求人から見極める転職後の自分の姿!求人に隠された企業のメッセージを見抜け!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

求人とは求職者が転職活動をするなかで、企業との最初の接点であり、求人こそが求職者にとっては、その企業に応募するかどうかを決める判断基準になります。

ただし、前提条件は求人の見方を理解しているということになるのですが、見方を理解するためには法的な知識も必要不可欠です。

また、法的な理解以外でも、求人は企業からすると証拠に残ることであり、あまり深い情報を記載することはしませんし、求人の記載内容をオブラートに包んでいるケースも散見されます。

求職者は、転職活動のプロですから、このあたりのことはある程度知っているということが重要になるのです。

プロであっても多くの求職者は転職活動に対してあまり経験がありませんので、求人に隠された企業の思いやメッセージを正確に理解することができません。

正確に理解することができないということは、その企業に仮に求職者が応募した場合は、その情報が正確だと思い込んでいるため、転職後に求人の内容と違いがあるということでトラブルや転職後のギャップになり早期退職に繋がるリスクがあるのです。

求人という存在は、企業の立場で考えるとあまり深い情報を記載することができませんし、求職者からすると求人がすべてと言っても良い訳ですから、求人を介して求職者は自分の身を守る意味でも深い理解と企業のメッセージを見抜く術が必要です。

今回は、その求人に関して、求人を通して求職者は転職後の自分の姿を想像し、また、企業の隠されたメッセージを見抜く方法などをご紹介します。

まずはリスク回避!年収レンジが幅広い求人には気を付けよう!

求人には必ず記載されている情報の一つに年収があります。

年収は求職者が転職後に支給される年収のことを意味しますが、どの求人にもピンポイントにこの年収という表記はありません。

300万円~500万円、400万円~700万円というように『~』である程度のバッファを持っているのです。

これは、企業からすると、どのようなメッセージが含まれているかと言いますと、求職者の経験や実績によりこの年収の範囲が転職時の年収になりますということを意味します。

企業もピンポイントに年収表記したいところですが、同じポジションの求人でも求職者によって経験や実績はそれぞれ違いますから、応募できる範囲を広げるという意味でそうなっています。

もちろん、自社の採用活動の幅を広げるためにもこの年収の範囲で希望する求職者の応募を促進する狙いもあります。

このバッファの範囲ですが、200万円~300万円前後であれば、ごく平均的な範囲になりますが、求人のなかには500万円~1000万円とか、300万円~1000万円などと最低年収と再考年収の差が以上に大きい求人があります。

この求人は怪しいと考えてください。

また、この求人に応募して内定を勝ち取った場合の内定時にオファーされる年収は求人に記載されている最低年収であることが大半です。

物は言いようで、企業からすると自社の採用活動の幅を広げるためだけに幅広い年収表記にしているだけで、採用活動初期からそもそもとして内定時は、最低年収しか出す気はないのです。

もっと言いますと、このように求人に幅広い年収表記をしている企業にはブラック企業である可能性もありますので、ブラック企業の見極め材料としても活用することができるでしょう。

課長と課長候補は違う!

見出しで課長と書いていますが、課長ではなく、主任や係長、部長でも良いのですが、特定の役職とその役職の候補は訳が違います。

求人を注意深く見ると、主任候補、係長候補、課長候補などと役職の最後に余計な候補という記載があります。

この違いは分かりますか?

特定の役職で転職するのではなく、その求人で内定をもらった場合は、特定の役職の候補で転職することになるのです。

混同しやすい用語が代理です。

候補と代理は全くの別物です。

現職や前職で課長代理で仕事をしてきたため、転職先でも役職は課長代理を考えているとして、求人に代理ではなく候補という記載があったとします。

実際にあった話ですが、その求職者は、候補と代理の違いを理解しておらず、課長候補として選考を受けたということは、内定でも課長代理で条件通知されると勘違いしました。

何度も言いますが、候補と代理は別物で、候補の求人で応募した場合は、特定の役職はつきません。

転職後に特定の役職の候補として転職するというだけです。

企業は転職後に活躍してくれれば、特定の役職の候補であるため、そのような記載にしているのですが、良く考えてください。

特定の候補で転職しなくても、企業で活躍することができれば、候補で転職しなくても特定の役職の候補に名乗りを上げることはできるのです。

候補という表記は企業からすると非常に都合が良い言葉で、求職者のほとんどは役職が欲しいのです。

求人に候補であっても役職が記載されていると応募率が上がります。

求職者のことを考えてのことではなく、単純に自社の採用活動の進捗を上げるための母集団形成確保が目的です。

求職者は候補という文言に必要以上の期待をしてはいけませんし、候補と代理の違いぐらいは理解してください。

なお、参考情報として、求人に候補と記載している求人企業は、母集団形成ができていない企業であることが多いです。

候補という文言ひとつで、その求人の企業がどのような採用事情を持つかを知ることができます。

求人にはたくさんの文言が記載されていますが、文言一つで求職者は企業に入社する前からその企業の状態を知ることができるということです。

母集団形成ができない企業ということは、転職市場では求職者から人気がない企業ということで、前向きに考えるならば、内定を取りやすい企業と言えますし、後ろ向きに考えるのであれば、人気がない分、応募はやめようという判断をすることができます。

この点に関しては、求職者の価値観や考え方ですので、ここではどうすべきかについての明言は避けます。

転籍って何?

法的な知識がなければ、求職者が陥りやすいことの一つに転籍があります。

そもそもとして転籍という言葉を知っていますか?

知っていても理解できていますか?

転籍とは、労働基準法にも規定されている法的に認められる企業の人事戦略の一つです。

転籍は、実は2つの意味があり、この2つにより求職者の転職後の立場はまるで違ってきます。

在籍型出向と移籍型出向が転籍の内訳です。

在籍型出向とは、在籍する企業は転職先ですが、働く場所、つまり、勤務地はその他の転職先が指定する企業ということになります。

一方、移籍型出向とは、採用自体は求人元である求職者が応募した企業になりますが、在籍は採用した企業が指定する企業であり、働く場所は採用した企業の可能性もありますし、その他の企業である可能性もあります。

この2つの転籍で違いを理解することはできましたか?

客観的に見て、この2つの転籍を比べたときに、求職者としては避けたい方は、移籍型出向です。

自分が魅力を感じて応募した企業に転職することができると思って選考を受けたにも関わらず、姿や形がまるで違う、違う企業に在籍することになるのです。

もっと分かりやすい言い方をすると、移籍型出向とは、企業が違うということです。

企業が違うということは、就業規則や社風、文化、その他すべてのことが全く違うということで、求人元である企業とは全く違う企業に在籍して仕事をするということになります。

移籍型出向の結果、採用された企業で働くことがあるかもしれませんが、立場はその採用された企業の社員ではなく、違う企業の社員ですから労働時間、休憩など一切のことが適用外になります。

移籍型出向とは、雇用契約自体が採用された企業ではないその他の企業との契約になります。

在籍型出向の場合は、雇用契約自体は採用された企業との間にありますが、実際に働く場所は、採用された企業ではない企業になります。

もし、選考中に面接官に惹かれて転職することを決めた場合は、その面接官は採用した企業で働きますから、転職後は自分が魅力を感じた社員と働くことはないということになります。

法的な知識が乏しい求職者は、『転籍は違法ではないか?』と思うかもしれませんが、先程の通り、法的に認められた規定になりますので、全く問題ありませんし、採用活動における求人のタイミングで転籍と記載しているだけで企業としては十分、明示義務を果たしているということになります。

転籍を条件にする企業の採用事情としては、大手企業にその傾向があります。

大手企業の場合は、ネームバリューがあり、または、企業規模が大きいため求職者からの知名度があり、応募する求職者の数も多く採用活動で苦戦することはありません。

しかし、資本関係があるグループ会社、特に関連子会社の場合は、資本関係はあるとしても、採用活動はその企業単独で行いますから、企業名としてのネームバリューは低く、知名度もないことから母集団形成が難しいです。

そこで、大手企業はグループ企業の代理として求人を公開して代理で採用活動を行うことがあります。

求人に聞いたことがある大手企業の求人名があり、カッコ書きでグループ企業の採用という言葉があったら、転職後は自分は大手企業との雇用契約関係はないのだと認識してください。

グループ企業への転職自体は。間違っていませんが、求職者からすると大手企業に転職でいると思っていたところに、転籍というある意味、トリックで違う企業で雇用されるということは落胆も大きいでしょう。

試用期間に注目

企業からすると書類選考や面接数回を通して、採用に値する人材であると評価して内定を出したとしても、その評価を100%信用することはできません。

求職者が持つ経験や実績はあくまで過去の在籍企業でのことで、転職先である自社でのものではないからです。

その意味では企業にとって中途採用はリスクがあるのです。

企業は一度、採用するとそう簡単に解雇などを強制的な手段で雇用契約を終了することができません。

日本には解雇権濫用法理というものがあり、不当な解雇はすべて無効になるためです。

採用時には評価しても採用後に思うようなパフォーマンスが発揮されず払っている給料と見合わないとなれば、企業からするとリスクが顕在化したということで、できれば退職して欲しいと考えます。

しかし、解雇をすることはできませんし、本人である求職者も転職したばかりで退職しようとは考えません。

そこで、試用期間です。

求人には試用期間という記載があります。

試用期間とは、企業としては、文字通り、試みの期間で、採用した求職者が採用時に評価した成果を出せるか、出せないかを一定期間である試用期間を通じて見極めるということです。

試用期間がある限り、求職者は、転職後にいきなり正社員という立場ではなく試用期間の社員ということです。

試用期間は求職者に主導権はなく、企業側が主導権を持ち、企業の判断により試用期間終了後も継続的に雇用するかどうかを決めることができます。

試用期間の平均期間は3カ月です。

この3カ月を超える期間、特に1年や2年という期間を求人に記載している企業は怪しいと思ってください。

法的には試用期間の期間上限はありませんから、企業ごとに期間を設定することができるのですが、常識的に考えると、試用期間を1年、2年と持つということは、その期間、ずっと主導権は企業にあり、転職した求職者はいつ企業から退職を指示されても何も言えないということになります。

また、試用期間に延長ありという企業にも気を付けてください。

試用期間の延長は、企業が裁量で決めますので、いつまで延長されるかも不透明です。

いつ雇用契約の終了を言われても何も言えないのです。

求人には隠された情報が満載だから転職エージェント

日ごろ、法的な関りが薄い求職者の方が多いはずです。

求人には求職者が把握し切れていない法的な背景や、企業独自の思惑が隠されています。

それを一つずつ解決していくことは時間がかかり過ぎてしまいます。

そこで、転職エージェントです。

転職エージェントを利用することで求人紹介のタイミングで隠されたメッセージなどをかみ砕いて教えてくれますので、転職リスクを事前に回避することができます。

求人を簡単に見るのではなく、しっかりと言葉の意味を理解し、その言葉にはどのようなメッセージがあるのか見抜くことが良い転職の条件になります。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment



スポンサードリンク

スポンサードリンク