短期語学留学の勉強で英語が上達する人の3つの特徴

語学留学で英語を勉強する場合、短期と長期の2種類があります。

海外の大学で勉強する場合は、ほとんどのケースは長期留学になるでしょう。

一方、大学生などが休みに語学留学するのは、1ヶ月程度の短期留学になります。

 

私も大学時代にオーストラリアやカナダに、短期で語学留学をしたことがあります。

1ヶ月程度の短期語学留学でしたが、自分の人生観を変えるほどの出来事でした。

英語の勉強はもちろん、海外の文化に触れることで多くのことを勉強できました。

 

さて肝心の英語の上達ですが、短期留学ではどれだけ上達したのでしょうか。

私の場合は日本でかなり英語を勉強したので、語学留学をして話せるようになったという感覚はありませんでした。

むしろ日本で学んだ英語を、海外で使って鍛えるといった感じになりました。

 

ですが同じように留学している学生を見ると、必ずしも英語が上達するわけではありません。

英語を上達している人には、ある特徴がありました。

語学留学ではなく観光旅行でも、この特徴がある人は英語が上達すると思います。

短期の語学留学で英語が上達する人の3つの特徴

短期の語学留学で英語が上達する人は、シンプルな3つの特徴がありました。

 

  1. 日本で英語を勉強して語学留学している
  2. 自発的にネイティブとコミュニケーションをとる
  3. 語学留学中はなるべく日本語を話さない

f:id:teke1102:20150424184723j:plain

1.日本で英語を勉強して語学留学をしている

英語が上達している人は、日本でしっかりと英語を勉強しています。

受験だけではなく、自発的に英語を勉強している人が多い印象でした。

目的をしっかりと持っているので、英語が上達するのでしょう。

 

私が短期留学した時は、1週間だけ語学学校に来ていた会社員の人がいました。

たった7日では勿体ないと思いましたが、彼の英語はかなり上達しました。

日本でも英語講師をしていたらしく、普段から英語に触れていたようです。

 

ただしネイティブと話したことはなく、思い切って短期留学を決意したとのことでした。

私が留学して2週間後に入って来たのですが、初日から一番上のクラスで勉強していました。

初めて海外で英語を話す人とは思えないほど、流暢な英語に正直驚きました。

 

また同じ大学生で、有名大学の学生も何人か短期留学をしていました。

その中で関西の立命館の学生がいたのですが、彼も帰国時にはかなり英語が上達していました。

英語は大学受験で勉強していたそうですが、留学初日はほとんど話ができていませんでした。

 

しかし1週間も経つと英語のスピードに慣れたようで、別人のように会話ができるようになっていました。

語彙力がものすごく高いので、英会話のスピードになれてからは上達が早かったですね。

 

2人とも言っていたことに、日本の勉強でも英会話は問題なくできるでした。

日本の英語教育を机上の空論という人もいますが、決してそんなことはありません。

基礎ができていれば、短期留学でも英語は上達できる例でした。

 

2.自発的にネイティブとコミュニケーションをとる

f:id:teke1102:20150425005436j:plain

短期留学で英語が上達する人の特徴として、自分からコミュニケーションを取る人が多いです。

英会話を上達させるには、英語をどんどん使うことが一番です。

どんなに知識があっても、話をしなければ上達することはありません。

 

英語の勉強は、机の上で参考書を読むことだけではありません。

短期の語学留学では、学校やホームステイ以外でも英語を使うことができます。

生の英語を話すネイティブと積極的に話をする人は、吸収も非常に早いのです。

 

日本人は間違いを怖がるとよく言われていて、それは海外でも有名なようです。

そのためあまり話をしない印象があるらしく、短期留学でも全く英語を使わない日本人もいるほどです。

せっかく海外に住んでいるのに、英語を使わないのは非常に勿体ないです。

 

間違いを恐れず英語を使うことが、上達の近道になります。

短期の語学留学でも、積極的に話す人は英語を上達させて帰国します。

海外では、話した人が勝ちという意識があるので積極的になることが重要です。

 

日本では寡黙な人を大人と呼ぶことが多いですが、海外では逆になります。

話をしないと、恥ずかしがり屋で子供っぽいという印象をあたえてしまいます。

短期の語学留学では、そういった精神を乗り越えることも大事なことです。

 

英会話は一人では成り立ちません。

人と話をすることを恐れないことが、英語の上達の秘訣になるのでしょう。

 

3.語学留学中はなるべく日本語を話さない

f:id:teke1102:20150425010527j:plain

日本人だけではないのですが、留学中に同じ国の人で固まることは良くあります。

これは海外で交流を深めるのには良いのですが、そこで母国語を話すと語学留学の意味がありません。

自ら英語を使うチャンスを潰していては、英語の上達はありえないのです。

 

短期の語学留学では、日本人以外にも様々な国から留学生が来ます。

海外からの留学生たちと英語で話すことで、英会話の上達に繋がります。

こういった新しい機会を活かすことが出来る人が、英語も上達するのです。

 

慣れない土地で不安になるでしょうが、母国語ばかり使っては英語の上達はできません。

もちろん息抜きに日本語を使うのは良いのですが、甘えすぎると英語を使わなくなります。

英語を上達させたければ、なるべく英語を使って話す努力をすることが大事です。

 

この現象は、日本人ばかりに起こることではありません。

中国人やタイ人など、アジア系の人たちでは良く見られる光景でした。

ヨーロッパ人などは、逆に英語以外全く使わないほどストイックに勉強していました。

 

もちろん個人差はあるので一概には言えませんが、意識を高く持つことで英語も上達することができるということです。

短期の語学留学の目的は、英語の上達という人も多いと思います。

しっかりと目標に向かって努力することが、英語上達には欠かすことができないのです。

 

短期の語学留学をする前に日本で英語を勉強すべき

個人的な意見として、短期の語学留学に行くならば日本で英語を勉強すべきです。

1ヶ月程度の期間では、英語の実力を上達させるのは非常に難しいです。

短期留学で英語を上達している人は、日本で英語を勉強している人が多い傾向にありました。

 

英単語や英文法は、日本でも海外でも勉強法は大きく変わりません。

短期の語学留学は、勉強した英語を試すテストと考えると良いでしょう。

海外で英語を勉強するよりも、遥かに効率よく英語が使えるようになります。

 

短期の語学留学で英語が上達する人は、英語を海外で学ぶという意識はありません。

勉強した英語が通用するか、といった意識の人が多かったと感じました。

 

語学留学が決まると、英語ができるようになると期待してしまいます。

しかし現実はそんなに甘くないので、しっかりと勉強しておきましょう。

日本で英語を勉強した時間は、必ずあなたにとってプラスになりますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク