企業の口コミ評価を気にするべきか無視するべきか?本当のところを教えます

最近は、インターネットの進展により、日常生活で何か分からないことがあれば、検索エンジンなどを利用してすぐに調べることができる環境になっています。

これは、転職に関することも同じです。

転職とは、人生で何度も行うことではないですから、どのような求職者であっても、転職のベテランという人はいないでしょう。

基本的には、人生において適正と言われている転職回数は5回です。

20代であれば、1回あるかないかぐらいが理想的な転職回数になりますし、何度か転職した経験があっても、今回の転職から次回の転職まで数年は間が空きますので、今回の転職活動の内容を具体的に覚えているということは難しいでしょう。

そう考えると転職に慣れているということはなく、多くの求職者は、今回の転職に関する情報を集める必要があります。

特に自分が応募しようとする企業、内定をもらった企業の情報はできれば多く知りたいと思うはずです。

今回は、インターネットの口コミにある企業の評価を求職者は気にするべきかどうかについてご紹介し、その理由についても触れていきます。

スポンサードリンク

口コミ評価はだれがしている?

今の時代、企業の評価をする口コミサイトが複数ありますから、その分、情報を集めるだけであれば、十分な環境と言えるでしょう。

しかし、大事なことは、その口コミや評価をだれが投稿しているのかということです。

口コミサイトはどの口コミ、評価ともに匿名で表記されていますので、閲覧する求職者からするとだれが評価しているか知ることができません。

少し余談になりますが、口コミサイトの先駆けは新卒採用から始まったと言われています。

某大手のインターネット企業が、就活生のために、企業の選考内容を知ること、面接官の人物像を知ることなどが主な目的で、匿名制でサービス開始しています。

思いの他、この口コミサイトが好評で、転職にも派生したとされています。

新卒採用の口コミの場合は、選考に関する情報がほとんどになりますので、企業の内部事情についての情報はあまりありませんが、転職となれば、匿名となっていても、投稿元の属性で、『現従業員』、『元従業員』、『取引先』ということで、個人名までは出ていませんが、出どころまでは分かるようになっています。

ここでも疑問に感じて欲しいことは、『現従業員』、『元従業員』、『取引先』と名乗る匿名の投稿者が本当にその立場であるかどうかということです。

求職者が口コミサイトの口コミや評価を読むということは、悪いことではないのですが、情報の信ぴょう性を疑問に感じて欲しいのです。

これからご紹介することを知れば、いかに口コミサイトの情報や評価が曖昧でいい加減であるかを理解することができるでしょう。

結論的に言いますと、口コミサイトの情報や評価は、事実であることもありますが、事実ではないこともあります。

求職者は、その口コミや評価をひとつずつ、『これは事実、これは事実ではない』と判断することは匿名制である以上、不可能です。

不可能である何が本当か把握できない情報を信用して自分の転職活動に生かすことがプラスかどうかは言うまでもないでしょう。

はっきり言いますが、口コミサイトの情報や評価は求職者の転職活動に意味はありません。

口コミサイトを見る時間、口コミサイトを見て悩む時間があるのであれば、転職活動に時間を投資した方がかなり意味があることです。

企業がお金を払って投稿してもらっていることもある

口コミサイトに投稿されている情報や評価のすべてがそうではないのですが、情報や評価のなかには、企業がお金を払って投稿してもらっていることもあります。

口コミサイトは、だれでも閲覧可能で、今、北極や南極に住んでいる人でも閲覧できますし、投稿することができます。

投稿制限がない分、その情報には信憑性がないのです。

当然、閲覧することができる範囲に、対象となっている企業の経営者や従業員も含まれていて、従業員は別にして、企業の経営者は、自分が経営する企業の悪い情報や評価をされては良いようには感じません。

投稿された情報や評価は、投稿者以外は消去することができませんので、企業からすると、そのマイナス情報や評価をかき消すぐらいの良い情報や評価、そして投稿量をしようする場合もあります。

口コミサイトを信用しないようにと今回はお伝えしていますが、求職者のなかには、口コミサイトの内容を真に受けて自分の転職活動に役立てる人もいます。

自分が求人を検索した段階では求人を通して良い企業だと思っても、口コミサイトに投稿された情報や評価が悪ければ、応募すらしないという求職者もいます。

それでは、企業からすると母集団形成が作れず、採用活動で苦戦してしまいますので、そのような事態にならないようにするために、すでに投稿されたマイナス情報や評価を上回る良い情報と量を投稿して改善しようとします。

投稿された企業は、投稿してもらうために、お金を払っていることもあります。

では、企業はだれにお金を支払うのでしょうか?

全く知らない人に飛び込みで投稿を依頼するということは非現実的です。

やはり、従業員でしょう。

従業員に経営者や人事担当者が口コミサイトの話をして、投稿したらいくら払うということで、取り決めをしているのです。

投稿元の属性も現従業員だけではなく、元従業員や取引先と名乗りながら、属性を満遍なく広げてバランスと取っています。

この話を聞いただけで、口コミサイトの情報や評価が信じるに値するものではなく、出来レースのようなものであることは分かるでしょう。

企業も閲覧することができ、企業に在籍する従業員もユーザーとして登録し投稿することができるのです。

このような仕組みを持つ口コミサイトを信用することは難しいでしょう。

スポンサードリンク

オーナー企業には特に良くある

ベンチャー企業など、創業者が現在の経営者であるオーナー企業の場合、特に口コミサイトに従業員に投稿してもらい、自社の評判を上げる取り組みをしている傾向が強くあります。

転職市場にもオーナー企業は当然に採用活動を行っていますし、ブラック企業ではない企業も多くあります。

口コミサイトに投稿されている情報や評価は企業からしても、全く、想定外のことで事実無根であることも多く、投稿者ではないので消去することもできませんから、やむ得ない手段として、悪い口コミ情報や評価をかき消すためにやっています。

マイナス意見はどんな人が投稿するのか?

求職者が現職に在籍して転職活動をしているでしょう。

現職に対して何の不満や不安がなければ、わざわざ転職する必要はない訳です。

何かしら不満などを持ち現職を退職しようとしているでしょう。

その現職に対して、自分が口コミサイトに投稿しなければならないとした場合、どのようなことを先に書こうと考えますか?

何となく言いたいことは分かるでしょう。

口コミサイトに投稿する企業に依頼されて投稿する人以外の投稿者は、現職を退職しようとしている人がほとんどです。

そうでなければ、今、在籍している企業に対して悪い口コミを投稿して、自社の評判を下げて、その投稿はだれが見ているか分かりませんから、業績に影響することもあります。

業績に影響するということは、自分の給料などにも当然、影響する訳ですから、自分に影響する悪い情報をわざわざ投稿しようとはしないでしょう。

口コミサイトに投稿する人の典型は、現職を辞めようとしている人が大半で、その人の投稿内容は、特に信憑性が欠けます。

客観的な部分が欠けていて、自分が感じたことだけをマイナス表現してしまっているので、当然、投稿内容は悪いことばかりです。

口コミサイトと同じ機能を持つ転職方法がある!

口コミサイトは、誰が投稿しているか分かりませんし、また、投稿内容も主観的であり信憑性がありません。

しかし、求職者からすると、自分が希望する企業の情報はできれば転職前に知っておきたいということは間違いないのです。

そこで、活用して欲しいオススメの情報元となる転職方法は転職エージェントです。

転職エージェントのサービス内容は具体的言うことは避けますが、キャリアアドバイザーが担当となり求職者が本来行うべき転職活動のほとんどを求職者に替わって担当してくれます。

それだけでも十分、転職方法としては求職者にメリットがあるのですが、口コミサイトと同じ機能を転職エージェントは持ち合わせています。

しかも、当事者ではなく第三者的な視点で。

求職者が転職エージェントを利用すると、求人紹介があります。

求人紹介で、求人元である企業の求人には記載されていない情報を提供してもらえます。

企業の社風や、求人ポジションで働く人の特徴や個性。

そして、過去にどのような求職者が応募をしてどのような人が通過し、どのような人が見送りになっているのかまで。

キャリアアドバイザー自らが選考を受けた訳でもなく、当然、企業でもありません。

転職エージェントは求職者の転職支援と同時に企業の採用支援をしています。

求人を決める際にはキャリアアドバイザーも企業に出向き、企業の情報を自分自身で得ています。

口コミサイトに投稿されている内容と同じ内容もありますし、そうではない内容もあります。

口コミサイトをどうしても利用したいのであれば、その求職者は、口コミサイトの情報や評価が本当のことであるかどうかを判断する材料としても転職エージェントを絶対に利用すべきです。

転職エージェントを利用して、口コミサイトの投稿内容がキャリアアドバイザーはどう感じているのかを照合することで、口コミサイトの不特定多数の情報を精査することができるでしょう。

口コミサイトと転職エージェントの情報を照合する作業は、正直なところ転職活動には不要で、先程も言いましたが、そのような時間があるのであれば、転職活動に時間を割き、少しでも早く自分が希望する企業への転職を決めるべきなのです。

口コミサイトの情報を知るために企業の質問することはあり?

転職エージェントを利用しておけば、第三者的な視点で口コミ情報の真意を知ることができるので、それだけでも十分なのですが、求職者のなかには、企業に直接、口コミサイトの情報を確認してはまずいのか?という人もいます。

企業に確認するタイミングとしては、面接になるのですが、面接は、企業が上、求職者が下という明確な立場関係の違いがあります。

また、面接ではなるべく自分のマイナスになるような発言や質問は避けるべきですが、企業の口コミサイトに投稿されたマイナス内容を質問することは、企業にとって不愉快です。

これから転職するかもしれない企業に対して、面接官が不愉快になるような発言や質問をすることが求職者にとってプラスになるかどうかということです。

また、もっと言いますと、企業は口コミサイトを見ている求職者を良いとは思っていませんので、面接では口コミサイトで〇〇のような情報が書かれていたなどという発言は絶対にしない方が良いです。

それまで良い評価を受けていたにも関わらず、口コミサイト関係の発言ひとつで面接不合格になる可能性はありますし、高いです。

企業は口コミサイトを見る人を、こう思います。

『口コミサイトを見ている求職者は、いずれ口コミサイトに投稿する側になる』

口コミサイトは基本的に無視すべき!

今回ご紹介したように口コミサイトは求職者にとってほとんど意味がない存在です。

口コミサイトの情報が正しいかどうかを転職エージェントに確認することでその真意を知ることはできますが、時間が勿体ないです。

ただでさえ、現職との当時並行で忙しいなかで口コミサイトに一喜一憂している暇はないはずです。

口コミサイトを見たいという求職者は、転職が決まってから暇つぶし程度に確認して、自分が転職して実際に企業の内部事情を知ってからその真意がどうかを確認した方が良いです。

転職前にやるべきことは、誰が投稿しているか分からない口コミサイトの情報に踊らされるのではなく、転職エージェントを最強のセカンドオピニオンとして活用し、転職エージェントからの情報を信じて転職活動に没頭することです。

そうすることで、間違った転職になることはありませんし、後悔することもないでしょう。

口コミサイトを信用して転職活動をすると、実は投稿内容とは違った企業ということもあり、無駄に求人を逸してしまうことにも繋がります。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment