仕事に行きたくない時に休むべき!休まなかったことで取り返しがつかなくなった体験談

仕事をしている人ならば、一度は仕事に行きたくないと思ったことがあるはずです。

  • 気分が乗らない
  • 職場の雰囲気が嫌い
  • 先輩と顔を合わせたくない
  • 精神的に辛いから休む

これ以外にも仕事に行きたくない理由はたくさんあります。

仕事に行きたくないと思っているのは、精神的に病んでいる可能性があります。

そんな時に無理に仕事に行っても、辛いだけで生産性も悪くなるので思い切って休む勇気を持ちましょう。

私も昔は休むことに抵抗があり、仕事に行きたくないと思っても無理に仕事に行くタイプの人間でした。

ですがあることがきっかけで、仕事を休むことが悪ではないことがわかり、仕事に対してストレスが少なくなりました。

きっと同じような体験をしている人も多いと思うので、休むことで救わることもあると覚えておいてほしいです。

スポンサードリンク

仕事に行きたくない(休む)理由とは

仕事に行きたくないと感じるのは、それなりに精神的に辛いと感じる理由があるからです。

私や私の周りでは

  • 会社の上司と合わない
  • 部下と上手く仕事ができない
  • 今の仕事がつまらない
  • 残業が多く精神的に辛い
  • 給料が低くやる気が出ない
  • 周りが助けてくれない

といった理由で仕事に行きたくないという人が多かったです。

ブラック企業が激務の会社に多い理由ですね。

ちなみに日本人の考え?なのかわかりませんが、辛いという理由だけで仕事を休むことができないと考えている人が多いです。

みんな同じように辛いのだから、自分だけ仕事を休むことはできない。

こんな考えをもってガムシャラに働いている人も多いのではないでしょうか。

もちろん考え方は人それぞれなので、こうした考え方もあると思います。

ですが本当に精神的に辛くて、仕事に行きたくない、仕事を休みたいと思っている人は考え方を変えることも視野に入れて下さい。

辛いという気持ちのまま仕事を続けることは、本当にあなたにとって良いことなのでしょうか?

どうしても仕事に行きたくないときは休むべき

まず最初に私の考えを言うと、どうしても仕事に行きたくない時は休むべきです

  • 休むと周りの印象が悪くなる・・・
  • 昇給や昇進に関わるのでは
  • 自分の仕事が増える

こうしたマイナス要素があるため、仕事に行きたくないけど休むことはできないと考えている人も多いでしょう。

確かにこのような風習の企業は多く、1回の休みもなかなか取れない企業もたくさんあります。

ですが休まないことのリスクも考えてみて下さい。

辛いとストレスを抱えながら仕事をすると、思っている以上のリスクがあなたに降りかかることだってあるのです。

それを知らずに嫌々仕事に行くと、あとで取り返しのつかないことになるかもしれませんよ。

私も仕事に行きたくないのに休まなかったために、その後の人生で辛い思いをしてしまいました。

スポンサードリンク

朝起きられなくなったら要注意

仕事に行きたくないと思ったときに、朝起きられなくなったら要注意です。

ただの眠気なら良いのですが、頭痛や熱がでてきたら、あなたの身体に異変が起こっているかもしれません。

私の場合は頭痛や熱が中心でしたが、時々、下痢になることもありました。

特に電車の中での下痢は辛く、生きているのも辛いと感じるほどでした。

正直、毎日なんでこんなことをしながら出勤するんだと、自己否定すらするようになりました。

朝に弱い人も多いと思いますが、朝起きて仕事に行きたくないと感じて体に異変があったら、それは体が発しているシグナルかもしれません。

私の場合は、このシグナルを無視し続けたせいで、取り返しがつかないところまでいきました。

仕事を休まなかったことで鬱になった

私の場合、仕事に行きたくないと思っても休むことはせず毎日出勤しました。

仕事を休みたかった理由は、先輩社員との折り合いの悪さと、入社時に聞いていなかった仕事内容でどんどんストレスが溜まっていきました。

私が勤めていた企業はいわゆるブラック企業で、社風も働いている人も評判が悪かったです。

でも辞めてもすぐに仕事は見つからないし、このまま続けるしかないと我慢していたのです。

ですが突然、その時が訪れました。

私はストレスのあまり仕事に行こうとすると頭痛と熱に悩まされるようになったのです。

最初は風邪かと思いましたが、あまりに続くので不安になり初めて本当に仕事に行きたくないと思い休むことにして病院に行きました。

嫌な予感はしていましたが、病院では鬱と判定されました。

実は仕事で鬱になる人は珍しいわけではなく、担当の医師にも「このまま続けると危険かもしれませんよ」と言われました。

今までは何とかなると思っていましたが、鬱になってから将来どうしようか不安になりました。

このまま一生その仕事を続けていくのか

仕事に行きたくないと思うことは普通にありますが、鬱になるまで放っておくと取り返しがつきません。

診断書で仕事を休むことはできますが、ずっと休むのも気が引けます。

きっと同僚も良い印象は持っていないでしょうし、戻ったところで白い目で見られるのがわかっています。

その時、私は初めて仕事に行きたくないと思ったら、もっと休みを取るべきだったと後悔しました。

嫌な時に休んでおけば、ここまで精神的に追い詰められることはなかったと思います。

でもこうなってしまったら、今の仕事を続けるべきかを考えるステージになって思いました。

結局、私は転職することを考えました。

嫌な仕事で体を壊しては元も子もありません

結果論になりますが、私は転職をして正解でした。

最初は自分が転職なんかできるのかという不安もありましたが、思ったよりも順調に転職できたので正直、拍子抜けでした。

あのまま行きたくない仕事をしていても、精神だけではなく体にも影響があったのではないかと思います。

まだ立て直せるだけの余力があったうちに、転職活動ができたのは本当に良かったと思います。

「まだ働けるし、なんとかなるか・・・」

こんな考えで仕事を続けていたら、恐らく取り返しがつかなかったのではないかと思います。

タイミングが良かった?のかはわかりませんが、体に異変が来て鬱がわかったことで今の仕事を辞める決心がついたことは、私の人生で大きな転機となったのは間違いありません。

仕事に行きたくないと感じている人の多くは、ストレスを抱えている可能性がとても高いです。

今は大丈夫かもしれませんが、放っておくと何もできなくなってしまうかもしれません。

仕事に行きたくないから休むと思ったら転機かもしれない

もしあなたが、仕事に行きたくないから休むと何度も考えたことがあるなら、それは人生の転機かもしれません。

もちろん仕事に行きたくないと思うことは誰しも経験しますが、何度も思うのは明らかに精神的に追い詰められています。

このまま仕事を続けて、あなたに未来はあるのかを考えてみて下さい。

  • 10年後に後悔している自分がいる
  • やりたいことができなくて未練が残る
  • 一度だけの人生で失敗する

こうした後悔や未練を残しても、後戻りはできません。

もっと早くあなたに合った仕事を見つけることで、こうした後悔を回避することができます。

実際に私も、仕事に行きたくないで鬱になりましたが、今は以前よりもずっと満足できる仕事に打ち込んでいます。

時々、仕事に行きたくないと思うこともありますが、仕事への不満ではなく、休み明けなどの気分が乗らない時だけになりました。

仕事をしている時間は人生の中でも大半の時間になるので、辞めたいや休むことを常に考えるようになったら、新しい未来を考えても良いかもしれません。

もう少ししたら・・・といった考えではなく、「今すぐ」行動することで今後の人生が本当に変わりますよ。

本当に今の仕事に満足していますか?

働いている時間は、あなたの人生の半分以上の時間を費やしていることを意識したことはありますか?

1年間の総労働時間は2000時間以上になります。(法律的に最大労働時間は2085時間と言われています)

あなたが1年間で持っている時間は8760時間になるので、1/4ほどの時間を仕事に使っていることを覚えておいてください。

人生の1/4の時間を、満足できないまま過ごすのは決してあなたにとって本当に価値があることでしょうか。

もしあなたが今の仕事に満足できていないのならば、転職も視野に入れることをおすすめします。

もちろん転職をすれば必ず幸せになるとは限りませんが、アクションを起こさなければ現状とかわらず不満を抱えながら生きていくことになります。

  • もっと自分に合った仕事があるのではないか・・・
  • 自分の強みを活かした仕事がしたい
  • お金をもっと稼ぎたい
  • 人生を後悔したくない

このような考えをもっているなら、グッドポイント診断という適職診断をしてみてください。

これは大手リクルートが行っている適職診断ツールで、今のあなたの仕事が、本当に適職なのかを無料で診断してくれます。

こうした診断ツールはいくつかありますが、リクルートが作っているだけに信頼性の高い結果が出るのも特徴です。

このグッドポイント診断は、リクナビNEXTという転職サイトの特典の一つで、無料で使えるのもおすすめできる理由になります。

グッドポイント

リクナビNEXTは登録だけなら無料ですので、今すぐに転職をする気はない人でも、登録だけしておきましょう。

仕事を辞めたいと思っている人がよくやる失敗の、「あの時に登録しておけば良かった・・・」という後悔を防ぐことができるからです。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績はリクナビNEXTがNo.1です。

リクナビNEXT

もしすぐに転職したいと考えている場合は、転職エージェントのリクルートエージェントの利用も検討してみて下さい。

転職活動で失敗したくないなら転職エージェントを使おう!

すぐに転職をしたいほど悩んでいるのならば、今すぐ転職活動を始めるべきです。

ただ転職活動といっても、求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると転職成功の確率がかなり高くなります。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできるので、今の会社に不満があるが、また同じような会社に入るのでは・・・というリスクを避けることができます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

転職エージェントと聞くと、高いお金を取られるんじゃ・・・と思うかもしません。

ですがその心配はありません。転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

問題は転職エージェント選びですが、リクルートエージェントに登録しておけば間違いありません。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント