーという理由で求人に応募できない、応募しても書類選考で見送りになる可能性が高い、内定がなかなか出ない、転職活動期間が長期化するというマイナス状況を適当なタイミングで励ましてくれますし、また、どのように転職活動をすれば良いか適切なアドバイスもあります。

なかでもリクルートエージェントがベスト

1000以上ある転職エージェントのなかから、シングルマザーの転職活動でベストな転職エージェントはリクルートエージェントです。

リクルートエージェントは優秀なキャリアアドバイザーが多く在籍していることでも有名で、これまで多くの求職者の転職支援を行い転職実績を作っています。

企業からしても採用活動を行う上ではリクルートエージェントを利用することが最も良い方法であり、必ずと言って良いぐらいリクルートエージェントを利用します。

通常、転職エージェントは企業から求人を受けて、報酬をもらうため、あまり強く言えない立場になるのですが、リクルートエージェントは異例で、企業に対して自社で感じることをしっかりと主張することができる立場にあります。

例えば、選考の理由で納得できない場合は、企業に対して選考のやり直しを依頼することもできますし、それにより選考をやり直して内定を勝ち取った実績もあります。

女性のキャリアアドバイザーも多く在籍していますから、同じ女性視点でシングルマザーの転職活動の悩みを解決することも可能です。

リクルートエージェントを利用することで、書類選考の通過率の引き上げに繋がる履歴書や職務経歴書の添削、面接通過率の引き上げに繋がる模擬面接と、すべてにおいて平均以上の転職支援を提供してくれます。

ワークライフバランス求人が多い

最近の日本では育児が社会問題になっています。

また、女性の社会進出を政府は後押ししています。

この両面から企業のなかには、ワークライフバランスの制度を整備している企業もあります。

残念ながら転職市場で求人を公開している企業のなかでその割合は少ないのですが、その少ない割合のなかでもワークライフバランス求人が多ければ、それだけシングルマザーの求職者は応募できる求人も多く、自分が希望する育児と仕事が実現できる企業への内定が近づくということです。

リクルートエージェントは日本で最も大きな転職エージェントで、大手企業はリクルートエージェントを中心に採用活動を行っています。

他の転職エージェントに比べると大手企業の求人割合が多く、大手企業にはワークライフバランスを意識した企業が多いです。

つまり、リクルートエージェントを利用するということは、それだけ転職後にワークライフバランスが整備された企業で働くことができるということになります。

紹介予定派遣という選択もあり!

今の企業が育児と仕事の両立をすることが難しいという理由で転職活動をするシングルマザーがいますし、また、転職市場はシングルマザーに冷たい性格を持っているため、苦戦することが予想できます。

正社員として転職するということは、当然、即戦力になりますし、求職者は、企業の内部事情までを選考段階で知ることはできません。

どれだけ良い企業だと思っても本当の意味で良い企業かどうかは自分が実際に働いてみないと分からないのです。

転職にはリスクがあるのですが、シングルマザーは特にそのリスクがあるでしょう。

転職してみて、自分が選考中に聞いていた環境よりも悪い、育児と仕事を両立させることができない。

そうすると、仕事を辞めるしかないのですが、仕事を辞めるということは毎月の給料がありませんから生活することもできません。

入社前のイメージと異なる環境はシングルマザーの求職者からすると八方塞がりであり、死活問題になってしまいます。

そこで、提案したい転職方法は紹介予定派遣です。

比較的新しい転職の仕組みですが、転職する段階は正社員ではなく派遣社員です。

派遣社員と言っても、半永久的に派遣社員で働くということではなく、正社員を予定した派遣社員ということです。

派遣社員で転職して、実際にその企業で働きながら企業の内部事情を知り、その企業が、ワークライフバランスがあるかどうかをシングルマザーの求職者が自分の目で見極めることができるのです。

紹介予定派遣という選択を取ることで、転職前と後のギャップがゼロになり、自分が当事者として、企業を見ることができるので死活問題に発展することは絶対にありません。

正社員への雇用変更も1年や2年という長期間ではなく、6カ月以内でその判断ができますので、期間的にも十分だと言えます。

正社員面談も、正社員の転職とは異なり、かなりフランクで選考基準が低いです。

面談と言っても、すでに一緒に働いている上司が担当で、その内容も雑談のようなものですから、ほぼ100%に近い正社員への転換率があります。

正社員になることができれば、雇用の安定は確保でき、自分が実際に働いた上でワークライフバランスがあると判断していますので、育児と仕事の両立を本当の意味で実現することができるでしょう。

ベストはリクルートエージェントを使って転職することですが、不安がある、それでもうまくいかないという場合は、転職時は一旦、我慢して紹介予定派遣という選択でシングルマザーという立場を保持するということが良いでしょう。

シングルマザーでも大丈夫です。

必ず転職することができます!

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment