30代の求職者が使いたい転職活動術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職市場は、20代、30代の求職者を対象とした求人が中心になります。

そのため、求職者の年齢別属性で見ると20代、30代の求職者が多いのですが、年齢により転職活動のやり方は違いがあります。

今回は、30代の求職者が使いたい転職活用術ということで、30代の求職者に関する転職活動の情報をご紹介します。

30代の求職者を取り巻く環境って?

30代は、ビジネスにおいては、企業の中心的な人材、または、これから中心的な人材になるということを想定している年齢で、働き盛りの年齢です。

30代の求職者も同じで現職において、すでに管理職という役職を持っていたり、または、管理職ではなくても、企業から将来的なボードメンバーとして期待されている立場にあるのではないでしょうか。

ひと昔前までは、30代のなかの35歳が転職限界説ということがあり、転職は30代前半で終わりにして、35歳以降は、今の企業で定年まで在籍し続けるということが多かったです。

しかし、今の時代は違います。

日本で転職が文化になりつつあり、多くの企業も35歳を超えている求職者を対象にした求人を公開しているため、30代であれば、35歳という境界年齢に関係なく、十分、転職することができる時代になっています。

ある口コミサイトには、35歳を過ぎると一気に求人が少なくなるということで35歳以降の年齢である求職者にはネガティブな情報になりますが、確かに求人は少なくなりますが、転職するためには十分な数の求人がありますので、ネガティブな情報に引っ張られるようなことはしないでください。

30代の求職者を取り巻く転職市場に関しては、転職市場全体が今は売り手市場になっていますので、本来であれば、求人の数は少なくなるはずの35歳以降の求人も転職できるレベルの数の求人がありますので、安心してください。

30代の求職者は転職エージェント利用が必須!

『今の会社でやり残したことはもうない!』、『今の会社よりももっとできる仕事領域を広げたい!』という思いを持ち、転職活動を始めることが多い30代の求職者ですが、30代という年齢は、転職市場でも当然に経験豊富な求職者ということになりますので、経験豊富な30代の求職者が転職活動をするためには、それなりの環境整備が必要です。

その環境整備の筆頭が、転職エージェントです。

30代の求職者がビジネス経験が豊富であることと同じように、転職エージェントは、豊富な転職支援実績を持っています。

20代など経験が浅い求職者の場合は、転職市場の中心で、求職者を採用する側である企業も視点を下げて考えてくれますが、30代となれば、話は別です。

どの企業もビジネスのプロとして評価しますので、それなりの質を求めます。

ただし、30代と言っても、それまでのビジネス経験により差があり、転職市場では黙っていても評価される求職者と、多少、テクニカルな戦術を使わなければ、30代の求職者の転職市場では勝負できないような求職者もいます。

戦術的なテクニックとは、企業に対して、今持っている経験や実績を実際以上に良く見せる転職活動です。

そのためには、30代の求職者は、転職エージェントをぜったいに使う必要があります。

先程、30代の求職者が応募できる求人数は少なくなると言いましたが、30代という年齢は、多くの企業では役職付きや、それに近いポジションで仕事をするために、組織である企業としても在籍人数、採用人数が少ないのです。

少ない採用人数に対して、多くの30代の求職者が応募することになりますから、20代の求職者と比べて、その選考倍率は高くなります。

選考倍率が高くなる理由は、求人数に比べて応募数が多いということですが、もう少し具体的に言いますと求職者を企業は相対的に判断します。

本来ならば内定が出るべき30代の求職者であっても、他に自分より優れた経験や実績がある求職者がいれば、企業は当然にその求職者を採用し、自分は見送りになるのです。

転職市場は求職者の経験を企業が買うという構造になっているのですが、この構造が他の年齢よりも、より如実にされる年齢が30代です。

いかに、企業に自分の経験を良く見せるかにより転職活動の出来が変わってきます。

例えば、30代のある求職者が、転職サイトを利用して自分ひとりで転職活動をしたとします。

ビジネスのプロで経験があっても、転職活動ではそれほどの経験は持ち合わせていません。

自分の経験や実績などの経歴を見栄えよく見せる方法を知らずに、そのまま企業の選考を受けると、必要以上に見送りになることが多いです。

そんなことがないように、転職エージェントを使って、転職支援実績が豊富であるプロの視点でアドバイスを受けて転職活動をすることが良いのです。

30代の求職者は、転職活動をする場合、転職エージェントを絶対に使っておかなければ、必要以上に自分が損をしてしまいます。

複数の内定が出るまで内定承諾しない

特に年齢が若い20代前半の求職者に多いのですが、転職したい気持ちが優先されてしまい、1社の内定でそのまま内定承諾してしまうことがあります。

このやり方は、間違ってはいませんが、30代の求職者には絶対やってはいけないことです。

転職活用術としてオススメしたいことは、転職エージェントなどを利用して、選考を受ける企業の日程調整をなるべく合わせて、同一期間内に、同時に複数の選考結果が出るように環境を整備することです。

こうすることで、企業ごとにおけるタイムラグが生じにくくなり、内定時期が複数の企業で重複することになります。

企業には内定出しから承諾までの内定承諾期間というものがあります。

もちろん、そこに法的な根拠は何一つありませんし、100%企業の思惑が優先されている仕組みになるのですが、企業の内定承諾期間内に求職者は承諾するか辞退するかを検討し結果を伝えなければなりません。

内定承諾期間がある限り、求職者は、その期間内で決断しなければなりませんが、他にも自分が転職したい条件に合致する企業があり、その企業がまだ選考途中だったらどうしますか?

先に内定が出た企業からは内定承諾するかどうかの回答を求められていますし、他の企業はまだ選考中な訳です。

2つに良い顔をすることはできませんから、どちらか1社を辞退するといことになります。

どちらか1社を辞退するということは、かなり勿体ないことで、回避することができれば回避したいでしょう。

回避するためには、日程調整を行い同じフェーズの選考を同じ時期に行い、内定が出るタイミングを合わせることが絶対条件です。

これをした上で、30代の求職者は、最低でも2社以上の企業から内定をもらい、複数の企業を内定条件で見比べることをしましょう。

同じポジションでも企業により条件が異なりますし、福利厚生などもまるで違います。

1社だけの内定ですと、1社だけでしか判断することができません。

求人があるではないか?と思うかもしれませんが、求人はあくまで基本的な情報しか記載されていませんので、求人と内定では求職者が企業から受ける情報量と質が全く違いますので、比較対象にすることはできないのです。

複数の企業から内定をもらい、それを比較したなかで、どの企業に転職しようかを立場を選ぶ側に変えて判断することが理想的です。

複数の内定がなかなか出ないという30代の求職者もいるでしょうが、その場合でも、1社単独の内定で承諾するのではなく、勿体ないかもしれませんが、その企業の内定承諾は辞退して、同一期間内に複数の内定が出るまで転職活動を続けることが良いです。

30代の求職者は、今回の転職活動を人生最後と考えていることの方が多いでしょう。

転職後は、残りのビジネスマン人生をその企業に投資するのです。

20代の求職者の転職とは意味も違いますし、重みも違うのです。

人生に大きな影響を持つ転職に関して、1社だけの内定で承諾し転職することは、年齢的なことを考えるとかなり浅はかです。

地方の企業転職も視野に入れる

最近はUターン転職という転職が増えています。

Uターン転職とは、求職者が生まれ育った地元に戻って働くということを意味します。

20代の求職者にはあまりオススメできないのですが、30代の求職者は、Uターン転職も転職活動術の一つにすることができます。

転職市場の中心は東京などの主要都市です。

日本経済を支える企業の多くは東京などの主要都市に本社を構えているので当然のことなのですが、地方にも日本経済を支える優良企業が増えています。

最近は、国が助成金や補助金を支給することで、地方創生ということで、主要都市に本社を構える企業のなかで、地方に本社を移転する企業も増えています。

これらの企業も含めて、30代の求職者は、地方の企業と相性が良いのです。

主要都市となれば、多くの30代の求職者も同一地域で転職活動をしますから、競合が必至です。

しかし、地方となれば、優良企業であっても母集団形成が難しいため、競合は少なくなります。

日本には最低賃金法という法律があり、地域により、最低賃金の額が決まっていますから、主要都市に比べると地方の物価が安い分、賃金が低くなりますが、物価が安い分、内定時の条件が下がっても十分、生活していくことができます。

Uターン転職をすると、国から助成金や補助金、または、その地方からの補助金の支給対象になりますので、引越などの準備金の補填をすることができます。

また、転職した後は、主要都市での経験が十分役立ち、地方の企業では最先端の知識や経験を持った人という扱いをされますので、自分が中心的な人材として働くことができます。

このような自分が中心となる働き方をすることができるということは、それだけ企業からも評価されるということですから、管理職以上の役職も十分期待できるということになります。

家族をうまく使った条件交渉

企業の選考を受けて企業から評価されると内定があります。

内定が出て一安心といきたいところですが、その後は、どのような条件で転職するかの条件交渉が待っています。

この条件交渉のためにも転職エージェントを利用すべきなのですが、30代の求職者は、家族を武器にして条件を提示されたものより引き上げる術を実践してください。

通常は、どの企業も入社前の段階である内定時に条件でごねる求職者に対して好感を持つことはありません。

むしろ、マイナスな印象を受けます。

そこで、30代の求職者は、家族を武器に条件交渉をするのですが、その時のテクニックは、『自分はこの条件で問題ないのですが、家族から、〇〇〇万円以上の年収でなければ、転職してはいけない』ということを伝えるのです。

転職エージェントを使って条件交渉をすると、このあたりは実にスムーズに進み、企業は柔軟に条件交渉に応じてくれます。

確実に条件が上がるということは言い切れませんが、家族手当など特別手当として提示された条件に加算して条件を再提示してくれます。

独身の30代の求職者であっても、親がいるでしょう。

親の面倒を見ているなど、理由はいくらでも作れます。

実は、求職者にとって最も楽に給料を上げる機会は転職時です。

転職後は、自分の仕事の成果に応じて評価され、その評価に応じて給料が決まりますので、評価が悪ければ、その分、給料は下がるということですし、評価されても、自分の理想となる昇給ではないこともあります。

転職時であれば、仕事をすることなく、また、企業に対して転職エージェントを介することで強気に条件交渉することができます。

30代の求職者の転職活動は人生に直結

30代の求職者は、自分が今回の転職活動を人生観点で考えてどのような立ち位置にしたいと考えているのかを明確なものにしてください。

そうすることで、容易に内定承諾することもできませんし、してはいけないのです。

30代の求職者は、転職エージェントを利用することがビジネスのプロとしてより高い質の転職活動を行うことができますし、視野を広げて転職先のエリアを地方にすることで、より自分の価値が高まる環境を整備することもできます。

30代で転職するということは、今回の転職が人生で最後にするぐらいの強い気持ちがなければなりませんし、そうすることで、慎重に転職活動を進めることもできるでしょう。

どの求職者にも転職エージェントは相性の良い転職方法ですが、特に30代の求職者には相性が良く、地方求人も豊富にありますので、オススメです。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment



スポンサードリンク

スポンサードリンク