IT業界を辞めたい!現役のSEとプログラマーが教える辞めて失敗しない方法

IT業界は過酷な労働環境で、仕事を辞めたいという人が多い業種の一つです。

  • 毎日終電まで仕事
  • 思っていたより給料が上がらない
  • 仕様変更が多すぎて辛い

など理由はたくさんありますが、あまりポジティブな理由なく仕事を辞めたいという人も多いです。

特に日本のIT業界は、海外と比べてもSEやプログラマーの評価が低く、正直なところ「割に合わない」と感じている人も多いのではないでしょうか。

私もプログラマーとして5年、SEとして10年働いていますが、IT業界を辞めたいと何度も思っていました。

実際、転職回数も4回と多く、一度はIT業界を離れてまた戻ってきました。

私の場合は、IT業界を辞めたことで失敗した経験も多く、簡単にIT業界からすぐに離れたほうがいいよとは言えません。

IT業界を辞めたいと思っている人は、私の体験談などを参考に将来を考えてみて下さい。

スポンサードリンク

IT業界を辞めたいと思ったら考えること

まずIT業界を辞めたいと思ったら、以下のことを考えてみて下さい。

  • 転職しても今よりも良い環境とは限らない
  • IT以外の業界にすぐに転職できる

この2つはITを辞めたいと思ってから考えるべき大事なことになります。

一つ一つ説明していきますね。

転職しても今より良い環境になるとは限らない

ITを辞めたいと思って辞めるのは、実はそれほど難しくありません。

IT業界は人材不足なので引き留めようとする企業も多いですが、一人二人辞めても実は業務は回ります。

そのため1か月前に言っておけば、辞めること自体は簡単にできるのです。

ただここで注意すべきことは、辞めたいから簡単に辞めてよいのかをもう一度考えてみて下さい。

  • 仕事が辛いから
  • 給料アップが少ないから
  • 休みがとれないから

恐らくITを辞めたい人の多くは、こうしたマイナスの理由がほとんどだと思います。

実際、自分のケースでも上記のようなマイナスの理由でITを辞めたことがありました。

ただITを辞めた後に、失敗したなという経験をしています。

それは、辞めた後に転職した業種が、前にいた仕事よりも過酷になってしまったからです。

勤務時間はIT業界よりも楽になったのですが、薄給と土曜出勤が多く、正直転職したメリットを感じられませんでした。

私以外にも、ITを辞めて他の業種に転職をしたものの、IT業界の方が良かったと戻る人も多いです。

IT業界でも、条件の良いところはあるので、しっかりと調べてから他の業種に転職するか決めましょう。

IT以外の業界にすぐに転職できる

またITを辞めたいからと転職を考えても、意外と採用されないケースも多いです。

IT業界の仕事(特にSEやプログラマー)って、実は他で応用できないことも多いんですよね。

営業なんかであれば、他の業種にいっても即戦力になることもありますが、SEやプログラマーはそうはいきません。

そのため転職活動をしても不採用になることが多く、仕事がないままダラダラとニートを続けてしまうこともあります。

IT業界以外の職種に転職するならば、すぐに採用される資格や経験を持っているか自問自答してください。

もしないのであれば、公務員試験を目指すなど、現実的な進路を考えたほうがいいかもしれません。

先ほど説明したように、IT以外の職種を選択して、もっと悪い環境になることだってありえるからです。

IT業界を辞めたいと思っても、一度これらのことを考えてみて下さい。

IT業界を辞めて失敗した体験談

SE歴も10年あり、それなりにコミュニケーション能力があると思いあがって転職をして失敗した体験談です。

IT業界に限界を感じて(当時はこれ以上は無理と思っていました)、他業種に移ることを決意。

転職サイトを使って、運よく新しい職場を見つけることができました。

業種は営業で、これから新しい人生が始まるとワクワクしていました。

しかし実際に仕事をすると、サービス残業が多く、休日も出勤、しかも成績がなければ給与も上がらないとSE時代よりもひどかったです。

いわゆるブラック企業というやつでした。

まあ営業経験もなく雇ってもらえるところなど、そうそうないですよね。

結局、転職に失敗してその仕事は2年で辞めてIT業界に戻ることにしました。

一応、他の業種も探したのですが、正直、自分のスキルが活かせるところがないことに気づきIT業界に戻りました。

IT業界の友人も同じような経験をした

これは私の例ですが、実際に私の周りでもIT業界を辞めて失敗した人はたくさんいます。

印刷業界、製造など、他業種に転職をしたところ、待遇も良くなく結局IT業界に戻ることも少なくありません。

IT業界は過酷で最悪、IT業界だけはやめておけ、などという声も聞きますが、他の業種なら安全ということはないのですね。

特に給与面でいうと、よほどのホワイトにでも転職しない限りIT業界の方が高い可能性があります。

IT業界を辞めることは簡単ですが、他の業種だからと言って好条件で働けるとは限りません。

スポンサードリンク

IT業界にもホワイトはある?

個人的にIT業界でスキルを磨いたのであれば、同じ業種で転職をしたほうが条件が良くなることが多いと思います。

  • 給料アップ
  • 労働環境が良くなる
  • 新しいスキルが身につく

日本の企業体制として、転職組の条件が良くないことがあります。

ただしこれは昔からの業種などで、IT業界に関しては転職したほうが給料が上がることは良くあることです。

私もIT業界内で転職をして、20万→30万→35万と給与アップすることに成功しました。

これに残業代もでるので、年収としては600万~800万くらいは普通に稼ぐことがでいます。

決してIT業界が悪いわけではありません。

私の場合は、給料アップしてから残業も減り生活に余裕ができました。

ただこのままでいいのかとスキルアップを目指して、3回目の転職をしましたが。

よく聞く大手などはブラック体質のところもあるようですが、中小のIT企業であれば意外とホワイトのところも多いです。

もちろん完全なホワイトではないでしょうが、他の業種に比べても好条件のところが多いケースもあります。

IT業界を辞めたくても他の業界は選ばないほうがいい

結果論になりますが、IT業界を辞めたいと思っても、簡単に他の業種に転職しないほうが良いと思います。

IT業界にも良い条件の仕事はたくさんありますし、最近は残業をセーブするなどの施策をしている企業も多いからです。

しかもITは今後も発展することが見込めるので、安易にIT業界を辞めることを選ばないほうがいいでしょう。

でも今の仕事は辛いし、IT業界を続ける気力がない・・・

そんな人もいると思います。

もし今の仕事がどうしても辛いなら、転職エージェントなどに相談をして良い条件の仕事を紹介してもらうのもおすすめです。

IT系の仕事は数が豊富で、必ずあなたの希望にマッチする求人もあるからです。

私も転職エージェントを使用して、IT業界内の転職で労働環境の向上と給与アップに成功しました。

すぐに次の仕事が見つかったわけではありませんが、根気よく転職活動をしたおかげで自分に合った仕事を見つけることができました。

転職はスタートが重要で、一人で行うよりもプロに頼ったほうが良い結果が出ることが多いです。

IT業界はブラックな企業も多いですが、それが全てではないので根気よく良い条件の求人を探すようにして下さい。

スキルを磨けばIT業界でずっとやっていける

IT業界に勤めていても、毎日エクセルで資料をつくるだけという人も多いと思います。

また最新の技術を学びたいのに、昔ながらのCOBOLにうんざり・・・

こうした不満を持つ人も少なくないでしょう。

もしあなたの職場が時代遅れであるならば、新しい技術を学べる仕事場に変えてもらうことを強くおすすめします。

IT業界はスピード感が命なので、いつまでも古い考えだと5年先すらついていけなくなります。

現状で満足するのも良いですが、新しいことを学ぶ姿勢を忘れないようにしましょう。

もちろん仕事場でできないから、自分で勉強するのも一つの方法です。

私も最初はCOBOLの現場で仕事をしながら、JAVAやCといった言語を勉強していました(今となっては古いですが)。

常に上を目指すことで、10年先も通用するスキルを身につけることができます。

また将来フリーで活躍することだってできるのです。

私の知り合いは、フリーになって月収200万を達成しています。

もちろん簡単なことではありませんが、スキルがあれば社畜にならずに生活ができるようになります。

人生を豊かにするためにも、IT業界を辞めたいと思っても続けていくことで、あなたの人生がプラスになることもあると覚えておいてください。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment