41歳で転職するのは無謀!?キャリアを活かして給料アップする転職方法

41歳は転職できない言われることも多いですが、そこまで悲観的になることはありません。

実は41歳であればまだ転職することが可能なんです。

諦めずに理想の環境を目指して転職活動をしてみましょう。

ですが41歳という年齢を考えると、しっかりと計画を立て戦略的に転職活動を行うことが重要になります。

キャリアコンサルタントとして、多くの転職希望者を見てきましたが41歳で転職に成功している人はしっかりと転職市場を研究をしています。

今回は41歳の転職市場と、どうすれば転職の成功率を上げられるかを説明するので参考にして下さい。

41歳の転職市場

一昔前の転職市場であれば、41歳の転職はかなり厳しいと言えました。

ただ最近では40代の転職が増えていることもあり、以前に比べると41歳でも転職がしやすくなったのは間違いありません。

企業側もキャリアの長い40代であれば、積極的に採用する傾向がみられるようになりました。

ですが、一方で41歳の転職はかなり厳しいところもあるのも事実です。

その理由として41歳を採用した場合、60歳を定年と考えた場合、働ける期間が19年間しかないところから来ています。

企業としては長くは垂らしてほしいという意識もあるので、41歳はその点ではネックになってしまいます。

ただ安心してほしいのは、キャリアや人間性を見て採用する企業も増えているので、単純に年齢がネックになることはありません。

もしネックになるとしたら、書類選考などになります。

40代だと書類選考の書き方に慣れていない人も多く、せっかくのキャリアを活かせないことも多いのです。

ただこのデメリットも、転職ノウハウをしっかりと勉強することで対策することができます。

41歳で転職をするメリット

実は最近の転職市場では、41歳位の年齢は活発に転職をする傾向にあります。

特に中小企業で多い傾向があり、その理由は転職をすることで給料をアップさせることができるからです。

41歳の年齢になると、スキルもあり会社に貢献できる人が多いのも事実です。

今は優秀な人材を確保することが難しく、スキルが高い41歳なら引く手あまたで転職できるのです。

また中小企業でも、高齢の社員が今後減少することになるので、今から41歳位のベテランを確保しようという動きもあります。

そのため40代の転職で給与が今の会社よりもアップする人も多く、転職で成功している例も増えています。

41歳で転職するデメリット

もちろん41歳で転職をするリスクもあり、それは今よりも給与が下がる可能性があることです。

40代の転職で失敗する人の多くは、今の会社よりも給与が低くなったという人がほとんどです。

これは転職のやり方がわからず、転職サイトやハローワークを使って失敗するパターンが多い傾向にあります。

転職は基本的に企業が有利になります。

40代は年齢的にも焦りがあり、転職希望者は早く転職をしたいので、少し条件が悪くなっても飲んでしまう傾向にあります。

そうなると一番影響するのは、給与になりこうした理由で給料ダウンが起こってしまうのです。

41歳は将来のことも考えると、給与ダウンしてはいけません。

こうしたデメリットを防ぐ方法も後述するので、40代で転職を考えている人は参考にして下さい。

未経験41歳は転職が難しいか

未経験者でも、41歳で転職することは可能です。ただし即戦力であるということが大前提です。

採用側の視点からすれば、出来ればこれまでの経験を仕事に活用してもらえることを期待しています。

20代の若者であれば、まだ伸びしろがあるということで、未経験でも採用はされます。

なんでもやります、というアピールが許されます。

ですが、40代の転職で求めることは、伸びしろではなく実践で活躍できる力になります。

40代(41歳)未経験であっても、これまで行ってきた仕事の経験内容の中から、未経験の仕事に活かせるスキルがあることをアピールできれば41歳でも採用される可能は高まるということです。

採用の傾向としては、41歳であれば管理職がとてもおすすめです。

営業職を経験して管理をやっている人や、IT系でプロジェクトマネージャーの経験がある人は未経験でも他業種に転職しやすいです。

キャリアアップを狙う41歳がすべきこと

41歳を採用する側は資格を重視しません。

経験を重視します。

キャリアアップするために41歳がすべきことは、まず目の前にある仕事に全力で取り組み、面接でアピールできる実績を一つでも増やしておくことです。

現職中に何かアピールできるような企画をして、実行して完遂する。営業職であれば売り上げアップをする。

41歳の転職活動は、現在の仕事を活かして出来る事はいくらでもあります。

41歳は目の前の仕事を大切にすることで、転職できる可能性もアップしていきます。

現在している仕事と、転職先でしている仕事は繋がっていきます。目の前の仕事を大切にしてください。

41歳で転職に失敗しないためには

41歳の転職の成否は、事前にどれだけ情報収集できるかにかかっています。

インターネットが発達していますが、実際に面接を受ける予定の会社を事前に見に行ってみるのも良いですし、転職エージェントを活用するのも良いです。

会社には必ず欠点が存在します。給与、賞与、休日、人間関係、福利厚生、会社の雰囲気、仕事のやり方、会社の方針。

すべてを完璧に満たす会社はありません。

41歳にもなればある程度、自分自身が重視するものが分かってきているはずですので、事前に確認しておきましょう。

自分自身が求める条件に合致した企業があなたにとっての優良企業です。

41歳におすすめの転職方法

41歳で転職する場合、転職ノウハウを良く勉強しておくことが大事です。

特に人事とのやりとりで、給料アップするためには面接で優位に立つことが大事になります。

しかしほとんどの転職希望者は転職ノウハウを知らず、人事の都合の良い条件を提示されて妥協してしまいます。

こうしたデメリットを防ぐためには、転職エージェントを利用することをおすすめします。

41歳であれば経験も活かせますし、上手く転職エージェントを利用すれば給料アップも期待できます。

というより転職エージェントなしに40代が転職することは、かなり厳しい戦いを強いられると思ってください。

40代の転職は採用側の方がどうしても有利になるので、その不利な部分を転職エージェントで埋めるのです。

給料の交渉や転職後の仕事についてなど、あなたが知らない情報を転職エージェントであれば聞きだすことができます。

41歳という年齢を最大限に活用するためにも、上手な転職活動を行って幸せになってください!

40代におすすめの転職エージェント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク