転職活動が初めての人がやってしまう失敗と回避するための方法

人は、初めてのことは、当然、経験がなく、やり方が分からずうまくいかないことの方が多いです。

そのうまくいかない経験が、後々の人生には経験となり成功に導く財産になるのですが、転職は違います。

転職は、人生でそう何度も行うようなことではないですし、イレギュラーなものです。

そう何度も経験することではないので、初めての転職で、やり方が分からずうまくいかないから、次の転職でその経験が財産のなるという考えはあり得ません。

できれば、転職活動の期間は短い方が良いですし、転職回数も少ない方が良いのです。

たまに、求職者にはいますが、20代ですでに5回の転職経験を持つという、転職のベテラン領域にいる人もいますが、確かに転職回数が多い分、経験は蓄積されていますが、その分、その先のキャリア形成においては大きな打撃を受けることになります。

転職が初めての求職者は、経験を重視するのではなく、その時の転職をいかに短期間で人文の条件に合致する企業に転職するかを優先的に考えてください。

今回は、初めて転職するという求職者に向けて、転職活動が初めての求職者に良くあることをご紹介します。

スポンサードリンク

初めての転職にあるある話・・・転職サイトを使う

今の転職市場は売り手市場で、多くの転職エージェントが事業を拡大しているため、テレビや電車の広告で宣伝しているにも関わらず、転職エージェントを利用するのではなく、転職サイトを利用することが初めて転職活動をする求職者には多いです。

転職サイトを先に利用する理由は、20年以上前のことになりますが、転職市場において、求職者にとって転職活動をするならば、転職サイトという時代があり、その情報を知っていて、それがあるので、転職なら転職サイトということで転職サイトを利用するのです。
確かに昔は、転職エージェントよりも転職サイトを利用して採用活動を行う企業が多く、その分、求人が転職サイトに多く求職者からすると転職活動をしやすい状況にありました。

また、転職エージェントは今のようにメジャーな転職方法ではなく、昔は人身売買という悪名が高く、多くの求職者が利用を避けていた時代がありました。

しかし、今の時代は、転職エージェントを利用することが絶対条件と言っても過言ではないぐらい転職方法としては当たり前のことになっています。

転職サイトを利用している求職者は、今すぐに転職エージェントに登録しても良いぐらいのことです。

一時に比べて転職サイトの機能は充実し、求人も増えてはいますが、転職市場の構造としては採用活動を行う企業が中心になりますので、ぱっと見、多いと思える転職サイトの求人は転職エージェントに比べると実は少ないのです。

企業にとって中途採用は経営や事業に与える影響が大きい

企業にとって、新卒採用とは違い中途採用は即戦力を求めますので、採用後はすぐに実務に入ります。

当然、企業からすると経営や事業運営に貢献してくれるものと考えるのですが、違う視点で考えると、自社の中途採用活動を他の企業に知られてしまうと、内部的な機密情報が洩れるということにも繋がり、誰でも閲覧できる転職サイトに求人を公開するとリスクがあるのです。

どの企業でも業界に属していて、それぞれの業界には同じような商品やサービスを展開する競合他社があります。

それぞれの企業はできれば、競合他社に自社の情報が知られないようにしたいのですが、企業は人で、事業は人です。

即戦力の人材を採用しようとしているということは、そこには何かしらの戦略があるからです。

なるべく、中途採用を行う企業は自社の採用をクローズの状態で行いたいのですが、そのためには、転職エージェントに求人を依頼することがベストです。

転職エージェントは転職サイトと異なり、不特定多数の求職者に求人を紹介、閲覧させることはありません。

かなり限られてた求職者だけにしか情報は入りません。

これが理由で転職サイトを利用するよりも転職エージェントを利用するという企業が多く、その分、転職エージェントには転職サイトの何倍もの求人があるということです。

初めての転職にあるある話・・・自己流

転職活動は、自分の転職になりますので、当然ながら企業の選考を受ける対象は自分であり、転職活動は自分で行うものではあるのですが、初めての転職であるため、経験や情報が不足してしまい、自己流、それも間違った自己流のやり方で転職活動をする求職者が多いです。

自己流とは、良く言えばオリジナルということで独自性のあることですから全否定することはありませんが、転職活動には明確にこのやり方がベストというものがあります。

答えはありませんが、このやり方をすれば短期間で自分の納得いく内定をつかみ取ることができるというやり方があり、それが転職エージェントを使うことです。

転職エージェントを使うと、自己流で転職活動を行う必要は一切ありません。

必ずキャリアアドバイザーという専任の担当者が求職者の転職支援を直接支援しますので、求人紹介、選考、内定とほとんどすべてのプロセスを一緒になって行ってくれます。

例えば、求人紹介ですが、転職サイトを利用すると、経験がないなかで、自分で求人を探し、その求人が自分に適しているかどうかを自分で決めなければなりません。

転職サイトの掲載されている求人は確かに採用するために求職者に『一定』の情報を提供していることは間違いないことではありますが、先程の通り、競合他社も閲覧する可能性があるので、なるべく必要最低限の『一定』の情報しか提供していません。

転職は自分の今後の人生にも大きく関わることで、大きな決断です。

そのような人生のターニングポイントになる転職先を『一定』の情報だけで転職前に判断するということは無理があるでしょう。

一方、転職エージェントはと言えば、求人紹介の際に、求人には記載できない、されていないような求人企業の現場視点での声も教えてくれますので、情報量と質が違います。

求人判断をする際に情報の量と質があればあるだけ、求職者は正確な判断をすることができるのです。

自己流ではなく、キャリアアドバイザーからの助言を受けつつ、プロの力を借りて、転職活動をすることができます。

スポンサードリンク

初めての転職にあるある話・・・すぐに承諾する

転職エージェントを利用して順調に選考が進み、最終面接を突破した先には求職者にとっては欲しかった内定が出ます。

転職活動の目的は転職するためですから、内定が出なければ転職することはできませんし、内定は喉から手が出るほど欲しいものです。

初めての転職で、今の会社とは違うところから評価されたということで、喜びいっぱいになり、ある意味、有頂天で、特に条件を再確認することもなく、そのまますぐに承諾してしまう求職者が多いのですが、少し待ってください。

内定が出て嬉しい気持ちは理解できますが、内定=承諾という浅はかな決断はやめましょう。

複数の企業を同時に受けていることの方が多いですし、選考に進んでいるということは、他の企業も自分としては魅力に感じている証拠でしょうし、また、他の企業からしても評価をしているのです。

初めての転職活動をする求職者は、最初に内定が出た企業に転職しようとする傾向がありますが、その内定は承諾せずに理由をつけて、他の選考中の企業の結果が出てから判断しましょう。

理想的な転職活動は、1つの転職活動で複数の内定を掴み、内定先を比較したなかで、一番入りたい、一番自分にとって良い条件の企業の内定に承諾するこどです。

そのためには、複数の企業の選考スケジュールをある程度、同じタイミングに調整することが必要になるのですが、その場合、転職エージェントに対して、自分の希望を伝えておけば、日程調整もある程度、同じ時期に選考を行えるように整備してくれます。

いずれにしても、『内定が出た。はい、承諾。』という判断は間違っています。

初めての転職にあるある話・・・人間否定されている気持ちになる

転職活動中に企業の選考を受けるということは転職のためには絶対にあるプロセスですが、選考の結果としてある結果は合格か不合格です。

2つしか結果はありませんが、どのような求職者にも言えることですが、不合格になることの方が多いのです。

転職活動が初めてという求職者が陥りやすいことは、自信喪失です。

自分の経験に関して自信喪失になることは、これから話すことに比べると相当マシなことですが、求職者は、不合格の結果を受けると、企業から人間否定されているように錯覚を持ちます。

それも、短い期間で複数社から不合格の連絡を受けると、自分は人としてダメなんだと必要以上に自分という人間を自分で否定したり自信をなくすことが多いです。

例えば、転職エージェントを利用した場合、登録面談で10社、20社の求人を一気に紹介してもらい、そのなかから10社の応募をした場合、書類選考の結果は1週間以内に基本的には出ます。

転職エージェントを介して、合否連絡はメールであるのですが、そのメールの内容がすべて不合格ですと、精神的にきついということになります。

すべての企業から書類選考で不合格になったという事実は変えることはできないのですが、初めての求職者は勘違いしています。

企業が見送りにした理由は、あくまでその企業が求める経験に足りてないというだけのことで、求職者自身の人間性を否定しているのではないのです。

これは書類選考に限らず面接でも同じことが言えます。

企業の選考はその企業に合うか合わないかを判断する場であり、求職者が人間的にどうかという基準で判断はしません。

もちろん、人間性という部分については、挨拶ができる、礼儀がある、素直であるなど基本的な要素は加味されますが、人間否定しているのではないのです。

このような不合格が続く場合に、一人で転職活動をしていると、まさに自分に自信をなくし、必要以上に転職条件を下げたり転職活動をやめるケースもあります。

初めての転職にあるある話・・・転職すると今より条件が上がると思っている

結論から先に言いますが、転職エージェントを利用しても、今の会社よりも大幅に条件が向上するということは、滅多にありません。

もちろん、少額程度であれば、条件が上がったなかで内定をもらえることもありますが、基本的には現状維持が多いと考えてください。

初めての転職活動を行う求職者の場合、必ず条件が上がると思って転職活動をしますので、内定が出たときに、『この会社の条件は現状と変わらない。だから辞退。』という判断をしてしまいがちです。

お伝えした通り、転職で条件が上がるということは滅多にないことで、条件が上がらないことが理由で、辞退することは、かなり勿体ないことです。

その後、転職活動を継続して、他の企業の選考を受けて内定が出たとしても、辞退した企業と変わらない条件提示がほとんどです。

今より条件が高い転職を最優先する転職活動は、転職活動の長期化を意味しますし、極論、今の仕事に関する経験や実績が上がらない限りは上がることはないと考えておきましょう。

初めての転職にあるある話・・・現職を辞める

どのような求職者でも、いつまでに必ず内定が出るということは確約されていません。

どれだけ優秀な求職者でも、その企業に合わない場合は、採用されることはありません。

初めての転職の場合で気を付けて欲しいことは、今の転職市場がいくら売り手市場だからと言っても、内定時期の確約はありませんから、長期化することもあり得ることです。

転職活動には絶対がないのです。

絶対にこの時期までに転職できるということもないですから、生活のために現職を退職してはいけません。

初めての転職活動を行う求職者は、すぐに決まるだろうということで、現職を退職して転職活動に集中する環境を整備する人もいるのですが、ある程度の貯金がない限り、この判断は危ないです。

転職エージェントを利用すれば、離職したなかで転職活動をすることはやめなさいというアドバイスをもらえます。

転職エージェントは転職支援のプロで過去に多くの求職者の転職支援をしています。

先程の自己流ではないですが、転職エージェントのアドバイスを忠実に守り現職に在籍したまま転職活動をしてください。

いついつまでに決めなければという焦りが出て焦りにより思うような選考を受けることができない精神状態になることもあります。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment