転職で確実に年収を上げたいならヘッドハンティング!ヘッドハンティングされるための動き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職をすると絶対に今より年収が上がる!ということまでは期待していなくても、今より上がる可能性の方が高い!と強い期待を転職にしている求職者はいますか?

いきなり期待を裏切る、夢を壊すような話をしてしまいますが、転職しても絶対に年収が上がるという確約はありませんし、年収が上がる可能性が高いということも事実ではありません。

むしろ、転職の結果、現状維持、または、年収ダウンという結果で転職をする求職者の方が圧倒的に多いです。

その理由は、年収とは、求職者の価値を意味するもので、今、もらっている年収は、求職者が現職に貢献した結果を表しているもので、転職先の企業ではまだ1つも成果を出していません。

成果がなく貢献をしていない求職者に転職先の企業は、期待を込めて、また、前職考慮により内定時に年収を提示するのですが、その年収には企業からするとリスクもあります。

あまりに高い年収を提示して、転職後にその年収に比例する貢献が見られない場合は、企業からすると年収の出し損になり、採用との費用対効果が低いです。

じゃあ、年収を下げるか?ということになりますが、企業は社員となった求職者の年収をそう簡単に下げることはできません。

労働基準法には労働者保護、ここで言うところの求職者保護の観点で不利益変更の禁止を企業に強いています。

成果が出ていないのだから、不利益変更ではないと思うかもしれませんが、まだ入社して間もない社員である求職者がそう簡単に成果を出すことができるはずがないということで、不利益変更に該当する可能性が高いです。

不利益変更に該当する可能性が高いなかで、ある意味、法律を無視して年収ダウンの提示をすると、労務リスクになり経営的なリスクに繋がってしまいます。

求職者に対して企業は内定時に提示した年収を採用後に下げるということがそう簡単ではないために、期待は込めるとしても、必要以上の年収を提示することがないということです。

今回は、求職者が転職を機会に年収を上げたいならば、確実な方法としてヘッドハンティングという方法がありますので、ヘッドハンティングについてご紹介します。

ヘッドハンティングとはだれでも利用できる仕組みか?

まず、ヘッドハンティングと簡単に言われても、ヘッドハンティングはだれでもすぐに利用することができる仕組みなのか?と疑問に思うでしょう。

ヘッドハンティングと聞くと、何かレベルの高いイメージがあるでしょうが、その通りで、ヘッドハンティングはどのような求職者でも利用することができるという仕組みではないです。

ヘッドハンティングの仕組みは、求職者が企業に自分を売り込むのではなく、企業がヘッドハンティングを利用して、企業が欲しい人材をヘッドハンティングを通して、探し、企業が求職者に売り込むということになります。

今の転職市場の転職方法は、求職者からするといくつかの方法がありますが、なかでも求職者の利用数が多い方法は、転職エージェントです。

転職エージェントを利用すれば、自分で企業の選考に関することを行う必要はありませんし、選考前に企業の譲歩を知ることができ、求職者からすると都合が良いです。

ただ、転職エージェントを利用したとしても選考を受けるべき対象は求職者であり、面接などを通して、自分を売り込み、企業が求職者を評価するかしないかで、選考結果が決まります。

選考結果は別にして、求職者は面接で少なからず自分を売り込むということは頭の片隅にあり意識せざる得ません。

求職者にとって、自分を売り込むということと、企業が自分に売り込んでくるという違いはかなり大きいです。

転職エージェントを利用した場合には、自分が売り込むことになるのですから、求職者である自分は企業から評価される立場で受け身の立場です。

一方、ヘッドハンティングの場合は、ヘッドハンティングを利用して企業が売り込んでくるのですから、選ぶ側は求職者自身であり、転職市場では立場が弱い自分が内定前から企業を上から見ることができるのです。

通常の企業の選考では、見られている、選ばれなければいけないという気持ちが強すぎて、過度に緊張してしまい自分らしい姿を面接で発揮することができず、見送りになるということも多いです。

ヘッドハンティングの場合は、上から見ることができるのですから、緊張することもなく、また、ヘッドハンティングの場合は求職者が自ら転職しようとは思っていませんので、言いたいことはすべて言って、相手である企業がそれに応じてくれないなら転職しなければ良いだけのことです。

『言いたいことを言う』

通常の企業の選考で自分の言いたいことをすべて言えるでしょうか。

まず、無理です。

言いたいことのなかには、自分がこんな立場で、こんな仕事をしたい、かつ、これぐらいの年収が欲しいということも含まれていますが、今、お話した内容を面接ですべて話すと確実に企業は、『内定すら出ていないのに、随分、自己主張が強い』と感じ、選考を見送るでしょう。

企業の面接において、面接官は求職者に『転職前に言いたいことはすべて言って頂いて大丈夫です』などと気の利いたセリフを発することがあるのですが、本音と建て前の世界や、そこまで言うかという一定の範囲内でのことですから、言いたことがあっても選ばれている求職者からすると言える訳がないのです。

ヘッドハンティングは自分の希望条件をほぼ叶えることができる

求職者にとってヘッドハンティングほど有利な転職方法はないと言っても良いぐらい最高の存在で、良くも悪くも自分のやりたい放題、言いたい放題で転職活動をすることができます。

ヘッドハンティングで転職することができれば、現職や前職で得ていた年収を大きく上回ることはほぼ間違いないことです。

では、どれぐらいの上積みを期待することができるのか?ということになりますが、ヘッドハンティング市場の平均上積み割合は2割から3割程度と言われています。

例えば、現職で500万円の年収を得ている求職者の場合は、500万円×、1.2という計算式により、600万円になります。

転職エージェントなどを利用して普通の転職活動をすると、現年収から100万円の上積みはまず期待することができませんから、この差は大きいです。

また、役職においても、年収と同じように昇格した状態で転職することができ、現職で課長という立場で仕事をしているのであれば、最低でも部長代理で転職することができます。

すべての求職者に言えることですが、転職後に仕事の成果により昇格や昇給するということは、結構なハードルがあり、特に昇格は、数年頑張ってようやく昇格できるというぐらいのことですが、ヘッドハンティングの場合は、簡単にという表現が適切かどうか分かりませんが、ある意味、簡単に昇格を実現することができます。

大手企業の昇給を例に取ると、ヘッドハンティングの転職による昇給がいかにすごいことであるか分かります。

大手企業は安定的に仕事をすることができる、一方で、仕事量はそこまで多くありませんし、一人に与えられた裁量権も多くありません。

そのため、昇給は1年頑張って1000円、2000円レベルということで、100万円の昇給を掴むためには、向こう10年、20年と頑張る必要があります。

10年、20年頑張らなければならない100万円の昇給をヘッドハンティングであれば、転職という一瞬の時間のなかで可能にしてしまいます。

ヘッドハンティングされるためには?

ここまでの話を聞いて、『自分もヘッドハンティングされたい』、『利用したい』と思う求職者がほとんどでしょうが、残念ながらヘッドハンティングはだれでも利用できるような仕組みではありません。

求職者からすると、今時点の経験やスキルがヘッドハンティングの対象にならなければ、ヘッドハンティングされることは難しいです。

そこで、ヘッドハンティングされるためにはどうすれば良いのかという点に触れておきます。

ヘッドハンティングを事業とする会社は日本に多くありません。

昔は、少ないヘッドハンティング会社が、人脈を使って、地道に企業が求める人材を探し、突然、求職者に電話やメールが届くという仕組みでした。

最近では、ヘッドハンティングのハードルが下がりだし、ヘッドハンティング会社もハードルが下がっている環境に合わせて、仕組みを変化させています。

ヘッドハンティングを利用したいのであれば、求職者はヘッドハンティング会社に登録してください。

昔は求職者自らがヘッドハンティング会社に登録するようなことはできませんでしたが、今は、転職エージェントとここまでは同じ仕組みで登録型のヘッドハンティング機能もあります。

登録後は、ヘッドハンティング会社と面談を行い、求職者本人がどのような企業を希望しているのか、または、その他の転職条件を伝えます。

もちろん、面談内ではキャリアアドバイザーのような立場の担当者が求職者のこれまでの経歴を知るために、ヒアリングもあります。

転職エージェントの場合は、登録面談が終わると、その場で求人紹介があったり、転職支援中に随時、紹介があるのですが、ヘッドハンティング会社の場合は、登録面談が終わると一旦、そこで終了になります。

登録は継続されますが、ヘッドハンティングが企業から依頼された案件があるまでは求人紹介をしてくれるということはありません。

求職者は計画性を持つこと

転職市場で、自ら転職を希望する求職者は、現職を早いタイミングで退職したいと考えていますが、ヘッドハンティング市場ではこの考えは適していません。

登録面談後は、基本的に待ちの状況が続きますし、その待ちの状況は長い場合は数年続くこともあります。

ヘッドハンティング会社は転職エージェントと違い、幅広い検索で求人を探すのではなく、ピンポイントで行いますので、少しでも企業が求める要件に違いがあれば、紹介対象外になります。

求人紹介は、相当少ないと考えて欲しいですし、ヘッドハンティングであっても、求人がなければ求職者は転職することは不可能です。

待ち状態が続くことを想定して、すぐに現職を退職する考えを持つのではなく、少しでも現職で実績を積み、ヘッドハンティングに提出した職務経歴書の内容を上げる行動が必要になります。

ヘッドハンティング市場は経験や実績が多ければ多いだけ有利ですし、ヘッドハンティングから、自分が希望する企業群でヘッドハンティングされるために、どのような経験や実績を積む必要があるかも教えてもらえます。

ただ、漠然と経験や実績を積むのではなく、自分が希望する企業群の要件に該当するという目標がありますので、それに向けて現職で仕事をするということになりますので、イメージは掴みやすいですし、自分がやるべきことは明確になるでしょう。

転職エージェントにもヘッドハンティングと同じ機能が実はある!

転職エージェントを利用すると、基本的に登録面談で担当したキャリアアドバイザーが自分の専任になりますが、転職エージェントを利用している途中に転職エージェントは同じでも、今まで接したことがないキャリアアドバイザーからいきなり電話やメールがあるということがあります。

これは、転職エージェントのスカウト機能で、ヘッドハンティング会社の機能と似たものです。

ヘッドハンティング会社を使うことは少し時間がかかるという求職者は、転職エージェントを利用しておけば、通常の求人紹介に加えてスカウト求人の紹介もあります。

スカウト求人の紹介率は、通常の求人紹介よりも低いですが、ヘッドハンティング会社からの紹介率よりは高いです。

少なくとも数年単位ということはありません。

スカウトを利用すると、ヘッドハンティングと同じく年収が上がった状態で転職を実現することも可能です。

スカウト機能を持つ具体的な転職エージェントは、リクルートキャリアです。

リクルートキャリアにはスカウト部隊もあり、スカウトを専門に扱うキャリアアドバイザーがいます。

リクルートキャリアを利用することで、通常の求人とスカウト求人の併用が可能となり、求職者にとっては、幅広い転職活動と年収アップの転職を実現することもできるでしょう。

いずれにしても、通常の転職活動では年収が上がった転職を期待することはやめましょう。

上がっても10万円以内ということが多いですから、基本的に現状維持から多少のダウン提示だと思っておいてください。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment



スポンサードリンク

スポンサードリンク