質問力が面接通過のカギ!答えるだけでは評価されない!

求職者が転職するためには、企業からの内定が絶対条件です。

内定を勝ち取るためには、企業が設定している書類選考や面接複数回を通過しなければなりません。

求職者は、面接という機会は非日常的なことであり、どのような求職者であっても、普段の自分ではなくなり、精神的なプレッシャーがかかり緊張してしまいます。

面接は、基本的に面接官が主導権を持ち、面接官からの質問に対して、求職者が受け答えするという流れで進んでいきます。

面接の評価ポイントは、面接官からの質問に対して、的確に答え、その答えの中身として採用基準に達していれば良いということになることは間違いないですし、多くの求職者はそうであるために、面接官の質問にしっかり答えようとします。

答えようとする気持ちが強すぎると、より緊張が増し、思うような答えができずに見送りに繋がってしまうということもあります。

実は、面接においては、面接官は、自分の質問にどう答えるかという評価ポイントの他に、求職者からの質問の内容でも評価をしています。

企業によっては、人物面重視をしている場合、質問にどう答えるかよりも、求職者がどのような質問をするかを重要視していることもあります。

求職者は知らないかもしれないのですが、実は企業は求職者の質問力に期待しているのです。

今回は、面接通過のカギとなる面接の質問力についてご紹介します。

スポンサードリンク

企業が中途採用で重視すること

質問力に繋がることですので、企業が中途採用で重視することについて先に話をします。

企業が行う採用には中途採用の他に新卒採用があります。

この2つで企業内の組織構成を充足させるのですが、この2つは企業にとって違いがあります。

新卒採用の場合は、入社するまでに企業に在籍した経験がありませんから、まっさらな状態です。

まっさらな状態ですから、企業の文化に馴染むことができる人材である可能性が高いです。

一方、中途採用となれば、求職者は必ず転職前に最低でも1社の企業経験がありますから、経験があります。

経験とは、採用する企業からすると、即戦力人材ということで、経験が豊富であれば期待できる人材と言えるのですが、一方では、経験が足かせになり企業の文化にスムーズに馴染むことができない可能性もあるいうことが言えます。

企業の経営者は、自社の文化や社風を非常に大事にします。

文化や社風は人で言うところの性格になりますが、企業の性格が中途採用者である求職者が転職することにより、変わる、または、変わる可能性があることは敬遠します。

経験ということは実務としては重宝されますが、文化や社風という意味では厄介な存在です。

企業は求職者を採用するリスクとしては文化などが濁る可能性があるということで、それを採用する前段階である選考のタイミングで防止しようとします。

書類選考で防止することは書類で選考を行いますから求職者自身を知ることはできませんので不可能で、その可能性があるとすれば面接です。

企業が中途採用で重視することは、面接による文化などに馴染むことができるかどうかです。

必然性も重視する

これまた新卒採用と比較することで分かりやすいのですが、新卒採用の場合は、企業側の採用活動期間が限定されます。

しかも、同時期に一斉に何万社以上の企業が採用活動を行います。

中途採用の場合は、求職者からすると求人との出会いは、求職者が求人があるときに転職活動をしているかどうかの運も左右し、企業からすると、求職者に対して、本当に自社転職したいのか疑問に感じます。

この疑問は、どのような求職者に対しても感じることで、求職者は企業から自分がそのように見られているということを認識してください。

企業からすると、面接において、どのような転職志望を求職者が発しても、その内容に対して真実味があまりなく、面接内である求職者からの質問内容を確認するまでは信用することはありません。

何を言いたいのかと言いますと、必然性です。

必然性とは、転職に関して言うならば、求職者が必ずその企業でなければならない理由です。

求職者は自分で自分のことを思い出して欲しいのですが、企業の面接用に志望理由を作り込んでいませんか?

第一志望ではない企業の選考を受けることが多いでしょうが、第一志望ではない企業に対して、『第一希望ではない』と面接で言いますか?

絶対言わないでしょう。

そのようなときに求職者は、とりあえず内定が欲しいということで、企業の面接では本心ではない理由を作り込んで、内定が出るように志望理由などを作り込む傾向があります。

作り込むこと自体は決して間違いではないですし、むしろ面接突破のためには必要なテクニックになります。

ただ、企業からすると、自社を本当に志望しない求職者が作り込んで、面接を通過してそのまま内定承諾して入社したらどうでしょうか。

これ以上ない屈辱的なことは採用活動ではないです。

求職者の転職活動は運もあります。

自分が転職活動中に、自分が志望する条件の企業が求人を公開している場合は、どの求人に応募し内定を取っても、第一希望の転職を実現することができます。

しかし、現実はそうではなく、第一希望にすることができる企業の方が少ないです。

転職活動は、不安の大きいことであり、どれだけ優秀な求職者でも、いつ内定が出るのか分かりませんから、転職活動の結果、とりあえず、どこかの企業には転職できる環境づくりということで、内定が欲しいと考えます。

その他としても、本命企業の面接前に練習台として面接を受ける求職者もいます。

企業は、文化や社風の濁りを防ぐために、求職者の本音を面接で知る必要があります。

絶対にその企業でなければならない理由は、企業かすると求職者の志望理由だけでは知ることはできず、どこで知ろうとするかと言うと求職者からの質問です。

必然性は企業研究が十分かどうかで分かる

どのような求職者でも自分が本当に転職したいと思う企業の情報は面接前に良く調べるはずです。

調べる理由は、面接でどのような質問を受けても正確に答えることができるようにするためもあるのですが、自分自身が興味を持ち自主的に知りたいと思うこともあります。

後者については、ある意味、必然的な行動で、自分がこれから転職したいと思う企業に興味を持ち、調べるということは、普通のことです。

企業を調べるということは転職活動では企業研究と言います。

求職者は、面接前に企業研究をしていますか?

企業研究をして、企業が発信している情報のすべてを細部まで深く理解し、質問してみたい内容はないと言えますか?

恐らく、企業が発信する情報で、すべてを理解し質問することは何ひとつないと言い切ることができる求職者はいないでしょう。

例えば、上場している企業の場合は、IR情報がホームページに掲載されています。

IR情報は、投資家向け、株主向けにも発信されていますので、専門用語がずらりと並びます。

専門用語のなかにも、企業ごとに企業の事情が含まれていますので、読み込んだだけではすべてを理解するということは不可能なことです。

興味を持ち企業研究をしていればIR情報含めて、その他の企業情報で質問事項は必ず出ます。

面接官としては、面接内で、求職者から企業研究をいかにしたかという証明となる質問をして欲しいですし、それを期待しているのです。

期待しているなかで、面接官から何か質問はある?という問いに対して、求職者が『特にありません』と言ってみてください。

面接官からすると、それまで高評価をしていても、その段階で、拍子抜けで評価を下げてしまいます。

必然性がある求職者は企業研究をして、面接内で質問をすると企業は考えていますから、そこに当てはまらない場合は、低い評価のまま面接が終わるということになります。

物事にははじめが肝心という言葉がありますが、面接においては、最後が肝心です。

面接内で、求職者が企業に質問できる時間帯は、面接官が求職者に質問をし終えた最後の10分程度です。

残りの50分でどれだけ良い評価をもらっていても最後の10分の質問タイムでぼろが出てしまうと、最後10分の印象が非常に強く残ります。

この現象を面接のハロー効果と呼びます。

ハロー効果とは、全体的な所見で判断するのではなく、部分的な印象にフォーカスして、部分評価が全体評価になるということです。

面接官は機械ではなく人です。

人である以上、ハロー効果はあり得ます。

ハロー効果にはまらないようにして欲しいですし、そのためには、面接終盤である質問に対して意識を高くして、企業研究からなる必然性が伝わる質問をしてください。

評価される質問をするために

面接官から高評価を受けるために必然性が伝わる質問をするためには、企業研究が必要で、企業研究をするための情報は今の時代はホームページから入手することが良いでしょう。

しかし、自分が第一希望にしていない企業のホームページを見ようとしませんし、また、現職との同時並行で転職活動をしていることが多いでしょうから、時間的な制限により自分が興味をあまり持つことができない、とりあえず面接を受ける企業の情報収集を後回しにすることが多いです。

こんなときに、『手っ取り早く』、必然性が生まれる質問をすることができる手段があります。

その手段は、転職エージェントを利用することです。

転職エージェントは、企業の採用を支援する立場にあり、その企業が同一ポジションで、過去にどのような面接をしたのかを知っています。

転職エージェントが企業の面接に同席することもたまにありますが、基本的には同席しません。

では、どこで面接内容の情報を入手するかと言いますと、実際に面接を受けた求職者と、企業の人事からです。

転職エージェントを利用すると、面接終了後に、どのような面接を受けて、どのような質問をされ、自分がどのような質問をしたのかをヒアリングされます。

すでに、面接を終えている求職者にとっては、ヒアリングされた内容は今後の自分の転職活動に役立つことはないのですが、次にその企業の面接を受ける求職者にとっては、過去問と同じようなイメージで事前準備をする材料には最高の情報です。

求職者は実は転職エージェントを利用すると、『もちつもたれつ』の関係性があり、自分も過去の求職者が受けた面接内容を自分が面接を受けるときに役立てることができます。

転職エージェントから得た他の求職者から入手した情報により、企業がどのような質問を高評価し、どのような質問を低評価したのかを求職者に知らせることができます。

また、転職エージェントは、企業との打合せを定期的に行っていますから、その打合せのなかで、親しい関係になればなるだけ、深い情報を知ることができますし、深い情報のなかには、面接の選考基準も含まれています。

企業は気軽な気持ちで、『面接ではこんな質問があると嬉しいよね』などと転職エージェントに話すことがあり、その情報を聞き逃すことなく、社内のナレッジにして、求職者に提供しています。

本命ではない企業の面接準備は、どの求職者にとっても面倒なことです。

しかし、面倒なことやらなければ、精神的は安定を期待できる内定を得ることはできません。

求職者に、『第一希望ではない企業の内定は欲しいけど、なければないで良い』と思うかもしれませんが、とりあえず内定は、実は大事です。

先程、いつ内定を勝ち取ることができるか分からないことが転職活動であるということを伝えましたが、その不安があれば、第一希望の面接ではもっと緊張します。

『落ちたらどうしよう』などとネガティブな思いが先行してうまくいかないこともあります。

そのような必要以上のネガティブな思いを、とりあえずではあっても内定があれば、『落ちても内定はある』という自分に勇気を持たせる要素にすることができるのです。

絶対に質問しよう

面接では絶対に質問をすることを決めてください。

どのような質問をすれば良いか分からないならば、転職エージェントを利用して、過去の質問を入手して、その質問を丸パクリでも良いのです。

質問しないということだけで、面接の評価は下がります。

理由は必然性がないからです。

中途採用の対象となる求職者は、必然性がないと思われることは確実ですので、それを補うためには、的確な回答ではなく、企業研究からなる質問力です。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment